サッカートルコ代表、EURO2020予選突破
2019年11月14日付 Hurriyet紙

トルコ代表チームは、2020年欧州選手権予選で、トルコテレコム・スタジアムにてアイスランドと対戦した。試合結果は、0−0だった。厳しい試合での引き分けという成果により、トルコは欧州選手権への参加権が約束された。試合開始後7分でオザン・トゥファン選手がイエローカードの対象となり、30分でブラク・ユルマズ選手がヘッドしたが、ゴールを外した。35分にはアイスランドのトラウスタソン選手にもイエローカードが出た。前半は0-0の同点で終了した。53分にブラク・ユルマズのミドルシュートはクロスバーに当たりタッチラインを越えた。シェノル・ギュネシュ監督は、審判に異議を唱え、56分にイエローカードを貰った。80分時点で、ジェンギズ・ウンデル選手に代わってユスフ・ヤズジュ選手がピッチに上がった。82分で、チームはゴール前で大きなピンチを迎えたが、メリヒ・デミレル選手が危機一髪でクリアした。87分にはハーカン・チャルハンオール選手がピッチを下がり、代わりにカーン・アイハンが出場した。残り時間ではゴールが決まらず、試合は0-0で終了した。

■試合のハイライト

試合開始後8分、ハーカンのパスを左側で受けたジェンギズ・ウンデルが、内側へ切り込み左足でシュートを放ったが、ボールはゴールキーパーのハルドルソンにキャッチされた。30分にオザン・トゥファンが中央で敵チームから抜け出し、右側にいたゼキにボールをパスした。ゼキが中央のペナルティエリア内でフリーだったブラク・ユルマズにパスを送り、ユルマズはヘディングでシュートしたが、ボールはゴール上を逸れた。45分、ペナルティエリア外でボールを受けたハーカン・チャルハンオールのロングキックはアウトになった。54分に右側でボールを受けたブラク・ユルマズのクロスからのミドルシュートで、ボールはクロスバーに当たりピッチへ跳ね返った。66分にジェンギズ・ウンデルのパスを受けたハーカン・チャルハンオールのシュートはディフェンスに当たり、ボールはコーナーへと行った。73分には、ジェンギズ・ウンデルとのパスアンドランから、オザン・トゥファンがペナルティエリア内でシュートで放ったが、キーパーのハルドルソンにキャッチされた。82分には、アイスランドが左側からコーナーキックを得た。ボールはシグルズソンからセンター後方にいたマグヌソンへ渡り、ヘッドシュートを放った。ゴールキーパーが捕らえられなかったボールを、メリヒ・デミレルがクリアした。マグヌソンが再びヘディングをしたが、メルトが足でボールをクリア。戻されたボールを左からシグルドソンがシュートするも、アウトオブプレーとなった。追加1分では、左ライン上でボールを受けたユスフの中央からのシュートは、ゴール上部に当たって跳ね返った。
試合は0-0で終了し、トルコは2020年の欧州選手権への出場権を獲得した。

スタジアム:トルコテレコム
審判:アンソニー・テイラー、ゲイリー・ベスウィック、アダム・ナン
トルコ選手:メルト・ギュノク、ゼキ・チェリク(追加時間5分にオメルと交代)、メリヒ・デミレル、チャーラル・ソユンジュ、ウムト・メラス、オカイ・ヨクシュル、オザン・トゥファン、マフムト・テキデミル、ジェンギズ・ウンデルン(81分にユスフ・ヤズジュと交代)、ハーカン・チャルハンオール(87分にカーン・アイハンと交代)、ブラク・ユルマズ
アイスランド選手:ハルドルソン、パルソン、アルナソン、ラグナール¥シグルズソン、スクーラソン(85分にアンダーソンと交代)、ベズヴァルソン、ギルフィ・シグルズソン、ビャルウナソン、トラウスタソン(63分にマグヌソンと交代)、シグソルソン、フィンボガソン(24分にアルノール・シグルズソンと交代)
レッドカード対象:追加時間5分にエムラフ・カラコヴァン(トルコのコーチ)
イエローカード対象:オザン・トゥファン、オカイ・ヨクシュル、ゼキ・チェリク、シェノル・ギュネシュ(監督)(以上トルコ側)、トラウスタソン、シグルズソン(アイルランド側)

