検索結果 5000件

検索条件 メディア アラビア語メディア全て 
ジャンル 政治記事 
特集ジャンル 全て
期間
キーワード
2024-05-20 パレスチナ:イスラエルはフィラデルフィア回廊の3分の2を占領、ガザ地区内での地上侵攻続く(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルはフィラデルフィア回廊の3分の2を占領、100万人近くのパレスチナ人を避難させる      【ガザ:本紙】      同軍によると、5月6日にガザ地区で作戦を開始して以来、「わずか2週間で同地区南部のラファフから95万人以上のパレスチナ民間人を避難させることに成功した」という。      同軍は声明で、「現在ラファフ市の30~40%がイスラエルの支配下にあり、60~70%では(民間人らの)市内からの完全な掃討がなされた。残りの民間人は30万人から40万人と推定され、海岸沿いのタッル・ 全文をよむ

2024-05-20 パレスチナ:イスラエルはフィラデルフィア回廊の3分の2を占領、ガザ地区内での地上侵攻続く(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルはフィラデルフィア回廊の3分の2を占領、100万人近くのパレスチナ人を避難させる      【ガザ:本紙】      イスラエル占領軍はガザ地区南部ラファフ市への地上侵攻を拡大し、フィラデルフィア回廊の3分の2を掌握したと宣言した。さらに同軍は、同市への爆撃を続け犠牲者を生むなかで、避難民の数が2週間以内に民間人95万人に達したことを確認した。      また、市域の完全占領に備えた侵攻がいつ起こってもおかしくない同市の中心部に位置する地域を標的とした空爆により、8人のパレスチナ人が 全文をよむ

2024-05-20 イラン:ヘリコプターの墜落事故で大統領と外相が死亡(2) (al-Mudun紙)

■イランはイブラヒーム・ライースィ大統領と外相の死亡を正式に発表      【n.p.:本紙】      救助隊は一晩中吹雪や険しい地形と戦い、月曜日早朝、東アゼルバイジャン州の瓦礫にたどり着いた。      イブラヒーム・ライースィ大統領は、イランの第8代大統領で、2021年にハッサン・ローハーニー大統領の後任として選出された。      ライーシー大統領は、長年司法府で数々の要職を歴任し、司法府長官になった。彼はイランの最高指導者アリー・ハメネイ師と強固な関係を構築してきた。2016年、ハメ 全文をよむ

2024-05-20 イラン:ヘリコプターの墜落事故で大統領と外相が死亡(1) (al-Mudun紙)

■イランはイブラヒーム・ライースィ大統領と外相の死亡を正式に発表      【n.p.:本紙】      イラン政府は月曜日(20日)、「イラン西部のアゼルバイジャンとの国境付近で日曜日、ヘリコプターが墜落し、イランのイブラヒーム・ライースィ大統領とフサイン・アミール・アブドゥッラヒヤーン外相、および同乗していた随行員らが死亡した」と発表した。      イラン国営通信(IRNA)はテレグラムを通じて声明を発表し、「ヘリコプターの墜落事故で、ライースィ大統領とその随行員らが死亡した」と報じた。  全文をよむ

2024-05-18 レバノン:米国はイスラエルにレバノンとの全面戦争を避けるよう圧力をかける(2) (Al-Nahar紙)

■戦闘がレバノン南部からベカーまで拡大…米当局者「米国政府はレバノン全土での戦争を始めないようイスラエルに圧力をかけている」      【ベイルート:本紙】      今日の戦況の展開      今日の最新のイスラエルの攻撃については、ナークーラ村でドローンがバイクを攻撃した。この攻撃によってバイクの運転手が負傷し、スール市内の病院へ搬送された。      また早朝の数時間では、キリヤット・シュモナを含む、フーラ渓谷と上ガリラヤにあるイスラエル入植地計15地点で、レバノンからドローンが侵入した疑 全文をよむ

2024-05-18 レバノン:米国はイスラエルにレバノンとの全面戦争を避けるよう圧力をかける(1) (Al-Nahar紙)

■戦闘がレバノン南部からベカーまで拡大…米当局者「米国政府はレバノン全土での戦争を始めないようイスラエルに圧力をかけている」      【ベイルート:本紙】      ここ数日間でイスラエルとヒズブッラーの間の戦闘がエスカレートし続けるなかで、国境での衝突がレバノン全土へ広がることへの懸念が国内で、地域で、そして国際的に拡大している。このような状況下で、米国の当局者は「米国政府はレバノン全土での戦争を始めないようイスラエルに圧力をかけている」と明らかにした。      同当局者は、「アラビーヤ」 全文をよむ

2024-05-18 モーリタニア:大統領が公式演説にてガザへの立場を表明 (al-Quds al-Arabi紙)

■モーリタニアはガザと共に:アメリカ大使館へ集中した夜間の座り込み、部族からの寄付の増加、公式演説への参加      【ヌアクショット:本紙】      モーリタニア国民は、ガザの現状に対する自分たちの立場がイデオロギーと宗教意識の根底からくる基本的かつ運命的なものであり、大多数のアラブ人がとるような一時的な立場でも状況の変化で変わるような反応でもないことを何度も繰り返し主張している。      モーリタニア大統領の公式演説のなかで、ガザは確固たる大きな存在感を示し、その扱いは他のアラブ諸国首脳 全文をよむ

2024-05-17 フーシー派がアメリカ軍無人機を撃墜 (al-Quds al-Arabi紙)

フーシー派、イエメン中部マアリブ県空域でアメリカ軍無人機の撃墜したと発表      【サヌア:アナトリア通信】      イエメンのフーシー派は金曜日、イエメン中部のマアリブ県でアメリカのMQ9型無人機を撃墜したと発表した。      これは、同派の軍報道官ヤフヤー・サリーウ氏が発表した声明の中で明らかになった。      サリーウ氏は、「(同団体傘下の)イエメン防空部隊は、昨日木曜日の夕方、マアリブ県の領空で敵対行為を行っていたアメリカのMQ9型航空機を撃墜することができた」と述べた。     全文をよむ

2024-05-14 レバノン:南部でヒズブッラー司令官が殺害されるも、イスラエル北部で増す脅威(3) (al-Mudun紙)

■イスラエル兵士1人が死亡し5人が負傷..スールでヒズブッラーの司令官が殺害される      【本紙】      衝突ラインフォーラムの会長であり「マテフ・アシェル」地方議会議長のモーシュ・ダビドビッチ氏は、イスラエル政府に「崩壊した北部のための即時予算」を要求した。また同氏は、「7か月にわたって北部の住民らは住居を離れており、いつ自宅に戻るのかも知らない。我々は政府に対し、行動計画を提示し、北部住民らに対しいつ自宅に帰還できるかに関する説明を求める」と述べた。さらに同氏は、「7か月にわたって安 全文をよむ

2024-05-14 レバノン:南部でヒズブッラー司令官が殺害されるも、イスラエル北部で増す脅威(2) (al-Mudun紙)

■イスラエル兵士1人が死亡し5人が負傷..スールでヒズブッラーの司令官が殺害される      【本紙】      イスラエル軍は声明で、自軍の複数の戦闘機がレバノン南部、アイター・シャアブ村およびカフルキラー村の両地域でヒズブッラーが保有する複数の軍事施設を爆撃したと述べた。また同軍は、「日中、ガリラヤ地方西部のアダミート地区に複数の対戦車ミサイルが発射されたことを観測した。これらが原因でイスラエル軍兵士1人が中度のけがを負い、他4人が軽傷を負った」と伝えた。      イスラエルは北部を喪失す 全文をよむ

2024-05-14 レバノン:南部でヒズブッラー司令官が殺害されるも、イスラエル北部で増す脅威(1) (al-Mudun紙)

■イスラエル兵士1人が死亡し5人が負傷..スールでヒズブッラーの司令官が殺害される      【本紙】      ヒズブッラーはここ数日、イスラエルの標的に対する的を絞った集中的な攻撃を激化させている。同組織はこれによって「開始する」立場、そして「動作体」に返り咲いた一方で、イスラエルは「反撃体」へと変容した。また同組織は、軍事拠点や最新の盗聴機器に加えて住居も攻撃しており、イスラエル人一同に損害を与えている。実際にイスラエル軍ラジオの発表は、ガリラヤ地方西部のアダミート地区で対戦車ミサイル攻撃 全文をよむ

2024-05-13 アラブ首長国連邦:「係争海域」をめぐりサウジアラビアと新たな緊張関係 (al-Quds al-Arabi紙)

■アラブ首長国連邦はサウジアラビアが国連に宛てたヤーサート海域に関する主張を拒否      【ドーハ:スライマーン・ハージュ・イブラヒーム、本紙】      アラブ首長国連邦(UAE)が、サウジアラビアが国連に提出した海上国境画定に関する要求を正式に拒否したことで、アブダビとリヤドの関係が新たな局面を迎えた。ラナー・ヌセイベUAE国連常駐代表が国連事務総長に宛てた3月13日付の書簡が公表され、UAEがサウジアラビアからの国境地帯に関する略式の通達を拒否していることが明らかとなった。      書 全文をよむ

2024-05-12 シリア:シリア民主軍がダイル・ザウル県内での部族勢力の伸張を懸念(3) (al-Watan紙)

■シリア民主軍は部族勢力の能力増大と統制からの離脱を懸念している      【アレッポ:ハーリド・ズィンクルー】      同県では部族民らが地域内の油田やガス田からの収入を享受できていないばかりか、これが民兵組織によって略奪され外部へと密輸されているため、盗難された石油が貯蔵しているタンクが置かれたこれらの油田が、部族勢力の恒常的な攻撃目標と化しているのだという。      ユーフラテス川以東の複数の部族筋によると昨日現地では、アラブ部族軍がダイル・ザウル市東方の田園地帯にあるハワーイジュ・ズ 全文をよむ

2024-05-12 シリア:シリア民主軍がダイル・ザウル県内での部族勢力の伸張を懸念(2) (al-Watan紙)

■シリア民主軍は部族勢力の能力増大と統制からの離脱を懸念している      【アレッポ:ハーリド・ズィンクルー】      しかし民兵に対する部族メンバーらの蜂起が続き、「民兵を追放しその支配を避けて地域を統治する」という彼らの要求を満たすべきとの主張が生じていることから、これが不可能となった。      さらに同複数筋によると現在、ブーサラーヤー部族やブーシャアバーン部族などのメンバーによって構成された新たな複数の旅団がイブラーヒーム・ハーフィル最高司令官の指揮する部族軍に参加したことによる最 全文をよむ

2024-05-12 シリア:シリア民主軍がダイル・ザウル県内での部族勢力の伸張を懸念(1) (al-Watan紙)

■シリア民主軍は部族勢力の能力増大と統制からの離脱を懸念している      【アレッポ:ハーリド・ズィンクルー】      米国の支援を受けるシリア民主軍(SDF)に近い複数筋は同軍が、ダイル・ザウル県の田園地帯でアラブ系部族勢力の軍事力が増大していることに対して、高まる懸念を有していると述べた。      同複数筋が本紙に伝えたところによると、SDFの現場指揮官らは、「アラブ部族の大多数がSDFに対し反旗を翻した」うえに、同民兵組織に対して攻撃を実行しており、彼らに多大な人的・軍事的損害を与え 全文をよむ

2024-05-11 レバノン:イスラエル研究機関「ヒズブッラーの部隊はイスラエルに侵攻可能である」(4) (al-Mudun紙)

■イスラエル研究機関:ラドワーン部隊はイスラエルに侵攻可能である      【本紙】      ラドワーン部隊とイスラエルの侵攻      アルマー・センターの研究者らは、ラドワーン部隊が継続的な司令系統のもとで行動しているために、イスラエル軍による目標を絞った攻撃は同部隊の準備状態に影響を与えることはなく、その能力に影響するような重要な措置を講じる必要であると考えている。そしてビーリ氏は、「ラドワーン部隊はイスラエル領土へのいかなる侵攻に関して、明白かつ即時の脅威および課題となり続けている」と 全文をよむ

2024-05-11 レバノン:イスラエル研究機関「ヒズブッラーの部隊はイスラエルに侵攻可能である」(3) (al-Mudun紙)

■イスラエル研究機関:ラドワーン部隊はイスラエルに侵攻可能である      【本紙】      また同氏は、「ヒズブッラーは射程359kmにも及ぶ『ファタフー110』のような弾道ミサイルを保有してはいないものの、この組織はイランが1980年代にシリアにある専用施設で生産していた旧式のミサイルの改良を行っている。この改良はミサイルの正確性改善に寄与し、これにより125km離れた目標への攻撃が可能となったた」と説明した。      ビーリ氏は、「数百もの正確なミサイルや弾薬の代わりに、現在ヒズブッラ 全文をよむ

2024-05-11 レバノン:イスラエル研究機関「ヒズブッラーの部隊はイスラエルに侵攻可能である」(2) (al-Mudun紙)

■イスラエル研究機関:ラドワーン部隊はイスラエルに侵攻可能である      【本紙】      そしてビーリ氏は、同国北部戦線における安全保障上の課題に関する会議で、「現時点でイスラエル軍は、ヒズブッラーの重要なシステムに打撃を与えていない」と述べたうえで、「もし政府が外交上の合意を締結したとしても、ヒズブッラーがそれを選択するときにヒズブッラーの条件下で勃発するであろう戦争を遅らせるだけである。そして私の分析によると、その期日は2026年末以前であると予想される」と付言した。      ビーリ 全文をよむ

2024-05-11 レバノン:イスラエル研究機関「ヒズブッラーの部隊はイスラエルに侵攻可能である」(1) (al-Mudun紙)

■イスラエル研究機関:ラドワーン部隊はイスラエルに侵攻可能である      【本紙】      イスラエルの研究・教育センター「アルマ」の研究部門長であるタル・ビーリ氏は土曜日(11日)、「ヒズブッラーは良質なミサイルの武器庫を保有し、戦争の準備ができており、またこれに所属するラドワーン部隊は『イスラエル領地に侵攻』することが可能である」と説明した。また、『イェディオト・アハロノト』紙が伝えた同センターによる安全保障能力評価のなかでビーリ氏は、イスラエル北部国境付近での軍事的増強の継続に対して警 全文をよむ

2024-05-10 イスラエル:軍はラファから発射された2発のロケット砲弾を迎撃したと主張 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル軍、ラファから発射された2発のロケット弾を迎撃したと主張      【エルサレム:アナトリア通信】      イスラエル軍は金曜日、ガザ地区南部のケレム・シャローム検問所でサイレンを鳴らしたのと同時刻に、ラファ地区から発射された2発のロケット砲弾を迎撃したと発表した。      軍は声明で次のように述べた。「ケレム・シャローム検問所で先刻発令された警報に続き、ロケット砲弾1発がラファ地区からガザ周辺地区に飛来したのが観測された。なお、防空戦闘機が迎撃に成功している。」      さら 全文をよむ

2024-05-10 ガザ:ハマースがイスラエルによるパレスチナ人捕虜への拷問を非難 (al-Quds al-Arabi紙)

■ハマースはイスラエルの刑務所におけるパレスチナ人捕虜への拷問を非難する      【イスタンブール:アナトリア通信】      イスラーム抵抗運動「ハマース」は金曜日、イスラエルが刑務所に拘束しているパレスチナ人を拷問した結果、大勢のパレスチナ人捕虜が死亡したと非難した。      ハマースは声明を出し、「シオニストの刑務所管理局が、勇敢なわが捕虜たちに対する敵対的で犯罪的な政策をエスカレートさせても、彼らの決意を弱めることはない。むしろ、占領に立ち向かうさらなる起爆剤になるだろう」と述べた。 全文をよむ

2024-05-10 トルコは対イスラエル貿易制限解除を否定 (al-Quds al-Arabi紙)

■トルコ、イスラエルに対する貿易制限を解除したとの主張を否定      【アンカラ:アナトリア通信】      木曜日、トルコ偽情報対策センターは、トルコがイスラエルに課していた貿易制限を撤回したという、イスラエルの公的機関が報じた主張の正しさを否定した。      大統領府通信局に付属する同センターは声明で、「イスラエルによるガザへの戦争が停止し、恒久的な停戦が実現され、ガザ地区のパレスチナ人に途切れることのない人道支援が提供されるまでは、トルコによるイスラエルとの貿易停止の決定は有効である」 全文をよむ

2024-05-09 レバノン:シリア人難民を「抑制する」新たな措置(3) (al-Mudun紙)

■シリア人難民の存在を「抑制する」ためのレバノンの新たな強硬措置      【本紙】      レバノン公安総局はUNHCRに対して書簡を送付し、これを根拠にこれまでUNHCRに引き渡された「データ」に追加するようないくつかの基本的なデータを求めた。これは過去にUNHCRに登録された人々や彼らに登録継続の必要がどれほどあるかを再アセスメントすることを通じた、シリア人難民問題に対処するための戦略的ロードマップの範疇における総局の取り組みの改善を目指すものである。      同様に公安総局は、そして 全文をよむ

2024-05-09 レバノン:シリア人難民を「抑制する」新たな措置(2) (al-Mudun紙)

■シリア人難民の存在を「抑制する」ためのレバノンの新たな強硬措置      【本紙】      1.入国および滞在制度に違反したシリア人に対し、国境を管轄する部門・部署に直接向かうことを求める。これは彼らの状況を是正しレバノン領土から退去させるために、彼らに必要な設備を提供するためであり、退去しない者に対して適切な法的措置を講じる権限を設定する。      2.レバノン国民に対し、レバノンに不法滞在しているシリア人を雇用したり、宿泊させたり、住居を確保することがないよう強調する。違反者に対しては 全文をよむ

2024-05-09 レバノン:シリア人難民を「抑制する」新たな措置(1) (al-Mudun紙)

■シリア人難民の存在を「抑制する」ためのレバノンの新たな強硬措置      【本紙】      レバノンの「公安」は、シリア人難民の数を抑制し、彼らを抑圧し、退去へと追いやるためのレバノンの公共政策を実施するための強硬的かつ「断固とした」ステップとして、新たな諸措置にもとづいた実務的、実践的、行政的な計画から始めようとしているようだ。これはレバノン公安総局の広報事務所から出された最新の声明において明らかであり、そこは以下のように記されている。      「公安総局がレバノン領土にいるシリア人の問 全文をよむ

2024-05-09 イスラエル:イスラエル軍がハマースの海軍司令官の殺害を発表 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル占領軍はガザ市のハマースの海軍司令官を殺害したと主張      【テルアビブ:諸通信社】      イスラエル占領軍は水曜日、ガザ地区を空爆し、ハマースの海軍司令官を殺害したと発表した。イスラエル軍は、当司令官がたび重なるイスラエル入植地への攻撃を推進したと主張している。      イスラエル軍は声明を出し、「国防軍と総保安庁(シンベト)共同作戦で、イスラエル空軍機がガザ市のハマース海軍のムハンマド・アフマド・アリー司令官を排除することができた」と発表した。      ハマース側は、 全文をよむ

2024-05-05 ガザ:UNRWAが警告、「ガザの子供たちは壊滅的なレベルのストレスを抱えている」 (al-Quds al-Arabi紙)

■UNRWA:ガザの子供たちが壊滅的なレベルのストレスに苦しんでいる      【ガザ:諸通信社】      国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は土曜日、包囲されたガザ地区に対するイスラエルの継続的な攻撃の結果、ガザの子供たちは壊滅的なレベルの精神的ダメージに苦しんでいると警告した。      国連機関(UNRWA)はX上に声明を発表し、ガザの子供たちが壊滅的なレベルのストレスに苦しんでいると述べた。      声明文には、「UNRWAのチームは、戦争の恐怖の影響を軽減するために、ガザ 全文をよむ

2024-05-05 アルジェリア、ガザ集団墓地に関する安保理非公式会合を呼びかけ (al-Quds al-Arabi紙)

アルジェリアは、ガザ集団墓地に関する安保理非公式会合を火曜日に開催するよう呼びかけ      【アルジェリア:ドイツ通信】      アルジェリアは本日土曜日、ガザ地区で発見された集団墓地に関して、次の火曜日に安保理非公式協議を開催するよう呼びかけた。      アルジェリア通信は土曜日、「アルジェリアは、6ヶ月以上にわたってシオニストによる敵対行為を受けているガザ地区にある集団墓地に関して、次の火曜日午後に安保理非公式協議を開催することを要求した」と報じた。      これに関連して、アントニ 全文をよむ

2024-05-04 レバノン:フランスの和平案への各当事者の反応(5) (Al-Nahar紙)

■イスラエルが軍事演習を開始…そして「二者」が交渉を独占      【本紙】      イスラエルによる(レバノン)南部への爆撃は続いており、ヒヤーム村は何度も砲撃を受けた。またナークーラ村やマジュダル・ズーン村の郊外、ブラート山も砲撃されたほか、東部地区のマルカバー村の郊外もイスラエルによる攻撃を受けた。      さらに、レバノン南部からはイスラエル北部のメロン山に向けて大規模なミサイル攻撃が行われ、メロン軍事基地周辺で爆発音が観測された。イスラエルの「チャンネル12」は、「防空システムが上 全文をよむ

2024-05-04 レバノン:フランスの和平案への各当事者の反応(4) (Al-Nahar紙)

■イスラエルが軍事演習を開始…そして「二者」が交渉を独占      【本紙】      そしてマクロン大統領は、フランスがエスカレーションの危険を減らすことに全面的に取り組むと明らかにした。これは、国連安保理決議1701号に基づくレバノン・イスラエル間のブルーライン沿いでの緊張の高まりと、フランスのレバノンおよびレバノンの安全保障への歴史的な寄与に基づいての取り組みだという。またこの文脈の中で、マクロン大統領はフランスがUNIFILへの支援及び参加を続けることにも言及し、レバノンの安定を保障する 全文をよむ

2024-05-04 レバノン:フランスの和平案への各当事者の反応(3) (Al-Nahar紙)

■イスラエルが軍事演習を開始…そして「二者」が交渉を独占      【本紙】      レバノンの現状を支配する憂鬱に対する外交筋の提案に話題に戻すと、同外交筋は今週木曜日に欧州委員会の委員長がベイルートを訪問した際のレバノンの反応を批判した。その反応とは、ヨーロッパがレバノンへ10億ユーロ相当の支援パッケージを決定したことに対してメディアや政界が嘲笑するようなトーンが支配的になり、この支援をまるで賄賂であるかのように描き、そしてそれをメディアやジャーナリスト、政治家や議員、聖職者が繰り返し語っ 全文をよむ

2024-05-04 レバノン:フランスの和平案への各当事者の反応(2) (Al-Nahar紙)

■イスラエルが軍事演習を開始…そして「二者」が交渉を独占      【本紙】      さらに同外交筋は、レバノンの返答は政府やナジーブ・ミーカーティー首相の返答ではなく、シーア派二者(ヒズブッラーとアマル運動)の返答をまとめたものであると指摘した。そしてこれは非常に危険なことであり、戦争や和平、条約や国際的な決議といった重要な問題において、シーア派二者が諸外国や外国機関との交渉をコントロールするようになったのだと指摘した。なお、この返答の予想される内容については、ヒズブッラーがリークによって、 全文をよむ

2024-05-04 レバノン:イスラエル軍の攻撃が続くも、合意形成に向けた動きが加速(3) (al-Mudun紙)

■イスラエルによる攻撃が続くなか、「チャンネル12」は「結実寸前」の合意について報道      【本紙】      イスラエル・ヒズブッラー間の合意?      次にイスラエルの「チャンネル12」は報道した新たなレポートのなかで、テルアビブの治安機関が「イスラエルはヒズブッラーおよびレバノン国家との合意署名に近づいており」、さらに「これはその性質において、国連安保理が2006年に採択した安保理決議第1701号に似た合意になるだろう」と考えていると伝えた。      このレポートによるとイスラエル 全文をよむ

2024-05-04 サウジアラビア:ビン・ファルハーン外相がイスラーム協力機構首脳会議に際してガザ地区での即時停戦を改めて要求 (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビアがイスラーム協力機構首脳会議に際してガザ地区での即時停戦を改めて要求      【バンジュル:諸通信社】      サウジアラビアは土曜日、約7か月間戦争に苦しんでいるガザ地区での即時停戦を改めて要求し、同地区のパレスチナ人の苦難を終わらせるために安全な人道回廊を提供することの重要性を強調した。      これはガンビアの首都バンジュルでイスラーム協力機構が「継続的な発展のための対話を通じた団結と連帯の強化」をスローガンに開催したイスラーム諸国サミットに際して、サウジアラビアのフ 全文をよむ

2024-05-04 ガザ:イスラエルの侵攻による犠牲者の累計が34,654人まで増加 (al-Quds al-Arabi紙)

■昨年10月7日以降の、イスラエル戦争による犠牲者の累計が34,654人まで増加      【イスタンブール:アナトリア通信】      ガザ地区保健省は土曜日、昨年の10月7日以来イスラエルによってガザ地区で続けられている戦争による犠牲者の累計が「死者34,654人、負傷者77,908人」に増加したと発表した。      これは、ガザ地区で211日間にわたって続いているイスラエルの戦争による死傷者数に関して、同省がテレグラムを介して発表している日次統計レポートによって明らかにされた。      全文をよむ

2024-05-04 レバノン:イスラエル軍の攻撃が続くも、合意形成に向けた動きが加速(2) (al-Mudun紙)

■イスラエルによる攻撃が続くなか、「チャンネル12」は「結実寸前」の合意について報道      【本紙】      一方でヒズブッラーは、バイヤード・ブリーダー拠点で活動中だった敵国イスラエルの兵士の集団を迫撃弾で攻撃したと発表し、さらにラーヒブ拠点内の諜報機材を適切な武器で攻撃し、これらに直接的な損害を与えたと明らかにした。また同組織は、レバノンの占領下シャブアー農場にあるレーダー拠点を適切な武器で攻撃し、これに直接的な被害を与えたと発表した。      イスラエル軍はシャブアー農場、ハルター 全文をよむ

2024-05-04 ガザ:「イスラエルはハマースとのいかなる取引を含む停戦を拒否する」との予測(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヘブライ語メディア:イスラエルはハマースとのいかなる取引を含む停戦を拒否      【アナトリア通信】      民間チャンネル「カイロ・ニュース」は土曜日未明、匿名の高官筋の話として、ハマースの使節団がカイロに到着したとしつつ、ガザ停戦交渉において「目覚ましい進展」が生じていると伝えた。      同チャンネルは先週の月曜日には、ハマースの使節団がカイロを出発し、今後ガザ地区情勢緩和の取引をめぐるエジプトの提案に対する書面回答とともに再びカイロに戻る予定であると報じていた。      同日、 全文をよむ

2024-05-04 ガザ:「イスラエルはハマースとのいかなる取引を含む停戦を拒否する」との予測(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヘブライ語メディア:イスラエルはハマースとのいかなる取引を含む停戦を拒否      【アナトリア通信】      イスラエルのメディアは土曜日、同国政府は流布している情報とは異なり、ハマース運動との間で生じうるいかなる取引を含む停戦に合意することはないだろうとの見解を述べた。イスラエル軍のラジオ局は、「イスラエル政府はハマースとのいかなる取引を含む停戦に合意しない」とする同国当局者(匿名)の発言を引用した。      さらにこのイスラエル当局者は「人質解放のための停戦があってもなくても、軍はラ 全文をよむ

2024-05-04 レバノン:イスラエル軍の攻撃が続くも、合意形成に向けた動きが加速(1) (al-Mudun紙)

■イスラエルによる攻撃が続くなか、「チャンネル12」は「結実寸前」の合意について報道      【本紙】      レバノン南部でヒズブッラーとイスラエル軍の間で漸進的なエスカレーションが続いている一方で、レバノンはカイロで行われている、ガザ地区での鎮静化ないしは停戦合意に至る可能性をめぐる交渉の結果を待望している。今日(4日)新たに、ビント・ジュバイル村のガソリンスタンド付近の路上にあった自動車に対してイスラエルの無人機が攻撃を実行したが、情報によるとこれによる負傷者は確認されていない。さらに 全文をよむ

2024-05-04 レバノン:フランスの和平案への各当事者の反応(1) (Al-Nahar紙)

■イスラエルが軍事演習を開始…そして「二者」が交渉を独占      【本紙】      レバノン南部情勢についての所与のはずの前提に大きな矛盾が生じている。西側使節団、特にレバノンに駐在するヨーロッパの使節団と強い関係を持っている外交筋は、レバノン南部で展開されている戦線を鎮静化させる新たな本格的な機会がなく、むしろ戦況がさらにエスカレーションする兆候があり、しかもそれが今後数週間にわたって長引く恐れもあることを懸念している。そして同外交筋は、イスラエルによる脅迫のトーンが上がっている今日、特に 全文をよむ

2024-05-01 イスラエル:ガザ地区停戦交渉に関してイスラエル側が「大きな譲歩」を提供 (al-Quds al-Arabi紙)

■複数のレポート:イスラエルはガザに関する合意のために大きな譲歩を提供する準備ができている      【DPI通信:カイロ/テルアビブ】      ガザ戦争に関してカイロで進行中の停戦交渉のさなかに、ハマースが提出した合意の提案についての詳細が明らかになった。      『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙が火曜日、エジプトの当局者らの話として報じたところによると、イスラエルが起草に参加したが、まだ承認していない同提案は2つの段階に基づいている。      第1段階には、イスラエルが不特定数の 全文をよむ

2024-04-30 イスラエル:仏外相がレバノン問題をめぐってイスラエル外相と会談(2) (al-Mudun紙)

■セジュルネ仏外相が南部での対立を終結させるためにイスラエルに「フランス文書」を提示      【本紙】      第一段階は、国連安保理決議第1701号に則ったヒズブッラー・イスラエル軍間の軍事作戦停止である。第二段階は、イスラエル北部住民(北部入植地の入植者ら)の安全な帰還、レバノン国民が南部にある自身らの町村へ安全に帰還すること、さらにレバノン軍の国境地帯への展開、国境では国連レバノン暫定軍(UNIFIL)を強化するとともにレバノン軍の数を増やすこと、そしてこのために必要な支援を供給するこ 全文をよむ

2024-04-30 イスラエル:仏外相がレバノン問題をめぐってイスラエル外相と会談(1) (al-Mudun紙)

■セジュルネ仏外相が南部での対立を終結させるためにイスラエルに「フランス文書」を提示      【本紙】      フランスのステファヌ・セジュルネ外相は、イスラエルのイスラエル・カッツ外相とテルアビブで面会した。エルサレムとテルアビブをまたぐことで計24時間を要するセジュルネ氏の訪問は、イスラエルのガザ地区に対する戦争にならび、レバノン国境付近でのエスカレーションが続いているなかでの中東歴訪の一環として行われた。またセジュルネ氏はカッツ氏との会談に際して、自身が「人質の釈放、(ガザ地区の)停戦 全文をよむ

2024-04-29 エジプト:農業省高官「年末まで十分な量の砂糖を備蓄がある」 (al-Quds al-Arabi紙)

■「エジプトは年末まで十分な量の砂糖を備蓄している」      【カイロ:ロイター通信】      エジプト農業省の高官は『ロイター』に対し、砂糖の備蓄量は2024年末まで十分であると述べ、エジプト商品取引所のイブラーヒーム・アシュマーウィー会長は、同国には6か月分の消費に十分なほどの小麦の戦略的備蓄があると述べた。      さらに同高官は、同国は今シーズンが終了する6月までにサトウキビまたはテンサイから約240~250万トンの砂糖を生産することを目指していると述べた。しかし一方で、今シーズン 全文をよむ

2024-04-29 レバノン:レバノン南部でハマースとヒズブッラーがイスラエル軍と交戦 (Al-Nahar紙)

■「カッサーム旅団」と「ヒズブッラー」のミサイルが(レバノン)南部からイスラエルへ向けて発射される、南部の村々では激しい空爆      【ベイルート:本紙】      イスラエル軍がレバノン南部への空爆と砲撃を行う中、ハマースの軍事部門カッサーム旅団とヒズブッラーはそれぞれレバノン南部から軍事作戦を展開した。      最初にカッサーム旅団が月曜日の午後、テレグラムを通じて、レバノン南部からイスラエル軍の軍事施設をミサイルで集中的な空爆を行ったと発表した。      一方、ヒズブッラーは同日夕方 全文をよむ

2024-04-28 エジプト:紅海での緊張により、スエズ運河の通行料収入が50%減少 (al-Quds al-Arabi紙)

■紅海での緊張により、スエズ運河の通行料収入が50%減少      【リヤド:アナトリア通信】      エジプトのハーラ・サイード計画相は日曜日、紅海における最近の緊張によりスエズ運河の通行料収入が50%減少したと述べた。      サイード氏の発言は、4月28日から29日にかけてサウジアラビアの首都リヤドで開催される世界経済フォーラムの折に開催された特別会合の演説のなかでなされたものである。      エジプトの大臣は、「スエズ運河の通行料収入は50%の減少を目撃した。この減少は、紅海での諸 全文をよむ

2024-04-27 レバノン:ヒズブッラー副書記長「レバノン南部問題をめぐるイニシアチブは生き長らえることはできない」 (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラー副書記長「レバノン南部問題をめぐるイニシアチブは生き長らえることはできない」      【ベイルート:DPI通信】      レバノンのヒズブッラーの副書記長であるナイーム・カースィム師は土曜日、レバノン南部問題をめぐるイニシアチブは「その骨子がガザで停戦とならない限り、生き長らえることはできないだろう」との見解を述べた。      同師は今日のスピーチで、「(レバノン)南部における停戦という主題のもとに、イスラエルにガザでより多くのことを行えるような安堵をもたらすためのイニシアチ 全文をよむ

2024-04-27 レバノン:イスラエルの攻撃で民間人14人が負傷…ヒズブッラーの役割とは(2) (al-Mudun紙)

■レバノン南部スリッビーナ村で民間人14人が負傷   ■エルサレム・ポスト:ヒズブッラーは巨大すぎて失敗できない      【本紙】      「巨大すぎて失敗できない」      『エルサレム・ポスト』紙は、ヒズブッラーが複数のミサイルや爆弾、そして無人機からなる「巨大な武器庫」を所有していると指摘し、同組織は地域でのイランの重要な代理勢力として、「巨大すぎて失敗できない」と説明したうえで、「イランは同組織の破壊を危惧し、これを紛争に巻き込むコストを背負えない」と付言したレポートを報じた。他方 全文をよむ

2024-04-27 レバノン:イスラエルの攻撃で民間人14人が負傷…ヒズブッラーの役割とは(1) (al-Mudun紙)

■レバノン南部スリッビーナ村で民間人14人が負傷   ■エルサレム・ポスト:ヒズブッラーは巨大すぎて失敗できない      【本紙】      イスラエル軍は、土曜日(27日)夜に行った南部の村々への集中的な空襲を行った。これは、スリッビーナ村郊外の家屋を標的としたもので、即座に救急隊が攻撃を受けた場所に向かったが、攻撃された家屋周辺にいたレバノン人12人とシリア人2人の計14人の民間人が負傷した。      イスラエルの戦闘機は、複数のミサイルでフーラー村を標的とした空襲を2回仕掛けたうえ、一 全文をよむ

2024-04-27 レバノン:ジャアジャア氏がマアラーブ会議に際してレバノン軍の南部展開を訴える(3) (Al-Nahar紙)

■マアラーブで開かれた野党会議でのジャアジャア氏の発言:ヒズブッラーはレバノンを防衛することができず、軍を派遣することが唯一の解決手段である      【ベイルート:本紙】      そしてジャアジャア氏は事態がピークに達しつつあると警告し、次のように述べた。「我々は個人、グループ、議員、オピニオンリーダー、ジャーナリストの集合体として、なにもしないまま事を終わらせることはできない。我々は、今日我々、そしてレバノン南部を襲っている危険にスポットライトを当てる。どんな分析やデータによってでも、南部 全文をよむ

2024-04-27 レバノン:ジャアジャア氏がマアラーブ会議に際してレバノン軍の南部展開を訴える(2) (Al-Nahar紙)

■マアラーブで開かれた野党会議でのジャアジャア氏の発言:ヒズブッラーはレバノンを防衛することができず、軍を派遣することが唯一の解決手段である      【ベイルート:本紙】      そして同氏は、最終的に、南部における「危険な」軍事行動という新たな問題が生じたと指摘した。この軍事行動はヒズブッラー単独の決断によって開始され、ヒズブッラーに従順な政府でさえその決定について知らされなかったという。      続けて同氏は次のように述べた。「パレスチナの大義は我々全員にとっての義務である。なぜならそ 全文をよむ

2024-04-27 レバノン:ジャアジャア氏がマアラーブ会議に際してレバノン軍の南部展開を訴える(1) (Al-Nahar紙)

■マアラーブで開かれた野党会議でのジャアジャア氏の発言:ヒズブッラーはレバノンを防衛することができず、軍を派遣することが唯一の解決手段である      【ベイルート:本紙】      マアラーブで野党会議が開かれ、レバノンの防衛のために安保理決議第1701号の完全な履行が訴えられた。会議には野党勢力や現議員および元議員、また元大臣らや諸政党、著名人らが参加した。      会議の冒頭では、レバノン軍団の党首であるサミール・ジャアジャア氏が演説した。同氏は、「レバノンには国家が存在しない状態に達し 全文をよむ

2024-04-27 アメリカ:大学での座り込みで「ヒズブッラー」の旗が掲揚される(2) (al-Mudun紙)

■米国の大学で「ヒズブッラー」の旗が掲げられ、アラブのSNSユーザーらに分裂が生じる      【本紙】      さらにSNSユーザーらは、プリンストン大学での座り込み実行から間もなくして、米当局がこれを解散させている場面が写された動画を拡散した。      ヒズブッラーはレバノン南部を起点としてイスラエルに対する軍事闘争に参加しており、この闘争が「支援戦線」であり、「ガザ地区への支援」だと述べている。      米国はすでにレバノンのヒズブッラーを「テロ組織」リストに登録しており、米国諸機関 全文をよむ

2024-04-27 アメリカ:大学での座り込みで「ヒズブッラー」の旗が掲揚される(1) (al-Mudun紙)

■米国の大学で「ヒズブッラー」の旗が掲げられ、アラブのSNSユーザーらに分裂が生じる      【本紙】      ヒズブッラーが米国の「テロ組織」リストに登録されているにもかかわらず、米国プリンストン大学でガザ地区と連帯するために実施された座り込みで、参加者らはヒズブッラーの旗を掲げた。      SNSユーザーらは、パレスチナのクーフィーヤやパレスチナ旗のほかヒズブッラーの旗を掲げた学生らの写真を拡散したが、これは米国では注目すべき事態である。      拡散された写真のうち1枚には、ヒズブ 全文をよむ

2024-04-26 レバノン:ヒズブッラーが議員らにマアラーブ会議への参加を拒否するよう連絡(2) (Al-Nahar紙)

■ヒズブッラーが議員らに「マアラーブ会議に参加しない」よう連絡      【ベイルート:本紙】      レバノン軍団の複数筋が会議の目的とタイミングについて明らかにしたところによると、一部の人々はこの会議が「政治戦線や野党戦線、あるいはそれに類似するもの」だとする噂を広めようとしているが、これは「正しくない」という。同複数筋によると、同会議の目的はむしろ限定的であり、その主題は「レバノンでの戦争拡大の回避」であるという。これはすべての外交的指標が、レバノンが戦争の全土への拡大の可能性をともなっ 全文をよむ

2024-04-26 レバノン:ヒズブッラーが議員らにマアラーブ会議への参加を拒否するよう連絡(1) (Al-Nahar紙)

■ヒズブッラーが代表者らに連絡…マアラーブ会議への参加を拒否      【ベイルート:本紙】      明日土曜日にマアラーブで開かれる野党会議に注目が集まっている。これまで明らかになっているところによると、この会議には、3月14日勢力の方針や精神を継ぐ政治的、文化的、社会的活動団体のほか、現職議員らや元議員らも参加する。      この会議の目的や内容について提案された内容にもとづいて、レバノン軍団の情報筋が本紙に明かしたところによると、ヒズブッラーはマアラーブ会議への参加を表明した一部の議員 全文をよむ

2024-04-25 レバノン:イスラエル軍が東部で燃料輸送トラックを攻撃(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■レバノン東部のバアルバック(バールベック)で燃料トラックを狙ったイスラエルの空襲により1人負傷      【ベイルート:本紙】      同通信の情報筋によると、イスラエル軍は「閃光弾」をスール、ビント・ジュバイル両地区でブルーライン(訳注:イスラエル・レバノン間の停戦ライン)に隣接する国境付近の村々の上空に発射し、さらに無人機がレバノン南部の村々の上空を飛行した。      2023年10月8日以降、レバノンの諸派とレバノン国内のパレスチナ諸派は、イスラエル占領軍と国境付近で日常的な砲撃の応 全文をよむ

2024-04-25 レバノン:イスラエル軍が東部で燃料輸送トラックを攻撃(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■レバノン東部のバアルバック(バールベック)で燃料トラックを狙ったイスラエルの空襲により1人負傷      【ベイルート:本紙】      木曜日(25日)、レバノン東部のバアルバック地区のドゥーリス村の平野で、イスラエルが燃料輸送用のトラックを空襲した結果、1人が負傷した。      レバノン国営通信は、「無人機による敵国の(イスラエルの)空襲が、レバノン東部のバアルバック地区のドゥーリス村の平野で、燃料輸送用のトラック1台を標的とした」と伝えた。      さらに同通信は、空襲が原因で「運転 全文をよむ

2024-04-23 エジプト:価格高騰に対抗する、魚の不買運動(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■「腐らせておけ」…価格高騰のためエジプトで魚の不買運動      【カイロ:ターミル・ヒンダーウィー、本紙】      さらに、「魚の不買運動はアレキサンドリアで始まり、ポートサイードもそれに続き、魚の価格を70%にまで引き下げることに成功した。これにより他の県の住民が、この「腐らせておけ」住民運動に参加することに弾みがついた」と述べた。      エジプト女性国民戦線は、価格高騰への抵抗において積極的な一歩を踏み出した市民の自助努力に敬意を表した。      同戦線は、価格が上昇した商品の不 全文をよむ

2024-04-23 エジプト:価格高騰に対抗する、魚の不買運動(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■「腐らせておけ」…価格高騰のためエジプトで魚の不買運動      【カイロ:ターミル・ヒンダーウィー、本紙】      エジプトの複数の県では、魚の価格高騰を理由に、「腐らせておけ」というスローガンのもとで不買運動が行われている。      不買運動は、昨日(月曜日)、エジプト北部のアレキサンドリア県で始まり、同日の魚の価格は大幅に値下がりした。キャンペーンの主催者は価格高騰への対抗の一種として、また、今後再び価格をあげようとする商人らへのメッセージとして、不買運動を一週間ほど続けると強調した 全文をよむ

2024-04-23 リビア:マグリブ三首脳協議会で、リビアの政治危機が主要議題に (al-Quds al-Arabi紙)

■リビア危機がマグリブ三首脳協議会の議論とマグリブ連合をめぐる論争の主要議題に挙がる      【トリポリ:本紙、ナスリーン・スライマーン】      リビアの隣国チュニジアは、組織凍結によるアラブ・マグリブ連合の不在に終止符を打ちたいという去る3月初旬に表明された要望を実現するため、アルジェリア、チュニジア、リビアの首脳による初の協議会を主催した。リビア問題と同国に展開する外国勢力の問題もこの協議会で議論されるという。       アルジェリア大統領府は月曜(22日)、アブドゥルマジード・デブ 全文をよむ

2024-04-22 ガザ:ガザ地区に対するイスラエルの「組織的な」攻撃に関する報告 (al-Quds al-Arabi紙)

■国連報告者:イスラエルは組織的にガザ地区の住民を飢えさせている      【ジュネーブ:本紙】      身体的および精神的健康の権利に関する国連特別報告者のトラレン・モフォケン氏は、「イスラエルはガザ地区の住民を飢えさせ、彼らの権利を剥奪することに組織的に取り組んでいる」と述べた。      これは同氏が月曜日にスイスのジュネーブで、ガザ地区のパレスチナ人の健康状況に関して開催した記者会見のなかで言及されたものである。      同氏は、「ガザでは疑いようもなく大量虐殺が発生している」と付け 全文をよむ

2024-04-22 レバノン:カタール外交団がベイルートを訪問(3) (al-Mudun紙)

■カタール国務大臣がベイルートに:私的で迅速な訪問      【本紙】      政治的動機によるフライフィー大臣の潜在的なベイルート訪問に関する情報は、ずっと以前からレバノンで浸透していた。しかしこの段取りには、レバノンの派閥間での合意要素の充足、そして総合理解を確立するための政治的状況の成熟をともなう必要があった。特に現在中東地域は、ガザ地区で進行中の戦争の経路や、レバノン南部で目下続いている衝突の数々を目の当たりにしているためである。      フライフィー大臣は以前、厳密には昨年4月にベ 全文をよむ

2024-04-22 レバノン:カタール外交団がベイルートを訪問(2) (al-Mudun紙)

■カタール国務大臣がベイルートに:私的で迅速な訪問      【本紙】      カタール外交      レバノンが経験している情勢下で、この訪問は特別な重要性を持っている。この訪問は政治的次元を持ち合わせていないにもかかわらず、レバノン当局は自国がいまだアラブおよび湾岸諸国、特にカタールの関心の対象になっていることを示している。同国は目下、レバノンを危機から救い、レバノンを南部で進行中の戦争の領域拡大から守るような政治的解決を実現するための外交活動に取り組んでいるためである。      フライ 全文をよむ

2024-04-22 レバノン:カタール外交団がベイルートを訪問(1) (al-Mudun紙)

■カタール国務大臣がベイルートに:私的で迅速な訪問      【本紙】      カタール外務省のムハンマド・ビン・アブドゥルアズィーズ・フライフィー国務大臣は、レバノン国民議会のバヒーヤ・ハリーリー元議員の夫である「アブー・ナーディル」ことムスタファー・ハリーリー氏の死に際し同氏の家族に弔意を示すため、ベイルートに迅速な私的訪問を行った。      ハリーリー氏の広報事務所は次のように声明を発表した。「今日午後、バヒーヤ・ハリーリー氏がベイルート中心部の自宅で、故ムスタファー・アフマド・ハリー 全文をよむ

2024-04-21 パレスチナ:イスラエルによるトゥルカルムへの侵攻が続き、7人の殉教者(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル軍がヨルダン川西岸、トゥルカルム市内のキャンプに侵攻し、1日に7人の死者      【トゥルカルム、ナーブルス:諸通信社】      同局は「イスラエル軍は市民や救急隊員がこの家に到着することを妨害している」と伝え、さらに「遺体の持ち去りの恐れがある」とも示唆した。      また、同日、上記の事件に先駆けて、イスラエル軍がトゥルカルム市に位置するヌール・シャムス・キャンプに侵入した際、数人が実弾で負傷したのと同時に1人のパレスチナ人が殺害されたとWAFAが伝えた。      パレス 全文をよむ

2024-04-20 ガザ:数百人規模の呼吸器疾患被害 (al-Quds al-Arabi紙)

■ガザ民間防衛当局:数百人の呼吸器疾患の罹病を記録      【ガザ:本紙】      ガザ地区の民間防衛当局は金曜、同地区の病院内の数百人の呼吸器疾患への罹病を記録したと発表した。これは同地区における調理用ガスの危機の深刻化により、食事を準備するため火を使用していることの結果であるとしている。      民間防衛(民間保護)当局は声明で、「過去6ヶ月にわたり、市民が1日に数時間火の使用に頼った結果、病院内で数百人の呼吸器疾患への罹患を記録した」と述べた。      声明はさらに、「イスラエル占 全文をよむ

2024-04-20 パレスチナ:イスラエルによるトゥルカルムへの侵攻が続き、7人の殉教者(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル軍がヨルダン川西岸、トゥルカルム市内のキャンプに侵攻し、1日に7人の死者      【トゥルカルム、ナーブルス:諸通信社】      被占領地ヨルダン川西岸北部にあるトゥルカルム市と同市の複数のキャンプへのイスラエル軍の侵攻が続くさなか、金曜(19日)夜のパレスチナ人の殉教者数は7人に上ったと医療関係筋や政府公式メディアが伝えた。      パレスチナ保健省は短い声明の中で次のように発表した。「(イスラエルの)占領軍の銃弾によって殉教したカイス・ファトゥヒー・ナスルッラー(16歳)と 全文をよむ

2024-04-17 イスラエル:ヒズブッラーの攻撃でイスラエル兵士らが死傷(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラーによるより激しい攻撃でイスラエル兵ら18人が死傷      【ベイルート:本紙】      ヒズブッラーは、「バラーニート」兵舎内の第91師団の司令本部を「ブルカーン」ロケット弾で攻撃するため、イスラエルの複数の拠点に対してロケット弾を発射した。そして軍用車両がムティッラ拠点に入る際にこれを攻撃し、これに乗っていた人々を死傷させた。また同様に、ラーミヤー拠点周辺にいた占領軍兵士の集団をロケット兵器と迫撃砲で攻撃し、バラーニート兵舎の南部で新たに展開していた兵士らを攻撃した。     全文をよむ

2024-04-17 イスラエル:ヒズブッラーの攻撃でイスラエル兵士らが死傷(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラーによる過去もっとも激しい攻撃でイスラエル兵ら18人が死傷      【ベイルート:本紙】      ヒズブッラーが用いた無人機はイラン製の「アバビール-T」型であり、重さ45㎏の爆薬を搭載できる。この事件ののちイスラエルはナークーラ村の家屋を空襲し、ラーシヤー・ファハール村とファルディース村を砲撃した。      イスラエル軍は複数の無人機とロケット弾によるイスラエル北部のアラブ・アラームシャ村に対するヒズブッラーの攻撃で、重体の6人と危篤状態の1人を含む作業中の兵士18人が負傷し 全文をよむ

2024-04-17 イスラエル:ヒズブッラーの攻撃でイスラエル兵士らが死傷(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラーによる過去もっとも激しい攻撃でイスラエル兵ら18人が死傷      【ベイルート:本紙】      「ヒズブッラー」は昨日水曜日(17日)、10月8日の衝突開始以降占領軍に向けているもっとも強力な攻撃としてイスラエル北部にある軍司令本部を爆撃し、司令部の隊員ら18人を死傷させたと発表した。また同組織の声明によるとこれは、「自身の戦闘員ら3人を死亡させた、レバノン南部の2村に対するイスラエルによる火曜日(16日)の攻撃に反撃する」ためであったという。      一方敵国のメディアはヒ 全文をよむ

2024-04-17 エジプト:ガザ地区を6カ月間統治する提案を拒否 (al-Quds al-Arabi紙)

■スィースィー大統領は、アメリカが提案するガザ地区の6カ月間の暫定統治を拒否した。      【カイロ:ターミル・ヒンダーウィー、本紙】      元エジプト軍士気局長であるサミール・ファラグ退役少将は、エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領が米国の提案を拒否した、と述べた。米国は中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官のカイロ訪問時に、エジプトに対しガザ地区の6カ月間の暫定統治を提案していた。      ファラグ氏は、サダー・バラド局の「私の責任で」という番組でのテレビコメ 全文をよむ

2024-04-16 イスラエル:レバノン国境付近で軍事演習を実施 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル占領軍がレバノン国境付近で火曜日に軍事演習を行う      【テル・アビブ:諸通信社】      イスラエル占領軍は明日火曜日(16日)に、レバノン南部国境付近の北部で軍事演習を行う予定だと発表した。これは、「あらゆる領域の脅威に立ち向かう準備をする」ための一環だという。      同軍は、月曜日(15日)夕方に「X(旧ツイッター)」上の自身のアカウントで投稿した声明で「明日(火曜日)、朝から正午までの間、高地および中部ガリラヤで軍事演習を行う予定だ」と述べた。      そして同軍 全文をよむ

2024-04-16 イスラエル:戦時内閣がイランへの対抗措置を協議、米国は対抗措置に加わらない意向を表明 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル戦時内閣は協議を続行…バイデン米大統領:我々はイスラエルの安全保障と同盟諸国の保護を約束する      【ロンドン:本紙、諸通信社】      イスラエルでは、土曜日夜のイランによる攻撃を受けて、戦時内閣の閣議が行われたが、閣僚らが推し進める対抗措置について、何の公式発表もないまま終了した。      「国営メディアによると、戦時内閣は昨日、閣議を開き、イランに代償を強いるが全面的戦争には発展しないいくつかの選択肢を協議した」とイスラエルの民放テレビ局『チャンネル12』は報じた。   全文をよむ

2024-04-15 ガザ:イスラエルがパレスチナ赤新月社スタッフ2人を解放 (al-Quds al-Arabi紙)

■50日間の拘束を経て…イスラエルがガザ地区で赤新月社スタッフ2人を解放      【ガザ:アナトリア通信】      パレスチナ赤新月社は月曜日、イスラエルがガザ地区南部のハーン・ユーニス市で50日前に拘束していた同社スタッフ2人を解放したが、他の6人は引き続き拘留されていると発表した。      同社は声明で、「(イスラエル)占領軍がつい先ほど、アマル病院から患者を避難させている最中にハーン・ユーニスの軍事検問所で拘束された救急スタッフ2人を、50日間におよんだ拘留を経て解放した」と述べた。 全文をよむ

2024-04-15 サウジアラビア:アラブ首長国連邦との領土問題が再び表面化(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビアとアラブ首長国連邦の領土をめぐる係争      【国連:本紙】      両国は1974年にサウジアラビアがUAEを承認する協定に署名しており、これによりサウジアラビアは(UAEが領有を主張する)ブライミー・オアシスの一部を放棄する代わりに、両国国境地帯、カタールとUAEを隔てる全長50キロメートルの海岸、フワイサート島のほか、その一部がUAE国内に広がるシャイバ油田を取得することが定められた。      その後UAE政府はこれらの土地を取り戻そうとしたが、UAEが1999年にオ 全文をよむ

