トルコ・ロシア:トルコ軍がロシア軍機を撃墜、ロシア側はシリア領内で撃墜されたと主張
2015年11月24日付 al-Hayat紙
(ANA)
(ANA)

■トルコはロシア軍戦闘機を対シリア国境近くで撃墜

【アンカラ、ベイルート:ロイター、AFP】

トルコ軍消息筋は今日(24日)、国籍不明の戦闘機1機がシリアとの国境近くに領空侵犯し、トルコ側の警告を無視したため、トルコ軍のF-16戦闘機が同機を撃墜したことを明らかにした。

同筋によれば「領空侵犯機の撃墜は特定国家への敵対行動ではなく、紛争の原則にのっとりトルコ領土の主権を防衛するための手段であった」

一方、ロシア国防省は、ロシア軍のSu-24戦闘機がシリア領内で撃墜され、パラシュートで脱出した搭乗員2人の消息が不明だと発表した。

モスクワは、撃墜された戦闘機が終始シリア領空内を飛行していたことを立証できると述べている。

CNN-Turkチャンネルは、複数の地元筋の話として、ロシア人パイロット2人のうちの1人が、トルコマン人(訳注:トルコ語を母語とするシリア人)の反体制武装勢力に拘束されたと伝えた。

トルコ首相府声明によれば「ダウトオール首相は外務省に対し、シリア国境上の最新情勢にかんし、NATO、国連、関係諸国らと協議するよう指示した」。

一方クレムリンは、トルコ空軍によるシリア国境上でのロシア機撃墜は「たいへん深刻な出来事」だとし、ドミトリー・ペスコフ・ロシア大統領報道官は「さらなる情報が得られるまで慎重を期す」ように呼びかけた。

武装集団ならびにメディア活動家らによれば、ラタキア北部郊外に降下した二人のロシア人操縦士の一人は、彼らの戦闘機がシリア国境上で撃墜された後に死亡した。

「第一沿岸前線」スポークスパーソンのファーディー・アフマド氏によれば「ロシア人操縦士は、ジャバル・トゥルクマーン地区に落下傘で降下中に銃撃され死亡した」。

また、「シリア革命家集団」スポークスパーソンのウマル・ジャブラーウィー氏も「第十旅団がロシア人の遺体を諸派合同作戦室へ移送した」ことを明らかにした。

同筋によれば、ハルジーヤ地区に降下したもう一人の操縦士の捜索が続いている。





*原文更新により加筆(11月26日:メディア翻訳アラビア語班)

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:青山弘之)
(記事ID:39223)