大ムフティーの承認を得て、レバノン人歌手殺害事件の被告に死刑確定
2009年06月26日付 Al-Ahram紙

■ カイロ刑事裁判所、スーザン・タミームさん殺害事件でヒシャーム・タラアト・ムスタファーおよびアル=スッカリー被告に死刑確定

2009年06月26日付アル・アハラーム紙(エジプト)HP1面

【カイロ:ハーリド・アブルイッズ】

昨日午前、カイロ刑事裁判所は、大ムフティーの承認を得た上で、レバノン人歌手スーザン・タミームさん殺害事件でムフスィン・アル=スッカリーとヒシャーム・タラアト・ムスタファー両被告に満場一致で死刑を確定した。

さらにアル=スッカリー被告には、許可なく武器・銃弾を所有し、200万ドルを不正に受け取った罪で、禁錮10年が言い渡された。

またスーザン・タミームさんの遺族による民事訴訟での一時補償金として、法廷は両被告に5001エジプトポンドの支払いを命じ、他の四人の弁護士が起こした民事訴訟については請求を棄却した。

Tweet
シェア


原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:勝畑冬実)
(記事ID:16857)