虐殺を恐れ、トルコ軍を待つリビア市民!
2020年01月03日付 Milliyet紙


最新のニュースによると、クーデターを起こしたハリジャ・ハフタル将軍率いる国民軍が攻撃したトリポリに住むリビア人は、街が陥落した場合に虐殺される恐怖の中で暮らしている。リビア人はトルコ軍がすぐに来て安全を確保してくれることを求め、トルコ大国民議会を通過した議案を喜びをもって対応している。

ハリジャ・ハフタル将軍率いる国民軍が攻撃したトリポリ在住のリビア人たちは都市が陥落した場合、虐殺を被る恐怖の中で暮らしている。

リビアの首都トリポリで誰もが話している話題は、今日議会を通過したリビア派兵に関する法案審議である。

リビア人たちはトルコ軍がすぐにでも来て安全を確保してくれること求め、トルコ大国民議会を通過した法案を喜びをもって対応している。

トリポリの市民はハフタル将軍が支配する地域に住む親せきが被害を受けたり、ハフタル勢力が拡大した場合に報復攻撃を受けることを恐れているため、カメラに向かって話すことを避けている。

アナドル通信の取材陣は、リビア派兵に関する法案審議が行われている間、ハフタル将軍が攻撃する首都トリポリの住民と話しをした。

ハフタル軍が以前に攻略したベンガージー、デルナ、ムルズークのような都市で起こした行動に触れるトリポリの市民たちは、派兵法案によって、首都で起きる迫害に終止符が打たれるものと期待していると語る。

トルコとリビアの間で行われた合意に関してアナドル通信記者に語ったトリポリ在住のアフメト・アリ氏(30)は、トルコとリビアの合意がちょうどいい時に行われたと述べた。

アリさんは、国民合意政府(UMH)がトルコと行った合意には多くの理由があることを示し、次のように述べた。

「リビア国民合意政府はこの種の協定と同盟を真摯に必要としている。UMHはトルコとの共同利益の維持に加えて、自らの正当性を守り、ハフタル将軍率いる軍勢力が絶えず首都トリポリに向けて行う攻撃に抗うために、この合意に署名した。」

また、全く正当性がないにも関わらず、ハフタル将軍の国民軍が自分達に傭兵に加えて経済的支援や武器を提供する多くの国と同盟を結んでいることに注目し、これに対抗するためにUMHにとってトルコと合意に達することが必要不可欠であると言った。

アリさんは当該合意がトルコとリビア両国にとって大きな利益につながる一歩であると主張し、次のように続けた。

「UMHが目下のトリポリに対する攻撃に対抗するには、自分達を軍事支援する国が必要である。トルコもまた、自身の投資と利益を守るために国連が認めているリビア政府と新しい関係性を築いていく必要がある。両国間のこの合意は、トルコとリビアの共通の利益を考慮しているため、トリポリの住民及びリビア人によって、前向きに受け止められた。」

トリポリの住民のアリさんは、ハフタル将軍率いる武装勢力が都市を攻略すれば、「虐殺もやりかねない」ことに関して、次のように言った。

「リビア人、とりわけトリポリの住民たちは、首都に入ろうとする武装勢力が3年前からベンガージー、デルナやその他の地域で行った非行をよく知っている。このため、トリポリ市民たちはこの集団が首都を攻略し住民を虐殺することを懸念している。彼らが街に入城した場合、住民を虐殺することに疑いを持ってない。なぜなら彼らの側で戦った人達は、過去にも犯罪や殺人を多く行ってきた法を無視する武装勢力であるからである。実際にトリポリの住民たちは、ベンガージーやデルナで起きたようなことが起きないよう、この武装勢力に対抗している。」

トリポリに向けた攻撃を避ける点で、トルコが受け持つ役割にも言及したアリさんは、「両国が合意に至ったあと、UMHは正式にトルコから派兵とロジスティックな支援を要請した。首都トリポリを攻撃しているハフタル将軍の国民軍が諸外国から支援を受けていることを把握しているUMHが、近しい国から軍事・経済・政治的な支援を要求するのは自然である。トルコも両国の共通利益を守るために、傍観していられないと考える。トルコのエルドアン大統領も反対勢力に対して国際的に正当性を持つUMHを支援すると語った」と述べた。

アリさんは、トルコとの合意がまたリビアに目を向けている国やすでに武装勢力に様々な支援を行っている国々の計画を水泡に帰すものと述べた。

一方で、名前は隠すよう求めたあるリビア人は 協定は両国の利益を守る目的を帯びていると指摘し、ハフタル将軍の軍事勢力がベンガージーやデルナなどの都市で市民に向けて行った「悪事と不法な刑の執行」に触れる。

彼は「トルコで今日行われた審議の後、リビアの人々が被っている迫害の終わりが来るものと考えた」と述べた。

アナドル通信の記者に語った匿名の他の住民は、同様に協定がリビアそしてリビア人の利益であると考えていると述べ、トルコがハフタル軍勢力が手にしている制空権を終わらせることに期待していると話した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:山下鈴奈)
(記事ID:48368)