2024-04-15 サウジアラビア:アラブ首長国連邦との領土問題が再び表面化(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビアとアラブ首長国連邦の領土をめぐる係争      【国連:本紙】      ヤーサート地区はサンゴ礁、海草、美しい砂浜とともに環境面での重要性を有する地域であると考えられており、これらはいずれも観光客を引き付けている。      ヤーサート地区は、故ハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン大統領の指示に基づいて、2005 年の首長法令によって制定された。また同地区は海洋保護区として宣言され、サンゴの養殖や様々な種類の魚を保有する複合施設のための工業地帯が設置された。しかしサウ 全文をよむ

2024-04-15 サウジアラビア:アラブ首長国連邦との領土問題が再び表面化(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビアとアラブ首長国連邦の領土をめぐる係争      【国連:本紙】      アラブ首長国連邦と係争中の海域についてのサウジアラビアが国連に苦情を提出      『クドゥス・アラビー』紙は、サウジアラビア国連代表団が国連総会およびアントニオ・グテーレス国連事務総長に宛てて2024年3月17日付で提出した公式文書を検討した。しかしその文書の発行日である3月28日は、2019年に発布された首長法令に記載されているように、ヤーサート地区を自然海洋保護区と発表したアラブ首長国連邦の決定に関連 全文をよむ

2024-04-14 カタール:イランと電話会談を通じて中東情勢について議論(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■カタールとイランが中東地域における激化の緩和および沈静化の手法について議論      【ドーハ:本紙】      ムハンマド・ビン・アブドゥッラフマーン氏とアブドラヒアン氏の会談は、トルコ、米国、カタールおよびエジプトの高官らや指導部によって、イスラエルに対するイランの報復後の数時間で激化抑止の試みとして実施されてきた一連の会談の流れのなかに位置付けられた。      土曜夕方、イランはイスラエルに向けて約350発(機)のミサイルと無人航空機を発射した。イスラエル政府はそのうちの99%を防いだ 全文をよむ

2024-04-14 チュニジア:政党「社会民主主義の道」が選挙環境の見直しを求める(2) (al-Quds al-Arabi紙)

チュニジアの政党は、野党を裏切者呼ばわりするのをやめ、選挙前に憲法裁判所を設置するよう要求      【チュニス:本紙】         加えて、政治活動や労働組合の活動、あるいは表現の自由を理由に拘留されている人々を釈放し、彼らに公正な裁判を受ける権利を与え、政敵、ライバルや反対者を排除するために司法機関を使わないように求めた。      また、政権の中立性を保証し、公共メディアが単なる公式プロパガンダの代弁者になることを防ぐために、憲法裁判所とその他の監視機関を選挙日公示前に急いで設置する必 全文をよむ

2024-04-14 チュニジア:政党「社会民主主義の道」が選挙環境の見直しを求める(1) (al-Quds al-Arabi紙)

チュニジアの政党は、野党を裏切者呼ばわりするのをやめ、選挙前に憲法裁判所を設置するよう要求      【チュニス:本紙】      チュニジアの政党「社会民主主義の道」(左派)は、自由、公正かつ透明な選挙の実施は「現制度を改革するための、また、独裁が横行し、それに伴って国家機関が排除されたり、一人の意思に服従したりということを葬り去るための、適切かつ可能なメカニズムであり、選挙環境が浄化されれば、この国が多元的な民主主義精神を回復できる機会になる」とした。      同党は土曜日の声明で、「共和 全文をよむ

2024-04-14 カタール:イランと電話会談を通じて中東情勢について議論(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■カタールとイランが中東地域における激化の緩和および沈静化の手法について議論      【ドーハ:本紙】      カタールのムハンマド・ビン・アブドゥッラフマーン・アール・サーニー外務大臣とイランのホセイン・アブドラヒアン外務大臣は日曜、「中東地域における激化の緩和および沈静化の手法」について議論を行った。      カタール外務省の声明によると、この会談はムハンマド・ビン・アブドゥッラフマーン・アール・サーニー氏がアブドラヒアン氏に対して行った通話を通じて実施された。またこれは、イランがダマ 全文をよむ

2024-04-13 ガザ:イスラエル首相、ガザに対する戦争の拡大を試みる (al-Quds al-Arabi紙)

■ ネタニヤフ首相はカタールの調停努力を妨害し、ガザでの戦争を拡大し、中東一帯を壊滅させようとしているとして批判されている      【ドーハ:スライマーン・ハーッジュ・イブラーヒーム】       ガザ・イスラエル戦争終結への希望は、イスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフの強固な姿勢より潰えた。同首相は、戦闘を停止させるためのあらゆる努力を妨害しようとするとともに、パレスチナだけでなくその範囲を拡大させて中東地域を壊滅させようとしている。       ラマダン月に入る前は、漸次的な最終合意に達す 全文をよむ

2024-04-13 ヨーロッパ:パレスチナ国家承認をめぐる動向 (al-Quds al-Arabi紙)

■フランス、欧州のパレスチナ国家承認を妨害してアングロサクソン側に加担      【ロンドン:本紙】      スペインをはじめとする多くのヨーロッパ諸国はパレスチナを国家として承認する意向であるが、パレスチナ問題に常に特別な同情を寄せてきたはずのフランスは、そうした自国の外交方針とは異なる立場をとり、この承認に対するヨーロッパ最大の妨害者へと変貌を遂げ、スペインの主導を懸念の目で見ている。こうしたフランスの立場は、フランスが国際政治のなかで、どれほど独立性を失っているかを確認する複合的な見積も 全文をよむ

2024-04-13 ガザ:米国がハマースの「アブー・ウバイダ」報道官に制裁を発動(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■米国はハマース報道官「アブー・ウバイダ」に制裁を課し、その本名を明かす      【ワシントン:諸通信社】      この制裁は、レバノンの北部に駐留している北部部隊の司令官であるリーム・アブー・シャナブ氏、同氏の補佐官であるバラー・ハサン・ファルハート氏、、そして諜報系高官であるハリール・ムハンマド・アザーム氏も対象としている。      米財務省のブライアン・ネルソン副長官(テロ問題・金融情報担当)はドローンへの言及のなかで、「(EUとの)共同作業は今日、電子戦やドローンの製造を介した攻撃 全文をよむ

2024-04-13 ガザ:米国がハマースの「アブー・ウバイダ」報道官に制裁を発動(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■米国はハマース報道官「アブー・ウバイダ」に制裁を課し、その本名を明かす      【ワシントン:諸通信社】      米国とEU諸国は金曜日(12日)、ハマースとパレスチナのイスラーム聖戦の両組織の幹部らに対して制裁を発動した。      EUはハマースの軍事部門と特殊部隊のほか、パレスチナのイスラーム聖戦の武装部門を制裁リストに追加した。またEUはこの措置の理由として、「(制裁対象者らが)10月7日にイスラエルに対する攻撃を実施した際、性的暴力や女性への暴力行為からなる広範な行為におよんだこ 全文をよむ

2024-04-13 ガザ:米国がハマースの「アブー・ウバイダ」報道官に制裁を発動(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■米国はハマース報道官「アブー・ウバイダ」に制裁を課し、その本名を明かす      【ワシントン:諸通信社】      イスラーム抵抗運動(ハマース)およびイスラーム聖戦運動に対する米国の最新の制裁は、2007年からガザ地区でハマースの軍事部門となっているイッズッディーン・カッサーム旅団のアブー・ウバイダ報道官を対象とした。      米国務省の声明により、ハズィーヤ・サミール・アブドゥッラー・カフルートがアブー・ウバイダとして知られる同報道官の本名であり、これはイスラエルが2023年に言及した 全文をよむ

2024-04-13 レバノン:ガザ戦争の激化がもたらすレバノン国内外での分裂(4) (al-Mudun紙)

■治安上の暴露と国際的な警告:危機がピークに達するなかでのレバノンの分裂      【本紙:ムニール・ラビーウ】      米国とフランスの競争      このようななかで米国とフランスの競争は存在したままである。またこれと同時に、国際エネルギー安全問題担当のアモス・ホッホシュタイン米特使とジャン=イヴ・ル・ドリアンレバノン担当仏特使の間の会談を通じて、両国間ではコミュニケーションと調整が続けられている。   一方でフランス人らは、米国人らがガザ地区での停戦を待つ間に自らの仕事すべてを凍結してい 全文をよむ

2024-04-13 レバノン:ガザ戦争の激化がもたらすレバノン国内外での分裂(3) (al-Mudun紙)

■治安上の暴露と国際的な警告:危機がピークに達するなかでのレバノンの分裂      【本紙:ムニール・ラビーウ】      治安上の暴露      このようななかで、特にハマース、ヒズブッラー、そしてイラン革命防衛隊と取引した疑いのある銀行家ムハンマド・スルール氏の殺害以降、レバノンが経験している治安上の暴露という状況は無視できない。またこれはレバノンでのイスラエルの諜報活動に新たな扉を開くものであり、特にサッラーフ氏は、自身の職務の仕組みや、レバノン内外で取引した人物らを聞き出すための暴力的な 全文をよむ

2024-04-13 レバノン:ガザ戦争の激化がもたらすレバノン国内外での分裂(2) (al-Mudun紙)

■治安上の暴露と国際的な警告:危機がピークに達するなかでのレバノンの分裂      【本紙:ムニール・ラビーウ】      警告通達      多くの危険についての警鐘を鳴らす深い分裂の影響として、国内治安の現状は国境付近の軍事的現状と混ざり合っている。これらの危険については、レバノン軍団のサミール・ジャアジャア党首もパスカル・スライマーン氏の葬儀に際したスピーチで言及した。次の段階に関する質問群への返答としてサミール氏は、「レバノン軍団は危機的時期にある」と述べ、「降伏、撤退、政治的対立の拒絶 全文をよむ

2024-04-13 レバノン:ガザ戦争の激化がもたらすレバノン国内外での分裂(1) (al-Mudun紙)

■治安上の暴露と国際的な警告:危機がピークに達するなかでのレバノンの分裂      【本紙:ムニール・ラビーウ】      レバノンの高官らに向けられた国際的な警告は多種多様になり、もはや南部の情勢展開に関するものだけに留まらなくなった。対立ないしはレバノンを支援戦線にすることを拒絶、非難し、これらに反対することで自らの政治的キャパシティを広げている人々と、こうした衝突を支持し、それに固執する人々の間で起こっている分裂の影響を鑑みると、南部での戦争経路の拡大が内政に反映されることに何の疑念もない 全文をよむ

2024-04-12 パレスチナ:スペイン、アイルランド、ノルウェーがパレスチナ国家を承認する意向を表明(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■スペイン、アイルランド、ノルウェー各国の首相は、自国が「パレスチナ国家を承認する用意がある」と表明      【オスロ:本紙】      ノルウェー議会は11月、与党が提出し、独立したパレスチナ国家を承認する準備を政府に求める動議を採択した。ノルウェーは1990年代初頭にイスラエルとパレスチナの和平交渉を初めて主催し、これにより両国が2つの独立国家の平和的共存を受け入れたオスロ合意が生じた。      スペイン政府の報道官によれば、スペイン首相は今週、「パレスチナを承認する方向に向かう必要性」 全文をよむ

2024-04-12 パレスチナ:スペイン、アイルランド、ノルウェーがパレスチナ国家を承認する意向を表明(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■スペイン、アイルランド、ノルウェー各国の首相は、自国が「パレスチナ国家を承認する用意がある」と表明      【オスロ:本紙】      アイルランドは以前から、それが中東和平プロセスに貢献するのであれば、パレスチナ国家を正式に承認することに異論はないと述べてきた。ガザ地区での戦争により、この問題が再燃することとなった。      ヨナス・ガール・ストーレ首相はサンチェス首相との共同記者会見で、「ノルウェーはパレスチナ国家の承認について決定を行う用意がある」と述べ、「この決定は、志を同じくする 全文をよむ

2024-04-12 パレスチナ:スペイン、アイルランド、ノルウェーがパレスチナ国家を承認する意向を表明(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■スペイン、アイルランド、ノルウェー各国の首相は、自国が「パレスチナ国家を承認する用意がある」と表明      【オスロ:本紙】      アイルランド、スペイン、ノルウェー3か国の首相が述べたところによると、これら3国は他の国々と共に、パレスチナ国家を承認する準備ができていると発表した。パレスチナ国家の承認を求めるペドロ・サンチェス・スペイン首相は、金曜日にオスロを訪れ、その後ダブリンに移動した。また同首相はこれらの2都市で、それぞれヨナス・ガール・ストーレ・ノルウェー首相、サイモン・ハリス・ 全文をよむ

2024-04-12 ガザ:ハマース指導者の息子らが殉教するも一貫するハマースの要求 (al-Quds al-Arabi紙)

■息子たちがイスラエルの爆撃で殉教した後のイスマーイール・ハニーヤ氏:ハマースは依然として合意を求める      【ドーハ:諸通信社】      パレスチナのイスラーム抵抗運動(ハマース)の政治部門トップであるイスマーイール・ハニーヤ氏は木曜日(11日)、イスラエルの攻撃によって殉教した息子たちはハマースの戦闘員ではなかったと述べた。      さらに、ハニーヤ氏は息子たちの殉教が協議に影響を与えるかどうか問われた際に以下のように付け加えた。「私たちパレスチナ人の利益が何よりも優先される。そして 全文をよむ

2024-04-11 イランのイスラエルに対する攻撃が予測されている (al-Quds al-Arabi紙)

■米国とその同盟国は、イランによるイスラエルへの攻撃が差し迫っていると予測している      【ニューヨーク:諸通信社】      複数の消息筋によれば、米国とその同盟国は、イランあるいはその代理人がイスラエルの軍事目標や政府目標に対して大規模なミサイル攻撃あるいはドローン攻撃を行う可能性が間近に迫り、それは、6か月前から続いている紛争が大きく拡大する兆候になるとみなされると予測している。         ブルームバーグ通信は消息筋の話を引用し、高精度のミサイルを使った攻撃が数日中に行われる可能 全文をよむ

2024-04-10 パレスチナ:6万人のパレスチナ人がアクサー・モスクでイード・フィトルの礼拝を行う(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■一切の祝賀ムードなしで…6万人のパレスチナ人がアクサー・モスクでイード・フィトルの礼拝を行う      【占領下エルサレム:アナトリア通信】      礼拝が終わると、パレスチナ人たちは旧市街に近い墓地に向かい、自身らの親族の魂にむけてクルアーンの開扉の章を朗誦した。      2023年10月7日からガザ地区に対するイスラエルの戦争が続いている状況下で、イスラエル占領警察の部隊が旧市街周辺や路地に展開されたために、街は一切の祝賀ムードを欠いていた。   パレスチナ側や国連から出された複数の声 全文をよむ

2024-04-10 パレスチナ:6万人のパレスチナ人がアクサー・モスクでイード・フィトルの礼拝を行う(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■一切の祝賀ムードなしで…6万人のパレスチナ人がアクサー・モスクでイード・フィトルの礼拝を行う      【占領下エルサレム:アナトリア通信】      6万人以上のパレスチナ人が水曜日(10日)、6か月前から続くガザ地区に対するイスラエルの戦争による犠牲者を悼むため、一切の祝賀ムードがないなかで占領下の東エルサレムにあるアクサー・モスクでイード・フィトルの礼拝を行った。      礼拝者らはアクサー・モスクへの道中やそこから退出する際に「神は偉大なり」と唱えた。一方エルサレムのイスラーム・ワク 全文をよむ

2024-04-10 エジプト:パレスチナ支援の継続を確認 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト大統領がエジプト政府のパレスチナ支援とその権利の保護の継続を確認      【カイロ:本紙】      エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領はエジプト政府のパレスチナ支援とその権利の保護の継続を確認した。      エジプト大統領府の声明によれば、これはエジプト大統領とパレスチナのマフムード・アッバース議長による電話での会談において述べられた。また、電話会談はエジプト政府がガザ地区における停戦への合意協議を受け入れている最中に行われた。      エジプトの声明によれば 全文をよむ

2024-04-09 ガザ:「破壊と飢餓の際」にあるガザ地区(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ユニセフ報道官、ガザ地区が「破壊と飢餓の際にある」と説明      【イスタンブール:アナトリア通信】      同氏はさらに、「この決議は実施されなければならない。何か月にもわたってこの苦痛に耐えてきた子供たちや家族に、実際に朝に目を覚ますことができるようになると知らせるために、我々は停戦を確実にする必要がある」と述べた。      イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は月曜日、同氏の言うところのハマースに対する「完全勝利」を達成するための、ラファフ侵攻の「具体的な日程」について語った。  全文をよむ

2024-04-09 ガザ:「破壊と飢餓の際」にあるガザ地区(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ユニセフ報道官、ガザ地区が「破壊と飢餓の際にある」と説明      【イスタンブール:アナトリア通信】      国連児童基金(ユニセフ)のジェームズ・エルダー報道官は、230万人のパレスチナ人が暮らすガザ地区が「破壊と飢餓の瀬戸際」にあると述べた。      エルダー氏は「パレスチナ人は極めて過酷な状況下で生き残るために戦っている」と説明した。      同氏はさらに、「国連安保理決議後の停戦には大きな期待があった。 私がガザのどこに行ったとしても、人々がもっともそれについて言い、もっとも求 全文をよむ

2024-04-09 フランス:元首相、ガザ地区でのイスラエルの犯罪行為を間接的に正当化(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ガザでのパレスチナ人虐殺を正当化...マニュエル・ヴァルス氏「フランスはモスルで民間人を殺害した」と明言      【パリ:本紙】      「では、ガザで起きていることは、モスルで起きたことと同じなのか?」という質問には、「イスラエル人を攻撃するためにISISと同じ、いやそれよりももっとひどい方法を用いたハマスの目的は、断じて正当な防衛ではない」と答えた。      この元首相の発言を受けて、フランスの著名な地政戦略学者であるパスカル・ボニファス氏はXに「ガザでのイスラエルの戦争犯罪を正当化 全文をよむ

2024-04-09 フランス:元首相、ガザ地区でのイスラエルの犯罪行為を間接的に正当化(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ガザでのパレスチナ人虐殺を正当化...マニュエル・ヴァルス氏「フランスはモスルで民間人を殺害した」と明言      【パリ:本紙】      フランスのマニュエル・ヴァルス元首相は、フランスのユダヤ人コミュニティのラジオ局「ラジオJ」のインタビューで、かつて米国主導の対ISIS国際連合がイラクの都市モスル奪回作戦中、数千人の民間人が犠牲となった空爆にフランスも参加したと言明した。      ヴァルス氏は当時、社会党のフランソワ・オランド元大統領政権で首相を務めていた。それため彼は、ガザとモスル 全文をよむ

2024-04-08 レバノン:ナスルッラー氏が在シリア・イラン領事館への攻撃についてコメント(4) (al-Quds al-Arabi紙)

■ナスルッラー氏「イラン領事館への攻撃の目的は軍事顧問らのシリア国外への追放である」      【ベイルート: 本紙】      彼らの支持者たちは街中に繰り出て、そこからは、彼らが政治的な政党であり『痩せ細った』民主的な政党であるとの根拠にもとづいて、武装解除にかかわる言説も聞かれた。彼らを突き動かしているものがその実、埋められた憎悪と心の盲目であるにもかかわらず」。そして、「去年リファーイー師が拘束されたときは、ヒズブッラーが同師を拘束し殺害したとの嫌疑をかける人々や、レバノン軍団を筆頭とす 全文をよむ

2024-04-08 レバノン:ナスルッラー氏が在シリア・イラン領事館への攻撃についてコメント(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■ナスルッラー氏「イラン領事館への攻撃の目的は軍事顧問らのシリア国外への追放である」      【ベイルート: 本紙】      ナスルッラー氏は、ヒズブッラーが「ヘルメス900」型ドローンを撃墜したことについて、「我々はイスラエルの技術の誇りでもあるヘルメス900型ドローンを撃墜し、イスラエルの軍事的価値、商業的価値は打撃を受けた。この撃墜に用いたミサイルについては公表することはしたくない」と述べた。さらに同氏は、「イスラエルはこの撃墜を、レッドラインを超えたものと捉えているだろう」と示唆した 全文をよむ

2024-04-08 レバノン:ナスルッラー氏が在シリア・イラン領事館への攻撃についてコメント(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ナスルッラー氏「イラン領事館への攻撃の目的は軍事顧問らのシリア国外への追放である」      【ベイルート: 本紙】      同氏はさらに次のように述べた。「敵国(イスラエル)が公然と戦争を宣言し、そしてイラン軍を標的としていると主張しながら、地域の抵抗運動に多大な貢献を行ったイラン人軍事顧問らを標的としているのであれば、これはイスラエルが、自身が後援しているシリアへの全面的戦争において失敗していることが原因である」。そして同氏は「シリアのイラン領事館を標的化するということは、攻撃がシリアだ 全文をよむ

2024-04-08 レバノン:ナスルッラー氏が在シリア・イラン領事館への攻撃についてコメント(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ナスルッラー氏「イラン領事館への攻撃の目的は軍事顧問らのシリア国外への追放である」      【ベイルート: 本紙】      ヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長は月曜、イラン革命防衛隊のシリア、レバノン駐在の駐留は、1982年のイスラエルによるレバノン侵攻後にまで遡ると話した。そしてこの侵攻によりエマーム・ホメイニー師は責任を感じ、侵攻に対峙するレバノン、シリア国民を支援するために両国への軍の派遣を決定したという。      サイード・シュハダー複合施設で行われたモハンマド・レザー・ザ 全文をよむ

2024-04-05 シリア:シャーム解放機構が「ナンバー2」と目された指導者のひとりカフターニー氏の死を確認 (al-Quds al-Arabi紙)

■シャーム解放機構が指導者のひとりアブー・マーリヤー・カフターニーの死を報じる      【ダマスカス:本紙】      ヌスラ戦線が、アブー・ムハンマド・ジャウラーニー氏による指導のもとで中核を構成しているシャーム解放機構は、部隊内の著名な指導者であるアブー・マーリヤー・カフターニー氏(本名:マイサル・アリー・ジュブーリー)がイドリブ県田園地帯の宿泊施設で爆発物の爆発により死亡したと明らかにした。      カフターニー氏が死亡した際の現場には、シリア北西部イドリブ県で影響力を持つ同機構の政治 全文をよむ

2024-04-05 エジプト:当局はパレスチナ支援の活動家に対する逮捕キャンペーンを開始 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト当局はパレスチナを支援する抗議スタンディングに参加した活動家に対する逮捕キャンペーンを開始する      【カイロ:本紙】      エジプト治安機関はこの二日の間に20人以上に上る活動家の逮捕を行うキャンペーンを開始した。このキャンペーンは、活動家たちがカイロ中心部にあるジャーナリスト協会前の階段でパレスチナを支援する抗議スタンディングに参加した直後に始まった。      当逮捕キャンペーンは、水曜日に活動家たちが開催したガザ地区への人道支援の継続やカイロからのイスラエル占領勢力の大 全文をよむ

2024-04-02 シリア:イスラエルによる在シリア・イラン領事館への攻撃(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■イラン領事館に対するイスラエルの攻撃..革命防衛隊の越境と、米国政府の意図に反するイスラエルの戦争拡大の決定のはざまで      【ロンドン:本紙】      イスラエルの決断とは、特に過去数か月間で米国やいくつかの欧州諸国から、過去数十年にわたって得てきたものに匹敵する先進的な軍事品を受け取ったのち、戦争の延長に向けて動くことであった。そしてイスラエルはヒズブッラー、イラン、さらにはシリアとのいかなる戦争において、西側から軍事的支援、諜報的支援に留まらず、直接的な作戦による支援さえも受けるだ 全文をよむ

2024-04-02 シリア:イスラエルによる在シリア・イラン領事館への攻撃(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イラン領事館に対するイスラエルの攻撃..革命防衛隊の越境と、米国政府の意図に反するイスラエルの戦争拡大の決定のはざまで      【ロンドン:本紙】      この事件の以前から、情報入手のためであれ、暗殺作戦実行のためであれ、イスラエルや米国がどれほどイラン革命防衛隊浸透に浸透しているかは明らかになってきた。2021年6月12日には、イランのアフマディネジャード元大統領がイラン諜報機関の対イスラエル部門の長官はイスラエルのスパイだったと明かした。      2つ目の点として、イスラエルのヨア 全文をよむ

2024-04-02 シリア:イスラエルによる在シリア・イラン領事館への攻撃(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イラン領事館に対するイスラエルの攻撃..革命防衛隊の越境と、米国政府の意図に反するイスラエルの戦争拡大の決定のはざまで      【ロンドン:本紙】      イスラエルは、強力な一撃で在ダマスカス・イラン領事館を攻撃したが、この重大な事件を、革命防衛隊やシリアの諜報機関の組織内への真の諜報的浸透と切り離して理解することはできない。この事件は同時に、戦域を他のアラブ、イスラーム、西欧諸国に拡大するというシオニスト政体の願望を確認するものでもある。      これまでイスラエルは、シリアにある軍 全文をよむ

2024-04-01 イエメン:米国、英国がフダイダ県を攻撃(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イエメン: 米国、英国がフダイダ県に対する空爆を開始      【サナア: 本紙】      さらにアンサールッラー(フースィー派)は昨日月曜、同日サナアで始まった第2回「パレスチナはウンマにとっての中心的問題」会議中に提示されたの文書内で、米国と英国によるイエメンへの数々の攻撃により36人が死亡したと明かした。      同派は文書のなかで死亡者の名前や死亡した場所、日時を明かしており、これらには米軍機がフースィー派の艦船を攻撃した昨年12月31日から今年2月7日までの記録が含まれた。   全文をよむ

2024-04-01 イエメン:米国、英国がフダイダ県を攻撃(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イエメン: 米国、英国がフダイダ県に対する空爆を開始      【サナア: 本紙】      イエメンのフースィー派は昨日月曜、米国と英国が同国の西岸部に位置するフダイダ県への攻撃を開始したと発表した。同派の運営する「マスィーラ」チャンネルは、緊急放送で「侵略国である米国と英国が、フダイダ県ドゥライヒミー行政区にあるターイフ地区への攻撃を開始した」と報じた。      同チャンネルはこの攻撃による被害の詳細については触れず、米国と英国側からもグリニッジ標準時3:00にいたるまで即時のコメントは 全文をよむ

2024-03-31 レバノン:UNIFIL海軍部隊の職務(3) (al-Mudun紙)

■UNIFIL海軍部隊は11万隻以上の船舶に対応      【本紙:フサイン・サアド】      また本紙に対し、「UNIFIL海上任務部隊はレバノン海軍と大規模な活動を行っており、技術サポートの提供や、経験内容の共有、定期的な合同演習が実施されている」と語った。また、「我々の最終的な目標は、レバノン海軍がこれらの任務を将来的に自力で遂行できるようになることである」と付言した。      司令部を引き継いだ国々      (2006年)7月のレバノン侵攻後、2006年10月15日まで暫定的な海上 全文をよむ

2024-03-31 レバノン:UNIFIL海軍部隊の職務(2) (al-Mudun紙)

■UNIFIL海軍部隊は11万隻以上の船舶に対応      【本紙:フサイン・サアド】         レバノン沿岸一帯に国際的な海上部隊を編成した目的は、レバノン海軍による領海の監視の支援、レバノン沿岸の保全、そしてイスラエルによるレバノン領海封鎖の解除に影響を与え、現在はUNIFIL海上任務部隊が行っている任務をレバノン海軍が担う準備ができるよう同軍の訓練に貢献することである。また同部隊は、数々の人道的任務に参加しており、そのうちの一つが、約3年前に、乗っていた船が沈没してしまった数十人のレ 全文をよむ

2024-03-31 レバノン:UNIFIL海軍部隊の職務(1) (al-Mudun紙)

UNIFIL海上任務部隊は11万隻以上の船舶に対応      ■【本紙:フサイン・サアド】      海を24時間巡航する戦艦上で数百日間過ごす、900人以上の国連部隊の将校や兵士の平和を乱すような騒ぎや重大事件は起きない。彼らは我々の海へと進む数々の商船に連絡を取り、そのうちの多くをレバノン軍海軍の検問へ送ったり、決められた海路を通るよう促している。      武器流入の阻止      あらゆる細部や構成要素において海上の日常と調和しているこれらの将校や兵士は、レバノン南部を維持する国連軍の一 全文をよむ

2024-03-26 レバノン:レバノンとシリアの相関性(4) (al-Mudun紙)

■レバノン・シリアの相関関係:変革はダマスカスに始まりベイルートで終わる      【本紙:ムニール・ラビーウ】      シリアのターイフ合意      いかなるサウジアラビアの計画も、シリアの現状の全体的な再構築をともなうことは間違いない。またこの事例を、シリアのターイフ合意の形成によって新たな方程式が設定されることから、レバノン内戦を終わらせたターイフ合意になぞらえる人もいる。しかし情報によると、特にガザ戦争や、シリア政府がその戦線から自らの身を引くかわりに、ヒズブッラーが戦線の統一という 全文をよむ

2024-03-26 レバノン:レバノンとシリアの相関性(3) (al-Mudun紙)

■レバノン・シリアの相関関係:変革はダマスカスに始まりベイルートで終わる      【本紙:ムニール・ラビーウ】      サウジアラビアとシリア      これらの疑問や仮説は、いくつかの地域的変化の結果として生じたものだ。これらの地域的変化のなかでは、イランとサウジアラビアの接近も生み出され、そこでの最優先事項はイエメンとイラクであった。イラクではいくつかの相違が発生したが、イエメンでは停戦合意が実現した。この間、レバノンとシリアの問題は開けられるのを待つ冷凍庫の中だった。これらの4か国は、 全文をよむ

2024-03-26 レバノン:レバノンとシリアの相関性(2) (al-Mudun紙)

■レバノン・シリアの相関関係:変革はダマスカスに始まりベイルートで終わる      【本紙:ムニール・ラビーウ】      数年前からのシリア政府との接近や正常化の道筋が進展するなかで、レバノン国内にいる同政府の同盟者らのシリア体制が再び果たす役割に対する期待が増大した。しかし、これは幻想への熱中や、過去の夢の再生への没入といったものの類だった。一方で、シリア政府に反対する人々の視線は、シリアとの国交正常化は、シリアの舞台に新たなバランスを課すであろう多くの条件に大いに結びついており、その影響は 全文をよむ

2024-03-26 チュニジア:イタリアの刑務所におけるチュニジア人移民への虐待をめぐる議論が再燃 (al-Quds al-Arabi紙)

■イタリアの刑務所でチュニジア人移民が「自殺未遂」を図ったことにより、人権侵害をめぐる議論が再燃      【チュニス:本紙】      イタリアの刑務所の一つでチュニジア人移民が自殺未遂を図ったことにより、イタリア国内でチュニジア人移民の権利侵害をめぐる議論が再燃している。      元議員で移民問題を専門とする活動家のマジュディー・カルバーイー氏は、チュニジア人の青年が拘留・送還センターで「首つり自殺」しようとしている動画を公開し、彼を本国に送還しようとするイタリア当局に対して抗議した。   全文をよむ

2024-03-26 レバノン:10.7以降のヒズブッラー側の死者数が計246人に増加 (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラー:イスラエルとの対立で我々の死者数が計246人に増加      【アナトリア通信】      ヒズブッラーは火曜日(26日)未明、レバノン南部でのイスラエル軍との国境付近での対立で構成員1人が死亡し、昨年10月8日以降の死者数が計246人に増加したと発表した。      同組織は短い声明で、1994年生まれでレバノン南部のシャブリーハー村出身の「アブー・アリー」ことフサイン・アリー・ダブーク氏の訃報を伝え、同氏は「エルサレムへの道半ばで殉教した」と述べた。      この対立が原因 全文をよむ

2024-03-26 レバノン:レバノンとシリアの相関性(1) (al-Mudun紙)

■レバノン・シリアの相関関係:変革はダマスカスに始まりベイルートで終わる      【本紙:ムニール・ラビーウ】      レバノンとシリアの道筋は不可分であり続けている。レバノンは、シリアの大規模な崩壊の結果として、軍事的、治安的、経済的、政治的、社会的に崩壊した。そしてこれはレバノンの現状に反映された。シリアの領土ではそこに存在する数々の勢力がそれぞれの計画の齟齬をはらみながらもその数を増やしており、レバノンの舞台では様々な矛盾する計画が増加している。しかしこれとは裏腹に、この2か国は国際的 全文をよむ

2024-03-22 シリア:国連はシリアで約1,290万人が食糧不足に苦しんでいることを明らかに(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■国連常駐人道調整官「1,290万人のシリア人が食糧不足に苦しんでいる」      【アナトリア通信】      そしてシリアで起きていることは依然として民間人にとって「世界でもっとも血なまぐさい危機の一つ」であると強調し、紛争は依然としてシリアの様々な地域で危険であるとしつつ、最近特にシリア北部で紛争の頻度が急激に増加していると指摘した。      アブドゥルムーラー氏によると、国連は2024年に、シリアで支援を必要としている1,080万人を支援するために40億7,000万米ドルの支援金提供の 全文をよむ

2024-03-22 シリア:国連はシリアで約1,290万人が食糧不足に苦しんでいることを明らかに(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■国連常駐人道調整官「1,290万人のシリア人が食糧不足に苦しんでいる」      【アナトリア通信】      アダム・アブドゥルムーラー国連常駐人道問題調整官は、シリアで少なくとも1,290万人が食糧不足に苦しんでいると発表した。      アブドゥルムーラー氏は金曜日にインターネット上で開催された会合を通じて、シリアでは13年以上紛争が続いていると指摘し、それ以来住民のニーズは年々大幅に高まっていると説明した。      さらに同氏は、シリアで1,670万人が人道支援を必要としており、その 全文をよむ

2024-03-22 アメリカ:ホワイトハウス報道官の味気ない支離滅裂な答弁がSNS上で嘲笑の的に (al-Quds al-Arabi紙)

■ホワイトハウス報道官のガザに関する支離滅裂でプロ意識に欠けた事務的な答弁に対するSNS上の嘲笑-(動画あり)      【ワシントン:本紙】      米ホワイトハウスのカリーヌ・ジャンピエール報道官は、ガザ地区でのイスラエルによる血なまぐさい戦争へのジョー・バイデン大統領の対応に激怒して、米国内の多くのパレスチナ人・アラブ人組織が予備選挙のキャンペーンで、政府高官との会談を拒否したことについての大統領の見解を問われ、プロ意識に欠けた温かみのない支離滅裂な答弁をした。      ジャンピエール 全文をよむ

2024-03-21 レバノン:衝突緩和も、入植者らの帰還のめどは立たず(4) (al-Mudun紙)

■南部で「落ち着いた」対立…7月以前での入植者らの帰還はなし      【本紙】      同紙によると、もし今年9月に北部での学年度が始まらなければ、安全保障上の必要性からより多くの予算が必要になる。また同紙は、「入植地外での滞在を延長する可能性の調査は、実質的に入植地の首長らとともに行われているが、広範な治安上の側面に関連して、その可能性の背後に存在するものは明らかになって」と述べた。そして首相事務所からは、「首相の指示に基づき、我々は治安機関からの指令や各当局の長官らとの調整のもとであらゆ 全文をよむ

2024-03-21 レバノン:衝突緩和も、入植者らの帰還のめどは立たず(3) (al-Mudun紙)

■南部で「落ち着いた」対立…7月以前での入植者らの帰還はなし      【本紙】      入植者らの近い帰還はない      イスラエル軍報道官は、「昨日ドゥハイラ村でヒズブッラーの軍事施設を攻撃した」と発表した。一方でイスラエルの「チャンネル12」は、イスラエル軍のガリラヤ部隊の隊長であるシャーイ・クラッパー准将が、「我々は昨年10月7日に任務の遂行に失敗した」と述べ、「我々は北部での治安状況の変更に取り組んでいるが、その道のりはいまだ長い」と付言したと報じた。      一方で『イスラエル 全文をよむ

2024-03-21 レバノン:衝突緩和も、入植者らの帰還のめどは立たず(2) (al-Mudun紙)

■南部で「落ち着いた」対立…7月以前での入植者らの帰還はなし      【本紙】      イスラエルの偵察機は、昨日夜から今日朝にかけてブルーライン(訳注:イスラエル・レバノン間の停戦ライン)に隣接する国境付近の村々の上空に閃光弾が発射され続けるさなか、西部、中部両地区の村々の上空を飛行しリータニー川に至った。またイスラエルの戦闘機が昨日(20日)およそ午後10時に、アイター・シャアブ村とマルワヒーン村を空襲し、結果として私有財や農作物に甚大な被害が発生した。同様にドゥハイラ村を空襲したい際に 全文をよむ

2024-03-21 レバノン:衝突緩和も、入植者らの帰還のめどは立たず(1) (al-Mudun紙)

■南部で「落ち着いた」対立…7月以前での入植者らの帰還はなし      【本紙】      南部でのヒズブッラー・イスラエル間の対立の様態は比較的落ち着いたままであり、まるで、砲撃の応酬、あるいは軍事拠点への攻撃を通じて以前の交戦規定に戻ったかのようである。一方でヒズブッラーは、日没や夕方の数時間後にイスラエルの複数の拠点に対する作戦を集中させている。      昼夜の出来事      木曜日(21日)朝、イスラエルの爆撃がヤールーン村一帯に及んだ。またイスラエルの航空機がアダイサ村を空襲し、店 全文をよむ

2024-03-20 イラク:UNITADがイラク国内での活動停止を余儀なくされる (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラーム国の犯罪を捜査する国連調査使節団がイラクでの活動停止を余儀なくされる      【バグダード:本紙】      イスラーム国が犯した大量虐殺と戦争犯罪の容疑をイラクが調査するのを支援するために結成された国連使節団は、イラク政府との緊張関係の末、調査を完遂する前に早期に業務を停止することを余儀なくされた。      2017年に結成された同使節団は、過激派組織がシリアとイラクの各地への侵略を開始してから約10年を経て廃止されることとなった。今でもイスラーム国による多くの犠牲者が各キャン 全文をよむ

2024-03-20 ガザ:イスラエルが人道支援の警護の監督にあたっていた緊急委員会の委員長を暗殺(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルが人道支援の警護を監督していた緊急委員会の委員長を暗殺      【ガザ地区:アナトリア通信】      火曜日の夕方、クウェート・ラウンドアバウトで支援物資分配を監督していた人民委員会を標的にしたイスラエルの爆撃により23人のパレスチナ人が殉教し、複数人が負傷した。      パレスチナ国営通信『ワファー』は、「占領政体イスラエルは人民委員会に所属する名士や部族が、クウェート・ラウンドアバウトからガザ地区への支援物資の運搬を監督するために集まっていたところを標的にし、その結果少なく 全文をよむ

2024-03-20 レバノン:モンペリエ弁護士組合がレバノン弁護士らに対する妨害行為を非難(2) (Al-Nahar紙)

■ハラフ議員に対する攻撃ののち...フランスのモンペリエ弁護士組合からの連帯声明      【本紙】      同研究所は、「レバノン人の同僚たちによる正義、自由、民主主義のための闘いにおいて、彼らの側であり続けることへの決意」を強調した。      さらにフランスの各弁護士組合に対し、レバノン人弁護士らの職務の自由を支持するために早急な行動をとるよう要請した。同様に世界の弁護士組合や法的機関に対し、正義や人権、全体主義に傾きつつある体制を前にした公正、人権、法治国家の確立のための闘争において、 全文をよむ

2024-03-20 ガザ:イスラエルが人道支援の警護の監督にあたっていた緊急委員会の委員長を暗殺(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルが人道支援の警護を監督していた緊急委員会の委員長を暗殺      【ガザ地区:アナトリア通信】      イスラエル軍は火曜日の夕方、ガザ市南部を爆撃し、当時人道支援物資の到着を監督していたガザ地区西部緊急委員会のアムジャド・ハタハット委員長を殺害した。      複数の地元筋が伝えたところによると、イスラエルの爆撃がハタハット氏を標的にしたのは、同氏がガザ市南東部の「クウェート・ラウンドアバウト」から同市への人道支援物資の到着を確保する作業の監督に協力していた際であった。      全文をよむ

2024-03-20 レバノン:モンペリエ弁護士組合がレバノン弁護士らに対する妨害行為を非難(1) (Al-Nahar紙)

■ハラフ議員に対する攻撃ののち...フランスのモンペリエ弁護士組合からの連帯声明      【本紙】      フランスのモンペリエ弁護士組合の人権研究所は、レバノン弁護士会前会長のミルヒム・ハラフ議員と連帯する声明を出した。      同研究所は、「治安部隊がハラフ会長や他の弁護士らの権利に対して行った暴力行為への懸念」を表明したうえで、「レバノンにおける人権と法治体制の庇護者であるハラフ会長は、憲法の尊重を呼びかけ、議会での座り込みを続けている」と指摘した。      同研究所はさらに声明で 全文をよむ

2024-03-19 シリア:UNHCRはシリア人避難民をレバノンに留めるための「国際的な陰謀」を否定(3) (al-Watan紙)

■UNHCRはシリア人避難民をレバノンに留めるための「国際的な陰謀」の存在を否定し、「シリア政府やレバノン政府との協力のもとで彼らの帰還に取り組んでいる」と主張      【諸通信社】      一方反体制系ウェブサイトが昨日ドイツの『ビルト』紙の引用として伝えたところによると、ドイツ連邦政府は同国の極右政党「ドイツのための選択肢」のルネ・シュプリンガー議員からの質問に対して、2024年1月末現在、49万2,390人の外国人が滞在許可証や、亡命居住、副次的保護、または許可済み居住(国外退去強制防 全文をよむ

2024-03-19 シリア:UNHCRはシリア人避難民をレバノンに留めるための「国際的な陰謀」を否定(2) (al-Watan紙)

■UNHCRはシリア人避難民をレバノンに留めるための「国際的な陰謀」の存在を否定し、「シリア政府やレバノン政府との協力のもとで彼らの帰還に取り組んでいる」と主張      【諸通信社】      さらにUNHCRは、「我々は全員、より多くの避難民にとって恒久的な解決や安全な帰還が可能になることを望んでいるが、課題は依然として残されている。国連は第三国定住やシリアへの帰還を含む、シリア人避難民にとっての長期的な解決策を見つけるための努力を惜しむことなく払っている」。      さらに「我々は多数の 全文をよむ

2024-03-19 シリア:UNHCRはシリア人避難民をレバノンに留めるための「国際的な陰謀」を否定(1) (al-Watan紙)

■UNHCRはシリア人避難民をレバノンに留めるための「国際的な陰謀」の存在を否定し、「シリア政府やレバノン政府との協力のもとで彼らの帰還に取り組んでいる」と主張      【諸通信社】      ドイツ連邦政府は発表された新たな統計のなかで、約3万人のシリア人を含む50万人近くの外国人が滞在許可や公的書類を持たないままドイツに居住していることを示した。その一方国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、自らがレバノン政府やシリア政府を含む関係者全員との協力のもとで、多数の避難民の自国への送還に取り 全文をよむ

2024-03-18 ヨルダン:ラマダン月、ガザへの心理的連帯が経済に及ぼした影響 (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダンにおける「売り上げのナクバ」と「商売への打撃」:ガザの飢えた人々との連帯のために自然発生したラマダン中の緊縮      【アンマン:本紙】      ヨルダンの生活・経済・社会状況は、市民の購買力の低下を反映した複雑な状態に陥っている。聖なるラマダン(断食)月の最初の週に、食料品の売り上げが50%以上も減少したのだ。これを受けて、商業界では特に食品を専門とする企業がメディアの報じているように衝撃を表明している。      一部の業者によると、これは不況の度合いとしては非常に深刻であり、 全文をよむ

2024-03-15 イスラエル:国防省は「国際法を遵守するかたち」での米国製兵器の使用を誓約 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルが法に従って米国製兵器を使用することを誓約する書簡に署名      【テルアビブ:本紙】      イスラエル国防省の報道官が金曜日に述べたところによると、イスラエルのヨアヴ・ガラント国防相は米国政府宛の書簡のなかで、国際法を遵守するかたち以外で米国の兵器を使用することはないと誓約した。      しかし同報道官は、これはイスラエルのみならず米国の多数の同盟国に該当する要項であると付け加えた。      同報道官の発表は、イスラエルの『エルサレム・ポスト』紙が米国、イスラエル両国の 全文をよむ

2024-03-11 レバノン:レバノンでの二国家解決(5) (al-Mudun紙)

■「ヒズブッラー」と戦争に反対する勢力:パレスチナ、そしてレバノンにおける二国家解決      【本紙:ムニール・ラビーウ】      レバノンの二国家解決の提唱者たちは、2005年から今日にいたるまで、特にヒズブッラーが防衛から攻撃への移行に成功した2006年7月の戦争以降、段階的な政治路線を辿っている。南部の戦線は鎮静化し、国連レバノン暫定軍(UNIFIL)が入り、レバノン南部はもっとも安定して繫栄している地域の1つになった。その一方、諍い、対立、衝突は別の地域、特に首都ベイルートの中心部に 全文をよむ

2024-03-11 レバノン:レバノンでの二国家解決(4) (al-Mudun紙)

■「ヒズブッラー」と戦争に反対する勢力:パレスチナ、そしてレバノンにおける二国家解決      【本紙:ムニール・ラビーウ】      懸念の浮上      これらの提案はレバノン全体を包摂しておらず、まるでレバノンの様々な地域で残っている武器を度外視しているかのように、武器の撤去はこの地域のみに及ぶものとなっている。この種のいかなる合意は、例えば政治的バランスをめぐるヒズブッラーとの同意や、こうした合意の結果として同党が将来果たすことになる役割など、同党の対抗勢力が恐れる政治的影響をもつことは 全文をよむ

2024-03-11 レバノン:レバノンでの二国家解決(3) (al-Mudun紙)

■「ヒズブッラー」と戦争に反対する勢力:パレスチナ、そしてレバノンにおける二国家解決      【本紙:ムニール・ラビーウ】      ヒズブッラーはまた、自らが南部で乗り出しているこの戦争によってレバノンに殉じており、またレバノンがより大きくより痛みを伴うものを負わずに済むように、自らが戦争の代償と損害を引き受けているとも述べている。この論理は、当時から現在に至るまでレバノン人らがそれを巡って分裂している、南部に武装闘争作戦のための飛び地をつくる70年代の論理にある程度似ている。しかし、特に南 全文をよむ

2024-03-11 レバノン:レバノンでの二国家解決(2) (al-Mudun紙)

■「ヒズブッラー」と戦争に反対する勢力:パレスチナ、そしてレバノンにおける二国家解決      【本紙:ムニール・ラビーウ】      ヒズブッラーの口実      現在、いくつかの事件で類似性がみられるが、ヒズブッラーはレバノンのアクターである一方、南部で戦っている人々はこの南部の住民であるという根本的な違いとともに、こうした類似性を作り出そうと試みる人々もいる。ヒズブッラーは1つの地域というスローガンのもとで、ガザ地区とパレスチナ抵抗運動を支援するため、現行の紛争と対立に飛び込んだ。この行動 全文をよむ

2024-03-11 レバノン:レバノンでの二国家解決(1) (al-Mudun紙)

■「ヒズブッラー」と戦争に反対する勢力:パレスチナ、そしてレバノンにおける二国家解決      【本紙:ムニール・ラビーウ】      1969年、パレスチナのヤースィル・アラファート指導者とレバノン軍のエミール・ブスターニー司令官の間でカイロ合意が締結された。同合意の基礎事項は、パレスチナの抵抗勢力にレバノンを起点とする対イスラエル軍事作戦を許可すること、つまり武装軍事作戦の合法化であった。      この概念はレバノン南部を軍事作戦の基盤、ないしイスラエルとの自由な紛争の場にしてきた。しかし 全文をよむ

2024-03-08 レバノン:レバノン南部での戦況(2) (Al-Nahar紙)

■レバノン南部の夕方におけるエスカレーション...西部地区でのイスラエルの交戦地帯      【本紙】      さらに「ヒズブッラー」は、1976年生まれで南部アイタルーン村出身の「ジハード戦士」ファーディー・マフムード・ダーウィー氏の訃報を伝えた。      アイタルーン村をはじめとする南部の村々や民間人の家屋に対する空爆に反撃するため、「ヒズブッラー」は、「ムティッラ入植地にある敵兵の拠点を攻撃し、死傷者を発生させた」と発表した。同様に、ゴラン高原にある兵舎に対しても2機の攻撃用無人機で空 全文をよむ

2024-03-07 レバノン:レバノン南部での戦況(1) (Al-Nahar紙)

■レバノン南部の夕方におけるエスカレーション...西部地区でのイスラエルの交戦地帯      【本紙】         イスラエル軍が今日(7日)夕方、タッルーサ村の空き家を破壊し、空爆の標的となった家の隣の家から家族が救助された。      イスラエル軍は、シャブアー村近郊のナカール湿地周辺を重火器で空爆した。また同軍のマジュダル・ズーン地区へのミサイル爆撃により1人が負傷した。      この以前には、「ヒズブッラー」が木曜日(7日)に一連の声明のなかで、カフラシューバー丘陵にあるルワイサー 全文をよむ

2024-03-07 モロッコ:国際女性デーと重なる「怒りの金曜日」のスローガンは「パレスチナ女性は忍耐と戦いの象徴」 (al-Quds al-Arabi紙)

■ラバト:パレスチナ女性の忍耐を支持し、ガザでの大量虐殺を非難する「怒りの金曜日」を呼びかけ      【ラバト:本誌】      モロッコ国家問題支援機構は昨日水曜日、ガザに対する(イスラエルの)継続的な攻撃を非難し、(イスラエルとの)国交正常化合意の破棄を求めて、モロッコの各都市で22回目となる「怒りの金曜日」の開催を呼びかけた。      国際女性デーと重なる「怒りの金曜日」に、同機構は「パレスチナの女性はスムード(忍耐)と闘いの象徴である」というスローガンを掲げた。そして国際女性デーに合 全文をよむ

2024-03-06 レバノン:ホッホシュタイン氏の矛盾する警告と助言(5) (al-Mudun紙)

■ホッホシュタイン氏の「安心させながらも恐ろしい」助言と警告      【本紙】      「変化した時代」      いくつかの会談で、提案されている解決の形式の詳細について言及され、これにはリータニー川以南でのヒズブッラーの軍事活動の停止や、その重火器の解体および国外への撤去が含まれている。そしてホッホシュタイン氏は、これらの事項の確認方法について尋ねられると、イスラエル人たちがそれを知っているし、それを知る能力があると答えた。しかし同氏の発言にあるこの言葉は、イスラエルによる安保理決議第1 全文をよむ

2024-03-06 レバノン:ホッホシュタイン氏の矛盾する警告と助言(4) (al-Mudun紙)

■ホッホシュタイン氏の「安心させながらも恐ろしい」助言と警告      【本紙】      明白な警告      ホッホシュタイン氏は、安保理決議第1701号の履行には複数の段階を要し、各段階とも時間がかかることを承知しているために、即時かつ迅速な同決議の完全な履行をめぐる問題を提起しなかったことは明らかだ。しかし同氏にとっての根本は、停戦の実現と、両者の国境において避難した住民の帰還である。その後、国際的な決定を完全に履行することについての検討に移行できる。      レバノン人たちは、ホッホ 全文をよむ

2024-03-06 レバノン:ホッホシュタイン氏の矛盾する警告と助言(3) (al-Mudun紙)

■ホッホシュタイン氏の「安心させながらも恐ろしい」助言と警告      【本紙】      分裂ゲーム      ホッホシュタイン氏の訪問は、特にベニー・ガンツ大臣の訪米を妨害しようとしたベンヤミン・ネタニヤフ首相の意向にもかかわらず、ガンツ氏がそれを行うなど、イスラエルの分裂の度合いが高まるなかで実施された。これはネタニヤフ首相・米政権間の関係に大きな緊張があることも表している。それはまるで、ヒズブッラーとその方向性に対抗する政治勢力の立場を顕示することに集中することを通じて、レバノン政治の垂 全文をよむ

2024-03-06 レバノン:ホッホシュタイン氏の矛盾する警告と助言(2) (al-Mudun紙)

■ホッホシュタイン氏の「安心させながらも恐ろしい」助言と警告      【本紙】      セムの代理人?      同米大統領特使は1つの内容について話した。同氏は鎮静化の希求と停戦への専念、警告と懸念の表明、そして包括的な解決、恒久的な停戦ないしは平和と安定の強化を実現することの必要性にかかわる言説のはざまで、ある時は1つの言語を使い、またある時は表現の選択肢を多様化した。これら全ての表現はホッホシュタイン氏がもつ会談のさなかに現れ、戦争の停止や戦争の不採用をとる必要性、レバノン軍を国境に展 全文をよむ

2024-03-06 レバノン:ホッホシュタイン氏の矛盾する警告と助言(1) (al-Mudun紙)

■ホッホシュタイン氏の「安心でありながらも恐ろしい」助言と警告      【本紙】      アモス・ホッホシュタイン米大統領特使は、レバノンへの直近の訪問で新しい服を着た。ホッホシュタイン氏は常に、自身の任務をエネルギーや石油・ガスの掘削に関することに限定するのではなく、より広範な枠組みで姿を現すことに専心している。そのため同氏は訪問に3つの次元を与えた。最優先である第1の次元は、南部での情勢鎮静化およびレバノンが戦争を回避するための相互理解の実現である。第2の次元は、エネルギー、ガス、石油に 全文をよむ

