ゴーン逃避行で逮捕のMNG社社員「脅迫されて、やった」
2020年01月04日付 Hurriyet紙


日産とルノーの元CEOであったゴーン氏がイスタンブルを経由してレバノンに逃亡したのを助けたという疑いで拘束されていた7人のうち、5人が逮捕された。MMGジェット社部長の証言は、注目に値する。

ゴーン氏が日本からイスタンブルを経由してレバノンに逃亡したのを助けた疑いで、オカン・キョセマンMNGジェット社販売担当部長、パイロットのN.P、Ö.B.B、 S.K. 、、B.K.Sの4人、さらにグランドサービスの会社で働くF.K とİ.M.H.の7人が拘束された。F.K とİ.M.Hの2名は、昨日、釈放された。残る5人は、「不法移民行為」の罪で逮捕された。

逮捕されたオカン・キョセマンMNGジェット社販売担当部長の証言によると、ベイルートの知り合いが電話をかけてきて、国際的に重要な仕事であり、もし手助けしなかったら子供や妻を傷つけるといって、自分を脅迫したという。キョセマン氏は、「怖くなった。空港につれてこられた人物をジェットからおろして、別のジェットに連れて行った。誰だかは知らなかった」と述べているという。

MMGジェット社社長のジャン・シャシュマズ氏によると、取り調べを受けている社員たちが、記録を改ざんしたと疑いに対し、否定しているという。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:トルコ語メディア翻訳班)
(記事ID:48378)