エジプト:警官が襲撃され死亡
2014年02月13日付 al-Hayat紙

■エジプト:警官4名、二つの襲撃事件にて殺害

【カイロ:ロイター】

アハラ―ム紙のウェブサイトによると、昨日(12日)の夕方、カイロ北東部に位置するアインシャムス地区の教会警備員への発砲事件において、同胞団支持者により警察官1名が死亡、また他1名が負傷した。さらに同サイトは、この攻撃はムスリム同胞団の参加していたデモ行進の途中で行われた、としている。

またそれより早く、昨日、治安情報筋は、3名の警察官がエジプトのイスマイリーヤ県で武装集団に殺害されたことを伝えた。これは同県で警察官1名が、また隣接するポート・サイード県での攻撃により別の警察官1名が殺害された翌日の出来事であった。

情報筋は以下のように付け加えた。武装集団は車上から警察官に発砲を始めた。この中には警察中尉が含まれていたが、彼らは全員に発砲した。また犯人らは、県都イスマイリーヤ近くの村で、パトカーに乗っていて犠牲となった警察官の武器を奪った後に、逃亡した。

同紙のウェブサイトは治安情報筋の情報を伝え、犯人は3人の警察官を所持していた自動小銃で脅迫しながら車から降りるよう命じ、武器を取り上げて、彼らに発砲した。警察官3人は「即死」であった、とした。

(後略)

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:野間寛人)
(記事ID:32946)