奨学金、新制度
2020年01月15日付 Hurriyet紙

農業森林省のベキル・パクデミルリ大臣は、「大学入試試験の結果、トップの一万人に入り、選択の結果、私たちの省の基本的な業務を担っている農業、食品、魚介類、漁業技術と森林工学と共に獣医学部に入学した場合に、わが省から奨学金が給付されることを計画しています。それでは今から、幸多きものとなりますように。」と語った。

農業森林省のベキル・パクデミルリ氏は、大学の入学試験の結果、上位の一万人に入った学生たちが農業、食品、魚介類、漁業技術と森林工学、そして獣医学部に入学すると同時に省から奨学金を付与されると述べた。

パクデミルリ氏は、(偽装食品に関する質問に対して)「勿論のこと現行の法律ではそれを制限する罰則はありません。最も悪質なものから法律に従って罰則を与えています。それでも抑止力にはなりません。各会社は支払った罰金よりおおくの利益を偽装食品から得てしまうため販売を継続しているのです。これに関してのある法的改正の仕事を行いました。販売禁止もしくは収監の可能性があります。」との発表を行った。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:48428)