シリア:シリアで戦闘機が墜落、多数の犠牲者と被害
2015年08月04日付 al-Hayat紙
昨日のアリーハー中心部(Ariha Today)
昨日のアリーハー中心部(Ariha Today)

■アリーハー市でシリアの戦闘機が墜落、多くの犠牲者と被害

【ロンドン、モスクワ、ワシントン:本紙、ロイター、AFP】

昨日、シリアの戦闘機がアリーハー市中心にある庶民の市場に墜落し、70人以上の市民が負傷または死亡した。それは、同国北西部に位置する同市に対して空爆が行われている間、ラタキア近くのジスル・シュグール郊外での一進一退の戦と平行して起こった。

一方、イラン政府の担当者は、同国が、シリア危機解決のための「新提案」を却下する意向である旨を発表した。それに先立ち、近くテヘランを訪れるシリアのワリード・ムアリム外相とロシアのミハイル・ボグダノフ副外相との協議を行った。

シリア人権監視団は、「戦闘機はアリーハー市の中心部を砲撃しているときに墜落した」と述べた。同市があるイドリブ県は、昨年の5月28日以来、反体制派の小隊が制圧している。

また同監視団は、「戦闘機は、機器に不具合が生じた際、低空飛行をしており」、結果として墜落したと説明し、少なくとも子ども2人を含む31人が死亡したと指摘した。地元の活動家らは、爆発で負傷または死亡した70人の名前が載ったリストを公表した。

(後略)

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:宮下優奈)
(記事ID:38357)