パレスチナ:ラマッラーでのイスラエル軍との衝突でパレスチナ青年死亡
2015年06月15日付 al-Quds al-Arabi紙


■ラーマッラーでのイスラエル占領軍との衝突でパレスチナ青年が殉死

【ラーマッラー:アナトリア通信】

目撃者によると、ラーマッラーでのイスラエル占領軍との衝突で、パレスチナ青年1人が死亡した。目撃者は次のように証言した。イスラエル兵とパレスチナ青年らとの衝突が、ヨルダン川西岸地区ラーマッラーのカフル・マーリク村で起こり、イスラエル軍は催涙ガスとゴム弾を使用した。

目撃者によると、イスラエル軍は街の通りにいた青年らを狙い、彼らの多くを負傷させた。また、軍用ジープは青年のうちの1人をひき殺そうとし、青年は横転したジープの下敷きになった。

イスラエル軍はその場所を封鎖し、市民の立ち入りを禁止した。また、身元不明のパレスチナ青年の死体は軍用ジープの下に置かれ、その後、パレスチナ赤新月社の救急車でラーマッラー総合病院へ搬送されたと述べた。

この事故について、今のところイスラエル側からコメントは出されていない。通常、イスラエルによるパレスチナ青年らへの襲撃や逮捕は、治安機関による指名手配の名目で行われる。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:甲斐江里子)
(記事ID:37845)