2024-03-03 レバノン:夜間にイスラエルの空襲が激化(2) (Al-Nahar紙)

■夜間にイスラエルのエスカレーション...ミサイルによるアイター・シャアブ村やクファルキラー村に対する空襲と砲撃      【本紙】      さらに同組織は、カフルシューバー丘陵にあるムティッラ拠点とサッマーカ拠点の監視システムをミサイル兵器で攻撃し、直接的な被害を与えた。      同組織は夜間には、ニズィル山に展開していたイスラエル兵らをミサイル兵器で攻撃し彼らに直接的な被害を与え、またマーリキーヤ拠点周辺で活動しているイスラエルの機械化歩兵部隊を迫撃弾で攻撃したと発表した。      イ 全文をよむ

2024-03-03 レバノン:夜間にイスラエルの空襲が激化(1) (Al-Nahar紙)

■夜間にイスラエルのエスカレーション...ミサイルによるアイター・シャアブ村やクファルキラー村に対する空襲と砲撃      【本紙】      戦闘機によるいかなる空襲も発生しなかった長い昼間ののち、イスラエルは夜間にレバノン南部の村々に対する空爆を激化させた。      戦闘機が夜間に重火器でアイター・シャアブ村とクファルキラー村を空襲したほか、さらにブリーダー村、アイタルーン村、マイス・ジャバル村を標的とした激しい砲撃が行われた。      『ナハール』紙の特派員によると、これらの戦闘機はア 全文をよむ

2024-03-01 国連:安保理議長国は「ガザの犠牲者への同情と痛みを感じている」(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■国連安全保障理事会議長国は本紙に「私たちはガザ地区の無辜の犠牲者に対する同情と痛みを感じている」と述べる(動画)      【ニューヨーク(国連):本紙】      本紙は安保理議長国に、ガザに関する一連の質問をした。第二次世界大戦で広島と長崎に2つの原子爆弾が落とされ、数千人が亡くなるという経験をした国として、日本はジェノサイドの犠牲者に同情するかどうかである。ジェノサイド戦争の開始から147日経ち、ガザ地区では行方不明者を除いても、犠牲者数が3万人以上、負傷者が7万人以上に達し、その多くが 全文をよむ

2024-03-01 国連:安保理議長国は「ガザの犠牲者への同情と痛みを感じている」(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■国連安全保障理事会議長国は本紙に「私たちはガザ地区の無辜の犠牲者に対する同情と痛みを感じている」と述べる(動画)      【ニューヨーク(国連):本紙】      今月(3月)の安保理議長国を務める日本の山崎和之国連大使は、日本の安保理理事国任期中2度目となる議長国就任の際に行われた国連本部での記者会見で、核軍備の課題に加えてガザ地区問題は今月の安保理の中心的な議題となると強調した。      山崎大使は、今月の安保理の議事日程と、議長国として重視する議題について言及した。そして3月18日に 全文をよむ

2024-03-01 イスラエル:67%のイスラエル人がヒズブッラーに対する攻撃の継続を支持(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■世論調査:大半のイスラエル人が「ヒズブッラー」に対する攻撃の継続を支持      【エルサレム:アナトリア通信】      これとは対照的に、現在のクネセトでは民族統一党が12議席、リクードが32議席を確保している。      しかし戦争下でネタニヤフ首相が選挙実施に反対しているため、現時点では国会選挙実施の機会はない。      ネタニヤフ首相は木曜日(29日)の記者会見で、「現時点での総選挙は何を意味するか?それは戦争の停止を意味し、これはイスラエルの敗北と同義である」と語った。      全文をよむ

2024-03-01 イスラエル:67%のイスラエル人がヒズブッラーに対する攻撃の継続を支持(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■世論調査:大半のイスラエル人が「ヒズブッラー」に対する攻撃の継続を支持      【エルサレム:アナトリア通信】      世論調査で金曜日(1日)、ガザ地区情勢の鎮静化が期待されているにもかかわらず、大半のイスラエル人が「ヒズブッラー」に対する攻撃の継続を支持していることが明らかになった。      ヘブライ語紙の『マアリヴ』は、イスラエル人の67%がイスラエルは「ヒズブッラーを国境から排除するまで攻撃を継続」しなければならないと考えている一方で、17%がエスカレーションの停止が必要だと考え 全文をよむ

2024-02-28 リビア:国連安保理が選挙の妨害者に対する制裁を示唆(5) (al-Quds al-Arabi紙)

■国連安保理はリビアの選挙を妨害する者への制裁を示唆し、ドゥバイバ氏はこれを歓迎      【トリポリ:本紙】      アッバーニー氏はさらに、「憲法上の、法律上の正当性や、奪われた権力を文民機構に取りもどすことを支援するのではなく、(安保理は)スヒーラート(スコイラ合意)と75人委員会の成果に始まる、現行勢力への支持を採用することによって、達成された成果を無駄にする政策を採用してきた。これらはリビアの危機の導火線に油を注ぎ、最終的にはリビア危機を政治的膠着と評して、権力のさん奪や外国勢力の介 全文をよむ

2024-02-28 リビア:国連安保理が選挙の妨害者に対する制裁を示唆(4) (al-Quds al-Arabi紙)

■国連安保理はリビアの選挙を妨害する者への制裁を示唆し、ドゥバイバ氏はこれを歓迎      【トリポリ:本紙】      ドゥバイバ首相の声明は、同首相が、リビアの普通選挙の可能な限り早期の実施の必要性を呼びかける安保理理事国による声明を歓迎するなかで出された。同首相はさらに、すべての当事者に対し、リビア国民が享受するべき恒常的な安定の段階にむけた取り組みのための対話の場に出席することを改めて要請した。      議会と政府の反応は異なる。国家評議会のメンバーであるサアド・ビン・シャラーダ氏は、 全文をよむ

2024-02-28 リビア:国連安保理が選挙の妨害者に対する制裁を示唆(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■国連安保理はリビアの選挙を妨害する者への制裁を示唆し、ドゥバイバ氏はこれを歓迎      【トリポリ:本紙】      安保理理事国は、治安上の、経済的な、また政治的な道筋のほか、国際人道法と国際人権法の道筋において具体的な進展を得ることの重要性を強調し、さらに市民社会組織が自由に活動できる安全環境の提供と、彼らを脅威や報復行為から保護する必要性についても強調した。      安保理理事国の声明では、リビアの平和、安定、安全を脅かし、選挙の妨害ないしは無効化などを通じて政治移行プロセスの成功裏 全文をよむ

2024-02-28 リビア:国連安保理が選挙の妨害者に対する制裁を示唆(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■国連安保理はリビアの選挙を妨害する者への制裁を示唆し、ドゥバイバ氏はこれを歓迎      【トリポリ:本紙】      安保理理事国は国際社会に対し、バティーリー氏とUNSMILがその任務を実行するために全面的な支援を提供するよう求めた。さらにバティーリー氏が呼び掛けた5者会議に言及しつつ、リビアの当事組織のメンバーらが参加する会議の開催にむけた同氏の尽力を支援すると強調した。バティーリー氏は5者会議に、ムハンマド・ミンフィー大統領評議会議長と国民統一政府(GNU)のアブドゥルハミード・ドゥバ 全文をよむ

2024-02-28 リビア:国連安保理が選挙の妨害者に対する制裁を示唆(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■国連安保理はリビアの選挙を妨害する者への制裁を示唆し、ドゥバイバ氏はこれを歓迎      【トリポリ:本紙】      選挙の日程をめぐる論争と、国際的な沈黙という状況下でリビアが直面している政治プロセスの膠着の文脈において、国連安保理の理事国は、6+6委員会が合意した最新の選挙法に基づき、国連による促進のもとでリビア人が主導し、リビア人が主導権を有する包括的な政治プロセスに対する強い固執を再確認した。      安保理理事国は、この結果により、リビア全体の人々にとって自由、公正、かつ透明性の 全文をよむ

2024-02-24 エジプト:ハーン・ユーニスに避難者のための第2キャンプの設置を開始(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトメディア:カイロは、ハーン・ユーニスに避難者のための第2キャンプの設置を開始した      【カイロ:アナトリア通信】      「カイロ・ニュース」チャンネルは、同情報筋によれば「ハーン・ユーニスへのキャンプ設置は、パレスチナ人救済に向けたエジプトの尽力の一環として行われる」と指摘した。      また、「その設置が今週末までに完了すること」にも言及した。      同情報筋はカイロ・ニュースチャンネルに対し、「ハーン・ユーニスの第2キャンプに続き、ガザ地区南部のラファ市に野戦病院を 全文をよむ

2024-02-24 エジプト:ハーン・ユーニスに避難者のための第2キャンプの設置を開始(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト・メディア:エジプト政府は、ハーン・ユーニスに避難民のための第2キャンプの設置を開始した      【カイロ:アナトリア通信】      エジプトのメディアが土曜夜、エジプト政府が「ハーン・ユーニス(ガザ地区南部)に避難民のための第2キャンプの設置」を開始したと報道した。キャンプの設置は、今週末には完了する予定であるという。      これは、「カイロ・ニュース」(特に当局に近い)チャンネルを通じて報道された。昨年10月7日から続くイスラエルのガザ地区に対する戦争が続くさなかでの報道で 全文をよむ

2024-02-21 シリア:イスラエルがダマスカス・カフルスーサ区を爆撃し民間人2人が死亡 (al-Quds al-Arabi紙)

■シリア国営テレビ:イスラエルによるダマスカスへの爆撃で2人が死亡      【ダマスカス:諸通信社】      シリア国営テレビは軍事筋の話として、水曜早朝、シリアの首都ダマスカスの住宅地を標的としたイスラエルのミサイル「侵略攻撃」により2人が死亡、さらに1人が負傷したと報じた。      同テレビによると、この攻撃はカフルスーサ区で標的とされた建物のほか、これに隣接するいくつかの建物に被害をもたらしたという。      さらに同テレビは同じ軍事筋の発言を次のように引用した。「今朝9時40分頃 全文をよむ

2024-02-21 レバノン:イスラエル軍の南部への攻撃によって女性と女児が死亡 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル軍によるレバノン南部への攻撃による女性と女児が死亡…ヒズブッラーは入植地を爆撃しこれに対抗(ビデオ)      【ベイルート:本紙】      ヒズブッラーがイスラエルに民間人殺害の代償を払わせると誓約してから数日後の水曜日(21日)、レバノン南部のマジュダル・ズーン村へのイスラエル軍の新たな侵略によって女性1人と女児1人が死亡した。      死亡した女児であるアマル・フサイン・ドゥッルさん(5歳)の父親は、『アフバール』紙への声明のなかで、彼女が、戦闘のぼっ発後にそこから避難して 全文をよむ

2024-02-20 レバノン:「ぜい弱な口実」に基づいたイスラエルの空襲にさらされる南部住民…カターイブ党はヒズブッラーを非難(8) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラーが国境付近でイスラエル兵の集団を攻撃...「カターイブ」:レバノン南部はイスラエルの犯罪の捕虜になっている      【ベイルート:本紙】      また「すべての攻撃に対する抑止力は、国家の役割を収奪する民兵に委ねられるものではなく、憲法や法律に則して働く合法的な諸機関の責任である。またこれは、レバノン軍の支援に取り組み、戦闘の停止やレバノンへの拡大阻止を要求する、活発で効果的な外交を通じてなされるべきである。このことは、公的なレバノンを支援するための世界的な要求となっている」と 全文をよむ

2024-02-20 レバノン:「ぜい弱な口実」に基づいたイスラエルの空襲にさらされる南部住民…カターイブ党はヒズブッラーを非難(7) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラーが国境付近でイスラエル兵の集団を攻撃...「カターイブ」:レバノン南部はイスラエルの犯罪の捕虜になっている      【ベイルート:本紙】      一方で、カターイブ党の政治事務所はサーミー・ジャミール副同党首が主導する会議で、「レバノン南部は民間人に対するイスラエルの長期的な犯罪の捕虜となった。ヒズブッラーは、レバノンや子供、女性、青年である国民の血を代償にガザ地区からイスラエルの気を逸らすという理論に執着して、攻撃が続くための口実を相手に与えることに献身している。(ヒズブッラ 全文をよむ

2024-02-20 レバノン:「ぜい弱な口実」に基づいたイスラエルの空襲にさらされる南部住民…カターイブ党はヒズブッラーを非難(6) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラーが国境付近でイスラエル兵の集団を攻撃...「カターイブ」:レバノン南部はイスラエルの犯罪の捕虜になっている      【ベイルート:本紙】      「電灯と発電機」の物語      一方ヒズブッラーのナスルッラー書記長が、抵抗運動のミサイル能力はキリヤート・シェムーナからエイラートまで射程に入ると語ったのち、『イスラエル・トゥデイ』紙は電灯、バッテリー、充電器、発電機などの非常用機器の購入量が287%上昇したと報じた。一方でイスラエル北部の戦闘地域にとどまった議会の議長らや入植者 全文をよむ

2024-02-20 レバノン:「ぜい弱な口実」に基づいたイスラエルの空襲にさらされる南部住民…カターイブ党はヒズブッラーを非難(5) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラーが国境付近でイスラエル兵の集団を攻撃...「カターイブ」:レバノン南部はイスラエルの犯罪の捕虜になっている      【ベイルート:本紙】      虚偽      ヒズブッラーが所有する武器庫を爆撃したとイスラエルが主張したのち、「レバノン青年運動」を名乗るレバノンの組織は月曜日(19日)、発電会社「インフィニット・パワー」のオーナーは武器、弾薬、爆薬に関わるいかなる活動と関係がないと述べた。      同組織は声明で、敵であるイスラエルが月曜日にガーズィーヤ地区で発電会社「イン 全文をよむ

2024-02-20 レバノン:「ぜい弱な口実」に基づいたイスラエルの空襲にさらされる南部住民…カターイブ党はヒズブッラーを非難(4) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラーが国境付近でイスラエル兵の集団を攻撃...「カターイブ」:レバノン南部はイスラエルの犯罪の捕虜になっている      【ベイルート:本紙】      攻撃にさらされた工場の所有者であるのムハンマド・ガダールさんは、イスラエルが爆撃したのは「発電機、ソーラー発電、工業用電気、油」の工場であると語った。さらに同通信に対し、そこに「油で満たされた3つのタンクがあった」ことを指摘しつつ、攻撃を受けた場所にあった油が原因で火災が翌日まで続いたと説明した。      彼は同通信によるインタビュ 全文をよむ

2024-02-20 レバノン:「ぜい弱な口実」に基づいたイスラエルの空襲にさらされる南部住民…カターイブ党はヒズブッラーを非難(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラーが国境付近でイスラエル兵の集団を攻撃...「カターイブ」:レバノン南部はイスラエルの犯罪の捕虜になっている      【ベイルート:本紙】      イスラエル政府の空襲は交戦規定に反する。「エイラートの均衡」後のイスラエルでの混乱      空襲の直後、イスラエル軍のダニエル・ハガリ報道官は記者会見で、この爆撃が「ヒズブッラーに所属する複数の武器倉庫を標的とするもの」であったとし、イスラエル北部のティベリア町付近に同組織の無人機が墜落したことへの反撃として実施されたと主張した。一 全文をよむ

2024-02-20 レバノン:「ぜい弱な口実」に基づいたイスラエルの空襲にさらされる南部住民…カターイブ党はヒズブッラーを非難(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラーが国境付近でイスラエル兵の集団を攻撃...「カターイブ」:レバノン南部はイスラエルの犯罪の捕虜になっている      【ベイルート:本紙】      そしてイスラエル軍は、「我々はレバノン南部のマルワヒーンとヤールーンの両地区にあるヒズブッラーの2つのミサイル発射台を攻撃した」と発表し、公園に近くハマーマス丘陵に囲まれたワッザーニー村に砲撃を加えた。      一方ヒズブッラーは、ラーミーム兵舎の周辺にいた敵の集団をロケット兵器で攻撃し、彼らに直接的な損害を与えたと発表した。同様に 全文をよむ

2024-02-20 イエメン:米英がフダイダの農地を攻撃 (al-Quds al-Arabi紙)

■フースィー派:米英がフダイダの農地を攻撃      【イエメン:アナトリア通信】      フースィー派は火曜、イエメン西部のフダイダ県の農地を米国・英国が攻撃の的にしたと報じた。      フースィー派の「サバア」通信社は、匿名の治安情報筋を引用し、「米英はフダイダ県ダヒー区カダン地域にあるサルドゥードゥ農地を標的に攻撃を行った」と報じた。詳細は明らかにしなかった。      この件に関する米英からの即時声明は出されていない。      また、フースィー派は昨日(月曜日)、米英がフダイダ市の 全文をよむ

2024-02-20 レバノン:「ぜい弱な口実」に基づいたイスラエルの空襲にさらされる南部住民…カターイブ党はヒズブッラーを非難(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラーが国境付近でイスラエル兵の集団を攻撃...「カターイブ」:レバノン南部はイスラエルの犯罪の捕虜になっている      【ベイルート:本紙】      戦況が進展し、イスラエルによって「ヒズブッラーの軍事拠点を攻撃した」との主張がなされ、現地のオブザーバーらや複数の声明によってその虚偽が確認されてもなお、注目は南部戦線に対して向けられている。抵抗勢力に近い複数の情報筋によると、ガーズィーヤ町にある工場の所有者は、ヒズブッラーの武器庫やインフラを攻撃したという占領軍の主張を否定した。さ 全文をよむ

2024-02-19 パレスチナ:昨年10月以来、イスラエル軍によって拘束されたパレスチナ人が7,100人まで増加 (al-Quds al-Arabi紙)

■昨年10月以降ヨルダン川西岸地区で拘束されたパレスチナ人が7,100人に増加      【ラマッラー:本紙】      月曜日、イスラエル占領軍が24時間以内に25人のパレスチナ人を拘束したことにより、昨年10月7日以降に占領下のヨルダン川西岸で発生したパレスチナ人拘留者の総計が7,100人まで増加した。      パレスチナ拘束者・元拘束者問題局(政府系)と捕虜クラブ(非政府系)は共同声明のなかで、「10月7日以降の拘束者数は約7,100人に増加している」と述べ、彼らのなかには依然として拘留 全文をよむ

2024-02-17 アメリカ:レバノン系ロビー団体がワシントンとニューヨークで政府・外交関係者らと面会(2) (Al-Nahar紙)

■ワシントン・ニューヨークでのレバノン・アメリカ調整委員会(LACC):レバノンの中立化、安保理決議第1701号の履行、共和国大統領の選出を目指す      【本紙】      さらにLACCは次のように述べた。「代表団は、ニューヨークで安保理の複数の政府代表部や国連事務総長補佐官(中東担当)と大規模な面談を行った。その結論は以下の通りだ。      ―レバノンに壊滅的な危機を突き付ける紛争の拡大に対する国際的な懸念がある。全ての紛争当事者が安保理決議第1701号を遵守し、レバノン軍のみが主権を 全文をよむ

2024-02-17 アメリカ:レバノン系ロビー団体がワシントンとニューヨークで政府・外交関係者らと面会(1) (Al-Nahar紙)

■ワシントン・ニューヨークでのレバノン・アメリカ調整委員会(LACC):レバノンの中立化、安保理決議第1701号の履行、共和国大統領の選出を目指す      【本紙】      レバノン・アメリカ団結委員会(LACC)は、「我々は年次の評価・展望のためのリトリートを経て、今月2月5日から10日の間にワシントンにある国務省、上下両院、ホワイトハウスを含む政府機関、および駐ワシントンに・アラブ連盟大使への訪問を行った。その後、我々の代表団は国連事務総長補佐官(中東担当)や安保理理事国の代表部と面談す 全文をよむ

2024-02-15 イスラエル:拘束中の「ファタハ」中央委員会のメンバーを別の刑務所へ移送 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルがマルワーン・バルグースィー氏をオフェル刑務所から独房に移送する      【テルアビブ:アナトリア通信】      水曜日(14日)、イスラエルの極右のイタマル・ベン・グヴィル国家安全保障大臣は、「ファタハ」中央委員会のメンバーであるマルワーン・バルグースィー氏をオフェル軍事刑務所から別の刑務所の独房に移送したと明かした。これは、ヨルダン川西岸地区でインティファーダが計画されているという情報が存在しているためだとした。      「ユダヤの力」党の党首であるベン・グヴィル大臣はX( 全文をよむ

2024-02-11 レバノン:ヒズブッラーとイスラエル間の交戦はエスカレーションが続く(2) (Al-Nahar紙)

■戦況は危険なエスカレーションの傾向に…イスラエルは第98師団を北部のレバノン国境へ派遣      【本紙】      さらに、イスラエルの戦闘機がバトルーン上空、及び北部の空域全域を飛行しているのが観測された。そして、ナバティーエ地区やイクリーム・トゥッファーフ地区の中高度の空域においてソニックブーム仮想攻撃 を発生させた実行した。      一方これに関して 、ヒズブッラーは声明の中で、カファル・シューバーの丘陵地にあるルワイサート・アラム拠点や、占領下に置かれたレバノンのシャシブアー農場に 全文をよむ

2024-02-11 レバノン:ヒズブッラーとイスラエル間の交戦はエスカレーションが続く(1) (Al-Nahar紙)

■戦況は危険なエスカレーションの傾向に…イスラエルは第98師団を北部のレバノン国境へ派遣      【本紙】      イスラエルとヒズブッラーの二者間の交戦規定とされるものが崩れ、レバノン南部における戦況は危険なエスカレーションの傾向にある。一方でイスラエルは、レバノン最南部においてヒズブッラーの多数の指導者を暗殺するのと並行して、北部の入植者らを彼らの居住地へ帰還させるために、「安全」地帯に関して政治的に解決することを求める呼びかけを強めている。そしてイスラエル軍ラジオ放送は今日、「最大規模 全文をよむ

2024-02-06 国連:国連安保理が中東地域での緊張激化に関する懸念を表明 (al-Quds al-Arabi紙)

■国連安保理が中東地域での緊張激化に関する懸念を表明      【AFP通信】      国連高官は安全保障理事会が月曜日に開いた会合に際して、「すべての当事者」に対して、中東において緊張の激化を防止するよう訴えた。また米国はこの会合で、シリアおよびイラクで最近実施した報復攻撃によって「火に油を注いだ」として、ロシアと中国による非難を受けた。      ディカルロ氏「私はすべての当事者に対して、破滅の淵から距離を置き、潜在的な地域紛争がもたらす耐えがたい人的・経済的コストを考慮するように、事務総 全文をよむ

2024-02-05 レバノン:米仏の外交使節らがそれぞれイスラエル、レバノンを訪問(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■複数のミサイルがセジュルネ氏とホッホシュタイン氏の任務と競り合う...イスラエルはレバノンに対して新たな軍事行動を警告      【ベイルート:本紙】      「時間切れ」      一方でイスラエルのイスラエル・ガッツ外務大臣は、「レバノン南部において外交的解決を見出すための時間が切れつつある」と述べた。そしてホッホシュタイン氏の訪問と時を同じくして、「もし政治的解決が実現されなければ、イスラエルの村々に住民を帰還させるためにレバノン国境に対する軍事行動がとられるだろう」と語った。     全文をよむ

2024-02-05 レバノン:米仏の外交使節らがそれぞれイスラエル、レバノンを訪問(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■複数のミサイルがセジュルネ氏とホッホシュタイン氏の任務と競り合う...イスラエルはレバノンに対して新たな軍事行動を警告      【ベイルート:本紙】      イスラエルの「チャンネル12」は、レバノンから上ガリラヤに対して8発のミサイルが発射されたと報じた。一方ヒズブッラーは、カフルシューバー丘陵およびシャブアー農場にあるサマーカ拠点のほか、ルワイサート・アラム拠点を攻撃したとした。      同組織はレバノン南部アイタルーン村出身のサルマーン・ムハンマド・ハサン・ファキーフ氏、タイリー村 全文をよむ

2024-02-05 レバノン:イスラエルは交渉を通じた紛争解決を視野に入れる(3) (Al-Nahar紙)

■交渉とエスカレーションの狭間に置かれる南部戦線…ヒズブッラーはガリラヤ地方へ向けてミサイルを発射、イスラエルも攻撃を続ける      【ベイルート:本紙】      さらにガラント氏は、「イスラエルは、レバノンからの侵攻や銃撃といった脅威を除去することも含め、イスラエルの北部国境全体の治安情勢を改善することに取り組んでいる」と付け加えた。      同氏のオフィスの声明によると、両者間では「イスラエル人避難民らが北部の住居へ戻る方法を模索しつつ、北部の戦地における治安情勢を改善する必要性」につ 全文をよむ

2024-02-05 レバノン:イスラエルは交渉を通じた紛争解決を視野に入れる(2) (Al-Nahar紙)

■交渉とエスカレーションの狭間に置かれる南部戦線…ヒズブッラーはガリラヤ地方へ向けてミサイルを発射、イスラエルも攻撃を続ける      【ベイルート:本紙】      レバノン国営通信が報じたところによると、イスラエル軍は昨夜から今日の明け方にかけ一晩中、ブルーライン沿いに位置する国境地帯の村々の上空に向けて複数の照明弾を発射したという。      イスラエル「レバノンとの交渉の用意はできている」      イスラエルのヨアヴ・ガラント国防大臣は、注目に値する声明を出した。同大臣は声明のなかで、 全文をよむ

2024-02-05 レバノン:イスラエルは交渉を通じた紛争解決を視野に入れる(1) (Al-Nahar紙)

■交渉とエスカレーションの狭間に置かれる南部戦線…ヒズブッラーはガリラヤ地方へ向けてミサイルを発射、イスラエルも攻撃を続ける      【ベイルート:本紙】      レバノンの南部戦線について停戦と戦争拡大の可能性をめぐって議論が生じるなか、ヒズブッラーとイスラエルによる相互の軍事作戦は続いており、国境地帯の町村は依然として緊張状態にある。      最新の戦況について本紙特派員が伝えたところによると、ナークーラ、ハームール渓谷、ラッブーナ、ズィブキーン、ドゥハイラ、シャブアーの郊外が、イスラ 全文をよむ

2024-02-05 レバノン:米仏の外交使節らがそれぞれイスラエル、レバノンを訪問(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■複数のミサイルがセジュルネ氏とホッホシュタイン氏の任務と競り合う...イスラエルはレバノンに対して新たな軍事行動を警告      【ベイルート:本紙】      国境の両側でミサイル攻撃の応酬が発生しているなか、レバノン南部の国境は日々新たなエスカレーションを目の当たりにしている。これと時を同じくして、アモス・ホッホシュタイン米大統領特使はテルアビブで新たな協議ラウンドに着手した。その後レバノン・イスラエル間の緊張解消や安保理決議第1701号履行の模索を目的とした協議を開始するために、ステファ 全文をよむ

2024-02-02 シリア:ダマスカスへのイスラエルの爆撃でイラン革命防衛隊の顧問が死亡 (al-Quds al-Arabi紙)

■ダマスカスへのイスラエルの爆撃でイラン革命防衛隊の顧問が死亡      【ドバイ:諸通信社】      イランの半公式ニュースサイトは、ダマスカスへのイスラエルの爆撃で革命防衛隊の顧問が死亡したと報じた。      これ以前にも、シリア国営通信『SANA』は軍事筋の話として、(シリア・アラブ)軍が金曜日、ゴラン高原からダマスカス南部に向けて発射されたミサイルの多くを撃墜したと伝えた。      同筋は「今日の朝4:20分頃、イスラエルはダマスカス南部の複数地点を目標として、占領下にあるシリアの 全文をよむ

2024-02-02 イラン:米国が親イラン諸組織への報復を開始(3) (Al-Nahar紙)

■米国がイラクとシリアの軍事施設を爆撃…バイデン氏「我々の報復が始まった!」      【ベイルート:本紙】      イラク:爆撃の結果は悲惨なものになるだろう      イラク軍報道官は、カーイム諸市とイラクの国境地帯が米軍機による空襲を受けたことを明らかにした。      同報道官は、「米国による爆撃は主権の侵害であり、イラク政府の努力を損なうものである」とし、「この爆撃は、イラクがこの地域の安定を確立させようとしているさなかに行われた」と加えた。      さらに、「この爆撃は、イラクや 全文をよむ

2024-02-02 イラク:米国が親イラン諸組織への報復を開始(2) (Al-Nahar紙)

■米国がイラクとシリアの軍事施設を爆撃…バイデン氏「我々の報復が始まった!」      【ベイルート:本紙】      バイデン氏:我々の報復が始まった      その後米国のジョー・バイデン大統領は、次のように発表した。「今日の夕方、米軍は私の指示に基づいて、イラクとシリア国内の軍事施設を爆撃した。これらの軍事施設は、イラン革命防衛隊およびこれと同盟している諸派閥が、米軍への攻撃に使用していたものである」。      さらにバイデン氏は、「我々の報復は今日始まり、我々が決めた時間と場所において 全文をよむ

2024-02-02 シリア:米国が親イラン諸組織への報復を開始(1) (Al-Nahar紙)

■米国がイラクとシリアの軍事施設を爆撃…バイデン氏「我々の報復が始まった!」      【ベイルート:本紙】      ダイル・ザウル市郊外で米国によるものと思われる爆撃を受け、複数のイラン系組織のメンバー13人が死亡した。      この爆撃により、親イラン民兵組織の首都であるマヤーディーン市や、シリア・イラク国境付近のブー・カマール市で、彼らが駐留している17拠点が破壊された。さらにこの爆撃では、ダイル・ザウル市付近の複数拠点も攻撃された。      米軍:爆撃には125発以上の精密誘導弾が 全文をよむ

2024-01-30 ガザ:過去24時間以内に26人のイスラエル兵が負傷 (al-Quds al-Arabi紙)

■過去24時間以内に26人のイスラエル兵が負傷      【エルサレム:諸通信社】      イスラエル占領軍のデータは火曜日、過去24時間以内に26人の同軍兵士が負傷し、そのうち7人の負傷はガザ地区で行われている地上戦で生じたものであると明らかにした。      ウェブサイト上に公開された同軍のデータによると、10月7日に戦争が開始して以来負傷した将兵の数は2,797人に達し、昨日月曜日中に確認されていた2,771人から増加した。      このデータが示したところによると、負傷者のうち424 全文をよむ

2024-01-30 イラク:イラクの親イラン軍事組織が対米攻撃の停止を発表(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イラクの「カターイブ・ヒズブッラー」が米軍に対する軍事作戦を停止      【バグダード:諸通信社】      〈米国国防総省はコメント拒否〉      米国国防総省(ペンタゴン)は、KHの声明について直接のコメントを避け、「行動は言葉よりも雄弁である」と述べた。      同省報道官のパトリック・ライダー准将は、1月28日にヨルダンの米軍基地がドローンで攻撃され、兵士3人が死亡、40人以上が負傷して以来、すでに3回の攻撃がこの地域の米軍に対して行われたことを明らかにした。そして、米国がこれら 全文をよむ

2024-01-30 イラク:イラクの親イラン軍事組織が対米攻撃の停止を発表(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イラクの「カターイブ・ヒズブッラー」が米軍に対する軍事作戦を停止      【バグダード:諸通信社】      イラクの民兵組織「カターイブ・ヒズブッラー(以下KHという)」(神の党旅団)は火曜日夜、米軍に対する軍事作戦の停止を発表した。      KHは、アブー・フサイン・ハミーダーウィー事務総長による声明の中で、「我々は他からの干渉を受けることなく、自らの意志で、ガザの抑圧された民衆を支援する決断を下した」と述べた。      声明には「イスラーム共和国(イラン)の兄弟たちは、我々の(聖戦 全文をよむ

2024-01-29 エジプト:国境地帯へのイスラエルの侵攻阻止へ (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト、ラファフ国境地帯へのイスラエル侵攻を阻止する決意をパレスチナ諸派に報告      【ロンドン:本紙】      マヤーディーンTVは日曜日、パレスチナの複数の情報筋の話として、「エジプトは、パレスチナ・エジプト間のラファフ国境にイスラエルが侵攻するのを許さないという、同国の断固たる決意を、パレスチナ諸派に伝えた」と報じた。      同筋は、エジプトが「エジプト・パレスチナ間の国境に対するどのような攻撃も、それはエジプト国家安全保障に対する攻撃である」と強調した、と述べた。      全文をよむ

2024-01-28 レバノン:イスラエルの攻撃を受けたタバコ農家への苗提供イニシアティブが始まる(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルによるレバノン南部への侵攻が農家に甚大な損害を与える      【ベイルート:本紙、ナーディヤ・ヤース】      また同氏は、イスラエルの行動やヒヤーム平野、バイト・リーフの森林、クーザフ、そして近隣の村に広がる森林への爆撃、特に地下水や果樹に破壊的な影響を与える白リン弾での爆撃を白日の下にさらす最大規模のキャンペーンを呼びかけた。加えて、フーラー平野、ハスバイヤ地区、そしてマルジャウーン地区の多くのオリーブ畑で、農家は、季節の収穫をすることができなかった。さらに、養蜂箱は繰り返し 全文をよむ

2024-01-28 レバノン:イスラエルの攻撃を受けたタバコ農家への苗提供イニシアティブが始まる(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルによるレバノン南部への侵攻が農家に甚大な損害を与える      【ベイルート:本紙、ナーディヤ・ヤース】      住民らが移住に直面し、彼らの生計手段が破壊にさらされている国境地帯の複数の村での農家の苦難を感じ取ったため、タバコ専売公社(The Regie)は公社が所有している土地でタバコの種をまくイニシアチブを発足させた。それは、イスラエルのレバノン南部に対する攻撃により12月から翌2月の適切な時期に播種が困難だったことを受け、その種が苗になり次第国境地域のタバコ農家らに苗を配給 全文をよむ

2024-01-28 イエメン:紅海の情勢緊迫化の影響を検討 (al-Quds al-Arabi紙)

■イエメン政府は、紅海とアラビア海での情勢緊迫化がもたらす可能性のある影響を検討するための委員会を組織する      【アデン:本紙】      「アンサール・アッラー」(フースィー派)が、イスラエルのガザに対する攻撃と闘うパレスチナ人を支援すると主張して紅海およびアラビア海において攻撃を行っており、この攻撃による結果に対処する試みとして、イエメンの正統政府は、紅海とアラビア海、そしてアデン湾での情勢緊迫化がもたらす可能性のある影響を検討し始めた。      政府系通信社は、土曜日に行われた政府 全文をよむ

2024-01-27 エジプト:国際司法裁判所の判決は「大きな勝利」である(2) (Al-Ahram紙)

エジプト人党:国際司法裁判所の今日の判決は、法律を超越する者はいないことを強調した      【n.p.:ムハンマド・イシュバーイー】      さらに同氏の主張によれば、国際司法裁判所の判決は、シオニスト占領軍がガザで犯罪を犯していることを明らかに認めており、これによって様々な国家やその他の国際組織が、南アフリカと同様の措置や決定を下すようになる。特に、イスラエルが国際法違反を犯しているにもかかわらず、その判決の受け入れを拒否していることを立証する証拠をもっている国々や組織は南アフリカの前例に 全文をよむ

2024-01-27 エジプト:国際司法裁判所の判決は「大きな勝利」である(1) (Al-Ahram紙)

エジプト人党:国際司法裁判所の今日の判決は、法律を超越する者はいないことを強調した      【n.p.:ムハンマド・イシュバーイー】      エジプト人党の党首で、エジプト諸政党同盟の執行局のメンバーであるフサイン・アブー・アター顧問が、南アフリカがシオニスト政体(イスラエル)に対して起こした訴訟に関しての国際司法裁判所の判決に対してコメントを発表した。同氏は、国際司法裁判所の判決は国際人道法を支持しており、特にその判決内容によって、パレスチナ人に対するジェノサイドを行なっているイスラエルは 全文をよむ

2024-01-27 レバノン:南部戦線でヒズブッラーとイスラエルの間の交戦が続く (Al-Nahar紙)

■今日の南部…ヒズブッラーのミサイルがガリラヤ地方西部まで達し、イスラエルは移動攻撃を行う      【ベイルート:本紙】      レバノン南部でヒズブッラーとイスラエルの間の交戦が続き、同地の戦線では依然として戦況が過熱している。      戦場の最新状況に関して本紙特派員らが伝えたところによると、ナークーラ町郊外がイスラエルの爆撃を受け、さらにイスラエルの迫撃弾がハウラー町郊外まで達したという。      これに対して、ヒズブッラーはガリラヤ地方西部にあるイスラエルの軍事施設や軍事拠点に向 全文をよむ

2024-01-26 ガザ:ガザ地区北部で60万人の市民が危機に瀕している(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ガザ地区保健省:ガザ地区北部で60万人の市民が危機に瀕している      【ガザ:諸通信社】      木曜日、WHOの報道官クリスティン・リンドマールは、状況が「悲惨」であり、イスラエルの壊滅的な戦争に見舞われているガザ地区では、人々が飢えの犠牲になっている。そして、特に子どもたちが罹病の脅威に最もさらされていると述べた。      また同報道官は声明で、ガザ地区の状況は「悲惨」であり、住民の多くが飢えと栄養失調に直面している。したがって、彼らは容易にあらゆる病気にさらされると明言している。 全文をよむ

2024-01-26 ガザ:ガザ地区北部で60万人の市民が危機に瀕している(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ガザ地区保健省:ガザ地区北部で60万人の市民が危機に瀕している      【ガザ:諸通信社】      ガザ地区のパレスチナ保健省は金曜日、同地区北部で約60万人の市民が飢えと病気の蔓延、イスラエルの爆撃により死の危機に瀕していると警告した。      同省のアシュラフ・クドゥラ報道官は、簡潔な声明で「ガザ地区では飢えと病気の蔓延、イスラエルの爆撃により、およそ60万人の市民が瀕死の状態である」と述べた。      これに先立ち国連も、イスラエルの集中攻撃を受けるガザ地区では、230万人が飢餓 全文をよむ

2024-01-25 ウクライナ:ロシア軍機墜落に関して国際的な調査の実施を訴える (al-Quds al-Arabi紙)

■ゼレンスキー大統領がロシア軍機墜落に対する国際的な捜査の実施を訴えた      【キエフ:DPA】      ウクライナ大統領のウォロディミル・ゼレンスキー氏が国境付近のベルゴロド地区でのロシア軍機墜落に対する国際的な捜査の実施を訴えた。      水曜日(24日)夕方のスピーチで彼は、ウクライナ軍情報機関は現在ウクライナ人戦争捕虜数十名の行方を知るためのより多くの情報を得ようとしている。なお、ロシア政府によると、彼らは(墜落した)機体に乗っていたという。      また、彼はウクライナ外務大 全文をよむ

2024-01-25 レバノン:サウジ大使がレバノン大統領選に関する会議を開催 (Al-Nahar紙)

■5カ国の大使たちとの会談……大統領選の課題を前進させる本格的な取り組みの開始を試みる      【本紙】      5カ国の大使団は、今日、サウジアラビア大使であるワリード・ブハーリー氏の邸宅にて大統領の問題を前進させるために会議を開催した。これは、数日前に行われることになっていたナビーフ・ビッリー衆議院議長との会談を伴う訪問を取りやめた後に行われた。      また、共和国大統領選の課題の前進につながる本格的な取り組みを開始するための、これらの国々の試みに関する情報が明らかになっている。   全文をよむ

2024-01-21 エジプト:スィースィー大統領とソマリアのマフムード大統領が会談 (al-Quds al-Arabi紙)

■エチオピアとの危機の裏側で…カスィースィー大統領とマフムード大統領がカイロで会談      【カイロ:本紙】      エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は日曜日、ソマリアのハサン・シャイフ・マフムード大統領と会談する。      エジプト大統領の声明によると、会談では二国間の関係強化の方法や地域の情勢について取り上げられる予定である。      ソマリアの大統領によるカイロ訪問は、エチオピアのアビー・アフマド首相が1月1日に、軍事基地を設置する可能性のある紅海のベルベラ港の 全文をよむ

2024-01-20 ガザ:ヨルダン首相、ガザでの虐殺の終結に向けて働きかけるよう米国に呼びかけ(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダン首相、ガザで継続中の虐殺の終結に向けてイニシアチブをとるよう米国に求める      【ロンドン:諸通信社】      加えて、「西側諸国の世論は、ガザ地区の破壊された地域への支援提供などの諸問題をめぐるルールに基づいた国際秩序がさらされている暴力や弾圧に対する懸念に関して明確である」と付け加えた。      そして、「大国は道義的な責任だけでなく、ルールに基づいた国際秩序の維持という文脈で、現在のイスラエル政府のもとにやってきて、『これをやめなければならない』と知らせる義務を担っている 全文をよむ

2024-01-20 ガザ:100万人の女性が国内避難民に (al-Quds al-Arabi紙)

■国連:ガザで100万人の女性が国内避難民に      【国連:アナトリア通信】      国連は土曜日(20日)、現在も続くイスラエルのガザ地区に対する戦争の結果、居住地を離れた190万人のうち、国内避難民となった女性の数は100万人に上ると発表した。      UN Womenは、ガザ地区の女性と少女に関するデータについての報告書の中で、ガザの230万人のうち190万人が居住地を離れたと述べた。      報告書によれば、国内避難民の中には約100万人の女性と少女が含まれているという。また、 全文をよむ

2024-01-20 ガザ:ヨルダン首相、ガザでの虐殺の終結に向けて働きかけるよう米国に呼びかけ(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダン首相、ガザで継続中の虐殺の終結に向けてイニシアチブをとるよう米国に求める      【ロンドン:諸通信社】      ヨルダンのビシャル・ハサーウナ首相は昨日(金曜日)、ガザ地区で継続している虐殺を終わらせるため、米国とその他の大国はイスラエルに対する影響力を行使すべきであると述べた。      ヨルダンはガザ地区に対するイスラエルの爆撃を激しく批判し、同首相は昨日、この爆撃は「人道に対する戦争犯罪の全ての要件を満たしている」と述べた。      同首相はまた、停戦を確保するために大き 全文をよむ

2024-01-20 ジョセップ・ボレル氏が、イスラエルはハマース創設に資金を提供したと発言 (al-Quds al-Arabi紙)

■ジョセップ・ボレル氏 「イスラエルはハマース創設に資金を提供した」         【マドリード:ロイター通信】      欧州連合のボレル外務・安全保障政策上級代表は金曜日に、イスラエルがパレスチナのイスラーム主義組織ハマースの創設に資金を提供したと発言した。これは、このような疑惑を否定するイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の立場とは明らかに矛盾する。      イスラエル政府の反対者や一部の国際メディアは、ネタニヤフ政権がガザ地区を管理しているハマースを強化しているとの嫌疑をかけた。  全文をよむ

2024-01-19 エジプト:経済危機は厳しさを増す (al-Quds al-Arabi紙)

◼エジプト:経済危機は厳しさを増し、ドルと金の価格は上昇し続けている      【カイロ:本紙】      エジプト国民対話評議会が、大統領選挙のための数ヶ月間の中断を経て再開した。選挙では、現職のアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領が勝利し、2030年までの3期目を務める。      国民対話評議会は、ムスタファー・マドブーリー首相が経済危機、そしてそれを克服し、数年前までエジプトが乗っていた成長の軌道を取り戻すための6年間の期限設定について声明を発表した数日後に再開した。      首 全文をよむ

2024-01-19 レバノン:ヒズブッラーと米国の間接的協力関係は生じうるか?(3) (Al-Nahar紙)

■対立の新たな段階では米政府とヒズブッラーの「間接的協力関係」がみられるか?      【本紙】      これら複数筋はまた、ヒズブッラーにとって「ハマース」とその指導者らが重荷になっていることから、同党が彼らのためにいかなる戦闘も行うことはないだろうとの考えを持っている。むしろ反対に同党は、域内で予想される、またガザ戦争終結後に予測される次なる交渉の段階に向けた準備をすることになり、これは来る春ないしは初夏になるかもしれないという。この準備は、同党が発する政治的メッセージに応じて各国が行う準 全文をよむ

2024-01-19 カタール:政府高官、イスラエルのガザ壊滅計画は「民族と歴史の浄化」のシンボル (al-Quds al-Arabi紙)

■カタール政府高官:イスラエルの攻撃はガザ市の壊滅と、民族および歴史の浄化を狙っている      【ドーハ:スライマーン・ハージュ・イブラヒーム、本紙】      カタールの国務大臣でカタール国立図書館の館長も務めるハマド・アブドゥルアジーズ・カワリー博士は、「イスラエルによるガザ攻撃は、ガザ市を破壊して住民の生活を不可能にすることを目的としたものではなく、むしろ、民族とその歴史を同時に浄化することを意図したものだ」と断言した。そして、「ガザが歴史で最も古い都市の一つであるために、この攻撃が、民 全文をよむ

2024-01-19 レバノン:ヒズブッラーと米国の間接的協力関係は生じうるか?(2) (Al-Nahar紙)

■対立の新たな段階では米政府とヒズブッラーの「間接的協力関係」がみられるか?      【本紙】      これらの複数筋は、留意しなければならない複数のデータがあり、もしそれが確証されれば、それは競合の新たな段階、つまり米政府とレバノンにおけるイランの同盟者の間に「間接的な協力関係」が築かれることになると述べている。      複数筋によると1つ目のデータとは、ヒズブッラーが、ガザ戦争への参戦やその範囲の拡大に関するいかなる考えの結果、レバノンの内部を完全に喪失する準備ができていないとするもの 全文をよむ

2024-01-19 レバノン:ヒズブッラーと米国の間接的協力関係は生じうるか?(1) (Al-Nahar紙)

■対立の新たな段階では米政府とヒズブッラーの「間接的協力関係」がみられるか?      【本紙】      アモス・ホフスタイン米大統領特使はレバノンの高官らに対し、レバノンとイスラエルの陸境の命運を含むレバノン問題の未来に関して外交的な行動を起こしている。国際的な外交筋によれば、ヒズブッラーもたとえ直接的ではないにせよ、この行動から遠くない位置にあるという。      米国の政権が行っているレバノン問題に対する新たな取り組みは、ガザで戦争が開始したのちのヒズブッラーの動向に、米国が現時点では満 全文をよむ

2024-01-18 シリア:ロシア政府がシリアとイラクでテロ組織と戦い続ける重要性を強調(3) (al-Watan紙)

■ロシアは「テロ組織がどこにいようと容赦なく彼らとの戦いを続ける重要性」への確信を表明…「外国勢力がシリアとイラクで行っている対テロ作戦は、これら両国の当局との調整のもとで実施されなければなければならない」      【ダマスカス:本紙】      イラン・イスラーム革命防衛隊は一昨日、次のように計3点の声明を発表した。1つ目は、「地域内の複数の区域にある複数のスパイ拠点および、イランに敵対的なテロ組織の集合地点を弾道ミサイルで攻撃し、これらを破壊した」ことを伝えるものであった。2つ目の声明は、 全文をよむ

2024-01-18 シリア:ロシア政府がシリアとイラクでテロ組織と戦い続ける重要性を強調(2) (al-Watan紙)

■ロシアは「テロ組織がどこにいようと容赦なく彼らとの戦いを続ける重要性」への確信を表明…「外国勢力がシリアとイラクで行っている対テロ作戦は、これら両国の当局との調整のもとで実施されなければなければならない」      【ダマスカス:本紙】      同氏はさらに、イラン革命防衛隊が先週月曜日(15日)の夜、イラクのクルディスタン地域にあるいくつかの標的を爆撃したことに留意しつつ、ロシア政府がイランおよびイラクの情勢の推移を注視していることを明らかにした。イラン政府はこれに先立ち、これらの標的がイ 全文をよむ

2024-01-18 シリア:ロシア政府がシリアとイラクでテロ組織と戦い続ける重要性を強調(1) (al-Watan紙)

■ロシアは「テロ組織がどこにいようと容赦なく彼らとの戦いを続ける重要性」への確信を表明…「外国勢力がシリアとイラクで行っている対テロ作戦は、これら両国の当局との調整のもとで実施されなければなければならない」      【ダマスカス:本紙】      ロシア政府は昨日、外国勢力がシリアとイラクで行っている対テロ作戦は、これら両国の当局との調整のもとで実施されなければなければならないことを確認し、テロ組織がどこにいようと容赦なく彼らとの戦いを続ける重要性を強調した。      ロシアの『タス通信』は 全文をよむ

2024-01-18 エジプト:ガザ地区との国境において二度目の麻薬密輸の阻止を公表 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト:ガザ地区との国境において二度目の麻薬密輸の阻止を公表      【カイロ:本紙】      48時間未満の間に、エジプト軍はエジプト・パレスチナ国境において二つの麻薬密輸オペレーションを阻止したと発表した。       エジプト軍の報道官は、木曜日の簡潔な声明の中で、エジプト・パレスチナ国境においてエジプト軍との小競り合いで3名の密輸者が殺害されたと発表した。      また、これは北東部の戦略的方面であるエジプト国境線の治安維持の責任を負う治安維持部隊構成員の努力の継続によるもので 全文をよむ

2024-01-17 アルジェリア:パレスチナ問題に関して非同盟運動へ呼びかけ (al-Quds al-Arabi紙)

■アルジェリア、非同盟運動に対しパレスチナ問題への断固とした姿勢をとることを呼びかけ、イスラエル訴訟における南アフリカの努力への支援を明らかに。       【アルジェリア:本紙】      アルジェリアは、外務大臣のアフマド・アッターフ氏を通じて非同盟運動に、同国が歴史上もっとも危険な段階にあるとみなす、イスラエルの侵略と共に発生しているパレスチナ問題に強固で断固とした立場を取ることを求めた。       アッターフ氏は、第19回非同盟運動サミットの閣僚級準備会合での演説の中で、「パレスチナ問 全文をよむ

2024-01-16 ガザ:OCHAはイスラエルがガザ地区支援を妨害しているとして非難(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■国連はイスラエルが支援物資の輸送を妨害していると非難      【カイロ:本紙】      サーミル・アブドゥルジャービル国連WFPパレスチナ事務所代表は、「ガザの全ての人が飢餓に苦しんでおり、総合的食糧安全保障レベル分類(IPC)は、ガザに壊滅的レベルの食料安全保障の欠如があることを示している」と述べた。      同様に、エジプトのサーミフ・シュクリー外相とシグリッド・カーフ国連ガザ地区担当上級人道復興調整官は、「ガザ地区の住民の緊急のニーズを満たすのに十分なかたちで人道支援の流入を増やす 全文をよむ

2024-01-16 ガザ:OCHAはイスラエルがガザ地区支援を妨害しているとして非難(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■国連はイスラエルが支援物資の輸送を妨害していると非難      【カイロ:本紙】      国連人道問題調整事務所(OCHA)は火曜日、イスラエルが2024年初めから救援隊のガザ地区への入境に対する制限を増大させ、このため健康面・環境面でのリスクが高まっていることについて警告した。      同事務所は声明で、1月の最初の2週間で、食料、医薬品、水、その他の生活必需品を輸送する予定であった29の救援隊のうち、目的地のガザ渓谷北部へ到達したのはわずか7隊でであったと明らかにした。      また 全文をよむ

2024-01-13 イエメン:米国はイエメン国内のフースィー派拠点に対しさらなる攻撃を実施 (al-Quds al-Arabi紙)

■米国はイエメン国内のフースィー派の拠点に対し新たな攻撃を仕掛ける      【ワシントン:本紙】      米国高官によると、フースィー派の約30拠点に対する多国間協調攻撃が行われた翌日、米国はイエメン国内のフースィー派拠点に対してさらなる爆撃 を実行した。      金曜夜(イエメン時間土曜早朝)に実行された追加攻撃は、その前日の夜に比べて、攻撃範囲が非常に小規模であった。また「CNN」によるとこの米国高官は、フースィー派が使用しているレーダー施設を標的としたと述べたという。      さら 全文をよむ

2024-01-12 モロッコ:世論調査で75%がハマスの軍事作戦は正当な抵抗であると回答(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■世論調査:モロッコ人の75%がハマスの軍事作戦を正当な抵抗とみなす      【ラバト:本紙】      また、ハマスが2023年10月7日に行った軍事作戦に話を戻し、ハマスをこの作戦に駆り立てた最も重要な理由と 2番目に重要な理由をモロッコ人回答者に尋ねたところ、33%が最も重要な理由はイスラエルによるパレスチナ領土占領の継続であると回答し、17%がアクサー・モスクの防衛、7%がガザ地区の封鎖の継続、5%がパレスチナ領土における入植の継続と拡大であるとした。      さらに、モロッコ人回答 全文をよむ

2024-01-12 エジプト:ワフド党党首がイスラエルを非難 (Al-Ahram紙)

■ワフド党:ハーグにおけるイスラエルの主張には正当な根拠はない      【n.p. : アフマド・サイード・ハサーニーン】      ワフド党党首のアブドゥッサナド・ヤマーマ博士は、イスラエルがガザ地区の住民を根絶しようとする目的の下、生活手段をはく奪し、200万人以上のパレスチナ人を飢餓に直面させたとする疑惑に関して、ハーグ国際司法裁判所におけるイスラエル弁護団の主張には、正当な根拠がないと非難した。イスラエルは、エジプト・ガザ間の国境をまったく支配しておらず、エジプトの監督下にあると述べた 全文をよむ

2024-01-12 モロッコ:世論調査で75%がハマスの軍事作戦は正当な抵抗であると回答(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■世論調査:モロッコ人の75%がハマスの軍事作戦を正当な抵抗とみなす      【ラバト:本紙】      「ガザ戦争に関するアラブ世論の動向」についての調査の結果、世論調査に参加したモロッコ人の56%が「ガザ戦争とその進展に関するニュースを毎日追っている」とし、22%が「週に数回それらのニュースを追っている」と回答した。また、回答者の6%は「ほとんど追っていない」と明かし、5%が「全く追っていない」と答えた。      モロッコ人回答者がガザ戦争によってどの程度心理的プレッシャーを感じているか 全文をよむ

