リビヤ、トルコの軍事支援を要望
2019年12月28日付 Hurriyet紙

アルトゥン氏、リビア政府がトルコの軍事支援を求めていると英語でツイート

ファフレッティン・アルトゥン通信局長は自身のツイッターで、リビア政府がトルコの軍事支援を求めているとツイートし「我らの大統領も言っていたように、協定の必要事項は当然実行する。共同の利益を守り地中海の安定を確保するため、我々の決定事項の実施を継続する。リビアで国際的に承認されている公式な政権を支援している。国外勢力は、リビア政府と敵対する非公式なグループの支援を止めるべきだ」と述べた。

アルトゥン氏は、トルコのリビア政府支援と、リビアを再び戦闘地帯にすることを望まないという旨を明らかにしたうえで、以下のように述べた。

「リビアで国民に対して責任を負わない強圧的な政権を樹立しようとしている地方勢力が動きを見せている。これらの勢力による議会制樹立の試みには終わりが見えない。トルコがリビアとの間で交わした協定では、トルコの公海上での自由な活動を制限する条項が撤廃された。またこの協定は、トルコとリビア政府との強固な関係を確立するものだ。リビアと地中海の安定、平和を確立する決意だ」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:神谷亮平)
(記事ID:48329)