アイドゥンで不法移民、111人逮捕
2019年11月29日付 Milliyet紙


アイドゥン県のクシャダスおよびディディム郡において違法なルートで国外へ脱出しようと試みた111名の不法移民が拘束された。

沿岸警備隊司令部の部隊は、巡視中にクシャダス郡の海上において発見した2隻のゴムボートを停船させた。

ボートの上には、乳幼児もおり、コンゴから167名、中央アフリカ共和国の6名、シエラレオネの3名、スーダンの2名、セネガルの1名、シリアの26名、アフガニスタンの13名の各国籍の人々が逮捕された。

ディディム郡のテカーアチ岬の沖合で停船させられたボートでは、パレスチナから31名、シリアから9名、アフガニスタンから2名そしてパキスタンから1名の、計43名の不法移民が海岸へ移送された。

これらの外国籍の人々は、手続きの後で県の移民管理局へ移送された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:宮崎友裕)
(記事ID:48152)