バハレーン:クウェート人議員をインターポールを通じて手配
2016年03月11日付 al-Hayat紙


■バハレーンはダシュティー氏確保を「インターポール」に訴え

【ダンマーム:ウマル・マフブーブ;クウェート市:ムハンマド・ジャースィル】

クウェートのヤアクーブ・サーニウ司法大臣は、来週火曜日の議会で行われる討議に向けたアピールとして、アブドゥルハミード・ダシュティー同国会議員の議員免責特権の剥奪にかかわる要求に署名した。一方、バハレーンの司法当局は、ダシュティー議員の「国際的な」追跡を誓った。この背景には、同議員の扇動行為や公共目的以外の資金集めへの協力に関する問題がある。

バハレーンのアブドゥルラフマーン・サイイド司法長官は記者会見で、「バハレーン検察は刑法と公共目的での資金集めについて規定する法律に従って、クウェート国籍のアブドゥルハミード・アッバース・フサイン・ダシュティー容疑者に対し、扇動行為への参加と無許可での公共目的以外の資金集めに合意かつ荷担したとの容疑をかけていた」と説明した。また同長官は、「ダシュティー容疑者と他複数名は下級刑事裁判所に送致済みで、同裁判所は昨年12月半ばの審理で、被告人不在のまま執行猶予なしの禁固2年を科した」と指摘した。

さらに同長官は以下のように指摘した。「この判決を執行すべく、バハレーン検察は今年1月頭に同盟国クウェートの特別司法当局との会談を急いだ。これはクウェートに、判決が下ったダシュティー氏に同判決を通達させるよう取り組むためであった。バハレーン検察は今も判決が通達されたとの知らせを待っている」。そして同長官は、「ひとたび判決が通達され、法が定めた控訴の指定期日が過ぎれば同判決は確定する。その場合、バハレーン検察は刑を執行すべく被告の拘束に向けた措置をとり、「インターポール」(国際刑事警察機構)を通じて国際手配を行うだろう」と述べた。

一方でクウェートの司法筋は、同国の司法当局がダシュティー氏をバハレーンに引き渡さないと見ており、その理由を、「クウェート政府が刑執行のためにダシュティー氏を引き渡すことは憲法によって認められていないからだ」とした。同筋は、「バハレーンはダシュティー議員にテロ組織を資金援助した容疑で禁固2年の判決を下したが、クウェートの憲法は刑執行のために政府がダシュティー氏を引き渡すことを認めていない」と説明した。そして同筋は、「ダシュティー氏には近々、サウジアラビアとバハレーンに対する2件の中傷の罪で禁固の判決が下され、両国はクウェート外務省に同被告の引き渡しを求める。この背景には、バハレーンが両同盟国から抗議文書を受け取ったことがある」と述べた。

(後略)

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:了源康平)
(記事ID:40112)