カイロ空港税関、UAEからの密輸容疑で乗客を逮捕
2010年02月12日付 Al-Ahram紙

■ 旅行カバン入りのブティック!

2010年02月12日付アル・アハラーム紙(エジプト)HP今日の出来事 欄

【タハーニー・アブドゥッラヒーム】

 昨日、カイロ空港税関は、2750点という、ブティック1軒分はあろうかという数の服飾品(15万エジプトポンド相当)を、UAEからの帰国時に旅行かばんに隠して密輸しようとした乗客を逮捕した。

 ヤフヤー・アブドゥルアズィーズ税関主任は、エミレーツ航空でドバイから到着した乗客A.Aの動揺した様子を不審に思った。フサイン・ファウズィー税関長の立ち会いのもと、アブドゥッサーディク・ムガーウィリーとアブドゥッラー・アル=ドゥスーキーの両税関主任 が乗客の荷物を開けてみると、メモリーカードや時計のほか、香水瓶、アクセサリー類といった押収品が発見されたのである。ムハンマド・セラーグッディーン空港税関副長官はその乗客の調書作成を命じた。

Tweet
シェア


原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:勝畑冬実)
(記事ID:18504)