サウジ:警察部隊、親族殺害の「イスラーム国」分子6名を殺害
2016年03月12日付 al-Hayat紙

■警察部隊、ラシーディー氏殺害の「イスラーム国」分子6名を殺害

【ブライダー:ターリク・ラシード】

サウジアラビア内務省は、バドル・ラシーディー氏をカスィーム州ウクラ・スクール県近郊で殺害した6名の「イスラーム国」分子を、金曜日未明に殺害したと昨夜公表した。6名は、窓ガラス全面にスモーク加工を施した車でハイル州へ向かっていた。内務省の治安担当報道官は声明で「殺害事件に関与した指名手配犯らはすでに監視下に置かれており、犯人らが警官による追跡を感知すると、すかさず発砲、犯人らは砂漠地帯へハンドルを切った。警官らが犯人を追い詰め、銃撃戦になると、警察部隊は包囲網を強化、同時に警察ヘリコプターによる集中的な機上監視を行った」と語った。続けて「ハイル州ガザーラ県ムスタジッダ村堤防付近の山岳地帯にて包囲網をさらに狭め、自ら投降するよう何度も呼びかけたが、警察部隊に向けて集中的に発砲を続けたため、警官らは事態に対応せざるを得ずに反撃、その結果、犯人ら全員を殺害、一方警官らに被害はなかった」と述べた。

また同報道官は「バドル・サリーフ・ハムディー・ラシーディー軍曹に対する背信罪で治安当局より指名手配されていた犯人は、ワーイル・ラシーディー、ムウタッズ・ラシーディー、ナーイル・ラシーディー、ザーヒル・ラシーディー、サーミー・ラシーディー、イブラーヒーム・ラシーディーら6名だ」と述べた。

(後略)

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:井上剛)
(記事ID:40036)