2024-01-12 クウェート:女性団体がイスラエルの「集団殺害」に対する南アフリカの提訴を支持 (al-Quds al-Arabi紙)

■「平和のためのアラブ女性のネットワーク」は占領国に対する南アフリカの告訴を支援するためのアラブの行動を求める      【クウェート:本紙】      「平和のためのアラブ女性のネットワーク」はシオニストの占領に対する南アフリカの提訴への支持を発表し、この問題に関して、こうした名誉ある国際的立場を支援するアラブの行動を求めた。      同ネットワークは声明で次のように述べた。「国際司法裁判所は今日、南アフリカが提出した告発を審議している。この告発とは、同国が先月の29日に、イスラエルが『集団 全文をよむ

2024-01-12 アメリカ:ガザ地区への迅速で円滑な食糧支援を実現するため、できる限りの努力を行う (al-Quds al-Arabi紙)

■ホワイトハウス:ガザ地区は食糧安全保障に関して疑いようのない諸問題に直面している      【ワシントン:アナトリア通信】      米ホワイトハウスは、「(米国政府は)ガザ地区には深刻な飢餓問題があり、より多くのトラックを稼働し、同地区に食糧を運び込まねばならないと認識している。そして、ワシントンは、この状況を緩和するために最善を尽くすつもりだ」と発表した。      米国家安全保障会議(NSC)のジョン・カービー戦略広報調整官は定例記者会見で、ガザ地区の人道危機と飢餓の増大に関する最新状況 全文をよむ

2024-01-10 ヨルダン:ブリンケン米国務長官の意図をめぐって (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダンは「ブリンケン計画」をどう読んだ?:ガザ再建に際しハマスは「不在」であることが望ましい      【アンマン:本紙】      「少し異なる口調が聞こえた...アントニー・ブリンケン氏は自分の立場を発展させている...いくつか新しい話も聞こえてくるが、現時点では措置や実行の段階には程遠い。」これは、米国務長官の前回の歴訪時にヨルダン政府が同氏を迎えた後、直接抱いた最も深い印象であるが、ヨルダンのアイマン・サファディー外務大臣は引き続き「あらゆる細部」に取り組み、「ヨルダンが考える優先度 全文をよむ

2024-01-09 シリア:サイイド宗教関係大臣がハッジ・ウムラ祭祀博覧会の開幕式に参加(3) (al-Watan紙)

■サイイド宗教関係大臣がハッジ・ウムラ祭祀博覧会「ハッジへの道」の開幕式に参加…さらにサウジアラビアがイスラーム教とイスラーム教徒への奉仕に関して多大な努力を払っていることへの謝意を表明      【ダマスカス:本紙】      サイイド氏は先月20日にサウジアラビア王国訪問を開始した。同氏は滞在中、シリアとサウジアラビアの宗教機関間の関係の発展と強化、過激主義との戦いの分野における協力体制の強化をめぐって複数の協議を行った。協議の議題となったもののなかには、現代的な宗教的言説の理解手法のほか、 全文をよむ

2024-01-09 シリア:サイイド宗教関係大臣がハッジ・ウムラ祭祀博覧会の開幕式に参加(2) (al-Watan紙)

■サイイド宗教関係大臣がハッジ・ウムラ祭祀博覧会「ハッジへの道」の開幕式に参加…さらにサウジアラビアがイスラーム教とイスラーム教徒への奉仕に関して多大な努力を払っていることへの謝意を表明      【ダマスカス:本紙】      さらにサイイド氏は、ハッジ・ウムラ祭祀博覧会「ハッジへの道」の開催中、サウジアラビアのアブドゥッラティーフ・ビン・アブドゥルアズィーズ・シャイフイスラーム・ダアワ・イルシャード問題大臣と面会し、イスラームとイスラーム教徒への奉仕、そして二聖モスクと聖地への奉仕に関してサ 全文をよむ

2024-01-09 シリア:サイイド宗教関係大臣がハッジ・ウムラ祭祀博覧会の開幕式に参加(1) (al-Watan紙)

■サイイド宗教関係大臣がハッジ・ウムラ祭祀博覧会「ハッジへの道」の開幕式に参加…さらにサウジアラビアがイスラーム教とイスラーム教徒への奉仕に関して多大な努力を払っていることへの謝意を表明      【ダマスカス:本紙】      シリアの宗教関係省が発表した声明によると、ムハンマド・アブドゥッサッタール・サイイド宗教関係大臣とサウジアラビアのタウフィーク・ビン・ファウザーン・ラビーアハッジ・ウムラ大臣がジッダ市で行った会談のなかで、今年のダマスカスを起点とするハッジおよびウムラが実施されることが 全文をよむ

2024-01-09 ベルギー:副首相が南アの対イスラエルジェノサイド訴訟に続くよう政府に提案へ (al-Quds al-Arabi紙)

■ベルギーの副首相:イスラエルの審理について自国政府に提案を行うだろう      【ブリュッセル:アナトリア通信】      ベルギーの副首相であるペトラ・ド・ズッター氏は、ガザで起こっているイスラエルによる「ジェノサイド」の脅威に対し、ベルギーが黙って見過ごすことはできないと述べた。      同氏はまた、ハーグの国際司法裁判所にイスラエル政府を相手どって訴訟を起こした南アフリカのあとに続くよう自国政府に対して提案することを強調した。      連立与党の一端を担うフランダース緑の党の代表であ 全文をよむ

2024-01-09 ヨルダン:イスラエルによる戦争拡大を懸念 (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダン:ネタニヤフ首相が地域をより広範な戦争に引きずり込むことは許されない      【アンマン:ロイター通信】      ヨルダンのアイマン・サファディー外相は月曜日、「イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が中東をより広範な地域戦争に引きずり込むことを許すことは国際社会として容認できない」と述べた。      ある公式メディアは、サファディー外相がフランスのカトリーヌ・コロンナ外相との電話会談で、「戦争拡大の危険性が、イスラエルがガザに加える殺戮と破壊が続くにつれて日ごとに増大している」 全文をよむ

2024-01-07 エジプト:ミニヤー県で「祖国の未来」党による毛布配布イニシアティブが始動 (Al-Ahram紙)

【中東通信社】      ミニヤー県の「祖国の未来」党事務局は、同県の党事務局長を務めるモハメド・ナシュアトゥルウムダ国会議員の監督の下、県の村、集落、施設、地区で「暖かい冬」プロジェクトを立ち上げ、6000枚の毛布を配布した。      フサーム・ジーダーン広報事務局長は声明で、「このイニシアティブはミニヤー県民の最も困窮している家族を対象とし、毛布を提供・配布することで彼らを厳しい冬の寒さから解放する」と述べた。      さらに、同氏は「このイニシアティブは、『祖国の未来』党の公共政策の一 全文をよむ

2024-01-07 エジプト:コプト総主教、ガザにおける集団殺戮を阻むために祈る (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトのコプト総主教:「ガザでの集団殺戮を阻むために祈る」      【カイロ:アナトリア通信】      エジプトのコプト総主教タワドロス2世は、「世界の良心が目覚め、ガザ地区で目撃されている集団殺戮を阻むために祈る」と述べた。      エジプトの国営通信社(MENA)が報じたところによると、これは首都カイロ東部の新行政首都にあるキリスト降誕大聖堂で行われたクリスマスの聖体礼儀の説教中の発言だという。      総主教タワドロス2世は聖体礼儀の説教で、「私たちは愛するエジプトの平和のため 全文をよむ

2024-01-06 ガザ:パレスチナ人拘束者数が5,680人まで増加 (al-Quds al-Arabi紙)

■10月7日以来、パレスチナ人拘束者の数が5,680人まで増加      【ラマッラー:アナトリア通信】      金曜日の夜から土曜日の夜までにあらたに20人のパレスチナ人が拘束されたことで、イスラエル軍が昨年10月7日以降ヨルダン川西岸で拘束したパレスチナ人の数は56,780人まで増加した。       これは、パレスチナ拘束者・元拘束者問題局(政府系)とパレスチナ拘束者協会(非政府系)の共同声明によって明らかにされた。       両団体は「昨年の10月7日以降の拘束者の合計は、自宅で拘束 全文をよむ

2024-01-06 パレスチナ:3人の有名な外国人歌手がパレスチナとガザの子供たちのために歌う(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■3人の外国人歌手がパレスチナとガザの子供たちのために歌う      【ロサンゼルス:本紙】      一方、ノルウェー人歌手オーロラは、パレスチナの解放を求める有名な讃美歌にちなんで、「川から海へ」というフレーズを含む歌をパレスチナの人々に捧げた。原曲は「子どもの目を通して」という曲であり、 すべてのストリーミングプ・ラットフォームで聞けるが、オーロラはガザへの寄付を集めるチャリティー・コンサートでこの曲を歌い、特にパレスチナに関連した言葉を含むように歌詞を変更した。      なお、オーロ 全文をよむ

2024-01-06 パレスチナ:3人の有名な外国人歌手がパレスチナとガザの子供たちのために歌う(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■3人の外国人歌手がパレスチナとガザの子供たちのために歌う      【ロサンゼルス:本紙】      ガザとパレスチナ全土でシオニスト占領軍(注:イスラエル軍のこと)が行った虐殺に対し、西側諸国で標的にされているにもかかわらず、多くの世界的なアーティストやスターがパレスチナ人民と連帯し続けている。      最近、それぞれが独自のアーティストらしいアプローチで表現する3人のスターが登場した。彼ら3人の中には、メリッサ・バレラやジェナ・オルテガのようにソーシャルネットワーキングサイトで啓蒙し続け 全文をよむ

2024-01-05 レバノン:ヒズブッラー書記長がアールーリー氏の暗殺に対する報復を必ず行うと強調(4) (Al-Nahar紙)

■ナスルッラー・ヒズブッラー書記長:アールーリー氏の暗殺に対する報復は必ず行われ、交渉はガザ侵攻を止めた後となるだろう      【ベイルート:本紙】      同氏は、北部の入植者や彼らのうちの避難民がイスラエル政府へガザへの侵攻を止めるよう働きかけることが解決策であり、他にどのような選択がとられたとしても、北部の入植者にさらに重い代償がもたらされるだけであるとした。また同氏は、「ガザを敗北させた後にイスラエルが目指すのは南部リーターニー戦線を打ち破ることであり、我々の戦いとはレバノンとガザに 全文をよむ

2024-01-05 レバノン:ヒズブッラー書記長がアールーリー氏の暗殺に対する報復を必ず行うと強調(3) (Al-Nahar紙)

■ナスルッラー・ヒズブッラー書記長:アールーリー氏の暗殺に対する報復は必ず行われ、交渉はガザ侵攻を止めた後となるだろう      【ベイルート:本紙】      さらに同氏は、イスラエル軍は心理戦の一環として自軍の被害を隠蔽しているとし、10月7日以降同軍で負傷した兵士の数は1万2000人にのぼると付言した。また統計では、北部戦線で2,000人の負傷者が存在し、その多くが厳しく絶望的な状況に置かれていることが指摘されている。      ナスルッラー氏は南部戦線の状況について肯定的に捉え、次のよう 全文をよむ

2024-01-05 レバノン:ヒズブッラー書記長がアールーリー氏の暗殺に対する報復を必ず行うと強調(2) (Al-Nahar紙)

■ナスルッラー・ヒズブッラー書記長:アールーリー氏の暗殺に対する報復は必ず行われ、交渉はガザ侵攻を止めた後となるだろう      【ベイルート:本紙】      ナスルッラー氏は、ムハンマド・ヤーギー氏の葬儀に際して次のように述べた。「10月8日から我々は、100km以上に及ぶ南部戦線においてイスラエルと戦争状態に突入した。こうした段階において、市民への攻撃の報復として、全ての国境沿い拠点や多数の後方拠点、またイスラエルの入植地が攻撃された。また抵抗運動は3か月にわたって670件に近い作戦を実施 全文をよむ

2024-01-05 レバノン:ヒズブッラー書記長がアールーリー氏の暗殺に対する報復を必ず行うと強調(1) (Al-Nahar紙)

■ナスルッラー・ヒズブッラー書記長:アールーリー氏の暗殺に対する報復は必ず行われ、交渉はガザ侵攻を止めた後となるだろう      【ベイルート:本紙】      ヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長は、南部ダーヒヤでハマースのサーリフ・アールーリー司令官が暗殺されたことを受け、これに対する報復を必ず行うと強調した。      ナスルッラー氏は次のように述べた。「レバノンの領土において軍事作戦を行うことは許されず、これは深刻で危険な侵犯行為である。これに対する報復や罰は必ず生じることだろう」。 全文をよむ

2024-01-05 モロッコ:ブーリータ外相「イスラエル・パレスチナ紛争の解決に向けた唯一の方法は交渉」 (al-Quds al-Arabi紙)

■モロッコ外務大臣「イスラエル・パレスチナ間の紛争を解決する唯一の方法は交渉である」      【ラバト:アナトリア通信】      モロッコは金曜日、イスラエルとパレスチナの紛争を解決する唯一の方法は交渉であると強調した。      これはモロッコの公正発展ブロック(イスラーム系反与党勢力)が「イスラエルがデモに参加する国民に向けている不道徳な演説方法」について投じた質問に対して、ナースィル・ブーリータ外務大臣が送付し、アナトリア通信がそのコピーを入手した書面回答のなかで述べられたものである。 全文をよむ

2024-01-05 トルコ:検察当局が「モサド」のスパイ容疑で34人を逮捕・起訴 (al-Quds al-Arabi紙)

■トルコ当局、イスラエル「モサド」のスパイ活動に関与した疑いで34人を起訴      【イスタンブール:アナドル通信社】      イスタンブールのトルコ検察は、イスラエルの対外諜報機関「モサド」の国際的スパイ活動に加担した疑いがあるとして34人を起訴した。      テロ・組織犯罪捜査局はこの四日間で容疑者たちの取り調べを終了した。      彼らは健康診断の後、イスタンブールの司法宮殿に身柄が移された。      イスタンブール検察のテロ対策局とトルコ国家情報機構(MIT)のそれぞれの捜査で 全文をよむ

2024-01-04 イラン:超保守紙、イスラエルを非難 (al-Quds al-Arabi紙)

イランの超保守紙、ケルマーンの爆発事件の責任はイスラエルにあるとし、迅速な報復を要求       【テヘラン:ドイツ通信社】      イランの超保守紙とされるカイハーン紙は社説記事で、米国に暗殺されたイランのカースィム・スレイマーニー少将の墓地近くで、暗殺から4年の式典に集まっていた数十人が死亡した、イスラエルによる攻撃を非難した。       今日木曜日の同社説は、「シオニストが爆破テロに関わっている」と推定される多くの理由があると論じた。       そして同記事は迅速な報復を求め、報復の 全文をよむ

2024-01-02 リビア:大ムフティーが米国政権のボイコットを要求(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■リビアの大ムフティーがイスラエル支援を理由に米国政権のボイコットを要求      【ロンドン:本紙】      さらに「米国の支援を受けるイスラエルの、ガザおよびパレスチナに対する侵攻が終わり、飢えに苦しみ貧困や窮乏で亡くなっているガザの人々への食料や医薬品、救援の運搬が許可されるまで、このボイコットを続けなければならない」と強調した。      さらに同師は、ガザで起きている残忍な行為や犯罪などに対する沈黙が「不信心者への擁護」であると述べた。      ガルヤーニー師は、「イスラエル軍に対 全文をよむ

2024-01-02 ガザ:仏紙ライターがガザ戦争を長引かせることはイスラエルにとって「自殺行為」になるとの見解を示す (al-Quds al-Arabi紙)

■『ル・フィガロ』紙のライター:ガザ戦争を長引かせることや「侵略のシオニズム」は、イスラエルと西側諸国にとって自殺行為である      【パリ:本紙】      フランスの『ル・フィガロ』紙のライター、ルノー・ジラール氏は「イスラエルの自爆戦略」と題された自身の社説のなかで、イスラエル政府が繰り返している「ガザのパレスチナ人はハマースの人質であり、同運動はガザ地区の住民と民主的に協議する苦労を負うことはなかった」という言葉は、「面積が365平方キロメートルにおよび、200万人のパレスチナ人が住み 全文をよむ

2024-01-02 リビア:大ムフティーが米国政権のボイコットを要求(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■リビアの大ムフティーがイスラエル支援を理由に米国政権のボイコットを要求      【ロンドン:本紙】      リビアの大ムフティーであるサーディク・ガルヤーニー師は、イスラエルがガザ地区で行っている戦争に関して同国を支援していること理由に、米国政権のボイコットを求めた。      ガルヤーニー師は、イスラーム教徒の統治者や市民にとって「米国が犯罪者の支援をやめるまで、同国をボイコットすることが法的義務である」と述べた。      さらに「ガザで起きている、このような残忍さ、凶悪さ、犯罪をとも 全文をよむ

2024-01-01 ソマリア:エチオピアによるソマリランドの国家承認を「主権侵害」として非難(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ソマリアの政治家ら:ソマリランドとエチオピアの合意は主権の侵害である      【モガディシュ:アナトリア通信】      この文脈のなかで、ソマリアのマハメド・フセーン・ローブレ元首相やハサン・アリ・ハイレ元首相、シャリーフ・シェーフ・アフメド元大統領らはこの合意を非難し、「国家の主権への侵害を意味する」と強調した。またローブレ氏はエチオピア政府の行動が「驚異的で恥ずべきである」と指摘した。      この覚書がソマリアとソマリランドの間で交渉が再開された数日後に締結されたものであることは特 全文をよむ

2024-01-01 ソマリア:エチオピアによるソマリランドの国家承認を「主権侵害」として非難(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ソマリアの政治家ら:ソマリランドとエチオピアの合意は主権の侵害である      【モガディシュ:アナトリア通信】      ソマリアの政治家らは水曜、エチオピアが「ソマリランド」地方と締結した港湾に関する合意について「ソマリアの主権への侵害を意味する」と強調した。      月曜の早朝、エチオピアはソマリアの地方行政と国家承認の了解覚書に署名した。この覚書は「紅海における海軍の拠点の設置と港湾の拡張」ための経路を開くものである。      この覚書によりエチオピアは沖合での商業的・軍事的活動が 全文をよむ

2023-12-30 レバノン:南部で発生した衝突によりヒズブッラーの戦闘員4人が犠牲に(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■レバノン南部でヒズブッラーとイスラエル占領軍の衝突が発生し、前者の4人が犠牲に      【ベイルート:アナトリア通信】      アナトリア通信によると、イスラエル軍の攻撃の範囲はレバノン南部のハームール渓谷とナークーラ町のほか、タイル・ハルファ町とジャッバイン町の周辺区域にもおよんだというという。      一方イスラエル軍のラジオ局は、「ヒズブッラーのドローン2機がドヴ山地域の空き地に墜落した」と報じたが、これによる死傷者や事件の詳細については触れなかった。      ヘブライ語新聞『イ 全文をよむ

2023-12-30 レバノン:南部で発生した衝突によりヒズブッラーの戦闘員4人が犠牲に(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■レバノン南部でヒズブッラーとイスラエル占領軍の衝突が発生し、前者の4人が犠牲に      【ベイルート:アナトリア通信】      ヒズブッラーは土曜日、レバノン南部国境でのイスラエル占領軍との衝突で戦闘員4人が犠牲になり、これにより今年10月8日以来の死者数が計133人となったと発表した。      同組織は「ベカー県のカルハ町出身のハサン・アクラム・ムーサウィー氏、ベカー県カラク町のハイダル・ムハンマド・マザーウィー氏、ベカー県ハラブタ町のラカーン・サイフッディーン氏、そしてベカー県ハイ・ 全文をよむ

2023-12-29 アルジェリア:少将ハレド・ニザール氏の死 (al-Quds al-Arabi紙)

■スイスでの裁判の公判日にアルジェリア人少将ハーリド・ニザール氏が息を引き取る      【アルジェ:本紙】      アルジェリアのハーリド・ニザール元国防相が86歳で死去したと、ニザール氏の息子が所有するウェブサイト "Algerie Patriotic "が発表した。ニザール氏はアルジェリア国内で物議を醸した人物であり、特に1990年代初頭の治安危機において決定的な役割を果たしたことから、彼の人物像については意見が大きく分かれている。      運命的なことに、ニザールの氏の死は、スイスの 全文をよむ

2023-12-29 南アフリカ:イスラエルをICJに提訴 (al-Quds al-Arabi紙)

■南アフリカがガザ地区でのジェノサイド行為についてイスラエルを国際司法裁判所(ICJ)に提訴(ポスト)      【ハーグ:諸通信社】      ICJが金曜日に公表したところによると、南アフリカはICJに対し、同国がガザ地区の「パレスチナ人へのジェノサイド行為」と評する行為について、イスラエルに対する措置を始めるよう要請したという。      ICJは声明において、南アフリカが「イスラエルの行動およびその不作為は、ジェノサイドの様相を帯びている。なぜなら、ガザのパレスチナ人をより広範な国民的・ 全文をよむ

2023-12-29 アルジェリア:パレスチナ人を支援する連合結成の呼びかけ (al-Quds al-Arabi紙)

■アルジェリア..イスラーム政党がパレスチナ人の抵抗運動を支援する「国際連合」を呼びかけ      【アルジェリア:アナトリア通信】      アルジェリア:アルジェリアの「平和のための社会運動(MSP)」は木曜日、ガザでの戦争を止めガザ地区の住民を救助するため、パレスチナでの抵抗運動を支援する国々による「国際連合」の結成を呼びかけた。      このことは、アルジェリア最大のイスラーム政党とされる同運動が執行部会議の直後に発表した声明で述べられ、アナトリア通信はこれを検討した。       同 全文をよむ

2023-12-28 シリア:ミクダード外務在外居住者大臣が駐シリア・パレスチナ大使と会談 (al-Watan紙)

■ミクダード外務在外居住者大臣がリファーイー駐シリア・パレスチナ大使と会談…「パレスチナ人に対するシオニスト清算政策の阻止を目指して全てのアラブ諸国が一丸となる必要性を満たすために」、シリアはパレスチナの同胞たちの側に立つ      【ダマスカス:本紙】      ファイサル・ミクダード外務在外居住者大臣は昨日、サミール・リファーイー駐シリア・パレスチナ大使と会談した。その際ミクダード氏は、自国が「シオニスト政体が行っている戦争犯罪と人道に対する罪に対応し、パレスチナ人に対するシオニスト清算政策 全文をよむ

2023-12-28 レバノン:国連レバノン暫定隊を対象とする2つの襲撃事件が発生(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■レバノンで国連レバノン暫定隊に対象とする2つの事件…オーストラリアは自国民の1人がイスラエルの攻撃で死亡したのち、この人物とヒズブッラーの関係を捜査      【ベイルート:本紙】      マーク・ドレイファス代理外務大臣は記者会見で、「我々はヒズブッラーが関係を主張するこの人物に関する捜査を続けていく」と述べ、「ヒズブッラーはこのオーストラリア人が自組織の戦闘員の1人だと明らかにした」と付け加えた。      ドレイファス氏は、「ヒズブッラーはオーストラリアでテロ組織に分類されており、この 全文をよむ

2023-12-28 レバノン:国連レバノン暫定隊を対象とする2つの襲撃事件が発生(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■レバノンで国連レバノン暫定隊に対象とする2つの事件…オーストラリアは自国民の1人がイスラエルの攻撃で死亡したのち、この人物とヒズブッラーの関係を捜査      【ベイルート:本紙】      この声明が発表されたのち、カフラキラー村で若者らと、フランス人部隊からのパトロール隊の間で第2の事件が発生した。この際パトロール隊の車両が鉄の棒で殴打されたために、彼らは撤退を余儀なくされた。      UNIFILと住民らの間で発生したこれら2つの事件は初めてではなく、同様の事件はこれまでにも幾度となく 全文をよむ

2023-12-28 エジプト:エジプトの病院がラファフ検問所を介して2万人を超えるパレスチナ人負傷者を受け入れ(2) (Al-Ahram紙)

■上院保健委員長:ラファフ検問所は人道回廊へと変わった      【本紙:ムハンマド・アリー・サイード】      ハーリド・アブドゥルガファール保健・人口大臣は、ガザの事件におけるパレスチナ人負傷者の援助にかかわる国際諸組織との協力・調整のもとで保健省が払った努力について明らかにし、エジプトの病院ではこれまで2万人を超える患者が受け入れられていると指摘した。      同大臣は、パレスチナ人負傷者の受け入れに割り当てられた病院の数について検討し、計25の病院がガザからの負傷者を受け入れており、 全文をよむ

2023-12-28 エジプト:UAE・イスラエル間の陸橋協定に与するエジプト企業が国民の怒りを買う (al-Quds al-Arabi紙)

■アラブ首長国連邦とイスラエル間の陸橋協定に与するエジプト企業がエジプト人の怒りを買う      【カイロ:本紙】      イスラエルと取引する企業に対しボイコットしようという民衆の要求が高まり、エジプトの反与党系勢力が1979年にイスラエルと結ばれた和平協定(メディアではキャンプ・デービッド協定として知られている)の破棄とQIZ協定の破棄を求めているなかで、エジプトの企業がアラブ首長国連邦とイスラエルの間の陸橋協定に参加した。      ヒシャーム・ヒルミーというエジプト人実業家が所有する「 全文をよむ

2023-12-28 エジプト:エジプトの病院がラファフ検問所を介して2万人を超えるパレスチナ人負傷者を受け入れ(1) (Al-Ahram紙)

■上院保健委員長:ラファフ検問所は人道回廊へと変わった      【本紙:ムハンマド・アリー・サイード】      上院の人口・保健委員会の委員長であるアリー・マフラーン博士は、エジプトの病院による2万人以上のパレスチナ人負傷者の受け入れは、パレスチナ人のなかの罪なき人々の生命保護に対するエジプト国家の願望を反映していると強調した。      マフラーン氏は報道声明のなかで、ラファフ検問所は、ガザ住民を支援するために集まったすべての救援団の合流場所となることで人道回廊へと変わったと説明し、またエ 全文をよむ

2023-12-27 フランス:ガザ攻撃強化に関するイスラエルの声明は「懸念すべき」 (al-Quds al-Arabi紙)

■フランス:ガザ攻撃強化に関するイスラエルの声明は「懸念すべき」      【パリ:アナトリア通信】      フランスは、ガザ攻撃の激化と長期化に関するイスラエル当局の声明に「深い」懸念を表明した。   フランス外務省は火曜日の声明で「ガザ地区では最近も計画的攻撃が続いており、多くの民間人が殺害されている」と指摘した。   そして「停戦につながる即時人道的休戦」を改めて呼びかけた。   また「国際人道法の原則は世界のいつでもどこでも民間人を保護する必要性を規定している」と強く述べた。      全文をよむ

2023-12-26 国連:イスラエルによるガザ中心部爆撃に「深い懸念」を表明 (al-Quds al-Arabi紙)

◾️国連はイスラエルによるガザ中心部への爆撃に「深い懸念」を表明      【ジュネーブ:諸通信社】      国連は火曜日(26日)、イスラエルによるガザ地区中心部への継続的な爆撃に「深い懸念」を表明し、イスラエル軍に対し、民間人を保護するために可能な限りあらゆる措置を講じるよう勧告した。      国連人権高等弁務官事務所のサイフ・マガンゴ報道官は声明で、「イスラエル軍によるガザ中心部への爆撃が続いていることを深く懸念している。(中略)すべての攻撃は『区別の原則』、『均衡性の原則』、『予防の 全文をよむ

2023-12-26 中国:ガザ停戦は「絶対的な優先事項」 (al-Quds al-Arabi紙)

■中国:ガザ停戦は「絶対的な優先事項」      【北京:諸通信社】      中国は月曜日、包囲されたパレスチナのガザ地区で停戦を実現することが、引き続き「絶対的な優先事項」であると述べた。      中国外務省の毛寧報道官は、ガザへの人道支援拡大に向けた緊急行動を求める国安理決議にコメントし、首都北京で行われた記者会見で「この決議は国際的な期待に完全には応えておらず、埋めなければならない溝がいくつもある」と述べた。      毛氏は続けて「パレスチナ現地の緊急事態を考慮し、中国は決議案に賛成 全文をよむ

2023-12-25 イエメン:国連特使の和平合意に関する報告にイエメン国内で反応さまざま(6) (al-Quds al-Arabi紙)

◼イエメン人は和平ロードマップに関する国連の声明をどう読んだのか      【アデン:アフマド・アグバリー、本紙】      「イエメン人は、自分たちのニーズや願望にそぐわない地域的・国際的外交的な働きかけを飲み込む能力を身につけたようだ。この問題を武力で解決しようとする意図は、いくら雄弁に語ろうとも存在し続ける」と付け加えた。      一方、ジャーナリストのアブドゥッラー・ドゥーブラ氏は、停戦自体は有意味だと考えている。彼は、「新しいロードマップに疑問をもつ人々へ、私はそれが石油資源の分配/ 全文をよむ

2023-12-25 イエメン:国連特使の和平合意に関する報告にイエメン国内で反応さまざま(5) (al-Quds al-Arabi紙)

◼イエメン人は和平ロードマップに関する国連の声明をどう読んだのか      【アデン:アフマド・アグバリー、本紙】      「全員が約束に達したが、合意の締結には至らなかった。ただの口約束に過ぎない。約束の具体的な中身は何なのか、いつまでに果たすのか、約束によってこれまでの停戦よりどれだけ進展するのか?誰も詳細を知らない。私たちの前にあるのは一般的な方式だ」と付け加えた。      「なぜ特使はこのニュースを発表したのか?彼は当事者の相互理解が最終段階になったことを証明し、イエメンの当事者たち 全文をよむ

2023-12-25 イエメン:国連特使の和平合意に関する報告にイエメン国内で反応さまざま(4) (al-Quds al-Arabi紙)

◼イエメン人は和平ロードマップに関する国連の声明をどう読んだのか      【アデン:アフマド・アグバリー、本紙】      ジャーナリストのアブドゥル・サラーム・ムハンマド氏はムワディウ氏とほぼ同意見だ。彼は今回の発表について「停戦の延長であって和平合意ではない。(全国の公務員への)給与の支払いを除く全ての合意事項は、将来への約束である。政府は、フダイダ港からの石油や天然ガスの輸入品にかかる関税とそれ以外の課税収入の他に、石油と天然ガスの販売で得た利益で、フーシ派達の給与分を無条件で支払わなけ 全文をよむ

2023-12-25 イスラエル:ガザ地区での戦争停止に向けたエジプトの提案を検討(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル戦時政府はガザ地区での戦闘停止に向けたエジプトの提案を検討      【テルアビブ:DPI通信】      サウジアラビアのニュースチャンネル「シャルク」は同日、事情に精通する複数筋の話として、エジプトの提案は戦争のいくつかの局面に分けて終結させることを規定していると報道じた。      この提案は第1段階において、少なくとも2週間の停戦を目標としていることを示している。この期間に、イスラエル人の人質40人が解放され、これと引き換えにイスラエルは120人のパレスチナ人を解放する。これ 全文をよむ

2023-12-25 イエメン:国連特使の和平合意に関する報告にイエメン国内で反応さまざま(3) (al-Quds al-Arabi紙)

◼イエメン人は和平ロードマップに関する国連の声明をどう読んだのか      【アデン:アフマド・アグバリー、本紙】      そして、「フーシ派は、今回の同意がフーシ派とサウジアラビアとの間で行われることに固執していたが、サウジアラビアはこれを拒否している。というのも、サウジアラビアがフーシ派のこの要望を受け入れることは、フーシ派が主体となっている国際化したイエメン内戦の渦中にあることを認め、受け入れたことになるからだ。そのため、サウジアラビアは、この停戦合意はイエメンの当事者間交わされるべきで 全文をよむ

2023-12-25 バアス党党選挙についてアサド大統領が選挙監視委員会と会合 (al-Watan紙)

■党選挙監視最高委員会のメンバーと会合・・・アサド大統領:完全な独立性と絶対的な中立性      【ダマスカス:本紙】      アラブ社会主義復興党(バアス党)の書記長であるバッシャール・アサド大統領は、準備段階であれ選挙中であれ結果が出るまでの選挙プロセスのすべての段階において、その使命の遂行における党選挙監視最高委員会の独立性と絶対的な中立性を強調した。      アサド大統領は昨日の同委員会のメンバーとの会合の間、同委員会の役割は党が公式ウェブサイトで言明している通り、党幹部や党員の期待 全文をよむ

2023-12-25 イエメン:国連特使の和平合意に関する報告にイエメン国内で反応さまざま(2) (al-Quds al-Arabi紙)

◼イエメン人は和平ロードマップに関する国連の声明をどう読んだのか      【アデン:アフマド・アグバリー、本紙】      ビン・ラズルク編集長は、「きわめて率直に言えば、サヌアであれアデンであれ、イエメン全土の人々には最早、いかなる武力戦闘を続けるだけの力は残っていない。国民の疲弊は限界に達している。彼らは他のすべての国家や民族と同じように安楽に暮らしたいと望んでいる。したがって、イエメンの本当の闘いは、健康で安全な生活を提供することであり、それ以外の何物でもない」と言い放った。      全文をよむ

2023-12-25 イエメン:国連特使の和平合意に関する報告にイエメン国内で反応さまざま(1) (al-Quds al-Arabi紙)

◼イエメン人は和平ロードマップに関する国連の声明をどう読んだのか      【アデン:アフマド・アグバリー、本紙】      国連(のグランドバーグ・イエメン担当特使)は土曜日、「イエメンの紛争当事者は和平ロードマップに盛り込まれる包括的なプロセスに取り組むことで合意した」と発表した。この声明は、イエメン国内で様々な反響を呼んだ。楽観的な見方、疑問視する声、否定する意見などに混じって、サイレント・マジョリティ(物言わぬ多数派)は、ここ数年何ら進展もないまま交渉が頓挫し、和平諸合意が崩壊して、生活 全文をよむ

2023-12-25 イスラエル:ガザ地区での戦争停止に向けたエジプトの提案を検討(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル戦時政府はガザ地区での戦闘停止に向けたエジプトの提案を検討      【テルアビブ:DPI通信】      イスラエルの『エルサレム・ポスト』紙が報じたところによると、イスラエルの戦時政府は、ガザ地区での戦争停止に向けたエジプトの提案を来週月曜日中に検討することを決定している。      また昨日日曜日の深夜には、『タイムズ・オブ・イスラエル』紙は、「イスラエルの高官らは、エジプトが、停戦とガザ地区で拘束されているイスラエル人のさらなる解放に向けた新たな提案を提示したことを明らかにし 全文をよむ

2023-12-25 モロッコ:モロッコ海軍、西サハラ沖で非正規移民を保護 (al-Quds al-Arabi紙)

■モロッコ海軍、非正規移民57人を乗せたボートを阻止      【ラバト:アナドル通信社】      モロッコ海軍は日曜日、モロッコ南部ダフラ市の沿岸で、サブサハラ・アフリカ地域からの非正規移民57人を保護した。      王立軍最高司令部(軍)は声明で、「王立海軍の艦艇が日曜日、ダフラ市の南西約70km沖で、疲労困憊状態の女性4人を含むサブサハラ・アフリカ地域からの非正規移民57人を乗せたボートを阻止した」と発表した。      声明によると、そのボートはスペイン領カナリア諸島に向かっていたと 全文をよむ

2023-12-24 フランス:野党議員がイスラエル軍に所属するフランス人兵士を刑事告訴 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル軍のフランス出身兵士に対する刑事告訴      【パリ:アナドル通信社】      フランスの極左政党「不服従のフランス(LFI)」のトーマス・ポルト議員は、イスラエル軍に所属するフランス出身の兵士4,185人を、ガザにおける人道に対する罪と戦争犯罪の共謀容疑で刑事告訴した。      ポルト議員は土曜日、ソーシャルメディア『X』の自身のアカウント上で、イスラエル軍がガザ地区とヨルダン川西岸地区で犯した罪の重さに言及した。      フランスの野党議員(であるポルト氏)は、ガザ地区と 全文をよむ

2023-12-21 イスラエル外務大臣が、ハマース指導者の暗殺について言及 (al-Quds al-Arabi紙)

イスラエル外務大臣:マシュアルとハニーヤは暗殺されるだろう…「彼らは自然死することはない」      【エルサレム:アナトリア通信】      イスラエルのエリ・コーへン外相は水曜午後、「イスラエルはハマースの指導者イスマーイール・ハニーヤとハーリド・マシュアルの殺害を遂行する」と述べた。      ハニーヤ氏はハマースの政治局長、マシュアル氏はハマースの海外での責任者で、両氏ともカタールに住んでいる。      コーへン外相はイスラエルの放送局チャンネル13に対し、「イスラエルはマシュアルとハ 全文をよむ

2023-12-20 エジプト:エジプトとエチオピアがルネサンスダム交渉の失敗をめぐって非難を応酬(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトとエチオピアがルネサンスダム交渉の失敗に関する非難を応酬      【カイロ:本紙】      地理学と水資源の専門家であるカイロ大学のアッバース・シャラーキー博士は以前から交渉の失敗を予想していたが、「エチオピアは以前の合意に逆戻りし、交渉を再びゼロに戻した」と述べた。      シャラーキー氏はテレビ中継で、「エチオピアはルネサンスダムの貯水に近づき、410億立法メートルの水を充填した」と加えた。      そしてルネサンスダムが既成事実になった後で、エチオピアが新たなダムの建設に 全文をよむ

2023-12-20 エジプト:エジプトとエチオピアがルネサンスダム交渉の失敗をめぐって非難を応酬(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトとエチオピアがルネサンスダム交渉の失敗に関する非難を応酬      【カイロ:本紙】      同省は声明で次のように続けた。「現場に現状を固定化させ、国際法から切り離されたかたちで、ナイル川河口の2か国から青ナイルにおけるエチオピアの絶対的な支配に関する同意文書を引き出すことを目的とした交渉を行うために、交渉というカバーを悪用し続けるというエチオピア側の決意が明らかなものとなった」。      声明は次のように締めくくられている。「こうしたエチオピアの立場を鑑みると、交渉の道筋はすで 全文をよむ

2023-12-20 エジプト:エジプトとエチオピアがルネサンスダム交渉の失敗をめぐって非難を応酬(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトとエチオピアがルネサンスダム交渉の失敗に関する非難を応酬      【カイロ:本紙】      エジプトとエチオピアは、今週アディスアベバで行われたルネサンスダム交渉ラウンドの失敗に関して互いを非難した。      エチオピア外務省は声明で、エジプト側が会談のなかでエチオピア側の立場を「曲解している」と述べ、エジプトが接近の努力の前に障壁を置いているとして非難した。      エチオピアは「エジプト側は譲歩を行う準備ができていない」としつつ、自国が「交渉を通じた、3か国(エチオピア、エ 全文をよむ

2023-12-19 イエメン:フースィー派が米国主導の多国籍海軍についての声明を発表(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■フースィー派高官:米国主導の多国籍軍の結成によって我々のガザに対する立場は変化しない      【諸通信社】      さらに「米国主導の有志連合は、根拠を一切欠いたままにイスラエルの保護、海上の武装化を目指すものであり、イエメンがガザ地区支援のための正当な作戦を継続するのを中断させるものではない」と付言した。      「さらに米国は同盟を結ぶことによって、あるいは同盟を欠いたままにイスラエルを支援することを自らに許した。この地域の人々はパレスチナ人を支援するにあたって完全な正当性を有してい 全文をよむ

2023-12-19 イエメン:フースィー派が米国主導の多国籍海軍についての声明を発表(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■フースィー派高官:米国主導の多国籍軍の結成によって我々のガザに対する立場は変化しない      【諸通信社】      フースィー派のムハンマド・アブドゥッサラーム主席交渉官は、同派は、紅海での航行保護を目的とする多国籍海軍が結成されたことを理由に、ガザ地区での戦闘に対する立場を変えるつもりはないと述べた。      アブドゥッサラーム氏は、米国主導の多国籍軍は「基本的に不要」であり、イエメン沿いの海域は、イスラエル船と同国へ向かう船を除くすべての人々にとって安全であると述べた。またこの例外の 全文をよむ

2023-12-18 スーダン:「市民民主勢力調整」が会議開催-戦争終結と民主主義実現に向けて (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダン:「民主勢力調整」は戦争地域の拡大を警告、軍当事者に対し理性の声の優先を求める      【ハルツーム:ミーアード・ムバーラク、本紙】      スーダンの広範な民主連合「市民民主勢力調整(タカッドゥム)」は昨日日曜日、ケニアの首都ナイロビで、今年4月中旬にスーダン国内で発生した内戦の悲惨な経緯について協議した。      タカッドゥムの執行委員会によると、4日間にわたるこの会議では、本連合の「設立会議」開催に向けての詳細な取り決め合意、戦場及び政治レベルにおける紛争の現状、市民生活へ 全文をよむ

2023-12-16 クウェート:ナワーフ首長が86歳で死去 (al-Quds al-Arabi紙)

■クウェートの首長府担当大臣は同国のナワーフ・アフマド・ジャービル・サバーフ首長が86歳で死去したと発表      【ロンドン:本紙】      クウェートの首長府担当大臣は、同国のナワーフ・アフマド・ジャービル・サバーフ首長が86歳で死去したと発表した。      同大臣は数時間前に、国営テレビで放送された声明で次のように述べた。「クウェート国民、アラブ諸国、イスラーム諸国、そして世界の友好的な人民の皆様へ、大きな悲しみとともに、本日土曜日、至高なる神の赦しのもとで逝去されたナワーフ・アフマド 全文をよむ

2023-12-16 クウェート:ナワーフ・アフマド・サバーフ首長の死去..そして皇太子が後を継ぐ発表 (al-Quds al-Arabi紙)

ロンドン【クドゥス・アラビー】       クウェイトの首長府担当相はクウェイト国のナワーフ・アフマド・ジャービル・サバーフ首長が86歳で死去したと発表した。       少し前、首長府担当相は公式のテレビ上での声明で、「大きな悲しみと悲痛と共に、クウェイト人民、アラブ・イスラーム両共同体、そして世界の友好的諸人民に、土曜日に神のおそばに召された故人のナワーフ・アフマド・ジャービル・サバーフ首長閣下の逝去をお知らせする」と述べた。       クウェイトのテレビはこのニュースが発表される前、既に 全文をよむ

2023-12-15 レバノン:レバノンの産業大臣がモロッコを訪問、アラブ諸国間の産業における相互交流と統合の重要性を強調 (Al-Nahar紙)

プーシキンはモロッコへの訪問を終える:統合と相互交流は工業の発展と進展の基盤である      【n.p.:本紙】      選挙管理政府の産業大臣であるジョージ・ブーシキヤーン議員がモロッコへの公式訪問を終えた。「ESCWA」がマラケシュで主催した、ビジネスの探求や中小企業のプロジェクトのためのアラブサミット「忍耐から繁栄へ」にレバノン代表として出席した。      同氏は訪問の最後にモロッコの首都ラバトを訪れ、ズィヤード・アータッラー駐モロッコ・レバノン大使の臨席のもと、アラブ産業・鉱業開発機 全文をよむ

2023-12-13 イエメン:正統政府は、紅海の船舶保護のための新たな有志連合への参加を否定(4) (al-Quds al-Arabi紙)

■イエメン政府は新たな有志連合への参加を否定する      【アデン:本紙】      月曜日(11日)には、フーシー派はノルウェー籍の石油タンカーをミサイルで攻撃している。この石油タンカーは紅海のイエメン沖、バーブルマンデブ海峡近海を航行中だった。      フーシー派はこれまで、イスラエル南部へ向けてミサイルやドローンによる連続攻撃を行ったほか、続けて紅海上で船舶に対する攻撃も開始した。この船舶への攻撃は、フーシー派が当該船舶はイスラエルのものである、あるいはイスラエルに向かっていると語る船 全文をよむ

2023-12-13 イエメン:正統政府は、紅海の船舶保護のための新たな有志連合への参加を否定(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■イエメン政府は新たな有志連合への参加を否定する      【アデン:本紙】      水曜(13日)、紅海では2つの別の事件が発生したが、2隻の船は直接攻撃を免れた。      AP通信によると、イエメン国内のフーシー派が支配する地域から、バーブルマンデブ海峡付近を航行中のタンカーを狙って2発のミサイルが発射されたが、命中しなかったとアメリカの関係者が明かした。なお、このタンカーはインドを出発し、航空機の燃料を運搬していた。      またロイター通信は、イギリスの海上警備会社であるエンブリー 全文をよむ

2023-12-13 イエメン:正統政府は、紅海の船舶保護のための新たな有志連合への参加を否定(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イエメン政府は新たな有志連合への参加を否定する      【アデン:本紙】      ≪紅海を航行する2隻のタンカーを攻撃、一方でアメリカの駆逐艦はフーシー派のドローンを撃墜≫      さらに同情報筋は、イエメン共和国が原則的に、また揺るぐことなくパレスチナ国民側に立って、彼らの自衛権および主権を有する独立国家の樹立の権利に寄り添う立場にあることを強調した。      この報道は火曜(12日)、政府の情報筋の話だとして広まり、既にイエメン界隈の中で多数の反応を引き起こした。このような状況の中 全文をよむ

2023-12-13 イエメン:正統政府は、紅海の船舶保護のための新たな有志連合への参加を否定(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イエメン政府は新たな有志連合への参加を否定する      【アデン:本紙】      紅海の船舶保護を目的とした新たな有志連合について、国際的に承認されたイエメン政府も参加に同意したと報道されていたが、同政府は火曜(12日)夜、この報道を否定した。      新たな有志連合について、「紅海航路はイラン政府の支援を受けたフーシー派の民兵によるテロ攻撃を受けており、この航路の保護を目的とした新たな有志連合にイエメン政府も参加する」という報道が広まっていた。しかし政府系の報道機関は、イエメン国防省の 全文をよむ

2023-12-13 イスラエル:ネタニヤフ首相が「ポスト・ハマース」に関して米大統領と見解の相違があることを認める (al-Quds al-Arabi紙)

ネタニヤフ首相は「ポスト・ハマース」に関するバイデン大統領との食い違いを認める      【テルアビブ:アナトリア通信】      イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は火曜日、ガザでの戦争終結後の「ポスト・ハマース」の段階に関して、アメリカのジョー・バイデン大統領と意見の食い違いがあることを認めた。      ネタニヤフ首相は書面による声明の中で「ハマースを殲滅し、人質を取り戻すためのアメリカの支援に深く感謝している」と述べた。      さらに、「バイデン大統領及び彼の陣営との綿密な議論を 全文をよむ

2023-12-12 米国:ガザの停戦を呼びかける安保理決議に対する米国の拒否権行使へのデモ (al-Quds al-Arabi紙)

■ニューヨーク…ガザの停戦に対する米国の「拒否権」に抗議するスタンディングデモ      【ニューヨーク:アナトリア通信】      ニューヨークの米国国連代表部の建物の前でスタンディングデモが発生した。これは、安保理におけるガザ地区での人道的停戦を求める決議案に対して米国が数日前に拒否権を行使したことに抗議するデモである。      米国のリベラル派、正統派ユダヤ教徒を含む抗議者は火曜日(12日)、国際機関の米国代表部の建物前に集まった。      抗議者らは、パレスチナ国旗と、「占領をやめろ 全文をよむ

2023-12-11 ガザ:占領政体は虐殺を続け、避難民を収容する学校を襲撃 (al-Quds al-Arabi紙)

■占領政体は虐殺を続け、避難民を収容する学校を襲撃したうえに病院を包囲      【ニューヨーク:アナトリア通信】      イスラエル占領政体は昨日月曜日、ガザ住民の虐殺を続けた。もっとも残虐なものはヌサイラート難民キャンプに対して行われたものであり、そこでは占領政体が住宅を破壊した。侵略が始まって以来、犠牲者の数は18,205人に達した一方で、イスラエル軍は避難民を収容する多くの学校を襲撃し、複数の病院を包囲した。また占領政体の戦闘員らが行った爆撃はガザ地区中心部にある居住用建物を標的とし、 全文をよむ

2023-12-11 エジプト:大統領選でアーティストが二重投票 (al-Quds al-Arabi紙)

■国家選挙管理局が、大統領選挙でアーティストのレブレバさんが2回投票した件についての捜査を付託      【カイロ:ターミル・ヒンダーウィー、本紙】      エジプト国家選挙管理局(以下「管理局」とする)は、歌手で女優のレブレバさんが大統領選挙で2回投票した件の捜査を付託した、というのも彼女が12月6日に滞在先のサウジアラビアで投票し、日曜日に再び投票したからである。      管理局は、大統領選挙で一人の女性有権者が2回投票したことを監視・確認したと発表した。そして当該有権者がエジプト国内で 全文をよむ

2023-12-11 イスラエルの侵略を阻止するためのストライキ (al-Quds al-Arabi紙)

■ガザに連帯し、イスラエルの攻撃を阻止するための大規模なストライキを世界中で実施      【ロンドン:本紙】      本日月曜日、活動家たちはソーシャルメディア上で、ガザに連帯するための大規模なストライキに参加するよう、動員強化を呼びかけた。      拡散された呼びかけの詳細によると、ストライキの参加者は自分の乗り物を使わず、買い物もせず、支払いの際にはクレジットカードも使わないように、とのことである。      また、この世界的なストライキを組織した人たちは、月曜日に学校や大学へ行かない 全文をよむ

2023-12-10 パレスチナ:イスラエルによるガザでの民間人拘束を裏付ける報告書(2) (Al-Nahar紙)

■衣服を奪われ、行方は不明…イスラエルによるガザでの民間人拘束を裏付ける報告書      【AFP通信】      同紙はまた、ガザ地区北部の住民であるヤースィル・イルヤーンさんの証言として、同氏が「息子のよう」とみなしていたアフマド・ラフマーンさん(20歳)を最後に見たのは、11月20日に家族がバイト・ラーヒヤーから南方に避難している最中であったと述べた。ラフマーンさんは検問所に到着した際に尋問を求められ、イルヤーンさんはそれ以降彼を見ることはなかったという。その後家族は彼を数時間にわたって待 全文をよむ

2023-12-10 パレスチナ:イスラエルによるガザでの民間人拘束を裏付ける報告書(1) (Al-Nahar紙)

■衣服を奪われ、行方は不明…イスラエルによるガザでの民間人拘束を裏付ける報告書      【AFP通信】      行方不明者の家族の証言や、人権団体による複数の報告書によると、イスラエル軍は過去2か月間で、ガザ地区で複数のパレスチナ民間人を拘束した。またこれらのソースは現在までに、彼ら民間人が拘束されている場所や、拘束の根拠となった容疑を含む彼らの拘留状況の詳細についていかなる情報も得られていないことを明らかにした。      被拘束者らの親戚は『ワシントン・ポスト』紙による一連のインタビュー 全文をよむ

2023-12-09 ガザ:WHO執行理事会加盟国がイスラエルに人道的義務を履行するよう求める決議草案を提出(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■世界保健機関の決議草案がイスラエルに対しガザにおける人道的義務を尊重するよう求める      【AFP通信】      決議案は「占領当局」に対し、「活動が医療に限定されているすべての医療従事者および人道支援従事者のほか、彼らの輸送手段、設備、病院やその他の医療施設の尊重・保護を保証」するよう求めている。また、「占領当局に対し、医療従事者や人道活動従事者の、中断のない、秩序ある、自由で安全な、妨げられない通行を促進すること」も求めている。また、国際社会に対し「WHOの保健プログラムの緊急および 全文をよむ

2023-12-09 イラクのカターイブ・ヒズブッラーはアメリカ軍への一層の攻撃実行で脅迫する (al-Quds al-Arabi紙)

    イラクのカターイブ・ヒズブッラーの治安責任者は、同部隊は地域のアメリカ軍に対する一層の攻撃を実施すると脅迫し、昨日金曜日(8日)のアメリカ権益への攻撃は、新たな交戦規定の始まりに過ぎなかったと表明したと述べた。       このイランからの支援を受ける団体は、昨日金曜日のバグダードのアメリカ大使館への珍しい攻撃に責任があると発表していない。しかし、カターイブ・ヒズブッラーは、アメリカ大使館は諸般の軍事作戦を立案するための前線作戦基地を代表していると述べた。       アメリカとイラクの 全文をよむ

2023-12-09 ガザ:イスラエルの爆撃によりヨルダン人家族全員が死亡 (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダン国民とその家族がガザ地区におけるイスラエルの爆撃によって死亡(声明)      【アンマン:本紙】      ヨルダンは土曜日、ガザでイスラエル軍の爆撃によりヨルダン国籍の女性が死亡し、ガザ出身の夫と彼らの家族全員も死亡したと発表した。これは、10月7日にパレスチナ人の地区で戦争が始まって以来、ヨルダン政府が発表した2件目の事例となった。      これはヨルダン外務省が発表した情報である。      声明は、「外務省領事業務・問題局は今日(土曜日)、ガザ地区で民間人を狙った攻撃的なイ 全文をよむ

2023-12-09 エジプト:来たる大統領選挙に向けて、女性の政治参加への呼びかけが活発化 (Al-Ahram紙)

