リビア:ダーイシュ司令官を名乗るナジュディーなる人物は「ローマ征服」を約束
2016年03月11日付 al-Hayat紙


■リビアの「ダーイシュ司令官」は「ローマ征服」を約束

【トリポリ:本紙、ロイター】

リビアの「ダーイシュ(イスラーム国)司令官(アミール)」だと自称する過激派は、ダーイシュが日々アフリカ北部で「強さを増している」と主張し、近隣国を攻撃し「ローマを征服」すると脅迫するとともに、彼が言うところの「カリフ制」にリビアが回帰することになるだろうと約束した。

これは、アブドゥルカーディル・ナジュディーを呼ばれる人物の発言である。この人物は、ダーイシュの指導者アブー・バクル・バグダーディー氏によってリビアに派遣されていたアブー・ムギーラ・カフターニー氏が数週間前にダルナに対する米軍無人航空機の空爆で殺された後、バグダーディー氏によってリビアの司令官に任命されたと主張している。

(後略)

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:下條実紘)
(記事ID:40025)