2020年トルコの巡礼割り当て数、増加
2019年12月02日付 Hurriyet紙


宗務庁長官のアリ・エルバシュ博士教授は、2020年の巡礼割り当て数が3,430人増えて83,430人に更新されたことを明らかにした。

宗務庁長官のアリ・エルバシュ博士教授がツイッター上で、「サウジアラビアのハッジ(大巡礼)・ウムラ(小巡礼)省と調印した2020年の巡礼議定書によって、2020年の我々の巡礼割り当て数は3,430人増えて、83,430人に更新した。我が国と我が国民にとって良きことだ」と発表した。

■1月9日に抽選実施

宗務庁は、2020年に初巡礼に行こうと申請を試みる人々のために先行予約を11月11日に開始した。先行予約は12月13日までウェブサイトwww.hac.gov.trで公開される先行予約のリンクから、e-Devlet(電子政府)個人認証システムもしくは直接e-Devletシステム上で申し込みができる。2020年の巡礼の抽選は2020年1月9日に行われる。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:岸本成美)
(記事ID:48182)