◼︎エジプト女性国民評議会は、大統領選挙を訪れ、参加することの重要性について女性への啓蒙活動を続けている      【カイロ:ハーディー・アイマン】      エジプト女性国民評議会会長のマーヤー・ムルスィー博士は、「同評議会は来たる大統領選挙を訪れ、参加し、家族に投票を勧めることの重要性を女性に啓蒙するため、たゆまぬ努力を続けていく」と述べた。      彼女は声明の中で、「次の選挙で投票に参加することは憲法上の固有の権利であり、エジプト人一人一人の国民的義務である。私たちはこの権利を放棄して 全文をよむ

2023-12-09 イスラエル:過去24時間で40人の負傷兵を救出 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルは24時間でガザでの戦闘で負傷した兵士40人を退避させる      【エルサレム:アナトリア通信】      イスラエルのソロカ病院は金曜日、過去24時間で40人の負傷した兵士がガザ地区の戦場から搬送されてきたと発表した。      イスラエル紙『マアリヴ』電子版は、ソロカ病院の発言として、「過去24時間で40人の負傷者を(南部にある)同院に退避させた」と報じた。      加えて同院は、「ガザでのイスラエル人捕虜捜索活動中に負傷した2人の兵士を搬送されてきており、彼らは集中治療室に 全文をよむ

2023-12-09 ガザ:WHO執行理事会加盟国がイスラエルに人道的義務を履行するよう求める決議草案を提出(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■世界保健機関の決議草案がイスラエルに対しガザにおける人道的義務を尊重するよう求める      【AFP通信】      加盟17か国と特別な地位を持つパレスチナが金曜日に世界保健機関(WHO)に提出した決議草案は、イスラエル軍による激しい砲撃にさらされているガザ地区で、医療従事者や人道支援員を保護する義務を全体的に尊重するようイスラエルに求めている。この草案は日曜日、「東エルサレムを含むパレスチナ被占領地域の保健状況」を議論するために開催されるWHO執行理事会の特別会合で検討されることになって 全文をよむ

2023-12-09 国連:グテーレス国連事務総長が人道的な停戦を要請 (al-Quds al-Arabi紙)

■ガザ停戦を協議する国連会合…グテーレス国連事務総長は人道的惨事を警告      【国連:本紙】      昨日金曜日、国連安全保障理事会は、ガザ地区での人道的な即時停戦を求めるアラブ決議案を協議する包括的な会合を開いた。アントニオ・グテーレス事務総長は開会に際し、人道的停戦と人道的惨事を回避するための支援に合意するよう要請した。      決議案は、人道的理由による即時停戦、人質全員の無条件の即時解放、人道的アクセスの確保を求めている。      グテーレス事務総長は、国連憲章第99条に定めら 全文をよむ

2023-12-07 アルジェリア:負傷したガザ地区の子供300人を治療のために受け入れ (al-Quds al-Arabi紙)

■ アルジェリア、ガザ地区で負傷した子供300人の治療を発表      【アルジェ:本紙】      アルジェリアのナハール・テレビは、「アルジェリア政府はパレスチナの人々への連帯と彼らのスムード(不動/忍耐)を支持するための取り組みとして、負傷した子供300人をガザ地区からアルジェリアの病院へ搬送し、治療を施す決定した」と報じた。      同チャンネルは情報筋の話として、「ガザ地区で負傷した子供300人は、首都アルジェ、西部の都市オラン、東部の都市コンスタンティーヌにある病院に搬送され、治療 全文をよむ

2023-12-07 パレスチナ:IMFはガザ戦争によって深刻な不況が起こる見通しを発表 (al-Quds al-Arabi紙)

■ IMFは、ガザ戦争がパレスチナ経済に「深刻な不況」をもたらすと予想      【ワシントン:諸通信社】      国際通貨基金(IMF)は7日、占領者イスラエルとガザ地区のハマスとの戦争がパレスチナ経済に「深刻な不況」をもたらすと予測した。      IMFのジュリー・コザック報道官は記者団に対し、「紛争勃発以前でさえ中期的にはGDP成長率が低下すると予想されていたが、この紛争がヨルダン川西岸とガザの両地域の経済活動に深刻な後退をもたらすと我々は予想している」と述べた。      さらに、ヨ 全文をよむ

2023-12-06 レバノン:イスラエルによる軍への攻撃に関して国連安保理に苦情を提出(2) (Al-Nahar紙)

■イスラエルがレバノン軍を攻撃したのち…レバノンは国連安全保障理事会に新たな苦情を提示      【ベイルート:本紙】      イスラエルの攻撃によって複数の死者が発生し、多数の民間人、ジャーナリスト、救急隊員、幼児が負傷した。さらに3万人以上のレバノン国民が自分たちの家から避難せざるを得なくなった。またイスラエル軍が国際的に禁じられている白リン爆弾を民間地域に対して用いたことは、重大な環境的・物理的被害をもたらした。それだけでなくイスラエルは、隣国の主権を侵害するという目的のもとでレバノンの 全文をよむ

2023-12-06 レバノン:イスラエルによる軍への攻撃に関して国連安保理に苦情を提出(1) (Al-Nahar紙)

■イスラエルがレバノン軍を攻撃したのち…レバノンは国連安全保障理事会に新たな苦情を提示      【ベイルート:本紙】      暫定内閣のアブドゥッラー・ブーハビーブ外務移民相は、国連のレバノン使節団へ向けて、安保理に対し新たな苦情を提示するように指示した。これはイスラエルによる攻撃によってレバノン軍内部に死傷者がでたことに応じるかたちで、また国連のイスラエル全権使節が安保理へ送ったメッセージへの返答として提示されるものである。      訴えの内容は以下の通りである。      作日、イスラ 全文をよむ

2023-12-05 ガザ:ガザ地区全域で大規模な空爆、「火の帯」のように燃えさかる住宅街や病院周辺 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル軍によるガザ地区への激しい夜間の空爆で数十人が死傷-(画像)      【ガザ:諸通信社】      パレスチナ自治区ガザ地区の中心都市ガザ市のシャイフ・ラドワーン地区南にあるヤーズィジー一家の住宅を標的としたイスラエル占領軍の攻撃で、火曜日未明、子どもや女性を含む数十人のパレスチナ市民が死傷した。      「その後、ガザ地区南部ハーン・ユーニスの難民キャンプでもイスラエル軍が民家を狙って攻撃し、多数が死傷した」とパレスチナ通信(ワファ)は伝えた。      ガザ地区全域では、夜間 全文をよむ

2023-12-03 エジプト:国家女性評議会会長がドバイで開催される「COP28」に出席 (Al-Ahram紙)

■マーヤー・ムルスィー氏、締約国会議「COP28」内のイベント「女性デー」に参加するためドバイへ向かう      【ハーイディ・アイマン】      エジプト国家女性評議会会長のマーヤー・ムルスィー博士は今日午後、国連気候変動枠組条約締約国会議(COP28)のプログラムのひとつである「女性デー」に参加するため、同評議会の代表団を率いてドバイへ出発した。COP28はアラブ首長国連邦の主催のもとで、2033年11月30日から12月12日までの期間で開催される。ムルスィー氏ーと代表団は、会議期間中に行 全文をよむ

2023-12-01 ヨルダン:パレスチナ支援によりイスラエルとの間で外交的衝突(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダンがガザ支援を先導。国内での国民抵抗運動を強化したことにより外交的衝突が継続。      【アンマン:バッシャーム・バダーリーン】      政治に関して要約すれば、著名な政治・政党活動家であるムハンマド・フジュージュ氏が認めるように、ヨルダンが外交および人道支援の分野において、またフジュージュ氏の推測によるとイスラエル側の言説との対抗においても、多大な努力を行なっていることは否定できない。彼は本紙に対し、「イスラエルのプロパガンダはヨルダンだけにとどまらず、世界や中東地域に対する脅威と 全文をよむ

2023-12-01 レバノン:ガザでの停戦終了にともなってイスラエルとヒズブッラーの対立が再燃(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■国境付近のフーラー村へのイスラエルの爆撃により2人が死亡      【諸通信社】      同様に、レバノンに駐留しているハマースとイスラーム聖戦の戦闘員らは、レバノン領内から攻撃を行った。      この戦闘にともなってレバノンでは約100人が死亡し、そのうち80人がヒズブッラーの戦闘員だった。そして、数千人の人々が国境付近の自宅から避難した。      この戦闘は2006年のヒズブッラーとイスラエルの戦争以来最悪の規模となった。      レバノンの『ナハール』紙の副編集長であるナビール・ 全文をよむ

2023-12-01 レバノン:ガザでの停戦終了にともなってイスラエルとヒズブッラーの対立が再燃(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■国境付近のフーラー村へのイスラエルの爆撃により2人が死亡      【諸通信社】      10月7日のイスラエルとハマースの間で戦争が勃発したのち、イランの支援を受けたヒズブッラーとイスラエルは、両者の間で2006年の戦争以来最悪とされる規模で展開している戦闘行為のなかで、数週間にわたって国境付近で交戦してきた。その後ガザ地区の状況を反映して、ハマースとイスラエルが金曜日を期限とする停戦に合意したのにともなって、先週にはこうした戦闘行為が停止していた。      ヒズブッラーの指導部メンバー 全文をよむ

2023-12-01 ヨルダン:パレスチナ支援によりイスラエルとの間で外交的衝突(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダンがガザ支援を先導。国内での国民抵抗運動を強化したことにより外交的衝突が継続。      【アンマン:バッシャーム・バダーリーン】      世論が示すところによれば、ガザ地区へのヨルダンの支援は最重要事項のひとつとして位置づけられており、様々な救助物資は木曜の午後までに平均45トン以上に及んでいる。ヨルダン・ハーシム慈善協会は依然として支援を引き受けており、15機以上の航空機で物資を空輸している。      このことはヨルダンの戦略上の重要分野において、ある事を意味している。アブドゥッ 全文をよむ

2023-12-01 レバノン:ガザでの停戦終了にともなってイスラエルとヒズブッラーの対立が再燃(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■国境付近のフーラー村へのイスラエルの爆撃により2人が死亡      【諸通信社】      ヒズブッラー傘下のテレビチャンネル「マナール」は、金曜日(1日)、レバノン南部の国境付近のフーラー村に対するイスラエルの爆撃で2人が犠牲になったと報じた。      ガザ地区でのイスラエル・ハマース間で2週間続いていた停戦が終了した日の早朝、レバノン・イスラエル国境付近でイスラエルとヒズブッラーが交戦した。      ヒズブッラーは金曜(1日)、「同盟関係にあるパレスチナ・イスラーム抵抗運動(ハマース) 全文をよむ

2023-11-22 米国:親イスラエル活動家がパレスチナ系米下院議員の暗殺を計画か?イスラーム系人権団体が音声記録を公開 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル支持者たちがパレスチナ系のラシーダ・タリーブ米国下院議員の「殺害方法」を議論(音声収録)      【ニューヨーク:アナトリア通信社】      親イスラエル活動家たちは、X(旧Twitter)上で、先週アリゾナ州を訪問していたパレスチナ系のラシーダ・タリーブ米下院議員の「殺害方法」について議論した。      ムスリムの市民権擁護活動などを進める団体「米イスラーム関係評議会(CAIR)」は火曜日、親イスラエル活動家たちがアリゾナ州を訪問中のタリーブ議員を暗殺の標的とする可能性を話し 全文をよむ

2023-11-21 パレスチナ:ガザのインドネシア病院から200人の患者の避難が完了(1) (Al-Nahar紙)

■ハマース保健省が発表…200人の患者がガザのインドネシア病院から避難      【AFP通信】      ハマース保健省は月曜日、ガザ市内のインドネシア病院がイスラエルによって致命的な爆撃を受けた数時間後、赤十字国際委員会との連携のもとで、200人の患者を同病院からガザ地区南部へと避難させ終えたと発表した。      同省報道官のアシュラフ・クドゥラ医師はAFP通信に対して、ジャバーリヤーのインドネシア病院からガザ地区南部のハーン・ユーニスにあるナースィル病院へと、患者200人を避難させ終えた 全文をよむ

2023-11-21 エジプト: 移民大臣が在外国民に選挙への参加を促すためにアラブ首長国連邦に到着(2) (Al-Ahram紙)

■移民大臣が在外エジプト人に選挙への参加を促すために外遊先のアラブ首長国連邦に到着      【エジプト:本紙】      大臣は同様に、在外エジプト人による投資会社の設立にかかわる最新の進捗に加え、エジプトがもたらした、法やインフラの顕著な改革の恩恵を受けるために、投資家たちを促進し資本を誘致するにあたってのもっとも刺激的な投資トリガーを検討することを目的として、在UAEのエジプト人投資家らとの会談することが予定されている。      ギンディー移民大臣は、新しい共和国の時代に、在外の国民に対 全文をよむ

2023-11-21 エジプト: 移民大臣が在外国民に選挙への参加を促すためにアラブ首長国連邦に到着(1) (Al-Ahram紙)

■移民大臣が在外エジプト人に選挙への参加を促すために外遊先のアラブ首長国連邦に到着      【エジプト:本紙】      エジプトの移民・在外国民大臣あるスハー・ギンディー大使が、国外にいるエジプト人に2024年の大統領選挙に参加するよう促すための外遊先のひとつとして、アラブ首長国連邦の都市ドバイに到着した。そこでは在ドバイ及び北UAEエジプト総領事のアシュラフ・ディーブ大使が彼女を出迎えた。      移民大臣のドバイでの活動は、それが複数の分野において重要かつ顕著なコミュニティであるとの認 全文をよむ

2023-11-21 パレスチナ:ガザのインドネシア病院から200人の患者の避難が完了(2) (Al-Nahar紙)

■ハマース保健省が発表…200人の患者がガザのインドネシア病院から避難      【AFP通信】      クドゥラ氏は「今も病院内には400人の患者がおり、我々は赤十字国際委員会とともに彼らの避難に取り組んでいる」と述べ、約2千人の避難民が病院内やその周辺に残されていると指摘した。      ハマースは以前、数十台のイスラエル軍戦車と装甲車両が病院付近に配備され、施設に向かって発砲していると報告していた。      AFP通信のハーン・ユーニスへの特派員らは、赤十字が同行するなかで、2台のバス 全文をよむ

2023-11-21 ヨルダン:ヨルダン皇太子がエジプトのアリーシに到着 (Al-Ahram紙)

■ヨルダン皇太子は、ガザへの新たなヨルダン野戦病院の設営をフォローするためエジプトのアリーシに到着      【アリーシ(エジプト):ドイツ通信社】      ヨルダンのフセイン・ブン・アブドゥッラー2世皇太子は今日月曜日、エジプトの都市アリーシに到着した。それは、2回目となるガザ地区南部への、41病床を備えるヨルダンの民間野戦病院の設置準備および設営作業を監督するためである。      ヨルダンのペトラ通信社によると、ヨルダン皇太子は病院スタッフ、医療設備・機器を乗せたヨルダン空軍の軍用機でア 全文をよむ

2023-11-21 エジプト:下院はパレスチナ人の強制移住を拒否して国民に安心感を与える構え (Al-Ahram紙)

■ターリク・ラドワーン委員長「下院会議はパレスチナ人の強制移住を拒否することでエジプト国民を安心させるメッセージを送る」      【ムハンマド・アリー・サイード】      下院人権委員会のターリク・ラドワーン委員長は、パレスチナ人の強制移住を防ぐために国家が講じた措置や対策に関して首相に宛てられた多くの説明要求について話し合う本日火曜日の下院会議は、この問題の最新の展開や、エジプトがパレスチナ人支援のために果たしてきた、あるいは現在も果たしている役割、そしてこの出来事に対処するための国家の準 全文をよむ

2023-11-20 イラク:アンバール県でイスラーム抵抗運動による米軍基地攻撃 (al-Quds al-Arabi紙)

■イラクの「イスラーム抵抗運動」、同国西部の米軍基地への爆撃を公表      【バグダード:本紙】      イラクのイスラーム抵抗運動は月曜夜、アンバール県(バグダードから西方120km)に位置するアイン・アサド空軍基地を、同基地に駐留する米軍を狙った無人機によって爆撃したと明らかにした。      イスラーム抵抗運動の軍事広報サイトに掲載された声明は次のように説明した。「ガザにおける我々の同胞に対する犯罪への応答として、イスラーム抵抗運動のムジャーヒディーンはイラク西部にある米国の占領基地( 全文をよむ

2023-11-20 パレスチナ:ガザ地区の占領後「永遠の戦争」に突入するイスラエル (al-Quds al-Arabi紙)

■永遠の戦争?イスラエルはガザ地区で長く血なまぐさい武力衝突のリスクに直面している      【ロイター通信】      米国とアラブの当局者、外交官、アナリストらは、イスラエルが戦後に撤退してパレスチナ国家樹立に向けて前進するという信頼できる計画がないままに、イスラーム抵抗運動ハマースを破ってガザ地区を占領した場合、長期にわたる武力と流血の衝突を伴う危険に突入すると述べた。      米国当局者2名、アラブ地域当局者4名、情勢に通じた外交官4名は、ガザ地区の戦後段階を管理するためにイスラエル、 全文をよむ

2023-11-18 イエメン:各市でイスラエルおよび同国を支持する欧米諸国を非難するデモが発生(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イエメンの各都市で行われたデモは「パレスチナ人に対する継続的かつ残虐的な犯罪行為に関して全責任がある」として米国と西欧諸国を非難      【サナア:本紙】      同様の文脈で、グループ「アンサール・アッラー」(フーシー派)に忠実な議会は、シオニストの敵による、ガザ地区内の立法評議会の建物への爆撃および破壊を激しく非難した。      フーシー派が運営しているサバーフ通信によると、議会は声明のなかで「簒奪政体による、パレスチナ立法評議会の議長代理であるアフマド・バフル氏を標的とした犯罪や、 全文をよむ

2023-11-18 イエメン:各市でイスラエルおよび同国を支持する欧米諸国を非難するデモが発生(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イエメンの各都市で行われたデモは「パレスチナ人に対する継続的かつ残虐的な犯罪行為に関して全責任がある」として米国と西欧諸国を非難      【サナア:本紙】      土曜日にイエメンの各都市で行われたデモは、ガザ地区に対するイスラエルの継続的な侵略行為を非難し、これが「全世界が見聞きしている前で、全ての国際法や国際的な誓約に重大に違反するかたちで行われている、住宅、病院、学校内の民間人および避難民を標的とした凶悪な犯罪である」と非難した。      サナアの60番通りでは数千人が、パレスチナ 全文をよむ

2023-11-16 イスラエルの複数はネタニヤフ首相が捕虜交換取引から急遽手を引いた理由を明らかに (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルの複数の消息筋は、ネタニヤフ首相が捕虜(交換)取引から急遽手を引いた理由を明らかに      【ナザレ:本紙】      「アラブの聖地」:占領政府のベンヤミン・ネタニヤフ首相がハマース運動を打ち負かすことは神聖な目標だと述べ、米国のジョー・バイデン大統領が戦争の続行を強調する一方、イスラエルのオブザーバーらは戦争の成功可能性について疑問視を続けている。また彼らの一部は、イスラエルが昨日、急遽捕虜交換および停戦の取引から手を引いた理由を明らかにしている。      『イェディオト・ア 全文をよむ

2023-11-16 シリア:アサド大統領がインド大使イルシャード・アフマド氏の信任状を受理 (al-Watan紙)

■アサド大統領がインド特命全権大使イルシャード・アフマド氏の信任状を受理      【ダマスカス:本紙】      シリア大統領府のウェブサイトによると、アサド大統領は昨日の朝、イルシャード・アフマド氏への駐シリア・アラブ共和国インド共和国特命全権大使の信任状を受理した。      インド大使の信任状は、ファイサル・ミクダード外務在外居住者大臣と、マンスール・アッザーム大統領府担当国務大臣の立会いのもとで受理された。      アフマド大使は先月22日、駐シリア・アラブ共和国インド大使としての信 全文をよむ

2023-11-15 モーリタニア:イスラエルによるガザ爆撃への非難を表明 (al-Quds al-Arabi紙)

◾️モーリタニア:イスラエルによるガザ爆撃への非難とアラブ首脳会議後の情勢悪化への怒り      【ヌクアショット:本紙】      モーリタニアでは、パレスチナの勝利のために引き締めを続けるように求める呼びかけが続いている。この呼びかけは、苦しんでいる住民たちや土地を追われた住民たちへの全面的な支援に加えて、敵であるシオニストとその支援者である西側諸国に圧力をかけ続けることに重点を置いている。       モーリタニア政府は、国際的な沈黙という後ろ盾によって占領地で行われている虐殺や大量破壊に 全文をよむ

2023-11-09 ガザ:負傷者と二重国籍者の避難オペレーションが再度中断(2) (al-Quds al-Arabi紙)

ガザ地区とエジプトを結ぶラファ検問所は、ハマースによるイスラエルの入植地への攻撃以来、イスラエルに包囲され、執拗な爆撃を受けているパレスチナの小さな地区に取り残されていた外国人や二重国籍者の避難を可能にするため、11月1日に再開された。      3日間は国境が解放され、負傷した数十人のパレスチナ人と数百人の外国旅券保持者がエジプトへ向けてガザを離れることができたが、ハマースはその後2日間避難オペレーションを中断し、再び避難を許可した。      ハマース関係者は当時、エジプト当局に送られたリス 全文をよむ

2023-11-09 ガザ:負傷者と二重国籍者の避難オペレーションが再度中断(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■負傷者と二重国籍者のガザからのラファを通しての避難は水曜日に中断された      【ガザ:諸通信社】      パレスチナ当局者は、11月初旬以来2回目の避難停止となったため、水曜日はパレスチナ人の負傷者や二重国籍者のガザ地区からラファ検問所を経由してのエジプトへの避難は行われなかったと発表した。      ハマース当局は水曜日に避難が予定されていた負傷者リストをエジプトに送ったが、占領者イスラエルがその承認を拒否したため、ラファ検問所は閉鎖されたままであった。      なお、避難はこれまで 全文をよむ

2023-11-08 EU:アフガニスタンへの人道支援額をさらに拡大させる意向(2) (Al-Ahram紙)

また、「新たな資金提供は、人口の半数近くが深刻な食糧不安に苦しんでいるアフガニスタンの現在の食糧危機に対処するのを助けるだけでなく、特に先月10月に国の西部を襲った一連の地震の被災者の避難所、保護、医療、栄養、水、衛生といった他の需要もカバーする。」と述べられている。      そして、「現地の状況の監視と受け入れコミュニティにおける緊急支援を優先させることで、提供される資金の一部はアフガニスタン難民の帰国支援にもなる」と続けられた。      この新たな支援は、最近の地震を受けて合意された45 全文をよむ

2023-11-08 ヨルダン:ヨルダン国王「軍事的・安全保障的な解決策ではパレスチナ・イスラエル紛争は終わらない」 (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダン国王「軍事的・安全保障的な解決策ではパレスチナ・イスラエル紛争は終わらない」      【アンマン:諸通信社】      ヨルダン国王のアブドゥッラー2世は「軍事的・安全保障的な解決策はパレスチナ・イスラエル紛争の終結に成功しない」と強調した。      ヨルダン王宮府の声明によると、これはバーレーン王国参謀長ズィヤーブ・ビン・サクル・ヌアイミー中将の首都アンマンに向けた期間未発表の訪問の枠組みにおける、アブドゥッラー2世による同参謀長への応対のなかで述べられた。      さらに声明 全文をよむ

2023-11-08 EU:アフガニスタンへの人道支援額をさらに拡大させる意向(1) (Al-Ahram紙)

■欧州連合:アフガニスタンおよびパキスタン国内にいるアフガニスタン難民への人道支援に6,100万ユーロを割り当てる      【中東通信社】      欧州連合は、アフガニスタンの弱い立場にある人々とパキスタン国内にいるアフガニスタン難民のニーズを満たすため、人道支援に6,100万ユーロを割り当てる意向を表明した。      数時間前に欧州委員会が公式ウェブサイト上で発表したプレスリリースでは、「アフガニスタンの人道状況は依然として我々にとって重大な懸念材料であり、欧州連合は国内の弱い立場にある 全文をよむ

2023-11-07 パレスチナ:イスラエルの侵略が継続、米国はガザ地区占領をめぐってイスラエルと異なった立場をとる(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■侵略開始以来1,000件以上の虐殺…イスラエル政府は戦闘の困難を認める      【ガザ:本紙】      イスラエル軍の南部地域司令官であるヤロン・フィンケルマン氏は、抵抗勢力との戦いが困難を認めており、軍はガザ地区のハマース運動に対して「複雑で困難であり、代償の多い戦争」を戦っていることを認めた。しかし同国のネタニヤフ首相は、テレビで放送された声明のなかで、イスラエル軍がガザ市を包囲し、そのなかで作戦を行っていると述べた。さらに同首相は、ハマースがイスラエル人人質を解放するまでは、ガザでの 全文をよむ

2023-11-07 パレスチナ:イスラエルの侵略が継続、米国はガザ地区占領をめぐってイスラエルと異なった立場をとる(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■侵略開始以来1,000件以上の虐殺…イスラエル政府は戦闘の困難を認める      【ガザ:本紙】      さらに同氏は、150万人の避難民が学校や病院を含む避難所に居住しており、これまでに4万戸の住宅が完全に取り壊されたと指摘した。      同局はまた、イスラエルの戦闘機がガザ地区中央部ダイル・バラフ市の住宅街を爆撃し、多数のパレスチナ人が死傷したと発表した。      マアルーフ氏は、「ダイル・バラフ市の住宅街に対するイスラエル軍戦闘機の爆撃により、多数のパレスチナ人が殉教、負傷した」と 全文をよむ

2023-11-07 エジプト:元大統領候補及び同陣営の選挙運動員22人が裁判にかけられる (al-Quds al-Arabi紙)

◼️エジプト:元大統領候補及び同陣営の選挙運動員22人が裁判にかけられる      アフマド・タンターウィー氏と彼の選挙運動員22人が裁判に移行      【カイロ:本紙】      本日7日、エジプトの裁判所が元大統領候補でカラーマ党党首のアフマド・タンターウィー氏、彼の選挙運動責任者で弁護士のムハンマド・アブー・ディヤール氏、および選挙運動員21人の裁判に関わる会議を開いた。21人の選挙運動員らはタンターウィー氏支持の国民委任状に署名するよう市民に呼びかけて、当局の許可を得ずに選挙に関わる書 全文をよむ

2023-11-07 パレスチナ:イスラエルの侵略が継続、米国はガザ地区占領をめぐってイスラエルと異なった立場を取る(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■侵略開始以来1,000件以上の虐殺…イスラエル政府は戦闘の困難を認める      【ガザ:本紙】      ガザの人々は1か月以上にわたる継続的な爆撃により壊滅的な状況下に置かれており、侵略開始以来の虐殺数は1,071件に達している。これまでガザ地区には3万トン以上の爆発物が投下され、殉教者の数は1万328人に上っている。      同時に米国は、占領政府のベンヤミン・ネタニヤフ首相が声明で、自国政府が戦争後に「無期限に包括的な安全保障責任を負う」と発表したことを受け、イスラエルによるガザ地区 全文をよむ

2023-11-06 ガザ:イスラエルがガザ北西部を攻撃 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルによるガザ北西部へ激しい攻撃      【ガザ】      イスラエルは、日曜から月曜にかけての夜、ガザ地区の複数の地域に、兵器による一連の攻撃を続けた。その大部分がガザ市の西部と北西部に集中している。      地元情報筋は、「イスラエルの戦闘機が地上からの砲撃を伴って、ガザ市のシャーティイ難民キャンプと西部を攻撃し、同様に、シファー病院周辺を攻撃した」と報じた。      パレスチナのワファー通信社によると、ガザ地区中部では、イスラエルの複数の戦闘機がダイル・バラフで、少なくとも 全文をよむ

2023-11-06 シリア:各地でイスラエルのガザ地区への攻撃に抗議するデモ (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナのフェミニズム団体がナイラブ難民キャンプで大規模なデモを組織      【ダマスカス:本紙】      シリア北部から南部に至るまでの各地で数百人の民衆がデモを行ない、ガザ地区の人々に対するイスラエルの継続的な犯罪行為を糾弾し、ガザ地区の住民を標的とする集団殺戮に抗議した。デモに参加した民衆は、即時の停戦と、数千人の命を奪った集中爆撃による虐殺の停止を訴えた。      本紙が地元情報筋から得た情報によると、デモはアレッポ郊外のシリア政権が支配する地域でも反体制派が支配する地域でも行 全文をよむ

2023-11-05 イラク:米国務長官がバグダードに事前公表なしの訪問 (al-Quds al-Arabi紙)

■ブリンケン米国務長官:イラクでの米軍に対する攻撃は「決して受け入れられない」      【バグダード:本紙】      米国のアントニー・ブリンケン国務長官は日曜日、バグダードへの非公表の訪問中に、ハマースとイスラエルとの間で戦争が始まったのちに頻度を増した、イラクとシリアでの米軍に対する攻撃は「決して受け入れられない」と述べた。      イラク首相が声明で明らかにしたブリンケン米国務長官のバグダード訪問については、安全上の理由から事前に発表されなかった。      (後略) 全文をよむ

2023-11-04 エジプト:ガザ紛争に対するエジプトの立場(4) (Al-Ahram紙)

≪エジプトは近隣諸国を犠牲にした問題解決とパレスチナ人の移住を否定する≫      ガザ地区における軍事的エスカレーションが始まり、パレスチナ人をシナイに移住させる提案が登場し始めた際、パレスチナ人をガザ地区からシナイへ移住させることをエジプトは断固拒否する、とアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領が発表した。同時に、軍事オペレーションが終わるまで、住民をガザからイスラエルのネゲヴ砂漠に移動させることを提案した。      パレスチナ人をガザからエジプトに移住させることはヨルダン川西岸からヨ 全文をよむ

2023-11-03 ガザ:米国がドローンを用い人質を捜索 (al-Quds al-Arabi紙)

■米国のドローンが人質捜索のためガザ地区上空を飛行      【ワシントン;諸通信社】      2人の米当局者は木曜(2日)、米国がガザ地区上空にてドローンの偵察飛行を行っていると述べた。これは、10月7日のイスラエル入植地への攻撃において、イスラム抵抗運動ハマースが拘束した人質を探すことを目的としたものである。      彼らは匿名を条件に、米国がガザ上空でドローンを稼働させ、人質の居場所を特定に資する情報収集を行っていると語った。      またうち一人は、ドローンの飛行が1週間以上続いて 全文をよむ

2023-11-01 国境なき記者団:ガザ地区でのジャーナリストに対する戦争犯罪を提訴 (al-Quds al-Arabi紙)

■「国境なき記者団」、ガザ地区での「戦争犯罪」を提訴      【アンカラ:アナドル通信社】      「国境なき記者団(RSF)」は水曜日(1日)、ガザ地区におけるイスラエル・パレスチナ紛争でジャーナリストたちに対して行われた「戦争犯罪」を調査するために、国際司法裁判所(ICC)に提訴したと述べた。      フランスに本部を置く言論(報道)の自由の擁護を目的とした非政府組織(であるRSF)が声明で明らかにした。      RSFは、「これらのジャーナリストたちは、明らかに戦争犯罪と言える攻撃 全文をよむ

2023-10-31 エジプト:マドブーリー首相、「エジプトの主権と領土保全のためには何百万人もの命を犠牲にする覚悟がある」と宣言 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト首相:国民はシナイ半島のために何百万人もの命を犠牲にする覚悟がある      【カイロ:本紙、ターミル・ヒンダーウィー】      エジプトのムスタファ・マドブーリー首相は「国民はシナイ半島の砂一粒のために何百万人もの命を犠牲にする覚悟がある」と述べた。      これは、本日火曜日、シナイ半島北部アリーシ市の第101大隊本部で行われた地元の部族指導者たちとの会議での発言である。      首相は「このメッセージは提起された多くの問題への明確な答えを伝えるものだ」と続けた。そして、ガザ 全文をよむ

2023-10-31 ガザ:占領軍による新たな虐殺 (al-Quds al-Arabi紙)

■新たな虐殺により数百人の死傷者..打撃を認める占領軍      【ガザ:本紙】      ガザ地区内務省の発表によると火曜日、占領軍は同地区内で虐殺を続行し、死者と負傷者を含む犠牲者計400人以上を生んだうえ、同地区北部にあるジャバリア難民キャンプ内の複合居住区を破壊した。一方抵抗軍は継続的なイスラエルの侵略に対抗しており、また拘留している多くの外国人を今後数日のうちに解放する意向を示唆した。ガザ地区内務省のスポークスマンであるイヤード・バズム氏は記者会見で、「最初の数字は、イスラエルの爆撃に 全文をよむ

2023-10-26 パレスチナ:外務省は紛争を宗教紛争に変える危険性を警告 (Al-Ahram紙)

■パレスチナ外務省は紛争を宗教紛争に変える危険性を警告する      【n.p.: 中東通信社】         パレスチナ外務省と在外パレスチナ人は、政治的な紛争を宗教紛争に変えようとする試みについて警告し、断固とした拒否を強調した。      外務省は声明で、在外パレスチナ大使館と外交使節団が、受け入れ国の外務省、意思決定機関、世論および世論の形成要素やメディアに向けて政治的・外交的活動を続けていると述べた。こうした活動はパレスチナ国民に対して続く敵対行為や19日間続いているガザ地区のパレス 全文をよむ

2023-10-26 シリア:安保理閣僚級会合でパレスチナ人民への支持とイスラエルへの非難を表明 (al-Watan紙)

■西洋諸国とアメリカは占領者イスラエルにあからさまに殺人の許可を与えたと強調   ■ミクダード大臣「シリアはこれまでも、そしてこれからもパレスチナ人民に寄り添う努力を惜しまない。」      【諸通信社】      (シリアの)外務・移民大臣のファイサル・ミクダード氏は次のように強調した。「ガザ地区への侵攻をめぐって行われている虐殺やジェノサイドの罪は、アメリカを筆頭とする西洋諸国がイスラエルに殺人をあからさまに許可することに固執し、庇護と免責を提供したから起こった。また、国連安全保障理事会に対 全文をよむ

2023-10-26 イラン:イラン外相、アメリカを電撃訪問 (al-Quds al-Arabi紙)

■イラン外相が米国を電撃訪問      【DPI通信】      イラン外務省は、フセイン・アミール・アブドゥッラヒヤーン外相が、ガザでの戦闘を受け、米国を電撃訪問したと発表した。イラン政府高官による訪米はまれである。      イラン外務省によると、アブドゥッラヒヤーン外相は、昨日水曜夜遅くにニューヨークに到着した。声明によると、同外相は国連の会合でパレスチナ人の利益に対する自身の支援を発表することを希望しているという。      ハマースが10月7日にイスラエル南部にあるパレスチナとの境界線 全文をよむ

2023-10-25 カタル:カタル首相とトルコ外相がイスラエルの人質解放に対する声明を非難(2) (al-Mudun紙)

■カタル首相がイスラエルの声明を非難:人質の解放を頓挫させる      【レバノン:本紙】      同氏は続けて、「ガザ地区ではパレスチナ人民に対するこの不義不正を撤廃するに十分な声が見つけられない」とし、「カタルは、カタル政府を指弾するイスラエル当局者の声明を非難する」と付け加えた。      また、イスラエル軍の爆撃により、10月25日までにガザ地区のパレスチナ人約6,000人が死亡し、約18,000人が負傷したと語った。      これに対しトルコ外相は「われわれはカタルの役割の重要性を 全文をよむ

2023-10-24 モロッコ:ワクフ省がガザ問題をモスクで取り上げないよう指示したとの疑惑を否定(3) (al-Quds al-Arabi紙)

◼️モロッコ:ワクフ省が、モスクの説教師がガザ問題を刺激しないよう、規制をかけていないことを強調      【ラバト:本紙】      火曜日、ワクフ省は二度目の声明を発表した。そのなかで、同省がイスラーム問題の代理人らに対して、モスクでパレスチナに言及する説教がなされることがないよう介入することを指示したとする文書について、「複数の証拠によって、モロッコに帰属しないと判明した何者かによって発されたもの」だと明らかにした。その上で、あらためてこれが「正真正銘の偽物」であると強調した。      全文をよむ

2023-10-24 イエメン:結婚式をパレスチナ連帯カーニバルに変えた花嫁 (al-Quds al-Arabi紙)

■イエメン人の花嫁は、自身の結婚式をパレスチナとの連帯を示すカーニバルに変える      【サナア:本紙】      あるイエメン人の花嫁はガザの人々の苦難の真っ只中で歓喜に酔いしれることはできず、自身の結婚式をパレスチナ人の物語の一部に変えることを選んだ。これは抑圧された者たちとの連帯を示すメッセージを送るためである。一方、西側諸国はイスラエルの占領下における虐殺に起因するこの抑圧された者たちの流血から目を背け続けている。      彼女は、サナアのサバイーン郡にあるウィシャーフ・ホールで行う 全文をよむ

2023-10-24 モロッコ:ワクフ省がガザ問題をモスクで取り上げないよう指示したとの疑惑を否定(2) (al-Quds al-Arabi紙)

◼️モロッコ:ワクフ省が、モスクの説教師がガザ問題を刺激しないよう、規制をかけていないことを強調      【ラバト:本紙】      事態を更に悪化させたことに、前述の省が発布したとされる文書が流布した。それは後に、偽造されたものであると明らかになるが、内容としては以下の通りであった。「パレスチナのガザにおける衝突に起因する危険な軍事的緊張化に応じて、また国家の安定と安全を維持するために、さらに公共の場におけるパレスチナ人への同情表明による混乱を避けるために、国王ムハンマド六世の勅令を以って、 全文をよむ

2023-10-24 モロッコ:ワクフ省がガザ問題をモスクで取り上げないよう指示したとの疑惑を否定(1) (al-Quds al-Arabi紙)

◼️モロッコ:ワクフ省が、モスクの説教師がガザ問題を刺激しないよう、規制をかけていないことを強調      【ラバト:本紙】      「アクサーの洪水」作戦の開始以降、モロッコの多くの人々は、ファキーフたちがガザでの戦争やパレスチナ人への支援の話題を取り上げるか見るために、金曜礼拝の説教を待ち侘びていた。しかし、彼らは呆然とすることになった。というのも、モロッコの多くの街や村で毎週行われるモスクの説教では、その話題がイバーダートやムアーマラートを逸脱することはなく、アクサーの庇護者たるパレスチ 全文をよむ

2023-10-23 アメリカ:ガザ問題に関するオバマ大統領の声明 (al-Quds al-Arabi紙)

■オバマ元アメリカ大統領がガザ問題とイスラエルの支持の低下に関して新たな声明      【ワシントン:ラーイド・サーリハ】      バラク・オバマ元アメリカ大統領は「可能な限り最大限、民間人の死や苦痛を避ける努力をするために、イスラエルの軍事戦略が国際法」を遵守する必要性を強調した。      オバマ氏はハマスによるイスラエルへの攻撃を繰り返し批判しつつ、国際法を守ることは同盟関係を構築し、国際世論を形成するために不可欠なことであると述べた。      同氏は、これを行うことは「重要だが極めて 全文をよむ

2023-10-22 シリア:イスラエル軍がシリア北部空港を再び攻撃 (al-Quds al-Arabi紙)

■ここ数日間で2度目・・・イスラエルの空爆により、ダマスカスとアレッポの空港が封鎖      【ダマスカス:諸通信社】      シリアのダマスカス、アレッポ両国際空港は日曜日未明、イスラエルによる空爆で閉鎖され、発着便はラタキア空港に移管された。      この空爆により、シリア人労働者一名が死亡し、他にも一名が負傷した。国営シリア・アラブ通信(SANA)は、「イスラエルは日曜日の早朝、ラタキア西方に位置する地中海とシリア領ゴラン高原の方角からダマスカス、アレッポ両国際空港を標的にミサイル攻撃 全文をよむ

2023-10-22 エジプト:議員らがカイロ平和サミットでのスィースィー大統領の発言を称賛(3) (Al-Ahram紙)

■複数の議員がカイロ平和サミットでのスィースィー大統領の発言を称賛し、「歴史的」だと評価…「エジプトの立場が強固である」、「強制的な移住を拒んだ」、「不正な侵略を止めた」      【エジプト:本紙】      同様にエジプト議会の労働委員会メンバーで議会議員のワラー・タマーマー氏はスィースィー大統領が述べた強い発言を称賛し、次のように述べた。「発言は完全に明確で、決定的であり、イスラエルによるガザ地区の占領を完全に拒否し、エジプトを犠牲とするパレスチナ問題のいかなる解決や浄化を拒否することを強 全文をよむ

2023-10-22 エジプト:議員らがカイロ平和サミットでのスィースィー大統領の発言を称賛(2) (Al-Ahram紙)

■複数の議員がカイロ平和サミットでのスィースィー大統領の発言を称賛し、「歴史的」だと評価…「エジプトの立場が強固である」、「強制的な移住を拒んだ」、「不正な侵略を止めた」      【エジプト:本紙】      エジプト議会の憲法・立法問題委員会の委員で、議会議員のイーハーブ・タマーウィー氏は次のように語った。「エジプトが招致したカイロ平和サミット開会の際のスィースィー大統領の発言は、エジプト国民一人一人の意志を表現しており、ガザ地区で起きていることへの解決策は、『パレスチナ人の強制移住を通じた 全文をよむ

2023-10-22 エジプト:議員らがカイロ平和サミットでのスィースィー大統領の発言を称賛(1) (Al-Ahram紙)

■複数の議員がカイロ平和サミットでのスィースィー大統領の発言を称賛し、「歴史的」だと評価…「エジプトの立場が強固である」、「強制的な移住を拒んだ」、「不正な侵略を止めた」      【エジプト:本紙】      エジプト議会の議員らは昨日、カイロ平和サミットでのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領の発言を称賛し、これが「歴史的であり、エジプトの立場の強固さを反映している」と評した。エジプト議会のアラブ問題委員会会長で、議会議員のアフマド・フアード・アバーザ氏はカイロ平和サミットにおけるスィ 全文をよむ

2023-10-21 イエメン:42団体がイエメンにおけるインターネットへの継続的な禁止・検閲措置を非難(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イエメンで40以上の団体がインターネットに対する継続的な禁止・検閲措置を非難      【アデン:本紙】      イエメンでは2023年の第1四半期を通じて12件のインターネットの切断が発生した。声明によると、この出来事はシャブワーやタイズ、エデンやハディルマウト、マアルブやアビーンなどのいくつかの地域に影響を与え、切断の期間は数時間から1週間以上などさまざまであった。またこれらの切断の原因については、技術的なものや洪水の問題から不特定のものまで多様であったという。      さらに声明は、 全文をよむ

2023-10-21 イエメン:42団体がイエメンにおけるインターネットへの継続的な禁止・検閲措置を非難(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イエメンで40以上の団体がインターネットに対する継続的な禁止・検閲措置を非難      【アデン:本紙】      イエメンにおける意見や表現の自由、人権に関連する同国内の42団体が、同国における「インターネットに対する継続的な禁止・検閲行為」を非難した。      さらに「デジタル的自由に対する憂慮すべきこの侵害行為に歯止めをかけるための即座の措置を実行する必要性にならび、情報にアクセスする権利と、デモや抗議を行う権利」を呼びかけた。      この声明はフーシー派に対し「市民権および政治活 全文をよむ

2023-10-20 イスラエル:レバノン国境付近でのロケット弾砲撃、ハマースが犯行声明。イスラエルはヒズボラの犯行と主張 (Al-Nahar紙)

■イスラエルはキリヤット・シュモナ入植地の住民を避難させる:軍は対ヒズボラ作戦を拡大する      【レバノン:本紙】      イスラエル国防省は本日、「イスラエルは、レバノン国境に近接するキリヤット・シュモナ入植地から住民を避難させる計画である」と発表した。      そして「国境近くの本入植地の住民は、イスラエルが支援する宿泊施設に移される」と付け加えた。      イスラエル軍は声明を出し、「民間防衛軍は少し前に市長にこの決定を伝えた」と発表した。さらに、「地元当局、観光省、国防省国家非 全文をよむ

2023-10-19 レバノン:ガス井試掘削の結果、ガスの痕跡のみ発見(2) (al-Mudun紙)

≪石油機構の立場≫      レバノン領海の第9鉱区の現場にて、オペレーターであるトタル社によるカナ1/31探査井の掘削活動が完了し、先週日曜夜から月曜にかけて行われた掘削活動から得たデータとサンプルの収集が完了した。トタル社が作成する詳細な技術レポートを待ちつつ、エネルギー・水資源省傘下の石油機構は声明で、未試掘のカナ鉱脈にあるガス井の場所の選択は、レバノン領海での探査活動の将来に関わるきわめて重要な2つの問題に答えることを目的としていると発表した。      1、レバント鉱脈の(天然ガス)貯 全文をよむ

2023-10-19 パレスチナ:イスラエルの度重なるガザ地区の医療機関を狙った空爆で多くのパレスチナ人が死傷 (al-Quds al-Arabi紙)

■残忍なイスラエルの攻撃、8000人の避難民が生活するガザ地区の中核病院周辺を狙う(動画あり)      【ガザ:諸通信社】      イスラエル占領軍は、水曜日の夕方、ガザ市内のパレスチナ赤新月社(PRCS)が運営するクドゥス病院周辺を狙った激しい空爆を行った。      イスラエル軍機によるガザ市西部、タッル・ハワー地区のクドゥス病院周辺とPRCS本部への空爆の直後、PRCSは緊急声明を出して民間人と医療関係者の緊急保護を要請した。      声明によると、空爆は病院周辺の多数の集合住宅や大 全文をよむ

2023-10-18 パレスチナ:イスラエル軍によるアハリー病院への攻撃は単なる虐殺を超えている (al-Quds al-Arabi紙)

■アハリー病院の虐殺:イスラエルの5種類の戦争犯罪      【編集部】      シオニスト政体(注:イスラエル政府のこと)は、1937年のハイファ市場(での出来事)以降パレスチナ人に対して行ってきた「虐殺リスト」に新たな虐殺を加えた。虐殺はデイル・ヤシーン村、タントゥーラ村、キブヤ村、カフル・カースィム村を経て、ハーン・ユーニス、タル・ザアタル、サブラー・シャティーラに至り、アクサー・モスクやイブラヒーム・モスク(マクペラの洞穴)、ジェニーン難民キャンプで終わることはなかった。どの野蛮で血塗 全文をよむ

2023-10-18 ヒズブッラー:レバノン国境付近のイスラエル戦車を攻撃 (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラー:レバノン国境付近のイスラエルの戦車を標的にする      【ベイルート:アナトリア通信】      水曜(18日)明け方、ヒズブッラーは、レバノン南部アイタ・シャアブに面するイスラエルの「ラーヒブ」拠点のメルカバ戦車を標的にし、その結果、戦車の乗組員が死傷したと発表した。      同組織は声明で殉教者フセイン・ハーニー・タウィール氏とマハディー・ムハンマド・アトウィー氏の2人が、水曜明け方の3時15分、ラーヒブ拠点のメルカバ戦車を標的にした」と述べたうえで、「戦車に直接的な被害 全文をよむ

2023-10-18 エジプト:政党連合が大統領を支持 (Al-Ahram紙)

■エジプト政党連合、パレスチナ問題清算の試みを拒否するスィースィー大統領の立場を称賛      【エジプト:本紙】      42の政党を含むエジプト政党連合は、10月7日の危機勃発以降アブドゥルファッターフ・スィースィー大統領が取った立場と、シナイ半島へパレスチナ人を避難させパレスチナ問題を清算する試みを彼が却下したことを賞賛した。      (中略)       また、連合はラファフ検問所を外国人が通過することをスィースィー大統領が拒否したこと、それ(外国人の同検問所通過)をガザへの人道援助 全文をよむ

2023-10-16 ナハール紙独自:ミドルイースト航空は、「戦争激化」を理由に、キプロスとトルコへの飛行機の退避を決定したのか。 (Al-Nahar紙)

 南部境界における日々の治安情勢の緊迫と、ヒズブッラー・イスラエル間の対立がレバノン国内での戦争へ発展する可能性への懸念が生じたことで、ミドルイースト航空が乗務員に対し、イスタンブール空港に着陸する可能性が常にあることを伝えたとされる噂が広まった。      本件に関して、同社の関係筋は出回っている噂を否定し、ナハール紙に対して、「戦時中は通常、航空機をレバノンのラフィーク・ハリーリー国際空港からキプロス、トルコやその他の安全な国へ退避させる予防措置を講じている。」と認めた。しかし、「現時点では 全文をよむ

2023-10-14 パレスチナ:ジャーナリストの投稿によってガザ地区における南部への避難の様子が明らかに(2) (Al-Nahar紙)

■トラックで移動するガザの人々 「こんなことになる前に死んでしまえたらよかった」      【本紙】      パレスチナ人ジャーナリストであるムアズ・アザーイザ氏は、インスタグラムにトラックを使って移動するなどガザ地区の住民たちが過酷な避難を行っている写真を投稿し、「私の人々がこんな目に遭っているのを見る前に死んでしまえたらよかったのに」とコメントした。      さらに1週間前から続くイスラエルの爆撃によって犠牲者が着実に増加し、その数が2000人に達しているなか、ガザ地区の人々に対する「強 全文をよむ

2023-10-14 イスラエル:ガザ地区攻撃のため米国にヘルファイアミサイルの追加供給を要請(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルがガザ攻撃のため米国にヘルファイアミサイルの追加供給を要請      【ワシントン:本紙】      米国のジョー・バイデン政権は先週の土曜日以降、少なくとも2回以上弾薬をイスラエルに送ったと報じられている。      送られた弾薬のなかには、防空システム「アイアンドーム」用の迎撃ミサイル、DPICMSとして知られるクラスター爆弾、JDAM変換ツール(無誘導爆弾を精密誘導爆弾に変換するもの)のほか、その他の大型弾薬が含まれている。      米国は過去にイスラエルにヘルファイアミサイ 全文をよむ

2023-10-14 パレスチナ:ジャーナリストの投稿によってガザ地区における南部への避難の様子が明らかに(1) (Al-Nahar紙)

■トラックで移動するガザの人々 「こんなことになる前に死んでしまえたらよかった」      【本紙】      イスラエル軍がガザ地区北部の住民に対し同地区南部へ避難するよう命じてから24時間経過した今日、同地では過酷な避難の光景が見られるようになり、ガザの人々が苦しんでいる新たな強制移住の様子が具現化された。      数時間前から数万人のパレスチナ人がガザ市から同地区南部に向かって避難した。ジャーナリストらは、その大多数が避難施設や寝泊まりする場所を確保しようとエジプト国境に隣接するラファフ 全文をよむ

2023-10-14 ヨルダン:サファディー外相「イスラエルはガザ地区を奈落の底に突き落そうとしている。イスラエルのガザ退避通告に反対する」 (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダン国王が支持を集めるためにヨーロッパを歴訪、サファディー外相は「パレスチナ人の追放が地域を地獄の底に突き落とす」と断言(ブログ)      【アンマン:本紙】      ヨルダンのアイマン・サファディー副首相兼外務・移民大臣は、アブドゥッラー2世国王が土曜日、ガザ地区のイスラエル(・ハマース)戦争終結に向け、地域の指導者たちの支持を集めるために欧州歴訪へ出発すると国営メディアに発表した。      金曜日にアントニー・ブリンケン米国務長官と会談した国王は、暴力の鎮静化とより大規模な戦争へ 全文をよむ

2023-10-14 イスラエル:ガザ地区攻撃のため米国にヘルファイアミサイルの追加供給を要請(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルがガザ攻撃のため米国にヘルファイアミサイルの追加供給を要請      【ワシントン:本紙】      米国高官らは、イスラエルが米国にヘルファイアミサイルの追加供給を要請したことを明らかにした。      チャンネル「ABCニュース」によると、米国はまだこの要請を承認していないが、検討中であるという。      高官らはまた、米国がイスラエル軍に医薬品を提供する計画にも取り組んでいることを強調した。      一方ある米軍筋は「米国の緊急安全保障支援はすでに到着しており、さらに多くの 全文をよむ

2023-10-12 アルジェリア:パレスチナをめぐるアラブ連盟の決議に留保を表明(4) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️アルジェリアは、パレスチナをめぐるアラブ連盟が採択した決議文書中の「双方の民間人の殺害」という表現に対して留保を付し、市民に対して失望しないように訴えている。      【アルジェ :本紙】      これゆえに、国際社会が誤った方法で、中東和平はもはや最優先事項でもなく、主な懸念事項でもなく、緊急の必要事項でもないという結論に達した時、正しい結論を見失ったことは間違いないと彼は付け加えた。      外相によれば、第3の事実は、パレスチナ人の土地が継続的に占領・併合され、元々住んでいたパレ 全文をよむ

2023-10-12 アルジェリア:パレスチナをめぐるアラブ連盟の決議に留保を表明(3) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️アルジェリアは、パレスチナをめぐるアラブ連盟が採択した決議文書中の「双方の民間人の殺害」という表現に対して留保を付し、市民に対して失望しないように訴えている。      【アルジェ :本紙】      「今日我々はここに集まったが、アラブ人は我々の動向に着目し、この会議に視線を向けている。これは、アラブ人が、我々が統一的な立場を示すのを待っているということである。我々は一体となり、この中心的な問題を支援することに関するアラブ民族の不変性に改めて目を向けつつ、国際社会が世界で最も公正な大義に対 全文をよむ

2023-10-12 アルジェリア:パレスチナをめぐるアラブ連盟の決議に留保を表明(2) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️アルジェリアは、パレスチナをめぐるアラブ連盟が採択した決議文書中の「双方の民間人の殺害」という表現に対して留保を付し、市民に対して失望しないように訴えている。      【アルジェ :本紙】      同大臣は、勇敢なパレスチナ人に対するアルジェリアの限りない連帯、パレスチナ人に対する犯罪の横行への強い非難を改めて表明したうえで、シオニストの侵略からパレスチナ人を保護するために、国際的組織や団体に対して即時介入するよう何度も要求した。      そして、国連や欧州連合(EU)に依拠しつつ、非 全文をよむ

