シリア:ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表「「テロとの戦い」であっても300万人の市民を危険にさらすことがあってはならない」
2019年08月30日付 その他紙

■ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから478人、ヨルダンから1,062人の難民が帰国、避難民12人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年8月29日)
ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(8月29日付)を公開し、8月28日に難民1,540人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは478人(うち女性143人、子供24 → 記事

■シリア・ロシア軍はイドリブ県への爆撃を続け、民間人7人が死亡(2019年8月29日)
シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が爆撃を激化させてから120日目を迎えた8月29日、シ … → 記事

■アサド大統領はティエリ・マリアニ欧州議会議員を団長とする「フランス国民の集い」使節団と会談(2019年8月29日)
アサド大統領はシリアを訪問中のティエリ・マリアニ欧州議会議員を団長とする「フランス国民の集い」(Rassemblement National français)の使節団と首都ダマスカスで会談した。 SANA(8月29日付 … → 記事

■ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表「「テロとの戦い」であっても300万人の市民を危険にさらすことがあってはならない」(2019年8月29日)
ゲイル・ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表は、シリア情勢への対応について協議する国連安保理での会合で、ロシアとシリア政府によるイドリブ県への攻撃を批判した。 ペデルセン特別代表は「ジハード主義グループへの攻撃が止めら … → 記事

■ダルアー県でシリア軍が相次いで襲撃を受け、3人が死亡(2019年8月29日)
ダルアー県では、HFL(8月29日付)によると、ジュライン村近くでシリア軍憲兵隊が乗った車が何者かに襲撃され、兵士3人が死亡した。 また、インヒル市近くにあるシリア軍治安機関の検問所も何者かの発砲を受けた。 → 記事

■スハイル・ハサン准将指揮下の「トラ部隊」の名称が第25師団に変更し、共和国護衛隊の指揮下に(2019年8月29日)
政権に近い複数のメディアは、アブドゥッラー・アイユーブ国防大臣が、スハイル・ハサン准将指揮下のいわゆる「トラ部隊」の名称を第25師団に変更し、共和国護衛隊の指揮下に置いたと報じた。 ドゥラル・シャーミーヤ(8月29日付) … → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:47471)