アリーエフ・アゼルバイジャン大統領、議会解散
2019年12月05日付 Milliyet紙


アゼルバイジャンのイルハム・アリーエフ大統領は、アゼルバイジャン議会の解散決定を下した。

アゼルバイジャン大統領府の発表によると、アリーエフ大統領は第五議会期議会を解散し、早期総選挙を2020年2月9日に行うと決定した。

アゼルバイジャンの与党である新アゼルバイジャン党の要求を受けて、議会は議会解散と早期総選挙をアリーエフ大統領に要請した。

アリーエフ大統領は、要請を憲法裁判所に伝え、裁判所は議会解散の合憲性を明らかにした。

アゼルバイジャンでは議会選挙が2015年11月1日に行われ、アリーエフ大統領が党首を務める新アゼルバイジャン党は国会議員定数125名中71議席を獲得しており、過半数を占めていた。次の議会選挙は2020年11月に行われると予想されていた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:齋藤楓)
(記事ID:48197)