2023-10-12 アルジェリア:パレスチナをめぐるアラブ連盟の決議に留保を示す(1) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️アルジェリアは、パレスチナをめぐるアラブ連盟が採択した決議文書中の「双方の民間人の殺害」という表現に対して留保を付し、市民に対して失望しないように訴えている。      【アルジェ:本紙】      アルジェリアは、アラブ連盟外相級会合後に提出された決議での「双方の民間人の殺害」という表現に対して留保を表明し、パレスチナ人の民族自決権とシオニスト占領政体による行為を等しく扱うことから距離を置くと強調した。      アラブ連盟は会合後に発表した第8987号決議で、「アルジェリア代表団は、19 全文をよむ

2023-10-12 チュニジア:パレスチナ情勢をめぐるアラブ連盟の決定に対する留保を表明 (al-Quds al-Arabi紙)

■チュニジアはイスラエルのガザへの攻撃に関するアラブ連盟の決定に対して「留保」を表明      【チュニス:本紙】      チュニジアは、「アクサーの大洪水」作戦とイスラエルのガザへの攻撃に関してアラブ連盟が発表した決定内容に対する「留保」を表明した。      チュニジア大統領府は、同国のカイス・サイード・サイード大統領がナビール・アンマール外務大臣兼外交問題・移民省大臣に対し、水曜日にアラブ連盟委員会の閣僚級会議から出された決定のテキストに対して留保を表明するよう指示したことを明らかにした 全文をよむ

2023-10-12 パレスチナ:イラン大統領とサウジアラビア皇太子がパレスチナ情勢をめぐり電話会談を行う (al-Quds al-Arabi紙)

■イラン大統領とサウジアラビア皇太子が「イスラエルのパレスチナに対する戦争犯罪を終わらせる必要性」について話し合う      【アンカラ:アナトリア通信】      イランのイブラヒーム・ライースィー大統領がサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子とパレスチナにおける最新の動向について話し合った。      イラン大統領府の政治担当副首席補佐官であるムハンマド・ジャムシーディー氏の「X」における発言によれば、この話し合いは水曜日に2人の間で電話会談によって行われたという。      ま 全文をよむ

2023-10-11 イラク:イラク人民動員隊が国境で駐屯地と監視塔の規模拡大 (al-Watan紙)

■治安上の理由で...イラクの人民動員隊がシリアとの国境で待ち伏せ作戦と監視塔を展開      【本紙】      昨日、イラクの人民動員隊がシリアとの国境地帯に待ち伏せ(作戦)と監視塔を展開・配備した。目標地域におけるテロ組織ISISの残党の不審な動きについて複数報告が上がったためである。      ある治安情報筋は、「マアルーマ」通信が伝えたところの声明において、治安上の理由により人民動員隊がシリアとの国境地帯で待ち伏せ作戦と監視塔を展開している、と発表した。      そして、「人民動員隊 全文をよむ

2023-10-11 パレスチナ:米上院議員がイスラエルによるガザ地区民間人への物資、エネルギー供給の遮断を批判 (al-Quds al-Arabi紙)

■米上院議員バーニー・サンダース氏:「イスラエルのガザ地区包囲は重大な国際法違反である」      【ワシントン:本紙】      米国のバーニー・サンダース上院議員(バーモント州)は水曜日、ガザ地区の2百万人以上の住民らの人々への電力、食料、燃料と水の供給を遮断したとしてイスラエル軍を批判した。   さらにこれを、数千人の子供たちや数十万人のパレスチナの人々に苦痛を与える「重大な国際法違反」であると評した。      サンダース氏は「民間人を標的とすることは、それを犯した人が誰かに関係なく戦争 全文をよむ

2023-10-11 エジプト:アラブ諸国の外相たちがガザへの侵攻に関して停戦の重要性を強調 (al-Quds al-Arabi紙)

アラブ諸国の外相たちはガザに対する戦争を止めることの重要性を強調する      【カイロ:クドゥス・アラビー】      アラブ諸国の外相たちはカイロで昨日(10日)、イスラエルのパレスチナに対する侵攻に関する緊急会議を開催した。      アラブ連盟事務次長のフッサーム・ザキー氏は最終声明を読み上げ、ガザ地区に対するイスラエルの攻撃及び同地区とその周辺地域における緊張の高まりを即時停止することの重要性を強調した。さらに同氏は、すべての当事者に対して自制を要請することを強調した。また声明は、緊張 全文をよむ

2023-10-11 パレスチナ:パレスチナ情勢を受けてエル・グーナ映画祭の開催延期が決定 (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ情勢を受けてエル・グーナ映画祭の開催延期が決定      【カイロ:本紙】               「エル・グーナ」映画祭の運営部はパレスチナで発生している事態を受けて、今月13日に開催予定であった第6回同映画祭の開催の延期を発表した。      同映画祭の運営部は次のように声明を出した。「昨今パレスチナで発生している混乱や不幸な出来事を鑑み、エル・グーナ映画祭運営部は、第6回本祭の開催を今月27日から翌月2日までの日程へと延期することを決定した。このような不幸な出来事のなかで、 全文をよむ

2023-10-11 シリア:ミクダード大臣がアルジェリア、チュニジア、サウジアラビア各国の外相と会談(2) (その他 - シリア国営通信紙)

■ミクダード外務在外居住者大臣、アルジェリア、チュニジア、サウジアラビア各国の外相とパレスチナ人民に対するイスラエルの侵略について協議      【ダマスカス:シリア国営通信】      ミクダード大臣はチュニジアのナビール・アンマール外務大臣とも会談した。この際両大臣はパレスチナ人民に対するイスラエルの侵略という共通のビジョンを踏まえて、双方の立場を調整する必要性と、これに対してアラブ諸国の統一された立場を取る必要性を強調した。      さらにミクダード大臣はサウジアラビアのファイサル・ビン 全文をよむ

2023-10-11 シリア:ミクダード大臣がアルジェリア、チュニジア、サウジアラビア各国の外相と会談(1) (その他 - シリア国営通信紙)

■ミクダード外務在外居住者大臣、アルジェリア、チュニジア、サウジアラビア各国の外相とパレスチナ人民に対するイスラエルの侵略について協議      【ダマスカス:シリア国営通信】      カイロのアラブ連盟本部で開催された緊急アラブ閣僚会議に合わせて、外務在外居住者大臣のファイサル・ミクダード博士は、アルジェリアのアフマド・アッターフ外務大臣と、パレスチナ人民に対するイスラエルの犯罪的侵略の最新の進捗について協議した。      両大臣は、この地域における植民地計画に抵抗するという両国国民の願望 全文をよむ

2023-10-10 レバノン:イスラエルによる空爆から一夜明け南部の町を取材(2) (Al-Nahar紙)

その地域の住民の一部は、約4時間続いた爆撃と交戦について以下のように語っている。「イスラエル人は、特に軍高官の殺害後や軍用機によるこの地域の爆撃後に作戦地に隣接したザヒーラ町の家屋内に侵入してきた。」      ルマイシュ町に関しては、特に拠点のひとつに瓦礫が降り注ぎ将校が軽傷を負った後に同町の通りおよびその周辺で定期的に目撃されたのはレバノン軍の装甲車両だけだったと記録されている。また、ザヒーラ町とアイタ・シャアブ町をつなぐ道では国連レバノン暫定隊(UNIFL)のパトロールが目撃された。   全文をよむ

2023-10-10 レバノン:イスラエルによる空爆から一夜明け南部の町を取材(1) (Al-Nahar紙)

■南部に対するイスラエルの爆撃後、本紙は町々を取材し、その雰囲気を観察      【ベイルート:本紙、アフマド・ムナッタシュ】      イスラエルの拠点のひとつに武装組織「イスラーム聖戦」が作戦を行い、それに対しイスラエルがレバノンに行った報復の直後、昨日(9日)午後から深夜まで治安情勢に進展があった。これを受け、本紙は今日、海岸の町ナークラから中央地区のビント・ジュバイル市の西側の入り口であるサッフ・ハワーに至るまでの「ブルーライン(注:イスラエル・レバノン間の停戦ライン)」に沿って取材し、 全文をよむ

2023-10-10 UAE:UAEがシリアにパレスチナでの戦争に介入しないよう要請(2) (al-Quds al-Arabi紙)

アクシオス:UAEはシリア政権に対し、イスラエルへの攻撃を許可しないよう要請      【ワシントン、本紙】         どうやら、ドナルド・トランプ前大統領の仲介によるアブラハム合意の一環として2020年に平和条約を締結した後、UAEもイスラエルとの緊密な関係に熱心であるようだ。アクシオスの情報筋によると、首長国連邦当局者らはメッセージをシリア高官に送り、シリア人との接触をバイデン政権に伝えた。      首長国当局者は、私的な外交交渉については話し合わないと述べた。シリアの国連代表部(親 全文をよむ

2023-10-10 UAE:UAEがシリアにパレスチナでの戦争に介入しないよう要請(1) (al-Quds al-Arabi紙)

アクシオス:UAEはシリア政権に対し、イスラエルへの攻撃を許可しないよう要請      【ワシントン、本紙】      アラブ首長国連邦は、シリアのアサド政権に対し、ハマスとイスラエルの間の戦争と称する事態に介入しないよう、あるいはシリア領土からイスラエルへの攻撃を許可しないよう要請したと「アクシオス」が報じた。 同ウェブサイトは、米国を含む多くの国が、戦争がレバノンやシリアに広がり、地域紛争にエスカレートする可能性を深く懸念していることを示した。      同ウェブサイトはまた、この警告は月曜 全文をよむ

2023-10-09 カタールで、「アクサーの大洪水」攻勢の後イスラエルに団結を表明したレストランに対するキャンペーン(ツイート) (al-Quds al-Arabi紙)

スライマーン・ハーッジ・イブラーヒーム   ドーハ【クドゥス・アラビー】       SNSの複数のサイトで、人民キャンペーンのようなものが広まった。このキャンペーンは、カタール政府の当局にウーシール地区マハー島にあるレストランのオーナーに断固たる立場をとるよう呼びかけるもので、その理由はこのオーナーがイスラエル擁護を宣言したことだ。       カタールの地元紙の様々なものは、当局に対しガザを支援するようにとの呼びかけと掲載した。また、諸紙はレストランのオーナーのツイートの内容を広め、その内容 全文をよむ

2023-10-09 パレスチナ: アラブ諸国がイスラエル情勢に関して「エスカレーションの停止と自制」を求める (al-Quds al-Arabi紙)

■アラブ諸国がイスラエルとパレスチナによるエスカレーションを停止するよう呼びかけ      【ロンドン:アナトリア通信】      エジプトとヨルダンが沈静化に向けて接触を行うなか、アラブ諸国は、イスラエル側とパレスチナ側のエスカレーションの停止と自制を求め、国際社会に行動を起こすよう呼びかけた。      これはサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、カタール、オマーン、バーレーン、エジプト、ヨルダン、イラク、アルジェリア、モロッコ、レバノン、リビア、イエメンの外務省が発表した声明にならび 全文をよむ

2023-10-08 シリア:人々はパレスチナでの「アクサーの大洪水」作戦との連帯を表明 (al-Quds al-Arabi紙)

■スワイダーのカラーマ広場で、シリアの人々は「アクサーの大洪水」作戦との連帯を宣言する      【ダマスカス:本紙、ヒバ・ムハンマド】      シリアの街頭では総じて、南部のスワイダー県では特に、広域軍事作戦で生じた土曜日の出来事と連帯する声が上がっている。この軍事作戦は、カッサーム旅団がいわゆるガザ地区において仕掛けたものである。また同時に、人々は占領されたパレスチナでの「アクサーの大洪水」作戦との連携を表明した。      スワイダーの住民は、日曜、街の中心のカラーマ広場における大規模な 全文をよむ

2023-10-08 レバノン:ベイルート府主教がレバノン国民の法令遵守とモラル・マナー向上の必要性と重要性を説く (Al-Nahar紙)

■アウダ府主教:大統領と法律を執行する強大な権力がなければ事態は改善しない      【ベイルート:本紙】      ベイルート府教区のイルヤース・アウダ府主教は、「レバノンでは若者たちの死が後を絶たない。自ら命を絶つ者もいる。 彼らはサタンの悪巧みに巻き込まれ、絶望してひきこもり、生きる意欲を失い、あるいは自国の復活への希望が消え、思い出もしがらみも捨てゼロから人生をやり直すために黄泉の国へと旅立つ。それ以外に、祝砲の流れ弾や、照明も安全施設も全く整備されていない危険な道路のせいで、数多くの若 全文をよむ

2023-10-08 アメリカ:イスラエルへの攻撃に対するトランプ氏とマッカーシー氏の反応 (al-Quds al-Arabi紙)

■マッカーシー氏は、ハマスのミサイルが「イスラエルのアイアンドーム」システムを圧倒したと語り、トランプ氏は、このミサイルはアメリカの弱さの結果だと考える。      【ワシントン:本紙、ラーイド・サーリハ】      ドナルド・トランプ前アメリカ大統領は、(同氏の表現によると)ハマスによるイスラエルへの最近の「攻撃」は、アメリカが「弱く無能」であるとみなされた結果だと述べた。      「攻撃されたのは、我々が弱く無能で、弱い指導のもとにあると思われているからだ。」とトランプ前大統領はアイオワ州 全文をよむ

2023-10-07 シリア:シリアから帰国したカナダ人女性にテロ組織参加の嫌疑 (al-Quds al-Arabi紙)

■シリアから帰国したカナダ人女性にテロ組織参加の嫌疑が向けられる      【オタワ:AFP通信】      カナダ当局は金曜、6か月前にシリアの難民キャンプから帰国したカナダ人女性に対しテロ組織に参加した容疑がかけられていることを明かした。      カナダ警察当局は声明で、トロント西部に位置するオンタリオ州ミルトンで木曜、「イラク・レバントのイスラーム国」の活動に参加したとしてアンマーラ・アムジャド容疑者が逮捕されたと発表した。      法廷での短い出廷期間のなかで、29歳の同容疑者は保釈 全文をよむ

2023-10-06 モーリタニア:大統領、シャリーアに違反するいかなる法律も制定しないように厳命(2) (Al-Ahram紙)

■暴力から女性を守る法律制定に向けた3度目の試みに猛反発      【ヌアクショット:本紙】      また、「法律案の原案は現在、国内の学者や専門家によって審査されており、その後、全国民が閲覧できるように公開する」と明言した。そして「共和国大統領は法律制定について決定権を持つモーリタニア学者協会とファトワー・苦情最高評議会に法律案を送付するよう指示を出した事に言及した。      過去に2回、2017年と2018年に、いわゆる「ジェンダー法」または「尊厳法」の法律案が広範囲にわたり拒否され、法 全文をよむ

2023-10-06 イラク:トルコと協力体制をとり国境の治安維持を図る(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■国境の治安維持のため、イラクはトルコとの合同治安委員会の発足を目指す      【バグダード:本紙】      さらにギュレル国防相は面会のなかで、アッバースィー国防相をトルコに招いたことに関する喜びを表明した。また招待された同大臣にならびイラク国民全員に対して、ニーナワー県モースル市の東部に位置するハムダーニーヤで発生した、結婚式会場の火災事件による犠牲者らへの弔意を表明した。      トルコ国防省は、イラク北部の「ミフラブ-クフル」戦線で1人の兵士が殺害されたと発表した。殺害された兵士は 全文をよむ

2023-10-06 モーリタニア:大統領、シャリーアに違反するいかなる法律も制定しないように厳命(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■暴力から女性を守る法律制定に向けた3度目の試みに猛反発      【ヌアクショット:本紙】      モーリタニアのムハンマド・シャイフ・ガズワーニー大統領府は木曜日、同国イスラーム問題担当大臣が明らかにした(騒ぎの)鎮静を図るための公式見解が発端となって、女性と少女に対する暴力を罰する法律制定に向けた3度目の試みへの激しい抵抗の嵐に直面した。この数日間、学者のファトワー(イスラームの法学者が宗教的な立場から出す勧告や判断)、音声メッセージ、国会前での抗議活動などの反対行動が続いている。   全文をよむ

2023-10-06 イラク:トルコと協力体制をとり国境の治安維持を図る(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■国境の治安維持のため、イラクはトルコとの合同治安委員会の発足を目指す      【バグダード:本紙】      アッバースィー国防相のレセプションは、アンカラにあるトルコ国防省の建物で、音楽隊がイラクとトルコ両国の国歌を演奏した軍事式典のかたちで実施された。ギュレル国防相は次のように話した。「会合を通して、地域の軍事産業および防衛産業の分野における二国間の協力関係について議論がなされた」。      同氏はさらに次のようにつけ加えた。「イラクとトルコは、歴史的にも社会的にも強いつながりを持った 全文をよむ

2023-10-06 イラク:トルコと協力体制をとり国境の治安維持を図る(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■国境の治安維持のため、イラクはトルコとの合同治安委員会の発足を目指す      【バグダード:本紙】      イラクのムハンマド・シヤーウ・スーダーニー首相はフアード・フサイン外相に対し、トルコのハーカン・フィアン外相との調整のもとで、両国国境の治安維持を目的とした合同治安委員会の発足へ向け動くよう指示を行った。またこの動きのなかで、イラクのサーイブ・アッバースィー国防相はアンカラで、「テロとの戦い」における協力体制を継続するための協定を締結した。      イラク軍の報道官であるヤフヤー・ 全文をよむ

2023-10-05 レバノン:マウラウィー内務大臣が在レバノン・シリア人避難民の規制について言及(3) (al-Watan紙)

■レバノンのマウラウィー内務大臣「シリア人が犯す犯罪率は全犯罪中の30パーセントを超えており、我々はシリア人の無差別滞在を許さない」      【ダマスカス:本紙】      同委員会の委員長であるファーディー・アラーマ議員は次のように述べた。「これは不法入国の問題、密航業者の役割、および密航業者への対処法に関する議論であり、この問題への対処に関して遅延と欠陥が存在ことを示している」      アラーマ氏は、アブドゥッラー・ブーハビーブ外務大臣が、避難民の「データ」を引き渡すことでUNHCRと合 全文をよむ

2023-10-05 レバノン:マウラウィー内務大臣が在レバノン・シリア人避難民の規制について言及(2) (al-Watan紙)

■レバノンのマウラウィー内務大臣「シリア人が犯す犯罪率は全犯罪中の30パーセントを超えており、我々はシリア人の無差別滞在を許さない」      【ダマスカス:本紙】      マウラウィー氏は各自治体に対し、違反の抑制や侵害の除去など、シリア人の駐留に関して行った行動について15日ごとに定期報告書を提出するよう求めた。さらに虚偽または偽造された供述を行った容疑者は内務省の管轄部門によって調査されると説明した。      マウラウィー氏は最後に、「我々は明確な期限内に避難民を帰還させる計画を望んで 全文をよむ

2023-10-05 レバノン:マウラウィー内務大臣が在レバノン・シリア人避難民の規制について言及(1) (al-Watan紙)

■レバノンのマウラウィー内務大臣「シリア人が犯す犯罪率は全犯罪中の30パーセントを超えており、我々はシリア人の無差別滞在を許さない」      【ダマスカス:本紙】      レバノン暫定政府のバッサーム・マウラウィー内務大臣は昨日、レバノンでシリア人避難民が犯した様々な重大犯罪の割合が30パーセントを超えたと発表し、この際この問題には「レバノンの環境、イメージ、アイデンティティを守るための協力」が必要であると指摘した。      一方レバノン当局は、国連難民高等弁務官事務所がレバノンで彼らに固 全文をよむ

2023-10-05 エジプト:欧州議会はエジプトにおける平和的対抗勢力への迫害に関して懸念を表明(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■欧州議会はエジプトに公正な選挙を実施し、タンターウィー氏への嫌がらせをやめるよう要請      【カイロ:本紙】      さらにこの議決は「パトリック・ザキー氏のような不正に拘留された政治犯らの限定的な釈放」を歓迎している。      この議決は欧州連合(EU)の加盟国に対して、エジプトの人権侵害について次回のEU-エジプト会議で問題提起をし、国連人権理事会による監視・報告メカニズムを支援するよう求めた。      この決議は出版者であり、自由運動理事会の代表でもあるヒシャーム・カースィム氏 全文をよむ

2023-10-05 エジプト:欧州議会はエジプトにおける平和的対抗勢力への迫害に関して懸念を表明(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■欧州議会はエジプトに公正な選挙を実施し、タンターウィー氏への嫌がらせをやめるよう要請      【カイロ:本紙】      欧州議会は、エジプト当局に対し、自由で公正な選挙を実施する重要性を強調しつつ、平和的対抗勢力への迫害の停止にならび、活動家ヒシャーム・カースィム氏および政治犯らの釈放を求める決議案を379票の過半数賛成とともに可決した。同時に、反体制派に数えられる潜在的候補者の支持者の多くは10日間にわたる妨害を経て、大統領選挙委任機関を解放することに成功した。      欧州議会の決議 全文をよむ

2023-10-03 チュニジア:元外務大臣がアルジェリアからの領土の返還を要求 (al-Quds al-Arabi紙)

■元大臣がアルジェリアからの「チュニジアのサハラ」の返還を求める      【チュニス:本誌】      チュニジアのアフマド・ウナイヤス元外務大臣が、アルジェリアからの「チュニジアのサハラ」の返還を訴えた。      同氏はラジオ放送で、「チュニジアはフランスの占領期から、アルジェリアからサハラ地域を取り戻すために尽力してきたが、フランスのシャルル・ド・ゴール元大統領がそれを拒否した」と述べた。      加えて同氏は、「アルジェリアとモロッコの協定のケースと同じく、独立後、我々はアルジェリア 全文をよむ

2023-09-29 スーダン:UAEが即応支援部隊を秘密裏に支援(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■米紙:アラブ首長国連邦の航空機がチャドの基地を使用してスーダンの即応支援部隊に武器を輸送      【ロンドン、ハルツーム:本紙】      ニューヨーク・タイムズによると、UAE政府は地対空ミサイルをワグネル・グループから即応支援部隊の司令部である「ハミーダティー」の部隊へ輸送することに貢献したという。そしてこの支援は、アブドゥルファッターフ・ブルハーン氏が率いるスーダン軍の戦闘機の撃墜へとつながったという。      ビデオ映像には、そのほとんどがダルフール地域での宗派間の暴力から逃れてき 全文をよむ

2023-09-29 レバノン:在ベイルート・アゼルバイジャン大使館前で大規模デモ(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■アルメニア系レバノン人らが在ベイルート・アゼルバイジャン大使館の襲撃を試みる      【ベイルート:本紙】      その後デモ参加者らは、大使館の入り口や治安部隊に向けて爆竹を投げつけ、それを原因として大使館周辺で火災が発生した。      ダシュナク党(アルメニア革命連合)の書記長であるハゴプ・パクラドニアン議員は、従属当局からのカラバフの引き渡しは終わったとする声明を発表した。      パクラドニアン氏は、カラバフで発生したことの責任はアルメニアのニコル・パシニャン首相にあると述べた 全文をよむ

2023-09-29 レバノン:在ベイルート・アゼルバイジャン大使館前で大規模デモ(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■アルメニア系レバノン人らが在ベイルート・アゼルバイジャン大使館の襲撃を試みる      【ベイルート:本紙】      在ベイルート・アゼルバイジャン大使館の前に数百人のアルメニア系レバノン人が集結し、大使館警備を任じられていたレバノンの治安部隊および暴動対策部隊を、火炎瓶、花火、石、棒で攻撃した。      本紙特派員らによると木曜夕方、抗議者らが大使館への侵入を試みたが、レバノン治安部隊はこれを阻止し、さらに催涙弾を発射した。      治安部隊が大使館へのデモ参加者らの接近を妨げる厳しい 全文をよむ

2023-09-29 スーダン:UAEが即応支援部隊を秘密裏に支援(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■米紙:アラブ首長国連邦の航空機がチャドの基地を使用してスーダンの即応支援部隊に武器を輸送      【ロンドン、ハルツーム:本紙】      『ニューヨーク・タイムズ』紙によると、アラブ首長国連邦(UAE)は公にはスーダンにおける「平和的解決」を訴えているが、密かに戦争を煽り、「即応支援」部隊を支援しているという。      さらにUAE政府は、チャドにある遠隔基地から武器を輸送し、即応支援部隊の要員らに対して医療ケアを提供している。      同紙は責任者らの話として、UAEが戦争から逃れて 全文をよむ

2023-09-26 サウジアラビア・イスラエル国交正常化交渉の進展(4) (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビア大使がラマッラーでアラブ平和イニシアティブを確認し、イスラエルの大臣が初めてサウジを公式訪問      【ラマッラー:本紙】      パレスチナ外務省の以前の声明によると、スダイリー大使と随行団の訪問は、水曜日まで継続する。またサウジアラビアは先月8月13日、スダイリー氏をエルサレムの大使兼総領事に任命したと発表した。      一方占領政府のベンヤミン・ネタニヤフ首相はスダイリー大使の訪問について、「平和の輪の拡大は歴史的な機会である」と評した。さらに同首相はイスラエルにとっ 全文をよむ

2023-09-26 サウジアラビア・イスラエル国交正常化交渉の進展(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビア大使がラマッラーでアラブ平和イニシアティブを確認し、イスラエルの大臣が初めてサウジを公式訪問      【ラマッラー:本紙】      一方マーリキー大臣はサウジ大使による今回の訪問を、「2国間の傑出した関係における歴史的な瞬間」と表現した。      マーリキー大臣は続けて、「我々はパレスチナのサウジ大使を歓迎しており、2国間関係を発展させるための作業を開始する用意ができている」と述べた。さらに「両国関係を発展させるための業務を開始するために」、サウジ大使が間もなくパレスチナに 全文をよむ

2023-09-26 サウジアラビア・イスラエル国交正常化交渉の進展(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビア大使がラマッラーでアラブ平和イニシアティブを確認し、イスラエルの大臣が初めてサウジを公式訪問      【ラマッラー:本紙】      一方スダイリー大使は、「二つの聖地の管理者であるサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王とムハンマド・ビン・サルマーン皇太子の挨拶をアッバース大統領にお届けし、大統領閣下に信任状をお渡しできたことを光栄である」と述べた。      さらに、パレスチナ国民とその正当な大義を支持するサウジアラビア王国の立場を強調しつつ、今回の訪問があらゆる分野にお 全文をよむ

2023-09-26 サウジアラビア・イスラエル国交正常化交渉の進展(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビア大使がラマッラーでアラブ平和イニシアティブを確認し、イスラエルの大臣が初めてサウジを公式訪問      【ラマッラー:本紙】      公的な祝賀の雰囲気のもと、パレスチナのマフムード・アッバース大統領は、ナーイフ・ビン・バンダル・スダイリー氏のサウジアラビア王国特命全権大使、パレスチナ国非常駐全権大使、ならびにエルサレム市総領事としての信任状を受領した。      スダイリー大使はパレスチナ、アラブ、そして世界各国のさまざまなメディアが出席した大規模な記者会見ののち、外務省の建 全文をよむ

2023-09-21 サウジ・イスラエルの関係正常化は米国次第 (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジ皇太子:イスラエルとの正常化は日々近づいている、しかし交渉にとってパレスチナ問題はなおも重要である      【ワシントン:本紙】      サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子は水曜日のフォックス・ニュースとのインタビューで、王国はイスラエルとの関係正常化に近づいているが、パレスチナ問題については引き続き話し合いが重要であると述べた。      ビン・サルマーン氏は、自国がイスラエルとの関係正常化交渉を中止するとの情報の信憑性を否定し、2国間の外交関係樹立の交渉に関する質 全文をよむ

2023-09-21 イラク:スーダーニー首相、ニューヨークでNATO事務総長と会談 (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダーニー首相:イラク政府は対ISIS国際連合との関係のあり方を見直している      【バグダード:諸通信社】      イラクのムハンマド・シヤーア・スーダーニー首相は水曜日、イラク治安部隊の準備状況を踏まえ、政府は現在、(対ISIS)国際(有志)連合との関係を見直していると述べた。これにより両者間の合同委員会が設立され、対話が重ねられている。そしてこの問題をフォローアップし、イラク軍の育成と訓練について検討するために、(イラク)国防省の使節団がワシントン入りした。      イラク政府 全文をよむ

2023-09-16 エジプト:スィースィー大統領による生活支援(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■スィースィー大統領が生活上の負担に直面する国民を支援するため、多くの措置を取ることを決定      【カイロ:本紙】      スィースィー大統領は「危機が終局を迎えつつある」としつつ、「完全な安堵が得られるまで、我々はあと数歩のところにいる」と述べた。      さらに同大統領は政治情勢について言及するなかで、「経済発展の実現に向けた努力とならんで、政治のレベルでも同様の状況を実現することが我々の願望であった。同時に私は、エジプト社会のもつ活力はその全ての構成要素とともに、国家にポジティブな 全文をよむ

2023-09-16 イエメン:内戦終結へ向け、サウジアラビアがフーシ派をリヤドでの会談へ招待(2) (al-Quds al-Arabi紙)

また、アメリカ国務省は金曜、「この和平に向けた重要な一歩は、サウジアラビアとフーシ派の間の一連の交流範囲を広げるものだ」と述べた。      さらに同省は次のように付け加えた。「先週、アメリカの高官がサウジアラビア、オマーン、UAEを訪れ、イエメン和平実現の現実的な道筋について、この地域のパートナーや、イエメンの当事者たちと協議をした。このときの訪問が、結果的にリヤドでの会談に繋がった。」      イエメンでは2014年に、イランからの支援を受けたフーシ派が、イエメン政府を首都サナアから追い出 全文をよむ

2023-09-16 エジプト:スィースィー大統領による生活支援(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■スィースィー大統領が生活上の負担に直面する国民を支援するため、多くの措置を取ることを決定      【カイロ:本紙】      エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースイー大統領は政府に対し、生活で直面している負担から国民を助けるためにいくつかの措置を講じるよう指示した。      スィースィー大統領は自身が、エジプトの家族が生活上の負担に直面するなかで直面している苦しみの程度を理解していると述べた。またこうした負担はコロナ禍を背景とする世界規模の複雑な危機にともなう経済的悪影響に起因するも 全文をよむ

2023-09-16 イエメン:内戦終結へ向け、サウジアラビアがフーシ派をリヤドでの会談へ招待(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビアが会談のためにフーシ派を招待し、アメリカはこれを歓迎      【ワシントン:ロイター通信】      サウジアラビアは、イエメンのフーシ派の使節団をリヤドで開かれる会談へ招待した。このことに対して、アメリカ国務省は金曜(15日)、歓迎の意を示した。また同時に、同省はこれを「和平へ向けた重要な一歩」であるとした。      サウジアラビアは、リヤドで開かれるイエメンの停戦会談にフーシ派の使節団を招待した。また木曜にサウジアラビア通信社(SPA)が述べたところによると、サウジアラビ 全文をよむ

2023-09-14 エジプト:国連総会に合わせスーダン近隣諸国の外務大臣会議を招集する意向を発表 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトはニューヨークでスーダン近隣諸国の外務大臣による会合を来週招集する考えを示す      【カイロ:DPA】      エジプトのサーミフ・シュクリー外務大臣は、今週木曜日(14日)にアメリカのアントニー・ブリンケン国務長官と電話会談を行い、スーダン危機やリビアの状況をはじめとする地域内の多くの重要な課題について協議した。      エジプト外務省のスポークスマンであるアフマド・アブーザイド大使によれば、この会談において、シュクリー外務大臣はスーダンにおける人道及び政治的危機に対処するた 全文をよむ

2023-09-13 レバノン:ムルタダー文化大臣がシリア人避難民のレバノン定住計画をめぐって欧州諸国を非難(3) (al-Watan紙)

■レバノン文化大臣「欧州がレバノンにシリア人難民を定住させることを目的とした計画を撤回しない場合、彼らが海を渡って欧州に押し寄せることになるだろう」      【ダマスカス:本紙】      さらにミーカーティー氏は、ブーハビーブ外相が自身のダマスカス訪問の日程を確定させるようシリア当局に要請したとの連絡を受けたことを明らかにした。同氏は、イリヤース・バイサリー国家公安局長代理兼軍事評議会事務総長とともに、ダマスカスで避難民の立ち退き問題について協議する予定だという。      シリアに関する国 全文をよむ

2023-09-13 レバノン:ムルタダー文化大臣がシリア人避難民のレバノン定住計画をめぐって欧州諸国を非難(2) (al-Watan紙)

■レバノン文化大臣「欧州がレバノンにシリア人難民を定住させることを目的とした計画を撤回しない場合、彼らが海を渡って欧州に押し寄せることになるだろう」      【ダマスカス:本紙】      さらにムルタダー氏は、次のように「国際社会」への脅迫を行った。「もし欧州がレバノンに避難民を固定化する計画を変更しないのであれば、彼らの面前で避難民がそこに向かうための海路が開かれることになるだろう。彼らに彼らの行動の責任を負わそうではないか。あなたたちは、自身で調理した毒を自分で飲むがよい」。      全文をよむ

2023-09-13 レバノン:ムルタダー文化大臣がシリア人避難民のレバノン定住計画をめぐって欧州諸国を非難(1) (al-Watan紙)

■レバノン文化大臣「欧州がレバノンにシリア人難民を定住させることを目的とした計画を撤回しない場合、彼らが海を渡って欧州に押し寄せることになるだろう」      【ダマスカス:本紙】      レバノン暫定政府のムハンマド・ウィサーム・ムルタダー文化大臣は、自国が「シリア人がレバノン領海を介して欧州に向かうのを制御することは不可能である」と述べ「欧州がレバノンにシリア人難民を定住させることを目的とした計画を撤回しない場合、彼らが海を渡って欧州に押し寄せることになるだろうだろう」との脅迫を行った。  全文をよむ

2023-09-12 シリア:駐シリア・チュニジア大使がシリアとの国交回復についてコメント(3) (al-Watan紙)

■ムハズィビー駐シリア・チュニジア大使への独占インタビュー…来年初頭にシリア・チュニジア間の協力を活性化するための実際的な措置を取ることを明らかに      【ダマスカス:本紙】      「彼らをチュニジアへの送還という課題があり、我々はこの課題に立ち向かうことに加わっている。この課題は国境を越えるものであり、テロリストの問題はチュニジアだけでなく、北アフリカやサハラ以南のアフリカにまで及んでいる。これに立ち向かうには努力を終結させること必要であり、そのため我々はシリアの兄弟たちとの調整に向け 全文をよむ

2023-09-12 シリア:駐シリア・チュニジア大使がシリアとの国交回復についてコメント(2) (al-Watan紙)

■ムハズィビー駐シリア・チュニジア大使への独占インタビュー…来年初頭にシリア・チュニジア間の協力を活性化するための実際的な措置を取ることを明らかに      【ダマスカス:本紙】      さらにムハズィビー氏は経済に関連する事項として、自身がシリアに出発する前に、チュニジア商工会議所から、「チュニジアの商人らが、ダマスカスを訪問し両国間の貿易関係を再開する準備ができていると表明した」との連絡を受けたことを明らかにした。      さらに同氏はシリア商工会議所に関して、自身がシリアに到着して以来 全文をよむ

2023-09-12 シリア:駐シリア・チュニジア大使がシリアとの国交回復についてコメント(1) (al-Watan紙)

■ムハズィビー駐シリア・チュニジア大使への独占インタビュー…来年初頭にシリア・チュニジア間の協力を活性化するための実際的な措置を取ることを明らかに      【ダマスカス:本紙】      ムハンマド・ムハズィビー駐シリア・チュニジア大使は、自国とシリアの国交回復は、これが公式に発表される以前から自国民による国民的な要求であったことを明らかにした。さらにシリアとの国交回復が実際に発表された際には、これがチュニジア国民の大部分によって歓迎され、大事件ととらえられたことを明らかにした。      ア 全文をよむ

2023-09-11 エジプト:社会主義人民同盟党が大統領選挙の立候補者に求める人物像 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトの政党:我々は、国交正常化に反対し、本気で大統領の座を争う者を応援する      【カイロ:本紙】      エジプトの社会主義人民同盟党は、次期大統領選挙で党が支持する候補者が満たすべき条件の一つが国交正常化反対であると発表した。      ミドハト・ザーヒド党首は「党幹部会の会議で、来月10月に中央委員会を招集し、次期大統領選挙に関する党の方針を協議する旨決定した」と述べた。      そして、「幹部会のメンバーは会議で、選挙戦への出馬を(党が)認めるための候補者が満たさなければな 全文をよむ

2023-09-11 チュニジア:「国家の破綻」は完全なフェイクなのか?大統領の威圧的な発言に批判の声も(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■サイード大統領は「国家の破綻」を語る者全員を恫喝…タブービー事務総長はチュニジア国民に国の現状を率直に伝えるよう求める。      【チュニス:本紙】      タブービー事務総長は土曜日、(UGTTの)運輸・交通連合第18回定例会議を開催するにあたり、ラジオ・モザイクに「労働組合は決して弱くはありません。提案のための勢力であり、善のための勢力です。我々は意見の衝突を恐れません。(信頼関係の)構築と団結を呼びかけています。全ての関係者に再検討するよう求めています。間違いを起こさない人などいない 全文をよむ

2023-09-11 チュニジア:「国家の破綻」は完全なフェイクなのか?大統領の威圧的な発言に批判の声も(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■サイード大統領は「国家の破綻」を語る者全員を恫喝…タブービー事務総長はチュニジア国民に国の現状を率直に伝えるよう求める。         【チュニス:本紙】      サイード大統領は、「チュニジアには豊かな自然と奇跡を起こす技術力がある。我々は戦略的な穀物備蓄を持っている。国民には(政府が)国民の願望を叶えるために尽力し、国と多くのプロジェクトを意図的に妨害してきた諸機関の浄化に努めるというメッセージを届けたい」と言い切った。      また、住宅・設備省を訪問した際、「今こそ、国家のために 全文をよむ

2023-09-11 チュニジア:「国家の破綻」は完全なフェイクなのか?大統領の威圧的な発言に批判の声も(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■サイード大統領は「国家の破綻」を語る者全員を恫喝…タブービー事務総長はチュニジア国民に国の現状を率直に伝えるよう求める。      【チュニス:本紙】      チュニジアのカイス・サイード大統領は、マルーワーン・アッバースィー中央銀行総裁に対し、チュニジアの現在の財政状況を明らかにし、国家財政が破産寸前でないことを国民に知らせ、安心させるよう求めた。      大統領は金曜日の夕方、アッバースィー総裁との会談で、「中央銀行の財務分析委員会は、ロビー活動とつながりのある団体による政党への偽装資 全文をよむ

2023-09-07 エジプト:林外務大臣の訪問を通じ日本との相互協力関係を模索(2) (Al-Ahram紙)

■教育分野での日本との協力強化…大統領と林外務大臣は両国関係および国際的な平和と安全保障問題について協議      【カイロ:イスマーイール・ジュムア】      同様に会合では、国際平和、安全保障問題、特にロシア・ウクライナ危機と、その世界経済へのマイナスの影響、エネルギーと食糧危機についての議論が行われた。      また、共通の関心がある地域的な諸問題についての議論も行われ、その中で日本の外務大臣は、現在中東地域で起こっている諸危機の解決に向けたエジプトの迅速な努力への日本の支援を明らかに 全文をよむ

2023-09-07 エジプト:林外務大臣の訪問を通じ日本との相互協力関係を模索(1) (Al-Ahram紙)

■教育分野での日本との協力強化…大統領と林外務大臣は両国関係および国際的な平和と安全保障問題について協議      【カイロ:イスマーイール・ジュムア】      アブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は、今年4月に日本の総理大臣がエジプトを訪問した際の成果に基づき、あらゆる分野で日本との共同協力関係を強化する意向を強調した。両国関係は同訪問の際に戦略的パートナーシップに格上げされている。      大統領のこの発言は、昨日、サーミフ・シュクリー外務大臣同席のもと、スィースィー大統領が日本の 全文をよむ

2023-09-06 イスラエル、最大のイスラム教国・インドネシアとの国交正常化に向け秘密接触(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■占領下エルサレムに新たにパプアニューギニア大使館が開設…その後、イスラエルと最大のイスラム教国との間で秘密裡に連絡がとられていたことが明らかに      【ガザ:本紙】      疑問視する側の根拠としては、この数か月前にインドネシアがイスラエルの選手の入国を認めず、国際試合が開催できなくなったことを挙げている。これは、今年5月にバリ島で開催予定だったサッカーU-20ワールドカップに参加する際に、U-20イスラエル代表団が同国に入国するのを拒否されたときのことで、これにより国際サッカー連盟FI 全文をよむ

2023-09-06 イスラエル、最大のイスラム教国・インドネシアとの国交正常化に向け秘密接触(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■占領下エルサレムにパプアニューギニア大使館が開設…続いて、イスラエルと最大のイスラム教国との間で秘密裡に連絡がとられていたことが明らかに      【ガザ:本紙】      占領国(イスラエル)が、世界最多のイスラム教徒を擁するインドネシアと秘密裏に連絡をとっていると、イスラエルの報告書が明らかにした。同国右派政権は、国交関係を拡大し、「アブラハム合意」に参加するアラブやイスラム教圏の国を増やそうと取り組みを続けている最中にある。      〈秘密裏の連絡〉   ヘブライ語紙『イェディオト・ア 全文をよむ

2023-09-01 レバノン:UNIFIL任務延長案に起因する国連安保理の緊張(11) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️西側諸国がレバノンの主権を無視しようとするなかで、UNIFIL任務延長にかかわる安保理会合が緊迫化      【ニューヨーク(国連):本紙】      同決議は加えてブルーラインへのいかなる侵犯を非難し、全ての当事者に対し、国際法に基づく各国のコミットメントを尊重すること、そしてあらたな違反行為を防止するために敵対的行為を停止すること、この点に関する国連とUNIFILへの完全な協力を求めた。      同様にイスラエル軍に対しても、国連レバノン暫定軍との調整のもとで、ガジャル村北部およびブル 全文をよむ

2023-09-01 レバノン:UNIFIL任務延長案に起因する国連安保理の緊張(10) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️西側諸国がレバノンの主権を無視しようとするなかで、UNIFIL任務延長にかかわる安保理会合が緊迫化      【ニューヨーク(国連):本紙】      これに加え、UNIFILとレバノン軍間の協力強化、レバノンが開始したUNIFILやその人員に対する全ての攻撃に関する調査を迅速に終了することをあらためて求めた。      そして決議2695号はすべての国家に対して、ニタリ川南部で、レバノン軍やUNIFILに属するものを除く戦闘員や武器が存在しない区域の設立に向けた、「完全な尊重・支援」を提供 全文をよむ

2023-09-01 レバノン:UNIFIL任務延長案に起因する国連安保理の緊張(9) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️西側諸国がレバノンの主権を無視しようとするなかで、UNIFIL任務延長にかかわる安保理会合が緊迫化      【ニューヨーク(国連):本紙】      この修正点は昨年の8月に初めて、UNIFILの任務延長に関する決議において、その活動内容に対して加えられたものである。      そしてこの決議はすべての当事者に対して、決議1701号の実施に向けた全面的な協力のほか、UNIFILが全ての任務領域において自由な移動を行い、ブルーライン上の全ての地点に障害なくアクセスできる権利を完全なかたちで尊 全文をよむ

2023-09-01 レバノン:UNIFIL任務延長案に起因する国連安保理の緊張(8) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️西側諸国がレバノンの主権を無視しようとするなかで、UNIFIL任務延長にかかわる安保理会合が緊迫化      【ニューヨーク(国連):本紙】      フランスは、レバノンが反対の立場を表明していた、UNIFILの行動の自由にかかわる文言への修正案を提示した。その草案には「UNIFILがその任務の範囲で実施するパトロールに関して、レバノン政府と調節を行う」という条項が含まれていた。またレバノンはUNIFILの行動の拡大と、レバノンの政府や軍との調整を欠いた行動への拒否を主張した。      全文をよむ

2023-09-01 レバノン:UNIFIL任務延長案に起因する国連安保理の緊張(7) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️西側諸国がレバノンの主権を無視しようとするなかで、UNIFIL任務延長にかかわる安保理会合が緊迫化      【ニューヨーク(国連):本紙】      8月の安保理議長を務めたトーマス・グリーンフィールド米国国連大使は、 UNIFILの行動の自由や、UNIFILが公式あるいは非公式のパトロールを実施する能力に関する文言を包括的に履行する必要性を指摘した。レバノン南部のブルーライン一帯においてヒズブッラーの活動を許している様々な非合法の場所にアクセスする能力がUNIFILに欠如しているという事 全文をよむ

2023-09-01 レバノン:UNIFIL任務延長案に起因する国連安保理の緊張(6) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️西側諸国がレバノンの主権を無視しようとするなかで、UNIFIL任務延長にかかわる安保理会合が緊迫化      【ニューヨーク(国連):本紙】      ロシアのワシリー・ネベンツィア国連大使は、同国の代表団が「交渉の最終段階において文言に挿入された、議論を呼ぶ一連の変更」を理由として投票を棄権したと述べた。また同国の不動の出発点は、レバノンの指導部がUNIFILと(レバノン)国軍の間の調整強化に関して明白なかたちでシグナルを送っていることなど、同国の見解を考慮に入れることであると強調し、投票 全文をよむ

2023-09-01 レバノン:UNIFIL任務延長案に起因する国連安保理の緊張(5) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️西側諸国がレバノンの主権を無視しようとするなかで、UNIFIL任務延長にかかわる安保理会合が緊迫化      【ニューヨーク(国連):本紙】      さらにヌサイバ大使は、UNIFILがいまだに行動の自由に関する課題に直面しており、重要地区へのアクセスができていないと指摘し、今回の決議に暫定軍の独立性に関する文言が明確に付記されたことを歓迎した。そして同大使は、この文言がレバノンに対し、「『利害関係が絡むすべての場所』を含む、UNIFILが要求した各所への同暫定軍の完全なアクセスを促進する 全文をよむ

2023-09-01 レバノン:UNIFIL任務延長案に起因する国連安保理の緊張(4) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️西側諸国がレバノンの主権を無視しようとするなかで、UNIFIL任務延長にかかわる安保理会合が緊迫化      【ニューヨーク(国連):本紙】      さらに同大使は、レバノン南部におけるUNIFILの存在は基本的にレバノン・イスラエル間の紛争に起因すると強調し、問題がレバノンの組織とUNIFILの間にのみ存在するという誤った印象を否定した。続けて大使は「UNIFILとレバノン南部の地元住民の間の関係はむしろ非常に良好である」としつつ、「この文言を緊張の原因ではなく、さらなる安定と安全を実現 全文をよむ

2023-09-01 レバノン:UNIFIL任務延長案に起因する国連安保理の緊張(3) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️西側諸国がレバノンの主権を無視しようとするなかで、UNIFIL任務延長にかかわる安保理会合が緊迫化      【ニューヨーク(国連):本紙】      同大使はさらにレバノンの決議1701号(2006)への取り組みを繰り返し述べつつ、レバノン国土の安全を維持する軍の存在の必要性を強調した。しかしムラード大使は「今回の文言がレバノンのすべての関心事項を反映しておらず、レバノン情勢の特質を考慮しなかったことは遺憾である」と述べ、「この特徴とは主権とされるものである」と付言した。さらに「レバノンは 全文をよむ

2023-09-01 レバノン:UNIFIL任務延長案に起因する国連安保理の緊張(2) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️西側諸国がレバノンの主権を無視しようとするなかで、UNIFIL任務延長にかかわる安保理会合が緊迫化      【ニューヨーク(国連):本紙】      フランスは立案者の立場から、レバノン政府との調整なしに、「UNIFILの行動の自由」に関してレバノン外務省から送付された文言の改定を試みた。しかしレバノン政府はこの条項を完全に拒否し、これまでの決議が提示してきた規範からの逸脱であるとみなした。理事会で演説を行ったレバノン大使はそれを、国連憲章第6章のもとで採択された決議1701号を、実施にあ 全文をよむ

2023-09-01 レバノン:UNIFIL任務延長案に起因する国連安保理の緊張(1) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️西側諸国がレバノンの主権を無視しようとするなかで、UNIFIL任務延長にかかわる安保理会合が緊迫化      【ニューヨーク(国連):本紙】      国連安全保障理事会は、国連レバノン暫定軍(UNIFIL)の任務を2024年8月31日まで延長することを規定した決議2695号(2023)を、13の過半数賛成票および中国とロシアの棄権を受けて可決した。同決議の採択にあたっての協議では、西洋諸国が同決議に自らのビジョンを反映させ、レバノン政府に対するいかなる考慮を行わないままに、暫定軍に自由に行 全文をよむ

2023-08-31 シリア:ドゥルーズ派指導者がスワイダーで続く反体制抗議運動への支持を表明(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■スワイダー:ドゥルーズ派の精神的指導者、ヒクマト・ヒジュリー師がシリア政権側の人々を「尊厳を売った」として非難      【ダマスカス、アンタキヤ:本紙】      さらに「私たちは一人ではなく、神が私たちとともにいらっしゃいます。この国の高貴なる人々が、内面でも世界のあらゆる場所でも私たちとともにあります。あなたたち一人一人が立場や説教壇、広場を通じてこの運動における役割を果たしましょう」と述べた。      これと並行して木曜日、スワイダー市の住民たちによって12日間にわたって続けられてい 全文をよむ

2023-08-31 シリア:ドゥルーズ派指導者がスワイダーで続く反体制抗議運動への支持を表明(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■スワイダー:ドゥルーズ派の精神的指導者、ヒクマト・ヒジュリー師がシリア政権側の人々を「尊厳を売った」として非難      【ダマスカス、アンタキヤ:本紙】      スワイダー県でシリア政権の打倒とバッシャール・アサド氏の退陣を求める民衆抗議が2週間にわたって続いている。そこでは、ドゥルーズ派コミュニティの精神的指導者であるヒクマト・ヒジュリー師が昨日木曜日(8月31日)に民衆による反体制運動への支持をあらためて表明し、自身が「正当かつ合法的な要求」を撤回しないことを強調した。      ヒク 全文をよむ

2023-08-23 シリア:経済危機に対する抗議活動が広がりを見せるなか、デモ隊と軍が衝突する(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■シリア: 政権に対する抗議活動が継続…ダルアーで政府軍がデモ参加者に発砲する      【諸首都:本紙、ヘバ・ムハンマド】      その一方で、シリア人権監視団は、シャ―ム解放機構の構成員3名(うち1名は航空交通の監視に従事)が死亡し、一方でシャ―ム解放機構の構成員7名と女性2名を含む民間人5名が負傷したと述べた。なお、これは国内避難民キャンプの一つの近くにある軍事拠点を標的としたロシアの戦闘機による昨日の空襲によるものであったという。ちなみに、その国内避難民キャンプはイドリブ北部の田園地帯 全文をよむ

2023-08-23 シリア:経済危機に対する抗議活動が広がりを見せるなか、デモ隊と軍が衝突する(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■シリア: 政権に対する抗議活動が継続…ダルアーで政府軍がデモ参加者に発砲する      【諸首都:本紙、ヘバ・ムハンマド】      シリアで内戦の展開を監視しているシリア人権監視団は、政権に対する抗議デモはこれまで一週間続き、県内の11の市町村が参加していると述べた。また、いくつかの地域で全ての政府機関と商店が完全に閉鎖していると付け加えた。一方、シリア当局は講義に対して公式にコメントしていない。また、親政府系新聞『ワタン』は火曜日、デモ参加者らが銀行や政府機関、パン屋の業務を妨害したと報じ 全文をよむ

2023-08-23 シリア:経済危機に対する抗議活動が広がりを見せるなか、デモ隊と軍が衝突する(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■シリア:政権に対する抗議活動が継続…ダルアーで政府軍がデモ参加者に発砲する      【諸首都:本紙、ヘバ・ムハンマド】      当局が講じた新たな経済措置に対する抗議活動が広がりを見せるなか、活動家やウォッチャーは、昨日火曜日(22日)、シリア南部にあるスワイダー県のおよそ十の町村で群集が反シリア政府のスローガンを叫んだと述べた。      スワイダー県のメディア報道の提供に力を入れる活動家たちのプラットフォームであるサイト(スワイダー24)は、県の中心であるスワイダー市での大規模デモ行進 全文をよむ

2023-08-22 エジプト:ヨルダン外相と二国間関係、パレスチナ問題について議論 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト..スィースィー大統領とサファディー外相が二国間協力、パレスチナ問題について議論する      【アンマン:アナトリア通信】      エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は火曜、ヨルダンのアイマン・サファディー外相と共に、二国間関係の将来や、パレスチナ問題解決に向けた重点的な国際的努力の方法について検討した。      ヨルダン外務省の声明によると、この会談はサファディー外相によるエジプトへの予告のない訪問の一環で、アラメイン市(西部)に同外相を迎えている期間に実施さ 全文をよむ

2023-08-18 パレスチナ:パレスチナとイスラエル、両国間の緊張緩和に前進 (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ人囚人はイスラエルの収容所内での抗議運動を一時休止      【ラマッラ:ドイツ通信社】      今日金曜午後、パレスチナ人囚人代表委員会はイスラエルの収容所管理局と、緊張緩和のための相互合意に至ったと発表した。これによりパレスチナ側は抗議運動を休止する。      囚人の国民運動国家緊急高等委員会は、ジャーナリストらに配布した声明で「我々の直近の運動や様々な方法での民衆の支援が、我々を満足のいく結果に導き、抗議の歩みを休止させるに至った。」と述べた。      また、「我々の合意 全文をよむ

