シリア:トルコ軍機の撃墜事件
2012年06月23日付 al-Hayat紙


■シリア領空でのトルコ戦闘機墜落の原因を巡る不明瞭さ

2012年6月23日 土曜日 『アル=ハヤート』
【ダマスカス、ベイルート、ニューヨーク、アンカラ:本紙、AFP、ロイター】

 トルコ軍は、同軍の「F4」戦闘機1機がアル=イスカンダルーン湾のシリアとの国境付近で墜落したと発表した。この発表は、この事件の状況についての情報が錯綜し、シリア政府に近い情報筋が、シリア軍が戦闘機を撃墜し、それは同戦闘機がシリア領空を侵犯した後に撃墜されたと確認する中で行われた。

 この情報が発表されると、トルコのレジェップ・タイイプ・エルドアン首相は、直ちにアンカラへ戻った。同首相がアンカラに戻ったのは、外務・国防の両閣僚と、参謀長がを招集した緊急安全保障会合に出席するためである。この会合では、戦闘機墜落事件の状況と影響を協議する。エルドアン首相は、何が起きたか確認するまでは、戦闘機が技術的な誤りにより墜落したのか、意図的に撃墜されたのか確認することはできないと述べた。また、同首相は、事件後シリア当局から謝罪を受けたとの情報を否定した。一方、「トルコCNN」は首相府筋の発言として、航空機が墜落した場所は沖合8マイルの地点であり、乗員2名は無事であると報じた。また、同筋は、両名の捜索と救助のための救助班がアンカラ空港を出発したと述べた。トルコ筋は、危機管理会合で、航空機墜落の状況、シリア軍が航空機を撃墜した可能性、(シリアに対して)採る対抗措置について協議したと述べた。とりわけ、トルコ内部ではシリアが国内の危機から目をそらすため挑発行動をとることを懸念している。問題の航空機は、22日午前にアナトリア半島中部のアンタリア基地を離陸したものだが、トルコ軍はこの航空機の任務や、なぜこの航空機がシリアとの国境沿いに進入したのかについては明らかにしなかった。しかし、トルコ軍筋は、この航空機は偵察機だったと述べた。これまでにも、シリア軍は「テロリスト」と称する者や、シリアでの暴力から逃れてトルコへ避難する者の掃討作戦中にトルコ領内の諸拠点に発砲したことがある。

 トルコは、トルコのテレビ局がこの航空機がシリア領海内に墜落したと報じる前に、第一報として航空機が消息を絶ったと発表していた。テレビ局は、トルコ政府は乗員2名の捜索の許可を得るため、シリア当局と連絡を取ったと報じ、次いでトルコ軍は両名を公海上で無事発見したと報じた。

(後略)

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:高岡豊)
(記事ID:26801)