元夫の結婚式で放火、43人の犠牲者
2009年08月18日付 Al-Ahram紙

■女の策略で43人が犠牲に

2009年08月18日付アル・アハラーム紙(エジプト)HP1面

【クウェイト:ムハンマド・ユスリー・ムワーフィー】

 「女性の策略は男性のそれを上回る」という有名な言い回しが、残念なことに痛ましい形で確かめられる結果となった。女性や子ども、43人が犠牲となり、数十人が負傷、専用のテントで開催されていた結婚式は惨劇の場と化した。

事件はクウェートのジャフラーウ県、ウユーン地区で起きた。新郎に離縁された23歳で二人の子どもの母親でもある女性が、結婚式に呼ばれた女性用のテントにガソリンを撒いた後、火をつけたのだ。元夫への復讐心と、彼が新しい花嫁を得たことで彼女の胸に燃え上がった炎ゆえの犯行であった。しかしその新しい花嫁は、美容院で遅れたため、死を免れた。

供述でこの若い母親は、放火を計画したことを認めたが、このような惨劇になるとは予想していなかったと語った。

Tweet
シェア


原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:倉井彩)
(記事ID:17328)