2023-08-17 シリア:シリアとロシアが防衛とテロとの戦いの両分野での協力をさらに発展させることを確認(3) (al-Watan紙)

■シリアとロシアが防衛とテロとの戦いの両分野での協力をさらに発展させることを確認      【ベイルート:本紙】      さらに「世界のあらゆる地域がもつ地政学的重要性は、この地域の国々と世界の国々の間の関係性の性質、形態、目的を確定するうえでもっとも重要な役割を果たしている。そしてこれは地政学的、政治的、経済的現状の自然なかたちでの反映である」と付言した。      さらに「シリア・アラブ軍がロシアを筆頭とする友人たちの支援を受けて侵略を打ち破り、テロリズムの大部分を排除することに成功したの 全文をよむ

2023-08-17 シリア:シリアとロシアが防衛とテロとの戦いの両分野での協力をさらに発展させることを確認(2) (al-Watan紙)

■シリアとロシアが防衛とテロとの戦いの両分野での協力をさらに発展させることを確認      【ベイルート:本紙】      さらにロシア国防省は、この会談が友好的な雰囲気のなかで行われたことを示しつつ、両国が「防衛とテロとの戦いの両分野でロシア・シリア間の協力を継続的に発展させる準備ができている」ことが強調されたと述べた。      昨日には、アッバース国防大臣は同時軍事フォーラムでのスピーチのなかで、「中東とアフリカ大陸の安全保障や、地域がさらされている脅威と課題は、本会談が焦点を当てている重 全文をよむ

2023-08-17 シリア:シリアとロシアが防衛とテロとの戦いの両分野での協力をさらに発展させることを確認(1) (al-Watan紙)

■シリアとロシアが防衛とテロとの戦いの両分野での協力をさらに発展させることを確認      【ベイルート:本紙】      シリアのアリー・マフムード・アッバース国防大臣とロシアのアレクサンドル・フォミン国防副大臣が昨日行われた会談で、シリアとウクライナの治安状況について協議した。この際両大臣は、防衛とテロとの戦いの両分野で、シリア・ロシア間の協力をさらに発展させる準備ができていることを確認した。      ロシアの『タス通信』は、今回の会談が軍事・技術フォーラム「アーミー2023」の一環として 全文をよむ

2023-08-16 エジプト:「殉教者および負傷者の家族のための評議会」を社会連帯省管理下の新組織に統合 (2) (Al-Ahram紙)

また、カッバーグ社会連帯大臣は殉教者および負傷者の家族の権利や福祉について規定する決定については、合併に関する大統領の決定を実行しつつ財務省と調整したうえで近々発表するとした。なお、それまでの間は「殉教者および負傷者の家族のための国民評議会」の現行の決定や規則にのっとって業務を継続する予定だという。そして、社会連帯省は殉教者と負傷者の家族への賠償金支払い基金である「殉教者および負傷者の家族のための名誉基金」と調整し、殉教者およびテロで負傷した民間人の家族に対し提供しているサービスを全うすることを 全文をよむ

2023-08-16 エジプト:「殉教者および負傷者の家族のための評議会」を社会連帯省管理下の新組織に統合 (1) (Al-Ahram紙)

また、カッバーグ社会連帯大臣は殉教者および負傷者の家族の権利や福祉について規定する決定については、合併に関する大統領の決定を実行しつつ財務省と調整したうえで近々発表するとした。なお、それまでの間は「殉教者および負傷者の家族のための国民評議会」の現行の決定や規則にのっとって業務を継続する予定だという。そして、社会連帯省は殉教者と負傷者の家族への賠償金支払い基金である「殉教者および負傷者の家族のための尊厳基金」と調整し、殉教者およびテロで負傷した民間人の家族に対し提供しているサービスを全うすることを 全文をよむ

2023-08-16 ソマリア:アルカーイダ系組織の構成員30人超殺害 (al-Quds al-Arabi紙)

■ソマリア中部における軍事作戦でアッ=シャバーブ運動の構成員30人を殺害      【モガディシュ:アナトリア通信】      ソマリア軍は水曜日、ソマリア中部ガルムドゥグ自治州での軍事作戦でアッ=シャバーブ運動の構成員30人を殺害したと発表した。      ソマリア国防省のアブドゥッラー・アリー・アーヌード報道官が記者会見で明らかにしたとソマリア国営通信(SONNA)が伝えた。      アーヌード報道官は、「国軍が (中部) ガルムドゥグ自治州ガルグドゥード地域での軍事作戦で、アル=カーイダ 全文をよむ

2023-08-04 エジプト:デンマーク外相とクルアーン焼却事件について電話会談(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■デンマーク外相からエジプト外相に向けて:我々はクルアーンを燃やす行為を禁止する法律の制定を検討している      【カイロ:本紙】      さらに両外相は電話会談を通じて、「今後の期間により広い地平に到達するための協力に向けた両国の熱意という文脈のなかで、経済、文化、議会の分野において二国間関係が歩んでいる行程」に言及した。またこの際シュクリー氏は、特に輸送やインフラに関連するエジプトの既存の事業におけるデンマークの民間部門の際立った役割を賞賛し、「エジプトでデンマークのより多くの民間部門を 全文をよむ

2023-08-04 エジプト:デンマーク外相とクルアーン焼却事件について電話会談(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■デンマーク外相からエジプト外相に向けて:我々はクルアーンを燃やす行為を禁止する法律の制定を検討している      【カイロ:本紙】      さらにラスムセン氏は、デンマーク政府が現在、「このような残念な事件が繰り返されることを阻止するいくつかの措置や、法律の制定を検討している」ことに注意を向けた。さらにエジプト外交使節団本部を筆頭とする、外国の外交使節団本部への保護の提供に関する自国の取り組みを確認した。      一方シュクリー氏はエジプトの立場について、「クルアーンを燃やすすべての犯罪を 全文をよむ

2023-08-04 エジプト:デンマーク外相とクルアーン焼却事件について電話会談(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■デンマーク外相からエジプト外相に向けて:我々はクルアーンを燃やす行為を禁止する法律の制定を検討している      【カイロ:本紙】      エジプトのサーミフ・シュクリー外相は金曜日、デンマークのラース・ラスムセン外相と電話会談を行いった。ラスムセン氏はこの際、自国が現在、聖クルアーンを燃やす行為が繰り返されることを阻止するいくつかの措置や法律の制定を検討していると強調した。      エジプト外務省の外交局長で公式報道官のアフマド・アブー・ザイド大使によると、この電話会談では、「繰り返され 全文をよむ

2023-07-30 スーダン:ハルツームで軍とRSFが衝突 (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダン.. ハルツームにおいて軍とRSFの間で激しい衝突      【ハルツーム:アナトリア通信】      スーダン軍とRSF (即応支援部隊) の間で日曜(30日)夕方、首都ハルツーム南部のいくつかの住宅地において激しい衝突が発生した。      目撃者らの報告によると、衝突はスーダン軍の装甲車両基地の西側に位置するアシャラ地区およびヌズハ地区において発生したという。      目撃者らは、衝突は該当地区における最も激しいものであり、双方の間で重火器および小火器が使用されたと語った。   全文をよむ

2023-07-29 イスラエル:ヨルダン川西岸地区で続く、イスラエルとパレスチナ間の緊張状態 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル占領軍がヨルダン川西岸北部で軍事施設が銃撃を受けたと発表      【ナーブルス:アナトリア通信】      イスラエル軍は土曜日、「昨夜、ヨルダン川西岸北部にある軍事施設の一つが、軍が追跡していた車から銃撃を受けた」と発表した。      イスラエル軍はツイッターのアカウント上に「夜間、走行中の車の車内から、ナーブルス市の南西部のテル村の近くの軍事施設に向けて発砲があった」と声明を出した。      声明では、車両を追跡していた部隊に人的被害はないということだが、それ以上の詳細につ 全文をよむ

2023-07-27 ソマリア:アッ=シャバーブに関して米次官と会合 (al-Quds al-Arabi紙)

■ソマリア大統領がアッ=シャバーブ運動との戦いに関して米高官と話し合う      【モガディシュ:アナトリア通信】      ソマリアのハサン・シャイフ・マフムード大統領は木曜、アッ=シャバーブ運動に対する戦いの第二局面における米政府の役割に関してブライアン E. ネルソン米財務次官(テロ担当)と話し合った。      ソマリア大統領府が同機関のフェイスブックアカウントに投稿した短い声明によると、この会合は米次官が行った首都モガディシュの1日間の公式訪問の中で行われた。      声明によると、 全文をよむ

2023-07-25 レバノン:中央銀行の新総裁いまだ決まらず (al-Quds al-Arabi紙)

■ナビーフ・ビッリー国民議会議長は、レバノン中央銀行の新総裁任命のための政府会議の必要性を強調      【ベイルート:本紙】      レバノン国会議長のナビーフ・ビッリー氏は火曜日、レバノン中央銀行の新総裁任命のための政府会議の必要性を強調した。ビッリー氏の公式ウェブサイトが発表した声明によると、この発言は、同氏が暫定政府首相のナジーブ・ミーカーティー氏を応接した際になされたものである。その際ビッリー氏によって、一般的な情勢や、特にレバノン中央銀行新総裁の問題などの最新の政治状況についてのブ 全文をよむ

2023-07-25 イスラエル:司法制度改革法案を可決 史上最大規模の抗議活動は継続、混乱激化 (al-Quds al-Arabi紙)

■「内乱」状態のイスラエル:ネタニヤフ首相への抗議でも拡大…デモ隊を狙った車で複数の負傷者も      【ナザレ:ワディーウ・アワーウダ:本紙】      国内外からの激しい反発にもかかわらず、イスラエルの連立与党は、「合理性」に基づく審査を廃止する法案を最終承認した。今回の法案は、最高裁判所が(不合理と判断した)政府や閣僚の決定を無効にできないようにする内容となっている。野党が政治体制に対するクーデターと見なす本法案を政府が推し進める意向を示していることから、数日以内に混乱の拡大が危惧される中 全文をよむ

2023-07-21 エジプト:運輸省が仏大手海運企業と戦略的協力に向けた覚書に署名(3) (Al-Ahram紙)

■エジプト運輸省がフランスの「CMA-CGM」社と海運、ドライポート、物流分野での協力に関する覚書に署名      【カイロ:ナビール・バドル】      一方ロドルフ・サーデ氏はエジプト運輸省との協力の規模の大幅な拡大と、両国間の戦略的パートナーシップを強固に開始するための重要な一歩となる今回の覚書に署名できたことに対し大きな喜びを示した。さらに「この偉大な共同協力は、スィースィーエジプト・アラブ共和国大統領の後援と支援がなければ実現不可能であった」としつつ、「エジプトはこの契約を通じて、運輸 全文をよむ

2023-07-21 エジプト:運輸省が仏大手海運企業と戦略的協力に向けた覚書に署名(2) (Al-Ahram紙)

■エジプト運輸省がフランスの「CMA-CGM」社と海運、ドライポート、物流分野での協力に関する覚書に署名      【カイロ:ナビール・バドル】      さらに同大臣は、複数の分野(多目的ターミナル、商船、海上航行、ドライポートの整備、鉄道によって海港と結ばれた物流エリア)での協力を含む今回の署名の重要性について言及した。      さらに同大臣は、海洋ターミナルの管理や運営に特化しており、世界第3位の海運企業を保有している国際的大手企業との署名に関する喜びを表明した。また今回の署名が、運輸省 全文をよむ

2023-07-21 エジプト:運輸省が仏大手海運企業と戦略的協力に向けた覚書に署名(1) (Al-Ahram紙)

■エジプト運輸省がフランスの「CMA-CGM」社と海運、ドライポート、物流分野での協力に関する覚書に署名      【カイロ:ナビール・バドル】      エジプト運輸省はフランスの国際企業である「CMA-CGM」社とビデオ会議を通じ、海運、ドライポート、物流の分野における戦略的合同協力の開始に関する了解覚書に署名した。この覚書には、エジプトではカーミル・ワズィール運輸大臣(中尉、エンジニア)が署名し、パリではCMA CGMのCEOであるロドルフ・サーデ氏がアラー・ユースフ駐フランス・エジプト大 全文をよむ

2023-07-20 レバノン:自由で公正な国民主権国家の実現に向けて…困難と光の間で (Al-Nahar紙)

■NPO団体「Civic Influence Hub」:待つことは難しいが、レバノン救済の羅針盤は明確だ!      【ベイルート:本紙】      レバノンのNPO団体「Civic Influence Hub(CIH)」は「国民の自由権、平等権、人権を保障する自由で公正な独立した国民主権国家の建設を着実に推進しなければならない。なぜならこれらの要素がレバノン国を構成する形質の遺伝子となっているからだ」と強調した。そして、(未来の)希望を破壊しがちな全体主義やマフィアの支配を警戒し、明確なビジョ 全文をよむ

2023-07-17 サウジアラビア:日・サウジアラビア首脳会談が開かれる (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビアと日本は数々の地域・国際問題に対して払われた努力を再確認した      【リヤド:DPA】      日曜(16日)夜、ジェッダのサラーム宮殿での会談で、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ皇太子兼首相は日本の岸田文雄首相と「数々の地域・国際問題に対して払われた努力」を再確認した。         サウジ通信社(SPA)は、皇太子が日本の首相と公式会談を開き、「二国間関係、とりわけ経済、貿易、投資、文化分野での協力の側面と、日・サウジ・ビジョン 全文をよむ

2023-07-14 アルジェリア:不法移民の犯罪ネットワークがアルジェリア憲兵により逮捕される (al-Quds al-Arabi紙)

■アルジェリアの憲兵がスペイン海岸への不法移住の旅を組織したモロッコ人28名の逮捕を明らかにする      【アルジェ:本紙】      アルジェリア当局はスペイン海岸への移民の密輸に関わっている国際ネットワークのメンバーらを逮捕したことを明らかにした。そのメンバーらは主にモロッコ国籍を持つ人々から形成されており、アルジェリア北西部におけるこの種の作戦はこれで2度目である。      同国西部のオラン市のアルジェリア憲兵隊は声明で、アルジェリアを経由してモロッコからスペインへ向かう極秘の航海の組 全文をよむ

2023-07-13 スーダン:エジプト主導で停戦を協議(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダン紛争の停止に向けたエジプト主導の取り組み:3か月の停戦と政治プロセス      【カイロ、ハルツーム:ターミル・ヒンダーウィー、ムハンマド・アクラウ】      成果文書ではさらに、近隣諸国の外相レベルでスーダン危機に関する閣僚メカニズムを構築することが合意された。同メカニズムの最初の会合はチャド共和国で行われ、戦闘を停止しうる実効的な解決策の策定を含む執行行動計画を策定する。      一方情報筋が本紙に明かしたところによると、エジプト政府は3か月間の停戦イニシアチブを提唱しており、 全文をよむ

2023-07-13  スーダン:エジプト主導で停戦を協議(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダン紛争の停止に向けたエジプト主導の取り組み:3か月の停戦と政治プロセス      【カイロ、ハルツーム:ターミル・ヒンダーウィー、ムハンマド・アクラウ】      スーダンの近隣諸国政府による会議が昨日木曜日(12日)カイロで行われ、現行の紛争およびこれがもたらす近隣諸国への負の影響に終止符を打つための方法が協議された。エジプト政府は会議で、包括的な政治的プロセスの始動を含む3か月間の停戦イニシアチブを提唱した。      オブザーバーらによれば、同会議は、エジプトが地域的な役割を回復す 全文をよむ

2023-07-11 エジプト:2023年内に拘留施設で19人が死亡(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■2023年内にエジプトの拘留施設で19人が死亡      【カイロ:本紙】      これに先立ちエジプト内務省は公式フェイスブックページを通じて声明を発表しており、そのなかで同氏の死因が血液循環の急激な低下であったと述べた。      シハーブ人権センターは、内務省の声明に関して以下のようなコメントを出した。   「生きる権利は、収監されている人々を含む全ての人間の基本的な権利の一つである。いかなる時も人間の尊厳が尊重され、その安全が保障されなければならない」。      さらに次のように続 全文をよむ

2023-07-11 エジプト:2023年内に拘留施設で19人が死亡(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■2023年内にエジプトの拘留施設で19人が死亡      【カイロ:本紙】      さらにエジプト当局に対して、アリー・アーミル氏の死に関する調査を開始するととも、拘留施設と刑務所において適切かつ十分な医療ケアを提供し、エジプトが国際法上、あるいは国連決議に関連して遵守している内容に沿うかたちで、拘留施設と刑務所内の生活手段と生活環境を改善することを求めた。      同団体は2人目の死亡者に関して、アレクサンドリア県のクーム・シャカーファ地区にある自宅で逮捕された市民マフムード・タウフィー 全文をよむ

2023-07-09 チュニジア:野党連合が政治囚の釈放を求めてスタンディングを決行 (al-Quds al-Arabi紙)

■チュニジア…「陰謀事件」で政治的被拘束者の釈放を要求するスタンディング      【チュニス:アナドル通信社】      チュニジアの野党連合「救国戦線(NRF)」は土曜日の夜、首都チュニスで、いわゆる「国家安全保障に対する陰謀」事件の政治囚らの即時釈放を求めて、スタンディングを行った。      首都チュニスのハビブ・ブルギバ通りでは、スタンディングが行われ、数十人が参加した。参加者たちはスローガンを掲げ、政治囚らの釈放を求めた。      NRFのメンバーで労働達成党党首のアブドゥッラティ 全文をよむ

2023-07-07 エジプト:ルネサンスダムの第4回貯水を進めるエチオピア(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ルネサンスダムの4回目の貯水:100万フェッダーン(※)が破壊や失業率増加の見込みに脅されている      【カイロ:本紙】      専門家らはエチオピア首相の発言を、「下流の両国、特にエジプトが、貯水池の稼働・充填に関して強制力のある合意の締結を求めているなかで、エチオピアが一方的に始めた貯水作業を完了するための時間稼ぎとしての新たな試み」とみなした。      カイロ大学の水資源専門家であるアッバース・シャラーク教授によると、エチオピアは、エジプトがナイル川から得ている年間水量の半分に相 全文をよむ

2023-07-07 エジプト:ルネサンスダムの第4回貯水を進めるエチオピア(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ルネサンスダムの4回目の貯水:100万フェッダーン(※)が破壊や失業率増加の見込みに脅されている      【カイロ:本紙】      エチオピア政府がルネサンスダムの4回目の貯水池充填に向けて準備を行うなかで、同国のアビー・アフマド首相は自国が下流国であるエジプトとスーダンに被害を及ぼしていることを否定した。      アフマド氏の発言は、エジプトの当局者らが「エチオピア政府が取りかかった一方的な行動は、我々の国での水危機につながるだろう」と表明したのと時を同じくしてなされた。      エ 全文をよむ

2023-07-07 パレスチナ:パレスチナ大統領とオマーン外相が会談(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■アッバース大統領がオマーンのブーサイーディー外相にパレスチナ情勢の最新状況について報告      【ラマッラー:アナトリア通信】      ワファー通信によると、これに対しブーサイーディー外相は、ハイサム・ビン・ターリク国王からアッバース大統領に宛てた書面のメッセージを届けた。そのなかには「両国間の二国間関係を強化し、パレスチナ国民とその公正な大義への恒久的な指示に関するオマーン国の確固とした立場を確認するため、オマーン国を訪問するよう招待する」との内容が含まれていたという。      ブーサ 全文をよむ

2023-07-07 パレスチナ:パレスチナ大統領とオマーン外相が会談(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■アッバース大統領がオマーンのブーサイーディー外相にパレスチナ情勢の最新状況について報告      【ラマッラー:アナトリア通信】      パレスチナのマフムード・アッバース大統領は金曜日、オマーンのバドル・ビン・ハマド・ビン・ハムード・ブーサイーディー外相に、パレスチナ情勢の最新状況について報告した。      パレスチナの『ワファー』通信によると、これはオマーン外相のパレスチナ訪問に際して、ラマッラーのパレスチナ大統領府で行われた両者の会談中になされた。      同通信は、アッバース大統 全文をよむ

2023-07-06 ウクライナ:リヴィウの居住用建物へのミサイル攻撃により4人が死亡(4) (al-Quds al-Arabi紙)

■ウクライナ・リヴィウの居住用建物へのミサイル攻撃で4人が死亡 - (写真と動画)      【キエフ:本紙】      直近の数週間で、現地のIAEA職員らがさまざまな現場を捜索したが、彼らは「今のところ地雷や爆発物の痕跡を見つけていない」という。しかし同国連機関は、原子炉3号機と原子炉4号機が設置されている建物の屋上、それどころか原子炉の冷却システム内の特定のエリアにさえ到達することができなかった。      一方ロシア政府は、それが原子力発電所に「壊滅的な影響」をもたらしうるとして、ウクラ 全文をよむ

2023-07-06 ウクライナ:リヴィウの居住用建物へのミサイル攻撃により4人が死亡(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■ウクライナ・リヴィウの居住用建物へのミサイル攻撃で4人が死亡 - (写真と動画)      【キエフ:本紙】      ゼレンスキー氏はオデッサで数日前に撮影され、水曜日に放送されたインタビューのなかで、CNNのエリン・バーネット記者に対し、「反撃をもっと早く行いたかった」と語った。      同氏はさらに、「私は米国に感謝しているが(中略)、しかし米国と欧州諸国に対しては、我々がより早い時期に反撃を開始したいこと、またそのためにあらゆる武器と装備が必要であることを伝えた」と述べた。      全文をよむ

2023-07-06 ウクライナ:リヴィウの居住用建物へのミサイル攻撃により4人が死亡(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ウクライナ・リヴィウの居住用建物へのミサイル攻撃で4人が死亡 - (写真と動画)      【キエフ:本紙】      サドヴィー氏は、「破壊は甚大で、50以上のアパートが被害を受け、オフィスビルも破壊にさらされた」としつつ、「リヴィウ工科大学の校舎や学生寮も被害を受けた」と述べた。      瓦礫      リヴィウに暮らす住民の一人は、米国の資金を受けるラジオ・リバティーに「最初の爆発によって、植木鉢が窓辺から落ちた」と述べた。      彼女はさらに、「二度目の爆発ですべてが破壊された。 全文をよむ

2023-07-06 ウクライナ:リヴィウの居住用建物へのミサイル攻撃により4人が死亡(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ウクライナ・リヴィウの住宅建物へのミサイル攻撃で4人が死亡 - (写真と動画)      【キエフ:本紙】      ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は木曜日、最前線から数百キロ離れた同国西部リヴィウの居住用建物へのミサイル攻撃を受け、「具体的な」対応をとると約束した。      ゼレンスキー大統領はテレグラム上に投稿された、ひどく損傷した複数の建物を映したビデオメッセージのなかで、「敵に対する対応は間違いなくあるだろう。具体的な対応である」と語った。      ウクライナのイゴ 全文をよむ

2023-07-04 シリア:アサド大統領が避難民の帰還にかかわる問題についてヨルダン外相と会談(4) (al-Watan紙)

■ヨルダンのサファディー外相「シリア危機の影響に段階的に対処することがもっとも現実的かつ有益な選択肢」…アサド大統領は「避難民の問題は、純粋に人道的ないしは道徳的な問題であり、いかなるかたちにおいても政治化されるべきではない」と強調      【ダマスカス:本紙】      一方サファディー外相は本紙への質問に答えて、次のように述べた。「我々がアラブ国家として望んでいることは、シリア危機の終結である。これは我々がジェッダ会議とアンマン会議が終わったのちに取り組み始めたことであり、我々はそこで実際 全文をよむ

2023-07-04 シリア:アサド大統領が避難民の帰還にかかわる問題についてヨルダン外相と会談(3) (al-Watan紙)

■ヨルダンのサファディー外相「シリア危機の影響に段階的に対処することがもっとも現実的かつ有益な選択肢」…アサド大統領は「避難民の問題は、純粋に人道的ないしは道徳的な問題であり、いかなるかたちにおいても政治化されるべきではない」と強調      【ダマスカス:本紙】      さらに同様の政治的解決が、「この大惨事を終わらせ、その人道的な、治安上の、政治的なすべての影響に対処し、シリアの統一、領土一体性、主権を保証し、シリア国民の願望を実現し、テロリズムを排除し、シリア人避難民らの自発的帰還を可能 全文をよむ

2023-07-04 シリア:アサド大統領が避難民の帰還にかかわる問題についてヨルダン外相と会談(2) (al-Watan紙)

■ヨルダンのサファディー外相「シリア危機の影響に段階的に対処することがもっとも現実的かつ有益な選択肢」…アサド大統領は「避難民の問題は、純粋に人道的ないしは道徳的な問題であり、いかなるかたちにおいても政治化されるべきではない」と強調      【ダマスカス:本紙】      一方サファディー外相は、シリア人避難民の帰還にかかわる問題に関して、ヨルダンが行った最新の取り組みのほか、アラブ連盟コンタクトグループや国連との調整のもとで、この問題に関連して具体化された複数の新たなアイデアを提示した。   全文をよむ

2023-07-04 シリア:アサド大統領が避難民の帰還にかかわる問題についてヨルダン外相と会談(1) (al-Watan紙)

■ヨルダンのサファディー外相「シリア危機の影響に段階的に対処することがもっとも現実的かつ有益な選択肢」…アサド大統領は「避難民の問題は、純粋に人道的ないしは道徳的な問題であり、いかなるかたちにおいても政治化されるべきではない」と強調      【ダマスカス:本紙】      バッシャール・アサド大統領は、シリア人避難民らを自分たちの村や町に安全に帰還させることがシリア国家にとっての最優先事項であると述べた。さらに同大統領は、避難民らの帰還のための基礎的なインフラを確保することや、あらゆる形態でそ 全文をよむ

2023-07-03 エジプト:前灌漑相がルネサンスダムの問題に関してメディアを批判(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト前灌漑相「ルネサンスダムの危機のなかで、我々はメディアの昏睡状態を経験している…状況は日に日に困難になるだろう」      【カイロ:本紙】      同氏はさらに加えて、「我々はこの陰謀に関してメディアの昏睡状態を経験しており、我々と我々の国に対する計画に関しての情報はない。我々の経済的負債が蓄積し、また地域的、国際的な当事者らが、地域的な問題、スーダンを筆頭とする地域的な問題からエジプトを排除することなど、彼らが望んでいることを実現するためにエジプトを悪用しようとしているなかで、で 全文をよむ

2023-07-03 エジプト:前灌漑相がルネサンスダムの問題に関してメディアを批判(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト前灌漑相「ルネサンスダムの危機のなかで、我々はメディアの昏睡状態を経験している…状況は日に日に困難になるだろう」      【カイロ:本紙】      エジプトの前水資源・灌漑大臣であるムハンマド・ナスル・アラーム氏は、大エチオピア・ルネサンスダムの問題に関して、「エジプトの状況は全体的に良くない」と述べた。      同氏は加えて、公式フェイスブックページ上でルネサンスダムの問題をとりあげ、「ルネサンスダムとその解説ポイント」と題された連続投稿のなかで、「エチオピアは(ダムを)建設し 全文をよむ

2023-07-01 マフムード・バドル氏:同胞団は、アメリカによる政治介入を許した (Al-Ahram紙)

マフムード・バドル氏:ムスリム同胞団はアメリカによる政治介入を招いた      【カイロ:ミドハト・アースィム】      国会議員であり、「タマッルド(反乱)」運動の発起人であるマフムード・バドル下院議員は、テロリスト同胞団による政権がこれほど早く崩壊するとは予想していなかったが、国軍最高司令官による声明が出るまでの間、人々は連日デモを行なっていたと述べた。      また、同氏は「サダー・エルバラド」チャンネルで放送される、6月30日革命の10周年を記念した「私の責任において」という特番の司 全文をよむ

2023-06-25 スーダン:即応支援部隊が激しい戦闘のすえ中央予備警察のキャンプを占拠(2) (al-Quds al-Arabi紙)

◼️中央予備警察(CRP)のキャンプを制圧するための激しい戦闘…「即応支援部隊」(RSF)はキャンプの掌握を発表      【ハルツーム:本紙】      日曜日の朝、即応支援部隊は南部にあるタイバ・キャンプとハルツームのその他の地域からさらなる増援を得たのち、前日と同じ3方面から攻撃を再開した。そして正午には、即応支援部隊はSNSのアカウントを通して、ハルツームの中央予備警察本部の内部だとする場所に自身の戦闘員らがいる様子を拡散した 。      さらに即応支援部隊は中央予備警察が所有していた 全文をよむ

2023-06-25 スーダン:即応支援部隊が激しい戦闘のすえ中央予備警察のキャンプを占拠(1) (al-Quds al-Arabi紙)

◼️中央予備警察(CRP)のキャンプを制圧するための激しい戦闘…「即応支援部隊」(RSF)はキャンプの掌握を発表      【ハルツーム:本紙】      スーダンの即応支援部隊は日曜日、ハルツームの中央予備警察のキャンプを制圧したと発表した。一方目撃者らの報告によると、国軍からの援軍が到着し、国軍の軍用機による集中的な空爆が実施されたのちもキャンプ周辺で戦闘が継続したという。      ハルツームでは、即応支援部隊がハルツーム南部カラークラ郊外の広範囲に広がる、中央予備警察の中央予備キャンプを 全文をよむ

2023-06-21 ガザ:イスラエル当局が囚人の口座から治療費の徴収を開始(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■刑務所当局は人種差別的な決定を実行し、「カンティーナ」口座から囚人に治療を支払わせる      【ガザ:本紙】      「カンティーナ」とは、囚人の口座にある預金のことである。刑期中、刑務所管理局から提供される食料は不足しており、加えてその品質が悪いことから、多くの食料がその口座から購入される。つまり治療を受けるため囚人は食料を買う機会が奪われることを意味する。      さらに同機構は、この人種差別的措置が、過激派の大臣であるイタマル・ベングヴィール氏の支配する管理局に対し、極右のイスラエ 全文をよむ

2023-06-21 ガザ:イスラエル当局が囚人の口座から治療費の徴収を開始(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■刑務所当局は人種差別的な決定を実行し、「カンティーナ」口座から囚人に治療を支払わせる      【ガザ:本紙】      刑務所当局は、国際法に違反する恥ずべき行為として、囚人に対する治療費の請求を開始するという、人種差別的な措置を講じる法律を制定した。それは、癌を患っているワーリド・ダッカ受刑者に対する虐待政策を続行している最中のことである。      ≪治療費の支払い≫      上記の措置は、過激派の国家安全保障大臣であるイタマル・ベングヴィール氏が、イスラエルの刑務所長官であるケイティ 全文をよむ

2023-06-20 レバノン:シリア難民支援のドル化を拒否 (Al-Nahar紙)

■シリア難民に関する会合後のハッジャール氏:我々は、支援のドル化を断固たる拒否を強調する      【本紙】      暫定政権のヘクトール・ハッジャール社会問題大臣の広報室は、「ハッジャール大臣は5月26日の記者会見で発表したレバノンのシリア難民支援のドル化を拒否する明確な立場や、同日に当事者と協議しこの問題の明確な結論を持ち帰ることを約束した国連常駐人道調整官のイムラーン・リーザー氏と開催した会議を受けて、本日(6月20日)、イムラーン・リーザー氏の代理としてエドワール・ベグビディール氏、国 全文をよむ

2023-06-18 イラク:避難民の救済のため国連に支援を呼びかけ(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イラクは50万人以上の避難民救済に向け国際的な支援を要請      【バグダード:本紙】      同様に「エンジニアや国連の各組織との協力を通じて活用できる労働力などからなる国家的なポテンシャルの存在」についても述べた。      一方ダルダリー氏の同行団に対しては、「水資源省、農業省、電力省、南部の湿地帯を訪問したうえで、求められるニーズを明確化し、現状を改善するためにビジョンや意見、経験を交換する」よう呼びかけた。同様に「周辺諸国の水関連政策に起因して、また水問題および電力の生産地移転に 全文をよむ

2023-06-18 パレスチナ:イスラエル政府による入植活動の拡大措置に対抗して二国間会談を取りやめ (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ指導部はイスラエルとの会談を取りやめ、入植の危険な加速に対して新たな措置を講じると脅迫      【ガザ、ラーマッラー:本紙】      米国国務副長官がパレスチナに到着する前日の夜、同国指導部は、475以上の入植地を建設するというイスラエル政府の決定をうけ、占領国との関係に関連する複数の措置を講じると脅迫した。      パレスチナ指導部はさらに、ヨルダン川西岸での入植活動を加速し、またこれを批准することを過激派のベツァルエル・スモトリッチ大臣に認可するというイスラエル政府の決定に 全文をよむ

2023-06-18 イラク:避難民の救済のため国連に支援を呼びかけ(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イラクは50万人以上の避難民救済に向け国際的な支援を要請      【バグダード:本紙】      イラクのアブドゥッラティーフ・ジャマール・ラシード大統領は日曜日、約60万人の避難民がきわめて複雑かつ困難な状況下で生活していると述べ、国際連合に対し、避難民に関する問題の解決および国内の経済・開発の促進のために自国を支援するよう呼びかけた。      イラク大統領府の広報オフィスは、ラシード大統領が「バグダードの宮殿で、国連事務次長補で国連開発計画アラブ諸国地域局長のアブドゥッラー・アブドゥッ 全文をよむ

2023-06-17 リビア:複数の人権団体、ハフタル氏傘下の武装組織による検事正への襲撃を非難(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■リビア:検事がハフタル氏派の軍人による襲撃を受け、複数の人権団体がこれを非難      【トリポリ:ナスリーン・スレイマーン、本紙】      そして、「検察庁の職員に対する暴行は、法廷や司法制度に悪影響を与える行為に他ならない。司法国家にとって不可欠で強固な砦というべき検察の聖域を著しく侵害するものだ」と断言した。      また、ハフタル軍に対して、武装勢力による一連の暴力行為を止めさせるように強く求め、とりわけ東部地域では頻度が増していると訴えた。そして、AOHRの情報筋からの話として、 全文をよむ

2023-06-17 リビア:複数の人権団体、ハフタル氏傘下の武装組織による検事正への襲撃を非難(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■リビア:検事がハフタル氏派の軍人による襲撃を受け、複数の人権団体がこれを非難      【トリポリ:ナスリーン・スレイマーン、本紙】      リビア北東部の都市ベンガジで、武装組織「ターリク・イブン・ズィヤード旅団」の構成員らがアフマド・カタアーニー検事正を襲撃したと地元メディアや複数のソーシャルメディアプラットフォームが報じた。      カタアーニー検事正は、ベンガジ南部の「公共財産検察局」の局長を務めている。「公共財産検察局」とは、公共財産や公有地の差し押さえに関する調査を行うため、全 全文をよむ

2023-06-15 パレスチナ:中国・パレスチナ両首脳が北京で会談 (al-Watan紙)

■秦中国外相は、ブリンケン米国務長官に対し、自国への内政干渉を止めるよう要求…習中国国家主席は「パレスチナ問題の公正な解決を支持する」と述べ、アッバースパレスチナ大統領は「パレスチナの正当な権利に対する中国の支持」に謝意を表明      【諸通信社】      習近平中国国家主席は昨日、マフムード・アッバースパレスチナ自治政府大統領と会談し、パレスチナ問題の公正かつ永続的な解決を推進するべく、パレスチナとの調整および協力を強化する準備ができていると明らかにした。また中国政府はアメリカ合衆国に対し 全文をよむ

2023-06-14 モーリタニア:第2回ロシア・アフリカ首脳会議、「新たな協力レベル」への引き上げを期待 (al-Quds al-Arabi紙)

■駐モーリタニア・ロシア大使:来月7月末にロシア・アフリカ首脳会議を開催予定      【ヌアクショット:本紙】      ロシアのボリス・アナトーリエヴィチ・ジルコ駐モーリタニア大使は、「第2回ロシア・アフリカ首脳会議は、来たる7月26日から29日まで、ロシア第2の都市サンクトペテルブルグで開催される予定だ」と述べた。      ロシア連邦の建国記念日(ロシア・デー)に合わせてジルコ大使は、「(第2回)ロシア・アフリカ首脳会議では、ビジネスフォーラムを含む様々なイベントの開催が予定されている。 全文をよむ

2023-06-12 イラク:スーダーニー首相がエジプト訪問を開始(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダーニー首相がエジプト訪問を開始:「合意が最優先事項である」      【バグダード:本紙】      同首相は「イラクはテロ攻撃の影響にもっともさらされた国家の一つであり、それに勇敢に対応した」と付け加えた。      同首相は、イラク代表団のエジプトへの訪問が「二国間の兄弟関係の精神の表れであり、両国を結びつける歴史関係の確認である」と強調した。さらにアズハル総長に対しても、「アズハルの栄誉ある役割と、それが全ムスリムの間で得ている立場」を鑑み、イラクを訪れるよう呼びかけた。      全文をよむ

2023-06-12 イラク:スーダーニー首相がエジプト訪問を開始(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダーニー首相がエジプト訪問を開始:「合意が最優先事項である」      【バグダード:本紙】      イラクのムハンマド・シヤーウ・スーダーニー首相が高位閣僚代表団のトップとして月曜日、イラク・エジプト合同高等委員会の会合に出席し、金融、ビジネス、観光などの成長分野における相互理解にかかわる一連の覚書を締結することを目的として、エジプトの首都カイロに到着した。      スーダーニー首相の事務所からの声明によると、同首相は「エジプト側と一連の協議・会談を行う」という。      同首相は 全文をよむ

2023-06-11 リビア:ハンガーストライキと健康悪化の後、カッザーフィーの息子のハンニバルの状況について情報の錯綜 (al-Quds al-Arabi紙)

トリポリ【クドゥス・アラビー】      リビアの元大佐(=指導者)のムアンマル・カッザーフィーの息子のハンニバル・カッザーフィーの問題が再浮上した。これは、ハンニバルがレバノンの拘束地でハンガーストライキの後に体調が悪化した後のことである。レバノンでは、同人の弁護士が一連の記者会見で、ハンニバルの即時釈放を要求しつつ、この弁護士の依頼人(=ハンニバル)の健康が徐々に悪化していると強調した。      これに反論して、イタリア在住のリビアの若者の一人が発信した短い動画の中に、リビアの国民統一政府 全文をよむ

2023-06-11 エジプト:収監者らが権利侵害に対するストライキの実施をほのめかす書簡が刑務所から流出(2) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️エジプトのアビー・ザアバル刑務所から流出した書簡…侵害行為に対向ためにストライキを警告する収監者たち      【カイロ:本紙】      アビー・ザアバル刑務所の収監者たちの中で最も多い不満は、刑務所の監房が過密状態であることである。というのも、一つの監房に入れられている収監者の数は、昨年の夏ではたった33人であったが、(現在では)少なくとも45人に達し、それぞれの収監者に割り当てられた床の就寝スペースはわずか40センチメートルにも満たないようになったのだ。      収監者たちは刑務所 全文をよむ

2023-06-11 エジプト:収監者らが権利侵害に対するストライキの実施をほのめかす書簡が刑務所から流出(1) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️エジプトのアビー・ザアバル刑務所から流出した書簡…侵害行為に対向ためにストライキを警告する収監者たち      【カイロ:本紙】      エジプトの刑務所内でのストライキは、近ごろ、収監者たちが受けた侵害行為に対抗してとる選択肢となった。      エジプトの首都カイロから北東約30キロに位置するアビー・ザアバル刑務所から流出した書簡の中で、収監者たちは彼らに対する多数の侵害行為のせいで刑務所内でのゼネストを宣言するかもしれないと述べている。      また彼らは同書簡の中で、「刑務所の管 全文をよむ

2023-06-11 イラク:「イスラーム国」がキルクークの軍事拠点を攻撃し、兵士5人が死傷 (al-Quds al-Arabi紙)

■キルクークでの「イスラーム国」の攻撃によりイラク人将校2人が死亡、兵士3人が負傷      【イスタンブール:アナトリア通信】      イラク国防省は日曜日、北部のキルクーク県でダーイシュ(イスラーム国)の攻撃により将校2人が死亡し、兵士3人が負傷したと明らかにした。      同省のセキュリティ・メディア・セルは、イラク通信社が発表した同省の声明で「我々の軍がテロ組織ダーイシュに対して行った激しい攻撃と質的な作戦の後、この組織は自らの存在を証明しようとしている」と述べた。      そして 全文をよむ

2023-06-10 スーダン:停戦後のハルツームは静けさに包まれる(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ハルツーム:停戦開始から数時間、張り詰めた静けさ      【ハルツーム:アナトリア通信】      木曜日、ハルツームでは軍用機が多数展開し重火器や小火器を使用したスーダン軍と即応支援部隊との間での激しい衝突が勃発した結果、首都南部の石油貯蔵施設で火災が発生した。      一方、金曜日、スーダン軍と即応支援部隊は、国土全域において土曜に始まる24時間の停戦に合意した。これはサウジアラビア政府とアメリカ政府の発表によるものだ。なお、サウジアラビア外務省が発出した声明によると、両政府は先月から 全文をよむ

2023-06-10 スーダン:停戦後のハルツームは静けさに包まれる(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ハルツーム:停戦開始から数時間、張り詰めた静けさ      【ハルツーム:アナトリア通信】      スーダンの首都ハルツームは土曜(10日)、国土全域において24時間実施される軍と即応支援部隊(RSF)との間の停戦開始に伴って、比較的静かな状態となっている。      停戦はハルツームの現地時間で朝6時(グリニッジ標準時では4時)に開始し、24時間実施される。      目撃者らやアナトリア通信の特派員によると、土曜朝の停戦開始以降、戦場のハルツームの町は静けさが支配し、砲撃音や爆撃音、飛行 全文をよむ

2023-06-09 パレスチナ:行政拘留者がハンストを実施、さらなるハンストの計画も (al-Quds al-Arabi紙)

パレスチナ:行政拘留に対し囚人がストライキを行い、支援を求める      ■行政拘留者2人が9日間のストライキの末に占領軍から勝利をもぎ取り、その仲間たちは大規模闘争に備える      【ガザ:本紙】      囚人のカーイド・ファスフースさん(34歳)とアフマド・ムサーラマさん(25歳)は、行政拘留を延長しないというイスラエル側の誓約を得て、9日間続いた公開ハンガーストライキを終了した。その一方、激化する行政拘留に反対するべく今月18日に公開ハンガーストライキを実施する準備が、行政拘留者の間で 全文をよむ

2023-06-09 エジプト:スーダン人がエジプトに渡航する際の事前入国ビザが必須に (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトが渡航を希望するスーダン人に事前の入国ビザ取得を課す…人権団体「この決定は人道的惨事を引き起こすだろう」      【カイロ:本紙】      エジプトのカスタル越境管理局がアシュキット国境通行所のスーダン側当局に通達した決定によると、エジプト当局はスーダン人がエジプトに入国する際の新たな条件を課し、彼らに事前のビザ取得を義務付けた。      通達された内容によると、この決定は明日土曜日から適用され、それ以降スーダン人によるエジプトへの入国は、当事者の年齢や性別を問わず、事前のビザ取 全文をよむ

2023-06-09 シリア:マルティーニー観光大臣が世界観光機関中東地域委員会第49回会合に参加(2) (その他 - シリア国営通信紙)

■シリアが世界観光機関中東地域委員会の第49回会合に参加      【シリア国営通信:アンマン】      同氏は、経済、文化、環境分野における持続可能な開発の目標を達成する上で観光セクターが果たす重要性を指摘しつつ、「西側諸国による一方的な経済制裁の負荷にもかかわらず、政府が観光産業の発展に向けて行っている努力は止まることはなかった」と述べた。      マルティーニー氏は、観光省と卓越性・創造局が2025年にシリア青年観光フォーラムを開催する予定であることを明らかにした。      さらに同 全文をよむ

2023-06-09 シリア:マルティーニー観光大臣が世界観光機関中東地域委員会第49回会合に参加(1) (その他 - シリア国営通信紙)

■シリアが世界観光機関中東地域委員会の第49回会合に参加      【シリア国営通信:アンマン】      世界観光機関中東地域委員会の第49回会合が今日、ヨルダンの首都アンマンで開催された。      シリアのムハンマド・ラーミー・マルティーニー観光大臣は会合中のスピーチのなかで、友好国であるサウジアラビア王国に同機関中東地域委員会の本部が存在することに焦点をあてつつ、同会合が「地域レベルにおける、観光事業の優先順位および次なる段階の展望について協議する機会となる」との指摘を行った。      全文をよむ

2023-06-08 シリア:米国はアラブ諸国とシリア政府の関係正常化を妨害するための新たな制裁措置を検討(3) (al-Watan紙)

■アラブ諸国とシリア政府との関係正常化を妨げるために、より厳しい「制裁」措置を課すことを希求する米国…米国占領軍はシリア東部で「アラブ系」民兵組織の結成を目指す      【ダマスカス:本紙】      一方ウェブサイト「ヴォイス・オブ・アメリカ」はレポートのなかで、「米国はシリアに対する制裁強化に向けて圧力をかけている」としつつ、「米国の立法者らはシリアへの制裁を強化し、シリア政府との関係正常化を妨げるような法案を構想している」と指摘した。      同サイトはまた、この法案が米国のジョー・ウ 全文をよむ

2023-06-08 シリア:米国はアラブ諸国とシリア政府の関係正常化を妨害するための新たな制裁措置を検討(2) (al-Watan紙)

■アラブ諸国とシリア政府との関係正常化を妨げるために、より厳しい「制裁」措置を課すことを希求する米国…米国占領軍はシリア東部で「アラブ系」民兵組織の結成を目指す      【ダマスカス:本紙】      アスル・プレスが掲載したリーク情報によると、米国政府が率いるいわゆる「有志連合」軍は、これまでダイル・ザウル県の田園地帯で採用してきた複数の指導部を変更し、さらに「シリア民主軍」に従属しており、アキーダート族に属するアフマド・ハビール氏を指導者とする「デリゾール軍事評議会」といった一部の勢力の名 全文をよむ

2023-06-08 シリア:米国はアラブ諸国とシリア政府の関係正常化を妨害するための新たな制裁措置を検討(1) (al-Watan紙)

■アラブ諸国とシリア政府との関係正常化を妨げるために、より厳しい「制裁」措置を課すことを希求する米国…米国占領軍はシリア東部で「アラブ系」民兵組織の結成を目指す      【ダマスカス:本紙】      米国占領軍がジャズィーラ地域のアラブ系部族と会談するために彼らに接近すること目的として、シリア北東部の諸地域で「アラブ」民兵組織の結成を希求するなかで、米国のウェブサイトは「米国はシリアに対する制裁強化に向けて圧力をかけている」と述べた。      ウェブサイト「アスル・プレス」が報じたところに 全文をよむ

2023-06-07 イラク:サッダーム政権を称賛する大臣の発言が物議を醸す(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■リーカーニー建設・住宅大臣がサッダーム政権を称賛したとされる動画が流布し、国内の論争を巻き起こす      【バグダード:本紙】      続けて「あの発言は、断固として前政権と現政権を比較するためのものではなく、当時の社会の現実についてのものだった」と釈明した。      ワファー・シャンマリー国民議会議員は、リーカーニー氏がイラク人を、「職務的ではなく、ナショナリズムの視点から見ている」と非難した。      彼女は、「シーア派の宗派主義と失敗を非難するリーカーニー氏の発言に驚いている。イ 全文をよむ

2023-06-07 イラク:サッダーム政権を称賛する大臣の発言が物議を醸す(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■リーカーニー建設・住宅大臣がサッダーム政権を称賛したとされる動画が流布し、国内の論争を巻き起こす      【バグダード:本紙】      イラクの一部のSNSで、サッダーム・フセイン(前大統領)の時代について語り、「当時の方が今より良かった」と述べるバンキーン・リーカーニー建設・住宅大臣の動画が拡散された。リーカーニー氏はこの声明を否定し、動画が「部分的」であることを強調したが、この出来事はイラク国内で論争を巻き起こした。      リーカーニー氏は動画の中で、「シーア派は自分たちでは何も生 全文をよむ

2023-06-05 レバノン:大統領選挙の新たな候補者(2) (Al-Ahram紙)

■新たな候補者:レバノン大統領選挙の停滞を解消する存在      【ラービハ・サイフ・アラーム(アフラーム政治戦略研究センター研究員)】      ≪候補者はいたが大統領にはなれず≫      レバノン議会は、その政治ゲームのルールを変えられるという大きな期待の中で2022年5月の選挙から最初の1年を終えた。しかしこの最初の1年にレバノンで期待された変化は生じなかった。というのも(2022年5月の議会選挙で)選出された新しい(党派・宗派の)構成を反映した政府の新たな大統領に関する合意形成に議会ブ 全文をよむ

2023-06-05 レバノン:大統領選挙の新たな候補者(1) (Al-Ahram紙)

■新たな候補者:レバノン大統領選挙の停滞を解消する存在      【ラービハ・サイフ・アラーム(アフラーム政治戦略研究センター研究員)】      レバノンでは、7か月間にわたり硬直している大統領選挙問題において、新たな人物の名前を広める新しい動きがこの数日間の間で起こっている。その中で最も注目すべき人物の名前は、元財務大臣であり、現在は国際通貨基金の中東及び小アジア部門の責任者であるジハード・アズウール氏である。ジハード・アズール氏の名前は潮流や分極化を超えた合意を得た候補者として、数週間前か 全文をよむ

2023-06-02 モロッコ政府はセウタ市とメリリャ市のモロッコ性にこだわる..EUとスペイン政府は、両市がスペイン領であると強調する (al-Quds al-Arabi紙)

ロンドン【クドゥス・アラビー】      EU委員会は、委員会高官の一人の発言を擁護した。この高官は、セウタとメリリャをスペイン領だとみなした。これは、ラバトの政府がEU委員会に提出した、両市に対する主権の性質に関する抗議に対する委員会の反論でのことだ。      EU委員会副委員長でギリシャ人のマールグリティス・シーナース氏は、以前の発言でセウタとメリリャをスペイン領とみなした。スペインのエルパイス紙は、モロッコがEU委員会に提出した、問題の発言を拒否する抗議の書簡を掲載した。モロッコ政府のム 全文をよむ

2023-05-26 エジプトの刑務所で今月4件目の死亡例 (al-Quds al-Arabi紙)

カイロ【クドゥス・アラビー】      諸般の独立系人権団体は、エジプトの人権問題への批判を続けた。これについては、刑務所や留置所でこの5月の間に4件の死亡例が発生している。   諸団体は、ハーリド・サイード・ナージー(薬剤師、医療コンサルタント、ムスリム同胞団の政治部門である自由公正党所属の元シューラー議会議員)が、昨日刑務所で天に召されたと発表した。   ナージー氏は、2013年10月4日に逮捕されており、ベニスウェフでの第96軍事問題で終身刑が言い渡されていた。本件は、今5月のエジプトの留 全文をよむ

2023-05-25 シリア:軍・治安部隊がイドリブ県内のテロ組織「ヌスラ戦線」の拠点を破壊…度重なる停戦違反への対応 (al-Watan紙)

■シリア・アラブ軍がイドリブ県内のテロリスト拠点を破壊      【ダマスカス:本紙】      シリア・アラブ軍は昨日、ガーブ平原のほか、イドリブ県南部の田園地帯にあるザーウィヤ山地方で確認されたテロ組織「ヌスラ戦線」の隊列および拠点に対し、重砲および多連装ロケット砲による攻撃を加えた。これはシリア北西部の「緊張緩和地帯」で、ヌスラ戦線が幾度となる停戦合意に違反したことへの対応であった。一方ヒムス県東部の田園地帯にあるスフナ砂漠では、陸軍の隊列がテロ組織「イスラーム国」と激しく衝突した。   全文をよむ

2023-05-25 シリア:ミクダード外務在外居住大臣がUNICEFシリア常駐代表から信任状を受領 (al-Watan紙)

【ダマスカス:本紙】      シリアのファイサル・ミクダード外務在外居住者大臣は、自国に課せられた一方的な強制措置が、シリアのあらゆる社会階層、特に子供たちに影響を与えているとの見解を述べた。      シリア国営通信『SANA』が報じたところによるとミクダード氏は昨日、国連児童基金(UNICEF)の新シリア常駐代表に就任した木村泰正から信任状字を受領した。ミクダード氏はこの際、「シリア政府とUNICEFの間で、健康、教育、安全な飲料水の確保といったさまざまな分野でなされている、既存の協力の重 全文をよむ

2023-05-25 シリア:外務在外居住者省がフランス外務省の立場に関してコメントを発表(2) (al-Watan紙)

■外務在外居住者省「植民地時代の遺産を回復し、人々を支配したいというフランスの夢は、もはや今日の世界に適合しなくなった」      【ダマスカス:本紙】      声明はさらに次のように続けた。「時代遅れのフランス外交部は自らの立場を見直さなければならない。なぜなら世界中の人々が、偽りの言葉による覇権と権利の略奪の時代が、恒久的なかたちで終焉を迎えたことを認識しているからである」。      フランスは最近、シリアに向けたアラブの開放的な動きに反対する声明を発表したが、これは欧米諸国の立場を強調 全文をよむ

2023-05-25 シリア:外務在外居住者省がフランス外務省の立場に関してコメントを発表(1) (al-Watan紙)

■外務在外居住者省「植民地時代の遺産を回復し、人々を支配したいというフランスの夢は、もはや今日の世界に適合しなくなった」      【ダマスカス:本紙】      シリアは「植民地時代の遺産を回復し、人々を支配したいというフランスの夢は、もはや今日の世界に適合しなくなった」としつつ、「フランスの外交部は、現実と乖離した自らの立場を見直さなければならない」と断言した。      シリア外務在外居住者省は昨日の声明で「我々は昨今、サウジアラビア王国でのアラブ首脳会議でシリアに対して歴史的な諸決定がな 全文をよむ