■トルコ・アイスランド戦の記録

UEFA2020欧州選手権の予選Hグループ第9試合において、トルコは、ホームにアイスランドを迎えた。試合はトルコテレコム・スタジアムで20時、英国サッカー連盟のアンソニー・テイラー主審の笛で開始された。テイラーとともに副審を務めたのは、ゲイリー・ベズウィック、アダム・ナンだった。
代表チームのシェノル・ギュネシュ監督は、フランスとのアウェー戦では、開始後11分で2回も選手交代を行った。経験豊富な監督は、ケガのためにユニフォームを着れないイルファン・ジャン・カフヴェジの代わりに、ジェンギズ・ウンデルを、病気のためメンバー入りしなかったケナン・カラマンの代わりにハーカン・チャルハンオールを起用した。

ギュネシュ監督は、ゴールをメルト・ギュノクに委ね、ディフェンスにはゼキ・チェリキ、メリヒ・デミラル、チャーラル・ソユンジュ、ウムト・メラシュからなる4人組を作った。ミッドフィールダーには、オカイ・ヨクシュル、オザン・トゥファンと、マフムト・テキデミルを置き、フォワードは、ジェンギズ・ウンデル、ハーカン・チャルハンオール、ブラク・ユルマズとした

■エルドアン大統領とカサプオール大臣がスタンド席で観戦

レジェプ・タイイプ・エルドアン大統領と、青年・スポーツ省のメフムト・ムハッレム・カサプオール大臣は、トルコテレコム・スタジアムで行われたトルコ代表チームの対アイスランド戦をスタンド席で観戦した。

■ジェンギズ・ウンデル、5試合ぶりにピッチへ

トルコ代表チームにおいて、ジェンギズ・ウンデル選手は開始後11分、5試合ぶりに出場した。ジェンギズ・ウンデル選手は、練習の際の負傷が原因となり、長い間試合に出ることができず、これまでグループHでの5試合に参加していなかった。直近では、トルコがコンヤにおいてフランス代表を2-0で破った試合でユニフォームを着て、ゴールを決めるなど調子の良さを見せた。その後は順に、アイスランド、アンドラ、モルドバ、アルバニア戦(2回目)、そしてアウェーで臨んだフランス戦では起用されなかった。

■1点がヨーロッパ選手権の扉を開く 

トルコ代表チームは、グループHの8試合で積み上げた19ポイントでグループ首位にいる。代表チームが負けたのはアウェーでのアイスランド戦だけで、再戦では勝利し、またグループで首位に立ち続ける意欲だった。アイスランド戦で1点を勝ち取りさえすれば、これを実現できた。もし勝てば、トルコはグループにおいて首位であり続けるだろう。

■「勝利は君の中にある!」

試合の前に、両チームの選手たちが試合の開会式に姿を表すと、スタンドの客席で横断幕が掲げられた。国歌が熱狂とともに斉唱されると、スタンドの客席でも「我々は君たちを信じる、8200万人が君たちと共にある」、「トルコの行く末にこの身を委ねる」、「勝利は君の中にある!」などの横断幕が掲げられた。

■アイスランド代表チーム、スタジアムへはスムーズに到着

一方のアイスランド代表チームは、トルコ戦の開始前、試合が行われるトルコテレコム・スタジアムにスムーズに到着した。アイスランドの代表チームは、1回目の試合前にはトラブルが起きたが、2回目の試合前には、何のトラブルもなくスタジアムへと入場した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:宮崎友裕)
(記事ID:48071)