2023-05-23 シリア:アラブ連盟がシリア政府の主権を支持する決議を発表(4) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️アラブ連盟がシリア問題に対する決議を発表      【ダマスカス:本紙】      アラブ連盟はその決定のなかで、「今年2月6日にシリア北部を襲った壊滅的な地震災害に関して、アラブ諸国とシリア国民との連帯」を確認した。さらにシリアへの人道支援を継続する重要性を強調し、国際社会に対しては、いかなる政治化から離れ、人道的観点からこの災害の余波に立ち向かうためにさらなる支援を提供するよう呼びかけた。      さらに「それがシリアの領土一体性への脅威、領土全体におけるシリアの主権に対する侵害、地域 全文をよむ

2023-05-23 シリア:アラブ連盟がシリア政府の主権を支持する決議を発表(3) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️アラブ連盟がシリア問題に対する決議を発表      【ダマスカス:本紙】      同様に、2023年5月1日に開催されたシリアに関するアンマン会議で発表されたアラブ声明と、「シリア危機がシリアとその国民にもたらした、すべての人道的、安全保障上の、政治的結果に対処するための、シリア危機の解決に向けた取り組みにおいて、アラブ諸国が主導的な役割を果たそうとする熱意」を歓迎した。      さらに同決議は、「アンマン宣言で合意された内容に沿って、国境をまたぐ避難、テロ、麻薬密輸の直接的、間接的影響 全文をよむ

2023-05-23 シリア:アラブ連盟がシリア政府の主権を支持する決議を発表(2) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️アラブ連盟がシリア問題に対する決議を発表      【ダマスカス:本紙】      さらに決議は、包括的な国民和解の実現を目指すための措置として、シリア憲法委員会の活動を再開する必要性に焦点を当てた。また同連盟は「シリア危機の解決に向けた取り組みにおける、アラブ諸国の主導的役割を活性化するための努力」を歓迎した。さらに「シリアの主権、領土の統一と安定、領土一体性の維持に向けたコミットメントの革新」という観点から、「シリア領土の統一と一体性」を強調した。      さらにこうした立場が、アラブ 全文をよむ

2023-05-23 シリア:アラブ連盟がシリア政府の主権を支持する決議を発表(1) (al-Quds al-Arabi紙)

◾️アラブ連盟がシリア問題に対する決議を発表      【ダマスカス:本紙】      アラブ連盟は公式ホームページ上で、先週サウジアラビアのジェッダで開催された第32回アラブ連盟理事会首脳会議の決議を公開した。この決議は全32章からなる109ページで構成されており、そのうち第4章がシリア問題を扱うものであった。      アラブ連盟の決議では、テロや国境をまたぐ麻薬密売問題について取り扱われたほか、国外避難がもたらす影響「に対処し、避難民の自発的かつ安全な帰還のための適切な環境の構築を強化する 全文をよむ

2023-05-23 シリア:ヌスラ戦線がガーブ平原でテロ攻撃を実施し、軍がこれに対応(2) (al-Watan紙)

■テロリストらガーブ平原の静寂を打ち破る…シリア・アラブ軍がこれに対応…ロシア軍とトルコ軍がアイン・アラブ市の郊外で合同パトロールを実施      【ダマスカス:本紙】      一方イドリブ県の田園地帯で活動する陸軍の複数部隊は、同県東部の田園地帯にあるサーン村周辺部のほか、同県南部の田園地帯に位置するザーウィヤ山地方にあるファティーラ村、フライフィル村、マジダリヤー村に展開されたヌスラ戦線の各拠点に砲撃を加えた。      複数の反体制系メディア筋が報じたところによると、シリア・アラブ軍によ 全文をよむ

2023-05-23 シリア:ヌスラ戦線がガーブ平原でテロ攻撃を実施し、軍がこれに対応(1) (al-Watan紙)

■テロリストらガーブ平原の静寂を打ち破る…シリア・アラブ軍がこれに対応…ロシア軍とトルコ軍がアイン・アラブ市の郊外で合同パトロールを実施      【ダマスカス:本紙】      シリア北西部・ガーブ平原の北西部で「緊張緩和地帯」に相当する地域の接触軸に10日以上にわたってほぼ完全な静寂が広がったのち、テロ組織「ヌスラ戦線」が昨日、スィルマーニーヤ軸の戦況を激化させることでこれを打ち破った。その後シリア・アラブ軍がこれに対応することを余儀なくされた。      さらに陸軍の複数部隊が東部砂漠地方 全文をよむ

2023-05-22 レバノン:ミーカーティー暫定首相が国連特別調整官と会談 (Al-Nahar紙)

■ミーカーティー氏は南部での「ヒズブッラー」の作戦に関してどのようにコメントしたか?      【ベイルート:本紙】      ナジーブ・ミーカーティー暫定首相は今日の午前、自身の顧問であるブトルス・アサーキル大使とズィヤード・ミーカーティー氏の立ち合いのもと、首相官邸でジョアンナ・ウロネッカ国連レバノン担当特別調査官と会談した。      会談では、「レバノンの新大統領を選出し、必要な改革を実施するにあたっての、レバノンの政治指導部や国会議員らがもつ役割」が強調されつつ、レバノンにおける現行の 全文をよむ

2023-05-22 シリア:ミクダード外相「シリアはアラブ連盟への復帰に際するアラブ諸国の歓迎に驚くことはなかった」 (al-Watan紙)

■ミクダード外務在外居住者大臣「シリアはアラブ連盟への復帰に際するアラブ諸国の歓迎に驚くことはなかった」      【ダマスカス:本紙】      シリアのファイサル・ミクダード外務在外居住者大臣は、自国が「シリアのアラブ連盟への復帰に対するアラブ諸国の歓迎に驚くことはなかった」としつつ、シリア代表団がジッダにおけるアラブ連盟首脳会議のなかで見出した感情が「シリア国民とシリアの指導部に対する恒久的かつ継続的な感情である」と述べた。そしてそこで、「アラブ諸国は指導部、国民のレベルでシリア人に対する 全文をよむ

2023-05-22 パレスチナ:イスラエルによるアクサー・モスク襲撃に対するアラブ諸国の非難 (al-Quds al-Arabi紙)

■ベン・グヴィル大臣によるアクサー・モスク襲撃に対するアラブの拒否とイスラエルの緊張化政策への警告      【カイロ:本紙】      アラブおよびイスラームの諸国、組織、運動は日曜日、イスラエルのイタマル・ベン・グヴィル国家安全保障大臣によるエルサレムのアクサー・モスクへの襲撃に対する拒否を発表し、イスラエルによる緊張化を停止するよう求めた。サウジアラビアは外務省声明のなかで、「襲撃に対する王国の強い非難と糾弾」を表明し、これらの組織的行為が「あらゆる国際慣習法や憲章に対する明らかな違反であ 全文をよむ

2023-05-20 ウクライナ情勢:中東諸国に対し、F16戦闘機の供与を求める可能性(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■中東諸国に対し米国は、F-16戦闘機の提供を要請するだろうか?またロシアはどう反応するか?      【ロンドン:本紙、フセイン・マジュドゥービー】         この点に関して、一部の欧州諸国はウクライナに対するF-16戦闘機の供与を望んでいるにもかかわらず、米国が武器取引において設定した条件に基づき米国政府の承認を必要とする。この条件とは、それを無視して武器供給を行わないと規定するものである。そして、この米国の承認こそが昨日金曜(19日)、日本で開催されたG7サミットの中で、アメリカのジ 全文をよむ

2023-05-20 ウクライナ情勢:中東諸国に対し、F16戦闘機の供与を求める可能性(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■中東諸国に対し米国は、F-16戦闘機の提供を要請するだろうか?またロシアはどう反応するか?      【ロンドン:本紙、フセイン・マジュドゥービー】      米国は、ロシアとの戦争に立ち向かっているウクライナへの支援として、米国のF-16戦闘機を所有する多くの国家が、それをウクライナに提供することを承認した。この戦闘機の供給元について、それらが中東であるのか否か、またこうした展開に対するロシアの反応がどういったものであるのかといった疑問がある。      実際、米国を筆頭とする西側諸国はこの 全文をよむ

2023-05-19 サウジアラビア:アラブ連盟首脳会議がシリア大統領の参加のもとジェッダで開催 (al-Quds al-Arabi紙)

■モロッコ、アルジェリア、オマーン、アラブ首長国連邦、クウェート、スーダンの各首脳の欠席、そしてアサド大統領の出席のもと、ジェッダでアラブ連盟首脳会議が開幕      【ドーハ:本紙】      アラブ連盟理事会の第32回首脳会合が金曜日、シリア政権のトップであるバッシャール・アサド大統領が参加のもと、サウジアラビアのジェッダで開幕した。同大統領は木曜日の夜にジェッダに到着した。      カタール通信社は、カタールのタミーム・ビン・ハマド・アール・サーニー首長がムハンマド・ビン・アブドゥッラフ 全文をよむ

2023-05-16 シリア:ダマスカス郊外県で開催予定のダマローズ収穫フェスティバルの準備が完了(2) (その他 - シリア国営通信紙)

■今月25日に開催予定のダマローズ収穫フェスティバルの実施に向けた準備が完了      【シリア国営通信:ダマスカス郊外】      またダマスカス郊外県が農業、水、電力に関連する各部局と農民組合に対し、活動を妨げている困難を特定するよう要請したとしつつ、同フェスティバル開催場所に仮設レストランが設置され、そこで活動するよう地元コミュニティの女性らへの奨励が行われることが決定していると指摘した。そのほか、特設ブースでの商品展示やプロモーションの企画が実施される予定だという。      ビータール 全文をよむ

2023-05-16 シリア:ダマスカス郊外県で開催予定のダマローズ収穫フェスティバルの準備が完了(1) (その他 - シリア国営通信紙)

■今月25日に開催予定のダマローズ収穫フェスティバルの実施に向けた準備が完了      【シリア国営通信:ダマスカス郊外】      ダマスカス郊外県は、シリア開発信託と「シャームのバラ」協会の協力のもと、今月25日に開催予定のダマローズ収穫フェスティバルを開始するために必要な準備を完了した。      ナバク郡マラーフ村で毎年開催される収穫フェスティバルは、その名称が長年にわたってダマローズと結びつけられてきた同村の人々にとって社会的かつ歴史的な儀式である。また同フェスティバルは、関連するすべ 全文をよむ

2023-05-15 パレスチナ:アッバース大統領、国連で国際社会にイスラエルへの対応を要求 (al-Quds al-Arabi紙)

■「大国がイスラエルを懲罰から保護しているために、1000の国連決議が未実施のままである」      【ロンドン:本紙・諸通信社】      国連は昨日月曜日ニューヨークの本部で、パレスチナのマフムード・アッバース大統領の出席のもと、歴史上初めて1948年のパレスチナのナクバを追悼した。この際同大統領は、「パレスチナ問題について、これまで約1000の国連決議が国連、総会、そして安全保障理事会によって採択されてきた」としつつ、「1947年からそれらのいずれもが実施されていない」と述べた。      全文をよむ

2023-05-14 エジプト:シリア危機解決にむけた国連特別代表との協議(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト外相と国連特別代表がシリアに関するアラブ連盟の決定について協議      【カイロ:本紙】      同報道官によると、シュクリー外相はまた、長引く危機を終結させる取り組みのなかでアラブ諸国が果たしている役割について、「親愛なるシリア国民の苦しみを取り除くために、シリア問題担当国連特別代表によって代表される国連や、国際的なパートナーたちとの緊密な連携を要する」と述べた。      一方ペデルセンシリア問題担当国連特別代表は、閣僚委員会と緊密な連携を行うことでシリア危機の段階的な解決を後 全文をよむ

2023-05-14 エジプト:シリア危機解決にむけた国連特別代表との協議(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト外相と国連特別代表がシリアに関するアラブ連盟の決定について協議      【カイロ:本紙】      エジプトのサーミフ・シュクリー外務大臣は日曜日、ゲイル・ペデルセンシリア問題担当国連特別代表から受けた電話連絡のなかで、シリアに関するアラブ連盟の決定について議論した。      これはエジプト外務省の報道官であるアフマド・アブー・ザイド大使が発表し、ドイツ通信社がそのコピーを入手した公式声明のなかで明らかにされたものである。      アブー・ザイド報道官が述べたところによると、シュ 全文をよむ

2023-05-12 パレスチナ:ガザ戦闘、エジプトを仲介役とする停戦交渉は難航 (al-Quds al-Arabi紙)

■ガザ戦闘の停戦交渉は大きな障害により難航している      【イスタンブール:アナドル通信社】      パレスチナの情報筋は金曜日、「パレスチナ諸派とイスラエルとの停戦交渉は、本日もエジプトの首都カイロで続いているが、両者の最終的な停戦合意成立を阻む重大な障害が存在する」と述べた。      情報筋が匿名を条件に語ったところによると、パレスチナ武装組織「イスラーム聖戦運動(PIJ)」の政治部のムハンマド・ヒンディー指揮官は、木曜日カイロに到着し、金曜日は、先週の火曜日未明から続く軍事衝突の鎮 全文をよむ

2023-05-12 チュニジア:内務大臣はジェルバ島襲撃への迅速な対応を賞賛 (al-Quds al-Arabi紙)

■チュニジアの内務大臣はジェルバ島襲撃に対する迅速な対応を賞賛する…一方、議会は内務大臣に対して警備隊員の採用に関する見直しを求める。      【チュニジア:本紙】      チュニジアのカマール・フィキ―内務大臣は、治安部隊がジェルバ島にあるアル=ガリーバ・シナゴーグを襲撃した実行犯に対して迅速な対応を取ったことを賞賛した。一方、複数の議員は大臣に対して、襲撃犯と同様に、過激派から命令を受けた警備隊員が存在する可能性を踏まえ、警備部隊内部の採用を見直すよう訴えた。      同大臣は木曜日午 全文をよむ

2023-05-11 シリア:アサド大統領がサウジ国王から第32回アラブ連盟首脳会議への招待を受ける(2) (al-Watan紙)

■アサド大統領がサウジ国王から、今月19日に開催されるアラブ連盟理事会第32回首脳級会議に参加するよう招待を受ける…アサド大統領「首脳級会議によって、アラブ人民の願望を達成するためのアラブ諸国協働体制が強化されるだろう」      【ダマスカス:本紙】      スダイリー氏は次のようにツイートした。「バシャール・アル・アサド大統領閣下は今日、サウジアラビア首相でもあるムハンマド・ビン・サルマーン皇太子殿下が達成した歴史的功績に対し、深い賞賛の意を表明した」。      一昨日、サウジ政府とシリ 全文をよむ

2023-05-11 シリア:アサド大統領がサウジ国王から第32回アラブ連盟首脳会議への招待を受ける(1) (al-Watan紙)

■アサド大統領がサウジ国王から、今月19日に開催されるアラブ連盟理事会第32回首脳級会議に参加するよう招待を受ける…アサド大統領「首脳級会議によって、アラブ人民の願望を達成するためのアラブ諸国協働体制が強化されるだろう」      【ダマスカス:本紙】      バッシャール・アサド大統領は、二聖モスクの守護者であり、親愛なるサウジアラビア王国のサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ・サウード国王から、今月19日に同国のジェッダで開催される、アラブ連盟理事会第32回首脳級会議への参加に向けた招待 全文をよむ

2023-05-10 イラク:麻薬撲滅を目指すバグダード国際会議の会期が終了(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■麻薬撲滅運動をめぐるバグダード国際会議の会期が終了…情報交換に関するアラブ地域協定      【バグダード:本紙】      犯罪率の上昇      声明は「参加者らは、麻薬ビジネスと麻薬の密輸が犯罪率の上昇と非合法で組織的な犯罪グループの形成につながり、それが暴力の増加と公共の安定を脅かすことに加担し、国内の平和と安全の、法の支配の基礎分子を破壊することになることに合意した」と付け加えた。さらに、「麻薬に対抗するためには共同参加のアプローチに従う緊急の必要があり、それはこの危険な悪に立ち向か 全文をよむ

2023-05-10 イラク:麻薬撲滅を目指すバグダード国際会議の会期が終了(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■麻薬撲滅運動をめぐるバグダード国際会議の会期が終了…情報交換に関するアラブ地域協定      【バグダード:本紙】      先日水曜日、イラク、イラン、トルコ、シリア、レバノン、サウジアラビア、ヨルダン、アラブ首長国連邦、エジプトが、麻薬カルテルに関する証拠の収集と情報の交換のメカニズムを円滑化・迅速化するため、アラブ諸国と地域内国家間の麻薬撲滅運動にかかわる「連絡事務所」の設立と「連絡司令官」の任命について合意した。      2日間(5月9日から10日)にわたって業務が続いた「麻薬撲滅の 全文をよむ

2023-05-09 エジプト:エジプトの船舶がスーダンから数百人の民間人を輸送 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトの船舶が米国人、英国人を含む数百人をスーダンから輸送      【ハルツーム:本紙】      エジプト運輸省が明らかにしたところによると、紅海沿岸に位置するサファガ港が火曜日、ポートスーダン港から到着した、エジプト海軍に属する船1隻を受け入れた。同船にはスーダンで立ち往生していた466人が搭乗していた。      同省は声明のなかで、サファガ港が272人のエジプト人、184人のスーダン人、5人の英国人、3人のルワンダ人、1人の米国人、1人のケニア人を受け入れたと述べた。      さ 全文をよむ

2023-05-08 スーダン:停戦交渉は「大きな進展」を得られず(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■交渉は「大きな進展」に至らず…戦闘は依然として継続      【ハルツーム:本紙】      目撃者らは本紙に対し、ハルツーム南部のサーリヤー商業複合施設で大規模な火災が発生したほか、ハルツーム国際空港とスーダン郵便会社に近いアフラーモールで略奪が続いていると語った。      目撃者らは同様に、「即応支援」部隊は、少将階級の指揮官らに率いられた陸軍傘下の共和国防衛隊の隊員130名が降伏したと述べた。さらにスーダン人民解放運動の指導者ミンニー・アルクー・ミナーウィー氏は、2021年8月にダルフ 全文をよむ

2023-05-08 スーダン:停戦交渉は「大きな進展」を得られず(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■交渉は「大きな進展」に至らず…戦闘は依然として継続      【ハルツーム:本紙】      ハルツームで戦闘が続くなか、サウジアラビアの外交官が昨日月曜日に伝えたところによると、ジェッダで行われた紛争当事者間の停戦交渉は「大きな進展」を得られなかった。      同外交官はAFP通信に対して「交渉は今のところ大きな進展を得られていない」と述べた。さらに続けて、「恒久的な停戦は交渉の議題とはなっていない。双方がともに戦闘の終結が可能であると考えている」と述べた。      さらに同外交官は、特 全文をよむ

2023-05-07 パレスチナ:「エルサレム統一の日」…アル=アクサー・モスクを防衛するための動員を呼びかけ(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■占領下エルサレム:数十人の入植者がアル=アクサー・モスクに突入      【エルサレム:DPI通信】      この呼びかけは「入植者らの計画からアル=アクサーを保護するための動員の必要性」を強調し、「イスラームの聖地に対する宗教戦争は収まることがない」と指摘した。      さらに同通信によると、「ハイカルの各組織は、エルサレム旧市街における『旗の行進』に加え、エルサレム占領を記念して、アル=アクサー・モスクへの大規模な突入の実行を計画している」という。      また同通信によると、「アル 全文をよむ

2023-05-07 モロッコ:シリアのアラブ連盟復帰に向けてのモロッコ外相による演説 (al-Quds al-Arabi紙)

■ ブリタ外相:シリアをアラブ連盟に復帰させる決定はシリア危機に対する包括的かつ恒久的な解決策に繋げる必要がある。      【ラバト:本紙】      モロッコのナースィル・ブリタ外相は、シリアのアラブ・ファミリー復帰に関するアラブ連盟の決定について、この国の危機に対して、恒久的かつ包括的な解決策へ導く政治の道筋を開くためには(アラブの)総意が必要だと述べた。また、この点についてのムハンマド6世国王の見解として、適切な枠組みの中で危機を抑え込み対応していくことの必要性が思い出されると述べた。  全文をよむ

2023-05-07 パレスチナ:「エルサレム統一の日」…アル=アクサー・モスクを防衛するための動員を呼びかけ(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■占領下エルサレム:数十人の入植者がアル=アクサー・モスクに突入      【エルサレム:DPI通信】      エルサレムのイスラーム・ワクフ庁は、数十人の過激派入植者が日曜日、イスラエル警察による厳重な警備のもと、マグリブ門からアル=アクサー・モスクに突入したと明らかにした。      ワクフ庁は、パレスチナの『サファー通信』が今日掲載した声明のなかで、「数十人の入植者がアル=アクサー・モスクに突入し、その中庭で扇動的な行進を行なった」と述べ、「侵入した入植者らはハイカル(神殿)についての説 全文をよむ

2023-05-07 スーダン:スーダン戦闘、米・サウジアラビア主導で初の停戦協議へ (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダン:米・サウジアラビア主導のもと、国軍と即応支援部隊(RSF)が間接協議を開始      【ハルツーム:ミーアード・ムバーラク、本紙】      戦闘開始から3週間目のスーダンで、国軍と即応支援部隊(RSF)は、昨日土曜日、サウジアラビア西部のジェッダ市で、米・サウジアラビアの主導のもと、停戦に向けた間接的な協議を開始した。戦闘が勃発して以降、(国軍とRSFの)初の協議となる。      4月中旬からスーダンの首都ハルツームの中心部や主要都市で続く戦闘で、これまでに民間人500人以上が死 全文をよむ

2023-05-06 エジプト:スィースィー大統領がパレスチナとイスラエルに交渉再開を呼びかける(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■スィースィー大統領がパレスチナとイスラエルの双方に交渉再開を呼びかける      【カイロ:本紙】      同参事官はさらに、「会合では、地域の多くの国々が苦しみ、国民の能力を存続の危機にさらすことによって国家それ自体の基礎的な構成要素を脅かしている複数の危機について議論された。さらに会合は、同地域に暮らす数百万人の人々の人道的、経済的状況のさらなる深刻化に警鐘を鳴らすものとなった」と付け加えた。      同参事官によると、会合ではパレスチナ問題の最新の動向についても議論された。そこではス 全文をよむ

2023-05-06 エジプト:スィースィー大統領がパレスチナとイスラエルに交渉再開を呼びかける(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■スィースィー大統領がパレスチナとイスラエルの双方に交渉再開を呼びかける      【カイロ:本紙】      エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領はパレスチナ、イスラエルの双方に対して、パレスチナ問題の公平かつ包括的な解決のために交渉を再開するよう呼びかけた。      スィースィー大統領による発言は、同大統領による、米下院議会常設諜報委員会のマイク・ターナー委員長へのレセプションのなかでなされた。同委員長には共和党や民主党に属する同委員会の高位メンバーらで構成された大規模使節 全文をよむ

2023-05-05 イエメン:大雨で子供を含む21人が死亡(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■5日間に渡る大雨で21人のイエメン人が死亡      【サナア:本紙】      さらに、火曜日には一家の4人の子供たちがシャブワ県(南東部)の溜め池で溺死した。複数の地元メディアによると、一家の4人の子供たちはサイード郡のハシャア・スフラー地区にある雨水を集める穴で溺れたという。      他方、サナア市及びサナア県では、火曜日、2件のそれぞれ別の事故で泳ごうとしていた延べ3人の子供が溺死した。      また、マフウィート県(北部)では、溜め池が崩壊したことにより月初めに4人が死亡した。そ 全文をよむ

2023-05-03 シリア:イランのライースィー大統領が2日間にわたるシリア公式訪問を実施(2) (al-Watan紙)

■ライースィー大統領「イランとシリアの関係は戦略的かつ重要であり、今後も続くものである」…イラン大統領によるシリア訪問のなかで、バッシャール・アサド大統領との複数の会談がなされる      【ダマスカス:本紙】      本紙が事情に精通する情報筋から話を聞いたところ、ライースィー大統領による今回の訪問を通じて、特に電力、エネルギー、石油といった分野で両国間における複数の経済協力協定が調印されるとともに、包括的な戦略的協力協定の調印もなされることが期待されているという。      ライースィー大 全文をよむ

2023-05-03 シリア:イランのライースィー大統領が2日間にわたるシリア公式訪問を実施(1) (al-Watan紙)

■ライースィー大統領「イランとシリアの関係は戦略的かつ重要であり、今後も続くものである」…イラン大統領によるシリア訪問のなかで、バッシャール・アサド大統領との複数の会談がなされる      【ダマスカス:本紙】      イランのエブラーヒーム・ライースィー大統領は、「イランとシリアの関係は戦略的かつ重要であり、今後も続くものである」としつつ、自身のシリア訪問が、あらゆる分野における同国の安定および発展の枠組みのうちになされることを明らかにした。さらに同大統領は、 シリアがこれまで「常に抵抗枢軸 全文をよむ

2023-04-28 スーダン:首都ハルツームと西ダルフール州都ジュナイナで衝突が発生 (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダン:ハルツームとジュナイナでの衝突により数十人が死傷      【ハルツーム:諸通信社】      スーダンにおいて、血なまぐさい戦闘が13日間続いている。首都のハルツームでは爆撃や砲撃の応酬に晒されている一方、スーダン西部のダルフールでは双方(国軍と準軍事組織「即応支援部隊」)間で結ばれた停戦合意が無視され、戦闘が激化している。      約2週間前に両者の間で勃発した戦闘が休戦の合意に達したにもかかわらず、木曜日の朝、ハルツームでは複数の戦闘機による爆撃とそれに対する抵抗が試みられた 全文をよむ

2023-04-27 レバノン:シリア人難民に対する人種差別的措置が拡大(2) (その他 - Snack Syrian.com紙)

■レバノン当局が国内に居住するシリア人難民に対する逮捕・家宅捜索キャンペーンを継続      【スナック・シリアン・ドットコム】      さらに同ネットワークが明らかにしたところによると、今回強制送還されたシリア人難民の3分の1は女性あるいは児童であり、彼らのほとんどは襲撃中に激しく殴打され、辱められた。またレバノン軍は同様に、彼らが私物を携帯することを禁じたという。      レバノンのナジーブ・ミーカーティー暫定首相は昨日、閣僚ら、あるいは難民問題を担当する責任者らと2度にわたる会談を実施 全文をよむ

2023-04-27 レバノン:シリア人難民に対する人種差別的措置が拡大(1) (その他 - Snack Syrian.com紙)

■レバノン当局が国内に居住するシリア人難民に対する逮捕・家宅捜索キャンペーンを継続      【スナック・シリアン・ドットコム】      レバノン国内で人種差別的な扇動行為が勢いを増すなか、同国当局がシリア人難民に対する逮捕・家宅捜索キャンペーンを継続し、実際に彼らのうち数十人が自国へと強制送還された。      シリア人権ネットワークは発表した報告書のなかで、レバノン当局が「4月初旬以降、168人におよぶシリア人難民を自国へと強制送還した」ことを明らかにした。      同ネットワークは「レ 全文をよむ

2023-04-22 シリア:ハサカ県東部のフール・キャンプでシリア民主軍の手によって児童1人が射殺される (その他 - シリア国営通信紙)

■ハサカ県東部のフール・キャンプでシリア民主軍の構成員が児童を射殺      【シリア国営通信】      民兵組織「シリア民主軍」がハサカ県東部で米国占領軍の支援のもとで管理しているフール難民キャンプで、同組織の武装構成員の手によって児童1人が射殺された。      複数の地元筋が本紙に伝えたところによると、ハサカ県東部の第8地区にあるフール・キャンプで、シリア民主軍の武装構成員1名が児童1人に向けて発砲し、この児童を即死させた。      米国占領軍とシリア民主軍は、ハサカ県東部のフール・キ 全文をよむ

2023-04-21 シリア:ヌスラ戦線およびトルキスタン・イスラーム党がイドリブ県内で民間人に対する武力攻撃を準備 (その他 - シリア国営通信紙)

■「ヌスラ戦線」や「トルキスタン・イスラーム党」のテロリストらがイドリブ県内で挑発行為を行うために準備      【シリア国営通信】      ロシア国防省は、イドリブ市およびその各郊外地区に展開する複数のテロ組織が、民間人を狙った挑発的な攻撃のほか、シリア・アラブ軍およびロシア軍に対する非難行為を行うために準備していることを明らかにした。      フマイミーム市ロシア調整センターの副所長であるオレグ・ゴリノフ海軍大佐は、記者会見で次のように述べた。「当センターがイドリブ県の緊張緩和地帯内に暮 全文をよむ

2023-04-20 エジプト:スーダンのエジプト人学生の緊急退避計画について検討 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト移民担当大臣:エジプト人学生のスーダンからの緊急退避計画を検討      【カイロ:本紙】      エジプトのスハー・グンディー移民・在外エジプト人問題担当国務大臣は、在外エジプト人学生の対応にあたっている常設の国家委員会が、スーダンに留学している学生の正確な数とその所在地、彼らが現在晒されている危険度を調査すると述べた。それにより、状況や情勢に応じた緊急退避計画の見込みを客観的かつ迅速な形で総合的に判断し、状況に関する報告書を作成する。      これは同大臣が今日、木曜日に開いた 全文をよむ

2023-04-18 レバノン:国民議会が統一地方選挙のさらなる延期を決定(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■レバノン国民議会、統一地方選挙をさらに1年間延期することを承認      【ベイルート:本紙】      レバノン国民議会のイリヤース・ブー・サアブ副議長は今月12日、翌5月の地方選挙の実施は「ほぼ不可能」だと述べた。      バッサーム・マウラウィー内務大臣は今月4月3日、内務省が「5月に統一地方選挙を実施する準備ができている」と発表し、その実施に必要な資金を確保するよう求めた。      今年3月末には、国民議会の各政党ブロックは、2022年5月の議会選挙と重なり1年間延期された統一地方 全文をよむ

2023-04-18 イエメン:サウジアラビア代表団がイエメンで反政府勢力と会談…和平に向けた期待強まる (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビアはイエメン危機の包括的かつ恒久的解決の実現を望む(ツイート)      【イエメン:アナドル通信社】      サウジアラビア政府は火曜日、イエメンのすべての反政府勢力(フーシ派)との和平交渉が実を結び、イエメン危機を終結させる包括的かつ恒久的な政治的解決につながることを期待していると発表した。      サウジアラビア外務省が、サウジアラビア代表団(以下、サウジ代表団という)とイエメン大統領指導者評議会(以下、評議会という)のラシャード・アリーミー議長との協議後に、公式Twit 全文をよむ

2023-04-18 レバノン:国民議会が統一地方選挙のさらなる延期を決定(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■レバノン国民議会、統一地方選挙をさらに1年間延期することを承認      【ベイルート:本紙】      レバノン国民議会は火曜日、技術上および物流上の障害と、必要な資金の確保のために、統一地方選挙を最大1年間延期することを承認した。      レバノンの地方選挙は、レバノン軍団を含む議会ブロックが大統領選出以外の目的で議会を召集することを拒否するなかで、技術上および物流上の障害のために2度目の延期がなされた。      レバノン国民議会は火曜日の立法議会で、統一地方選挙および市長選挙を、20 全文をよむ

2023-04-17 エジプト:スーダン紛争への外部勢力の介入を警告 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトは、スーダンの紛争を激化するかたちでの外部勢力のスーダン紛争への介入を控えるよう要求      【カイロ:本紙】      エジプトのサーミフ・シュクリー外務大臣は、いかなる外部勢力が、その規模を深刻化させるかたちでスーダン紛争に介入することを控えることの重要性を強調した。      これはシュクリー氏が今日夜、フランスのキャトリーヌ・コロンナ外務大臣から受けた、スーダンにおける現行の発展に関する協議および認識交換のための電話のなかで言及されたものである。      エジプト外務省の報 全文をよむ

2023-04-17 スーダン:軍が紅海でRSFの拠点をすべて掌握 (Al-Ahram紙)

■スーダン:紅海軍管区は即応支援部隊の全ての拠点を掌握したことを発表      【スーダン国営通信】      紅海軍管区は、紅海地区の即応支援部隊(RSF)の全ての拠点を国軍(SAF)が掌握したことを発表した、とスーダン国営通信社(SUNA)が伝えた。      紅海軍管区の司令官であるムハンマド・ウスマーン・ムハンマド・ハマド少将は、今日(17日)の正午の報道発表で、作戦は綿密な計画と紅海軍管区の全ての部隊の連携に基づいて行われ、市民や隊員に負傷者は出なかったと確認した。また、作戦の中でDS 全文をよむ

2023-04-17 シリア:「シリア民主軍」がハサカ県内の刑務所から一部の被拘留者を解放(2) (al-Watan紙)

■民兵組織「シリア民主軍」がハサカ県内の刑務所から「イスラーム国」元メンバーらを解放…数百万米ドル相当の詐欺作戦を実効      【ダマスカス:本紙】      ノース・プレスは、同事務局の共同局長であるカファー・スィンジャール氏の証言を次のように引用した。「これらの被拘留者らは総刑期の4分の1を終えたのちに、刑務所内での模範的な振る舞いによって、有効な判決を中止するとの決定がなされたことにより、釈放された」。しかし同氏は、自身が約20人と推計したこれらの被拘留者らに対して出されていた判決の内容 全文をよむ

2023-04-17 シリア:「シリア民主軍」がハサカ県内の刑務所から一部の被拘留者を解放(1) (al-Watan紙)

■民兵組織「シリア民主軍」がハサカ県内の刑務所から「イスラーム国」元メンバーらを解放…数百万米ドル相当の詐欺作戦を実効      【ダマスカス:本紙】      文書化された複数の報告によると、クルド民族主義民兵組織「シリア民主軍」の指導者含むメンバーらが、シリア北東部で支配下に置いている諸地域で、深刻な詐欺作戦を実行した。具体的には、彼らは巨額の金銭を手に入れるために、テロ組織「イスラーム国」に所属していたものを含む多数の被拘禁者を解放した。      シリア民主軍に関係するニュースサイト「ノ 全文をよむ

2023-04-13 イラク:2023年は「イスラーム国」撲滅の年に(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■軍司令官がイラク治安部隊に計画の見直しを促す:2023年は「イスラーム国」撲滅の年に      【バグダード:本紙】      合同作戦の副司令官は「戦闘員とその所有物に対して用心、警戒、注意を行い、拠点を強化し、敵が利用しようとするあらゆる抜け穴を防止するために働き、軍、警察、人民動員隊の部門間が一つのチームの精神で働くこと」を呼びかけた。      さらに同副司令官は「政府プログラムが警察隊から治安関連ファイルを受け取り始めている」と明らかにした。加えて、「残りの県を承認する計画がある」こ 全文をよむ

2023-04-13 シリア外相のサウジ訪問 アラブ連盟復帰の機運高まる(3) (al-Watan紙)

■シリアは在チュニジア大使館を再開し、大使を任命することを決定…湾岸アラブ諸国の会合に先立ち、ミクダード外相はジェッダで共同関係を協議      【本紙:諸通信社】      (2)に戻る      同様に、イラク外務省のアフマド・サッハーフ報道官は、同国が依然としてシリアの「アラブ的環境」への復帰を支持していると強調した。      サッハーフ氏は、「イラクはこれまでも、そして今なおシリアによるアラブ連盟への復帰を支持している」と述べたうえで、「「アラブの家」の一体性は当事各国にとってポジティ 全文をよむ

2023-04-13 イラク:2023年は「イスラーム国」撲滅の年に(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■軍司令官がイラク治安部隊に計画の見直しを促す:2023年は「イスラーム国」撲滅の年に      【バグダード:本紙】      イラク合同作戦室の副司令官のカイス・ムハンマダーウィー中尉は、治安計画の更新および見直しの重要性を強調した。また2023年がイラクに残存している「イスラーム国」構成員を撲滅する年だと指摘した一方で、政府プログラムが警察隊から治安関連ファイルを受け取り始めていることを明らかにした。      合同作戦の司令部は声明で、「当作戦の副司令官であるカイス・ムハンマダーウィー中 全文をよむ

2023-04-13 シリア外相のサウジ訪問 アラブ連盟復帰の機運高まる(2) (al-Watan紙)

■シリアは在チュニジア大使館を再開し、大使を任命することを決定…湾岸アラブ諸国の会合に先立ち、ミクダード外相はジェッダで共同関係を協議      【本紙:諸通信社】      (1)に戻る      そのほかビン・ファルハーン氏は両国外相の公式会談に先立って、ゲイル・ペデルセンシリア担当国連事務総長特使と電話会談を行い、シリア危機の政治的解決を実現するための方法とそのために行われている取り組みについて議論した。      サウジ外務省によれば、ビン・ファルハーン氏は電話会談で、「シリアの統合、安 全文をよむ

2023-04-13 シリア外相のサウジ訪問 アラブ連盟復帰の機運高まる(1) (al-Watan紙)

■シリアは在チュニジア大使館を再開し、大使を任命することを決定…湾岸アラブ諸国の会合に先立ち、ミクダード外相はジェッダで共同関係を協議      【本紙:諸通信社】      シリアのアラブ連盟復帰の可能性を検討するための湾岸協力会議(GCC)加盟国およびイラク、エジプト、ヨルダンの外相級会合の開催に先立ち、シリアのファイサル・ミクダード外務在外居住者大臣がサウジアラビアの公式招待により同国のジェッダを訪問した。外務在外居住者大臣によるサウジ訪問は約12年ぶりである。      ミクダード氏の訪 全文をよむ

2023-04-12 エジプト:男女平等の実現と外貨流入促進に向けて国籍取得にかかわる法改正が施行(2) (Al-Ahram紙)

■男性との平等の実現と外貨流入機会の促進のために...エジプト国籍にかかわる法改正の理念を知る      【エジプト:本紙】      この法案はまた、憲法裁判所の判決に影響を及ぼすものである。この判決とは、この法案が憲法第6条第2項、すなわちある子供の父親がエジプト国籍を取得し、同時に外国人の母親に関してはそれを取得することがない場合、この子どもに対するエジプト国籍取得の権利を制限するとの条文が違憲であると判断したものである。      同様に、民間部門で不動産を購入する外国人に対してエジプト 全文をよむ

2023-04-12 エジプト:男女平等の実現と外貨流入促進に向けて国籍取得にかかわる法改正が施行(1) (Al-Ahram紙)

■男性との平等の実現と外貨流入機会の促進のために...エジプト国籍にかかわる法改正の理念を知る      【エジプト:本紙】      ハナフィー・ガバーリー参事官が議長を務める代議院議会は今日水曜日、政府が提出した2つの法案を原則的に承認した。両法案はエジプト国籍に関する1975年法第26条を改正するものである。      国家防衛安全保障委員会と代議院の憲法・立法問題委員会からなる合同委員会は、提示された法案の理念を検討し、以下の通りとなった。      提出された2つの法案は、エジプト国籍 全文をよむ

2023-04-11 シリア:アサド大統領、すべての文民・軍人の国家公務員と年金受給者に1回限りの助成金を支給 (al-Quds al-Arabi紙)

■バッシャール・アサド大統領が国家公務員に20USドルの助成金を支給する。      【アンタキヤ:本紙、ワーイル・イサーム】      シリアのバッシャール・アサド大統領は、文民・軍人の国家公務員と年金受給者に、助成金15万シリア・ポンドを1回に限り支給することを規定した法令を施行した。      法令には、助成金支給対象者はシリア国内の省庁、行政機関、公的団体、公営企業や施設、行政組織、国民のための業務、(国家に)差し押さえられた企業や施設及び私立学校を含むすべての公的機関の従事者、政府が資 全文をよむ

2023-04-09 イエメン:内戦収束へ向けサウジアラビアの代表団がサナアへ到着 (al-Quds al-Arabi紙)

フースィー派団体「アンサールッラー」の政治局員であるムハンマド・バヒーティーは、サウジアラビア代表団がサナアに到着したことを発表した。サナアには、土曜日にオマーン代表団も先に到着していた。代表団の到着は、新しい停戦合意への調印が近いことを強調する報告の中でのことである。停戦合意は、国連が後援する地域・国際的な努力の枠内でのもので、この努力とはイエメンを8年以上前から燃え上がる戦争のページを閉じる方に押しやるためのものである。      フースィー派幹部の発表は、オマーン代表団の到着時と同様、サウ 全文をよむ

2023-04-09 イスラエル:ゴラン高原へのミサイル攻撃に反応してイスラエル軍がシリア領内を爆撃(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■占領下ゴラン高原に新たなミサイルが発射されたのち、イスラエルがシリアの拠点を爆撃      【ロンドン:本紙】      占領下のシリア領ゴラン高原の複数町では、土曜日の夜遅くに警報サイレンが鳴り響いた。      当時、イスラエル軍は書面による声明で「シリアからイスラエルに向かってミサイル3発が発射されたことが検出された。そのうちミサイル1発がイスラエルの領土を通過し、ゴラン高原南部の空き地に着弾した」と述べた。さらに「確立された方針に従って迎撃ミサイルは発射されなかった」と付け加えた。   全文をよむ

2023-04-09 パレスチナ:パレスチナ外務省がイスラエル議員らの行進参加について警告(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ外務省はクネセト議員・大臣が入植を支持するための行進に参加することについて警告      【ラーマッラー:本紙】      一方パレスチナの複数筋が明らかにしたところによると、入植者らがヨルダン渓谷北部のアイン・ヒルワのコミュニティにあるパレスチナ人の家屋複数軒を攻撃した。さらに入植者らは、ベツレヘムにあるソロモンの池周辺地区に侵入し、その場所でタルムードの儀式を行ったという。      同様の文脈で、人権系報告書が明らかにしたところによると、イスラエル占領当局は3月中に、ヨルダン川 全文をよむ

2023-04-09 パレスチナ:パレスチナ外務省がイスラエル議員らの行進参加について警告(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ外務省はクネセト議員・大臣が入植を支持するための行進に参加することについて警告      【ラーマッラー:本紙】      パレスチナの外務・在外居住者省は日曜日の夜、計27人のクネセト(国会)議員・大臣が翌日に、ヨルダン川西岸で入植を支持するための行進に参加しようとしていることについて警告した。      同省の声明によると、行進はザアタラ軍事検問所から、ヨルダン川西岸地区北部にあるナーブルス市の南方に位置するベイタ町内、サビーフ山の上にある、無人のアビタリ前哨基地の方向へ出発する 全文をよむ

2023-04-09 レバノン:アウダ大司教が法支配の強化を呼びかけ (Al-Nahar紙)

■アウダ大司教: 法の支配は、祖国の収奪と国民の隷属化を防ぐ      【レバノン:本紙】      ベイルート大司教区のイルヤース・アウダ大司教が聖ゲオルギウス大聖堂で大勢の信者の前で棕櫚の主日のミサを主宰した。      アウダ大司教は、「この国での私たちの問題は、悪が蔓延し、あらゆる困難を克服することができる子供たちの無邪気さを誰もが忘れ去ったことだ。その結果、悪とその影響、そして復讐、憎悪と恨みに固執した。国家と国民の全員が、精神、心、理性を支配された邪悪な者の餌食になったことだ。責任者 全文をよむ

2023-04-09 イスラエル:ゴラン高原へのミサイル攻撃に反応してイスラエル軍がシリア領内を爆撃(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■占領下ゴラン高原に新たなミサイルが発射されたのち、イスラエルがシリアの拠点を爆撃      【ロンドン:本紙】      イスラエル軍は、日曜日の早朝にゴラン高原に向けてミサイル3発が発射されたのち、同軍の砲兵隊がシリアを砲撃したと述べた。イスラエルによる砲撃は、夜間にシリアからミサイル3発が発射された数時間後に行われたが、これはいかなる損害を引き起こさなかった。      日曜日の夜明けに、占領下のシリア領ゴラン高原にあるイスラエルの標的に向けて、シリアからミサイルが発射された。イスラエル軍 全文をよむ

2023-04-08 スーダン:イスラーム系組織の指導部が「イスラエルの犯罪」を非難(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダンのイスラーム系組織の指導部が「イスラエルの犯罪」を非難      【スーダン:アナトリア通信】      同氏は「こうした固執は、パレスチナの地における闘争のイデオロギー的な性質を示すものである。またこの闘いには、シオニスト政体の発端となっているところの、真なる宗教的側面が存在する」と続けた。      一方イスラーム抵抗支援機構の青年部代表であるハーミド・アブドゥッラフマーン氏は、イベント中のスピーチで次のように述べた。「パレスチナ問題は依然としてアラブ民族にとっての中心的な議題であ 全文をよむ

2023-04-08 スーダン:イスラーム系組織の指導部が「イスラエルの犯罪」を非難(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダンのイスラーム系組織の指導部が「イスラエルの犯罪」を非難      【スーダン:アナトリア通信】      スーダンのイスラーム系指導部は金曜日、イスラエル警察がアル=アクサー・モスクを襲撃しそこに滞在していた人々を攻撃したことを非難した。      この非難は、イスラーム抵抗支援機構(非政府系組織)が首都ハルツームで主催した、聖域における占領政体の犯罪に対して抗議するスピーチ・イベントに際してなされたものである。      広範なイスラーム系潮流である同機構の指導者であるムハンマド・ア 全文をよむ

2023-04-07 パレスチナ:イスラエル軍、ガザ地区を空爆 事態のエスカレートへの懸念高まる (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル占領軍はガザ地区に一連の爆撃を行う…レジスタンスは多数のロケット弾で応戦(ビデオ)      【ガザ:諸通信社】      複数のイスラエル戦闘機が木曜日の夕方、ガザ地区の多くの標的に対して一連の空爆を始めた。この攻撃による死傷者は報告されていない。一方、ハマースの軍事部門「カッサム旅団」は、イスラエル軍によるガザ侵攻に防空網が立ち向かっていると発表した。パレスチナの抵抗勢力はガザ地区周辺の入植地に向けてロケット弾を発射した。      イスラエル軍機が今夜、ガザ地区の多くの拠点に激 全文をよむ

2023-04-05 シリア、イラン、サウジ、イラク大使が会談(2) (al-Watan紙)

■在マスカット・イラク大使館にて、シリア、イラン、サウジアラビア、イラクの大使が会談する…マイヤーシリア大使は本紙に対し、アンズィーサウジ大使が「サウジアラビアの力はシリアの力であり、逆もまた然りである」と強調したことを明らかにする。      【スィルヴァ・ラズーク】      マイヤー大使はまた、サウジ大使の発言も同じ方向性にあったことを指摘し、アンズィーサウジ大使が、サウジの力はシリアやイラクにとっての力であり逆もまた然りであることや、サウジはアラブ間の健全な関係構築を熱望していることを強 全文をよむ

2023-04-05 シリア、イラン、サウジ、イラク大使が会談(1) (al-Watan紙)

■在マスカット・イラク大使館にて、シリア、イラン、サウジアラビア、イラクの大使が会談する…マイヤーシリア大使は本紙に対し、アンズィーサウジ大使が「サウジアラビアの力はシリアの力であり、逆もまた然りである」と強調したことを明らかにする。      【スィルヴァ・ラズーク】      イドリース・マイヤー駐オマーン・シリア大使は、本紙に対する発言の中で「シリアは常に、アラブ諸国間の緊張を和らげるためのあらゆる努力を歓迎してきた」と強調した。      マイヤー大使のこの発言は、シリア、イラン、イラク 全文をよむ

2023-04-04 シリア:イスラエル軍のミサイル攻撃によって市民2人が犠牲に (その他 - al-Mayadeen紙)

■イスラエルがダマスカス南方のキスワ市にミサイル攻撃…市民2人が犠牲      【マヤディーン・ネット】      シリア国営通信『SANA』は火曜日、ダマスカス周辺の複数拠点を狙ったイスラエルの攻撃によって、2人の市民が犠牲になったと報じた。      ある軍事筋は同通信への声明のなかで、「今日の午前0時15分、イスラエル軍が占領下のシリア領ゴラン高原からダマスカス周辺および同市南方地域にある複数の拠点を狙って、ミサイル攻撃を実施した。シリア軍防空部隊がこれに対応し、ミサイルのほとんどを撃墜し 全文をよむ

2023-04-02 シリア:サウジアラビアはアラブ連盟首脳会議にアサド大統領を招待することを決定 (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビアがバッシャール・アサド大統領をアラブ連盟首脳会議に招待することを決定      【ロイター】      事情に精通する3人の消息筋によると、サウジアラビアはシリアのバッシャール・アサド大統領を、来年5月にリヤドで開催されるアラブ連盟首脳会議に招待することを決定した。これはシリアの地域的孤立に、公式な終止符を打つ動きとなる。      さらに2人の消息筋によると、サウジアラビアのファイサル・ビン・ファルハーン外務大臣は数週間以内に、今年の5月19日に開催が予定されている同首脳会議へ 全文をよむ

2023-03-31 イスラエル:在イスラエルUAE大使館、初の「ラマダーンのイフタール」を開催 (al-Quds al-Arabi紙)

■在イスラエルUAE大使館が「ラマダーンのイフタ―ル」を開催(動画あり)      【本紙:テルアビブ】      ムハンマド・ハージャ在イスラエルアラブ首長国連邦(UAE)大使は占領国イスラエルで初めて「ラマダーンのイフタ―ル(ラマダーン中に行われる日没後の食事)」を開催した。      大使館はTwitterでハージャ大使がイスラエル社会の様々な分野の人たちと談笑する夕べの動画を配信した。      أقام سفير دولة #الإمارات سعادة محمد آل خاجه إف 全文をよむ

2023-03-31 パレスチナ:「土地の日」を記念する (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ:パレスチナの人々は「土地の日」を記念する…イスラエルと国交を正常化した国は同国との航空便を中止      【ナザレ:本紙】      土地の日の記念日は、グリーンライン(1949年の停戦ライン)の両側の国民行事のリーダーが声明や演説で述べたように、エルサレムを首都とする独立したパレスチナ国家の樹立まで占領に対する闘争の継続を強調するスローガンのもと、パレスチナ国内と国外離散しているパレスチナの人々を、再び集めた。      パレスチナでは、一連の全国的な政治・文化行事が行われた。民 全文をよむ

2023-03-30 イスラエル:国家安全保障相直轄の国家警備隊設立は国内分裂を助長 (al-Quds al-Arabi紙)

■武装民兵組織の設立は、ネタニヤフ首相による内戦への準備..(アラブ担当高等)フォローアップ委員会はそれを内部のパレスチナ人にとって存在に関わる直接的な脅威と見なす。      【ナザレ:本紙】      (イスラエル)占領政府は、パレスチナおよびイスラエル双方から危険なファシストの武装ギャング集団と非難の声が上がる中、次の日曜日の会議で、ベン・グヴィール国家安全保障大臣直轄の武装民兵組織の結成を閣議決定する。      イスラエル警察が、新たな治安組織として「国家警備隊」創設を了承したことは明 全文をよむ

2023-03-29 レバノン:イスラエルのドローンが領空を侵犯し若者グループに向けて発煙弾を投下 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルのドローンがレバノン領空を侵犯し、発煙弾で若者らを狙う      【ベイルート:アナトリア通信】      レバノン国営通信は水曜日、イスラエルのドローン1機がレバノン南部の国境に侵犯したと述べた。このドローンは、レバノン人の若者らを狙って発煙弾を投下したが、負傷者は出なかった。      同通信は、「敵対的な(イスラエルの)ドローン1機が、深夜1時頃(火曜日-水曜日/ 00:00GMT)にレバノンの領空を侵犯した」と報じた。      さらに、次のように付言した。「ドローンは、フマ 全文をよむ

2023-03-28 シリア:在モスクワ・シリア大使館がシリアに支援物資を提供 (その他 - シリア国営通信紙)

■在モスクワ・シリア大使館が地震被災者への支援提供を継続      【シリア国営通信:モスクワ】      在モスクワ・シリア大使館は、地震の影響に対処するために実施している緊急対応キャンペーンの一環として、シリア開発信託に人道支援物資のパッケージ100箱を送り届けると発表した。      同大使館は今日の声明のなかで、「これらの支援物資は、来週木曜日にモスクワを出発するシャーム・ウイング(航空会社)の機体に積載されて送られる」と述べた。 全文をよむ

2023-03-24 ガザ:失業率が50%に到達 (al-Quds al-Arabi紙)

■ガザの人口の半分は日々の所得がなく、失業率は50%に到達      【ガザ:本紙】      ガザ地区の労働組合は、失業率と貧困率が上昇していることに加え、25万人の失業に直面し、同地区の人口の半数が日々の収入なしで生活するようになっていると発表した。失業率は約50%、貧困率は60%に達している。      ガザ地区労働組合のサーミー・アムスィー委員長は報道への声明で、「封鎖は漁師、ドライバー、紡績、織物、鉱物、観光、建設、工業、印刷、そして出版を含む全ての労働部門に等しく影を落としている」と 全文をよむ

2023-03-21 米国:イスラエルによる2005年のいわゆる「分離法」の改正に「大いに悩まされている」 (al-Quds al-Arabi紙)

■米国は、入植者たちをヨルダン川西岸地区に戻すというクネセトの決定に「非常に悩まされている」:挑発的な動き (動画あり)      【ワシントン、パリ、ブリュッセル:本紙】      米国務省のヴェダント・パテル副報道官は火曜日、「ワシントンは、ユダヤ人入植者にヨルダン川西岸地区にある4つの入植地に戻る道を開くクネセト(イスラエル国会)の動きに「非常に悩まされている」と述べた。      パテル副報道官は、「入植地を巡り、退去を命じた2005年の法律の改正は、非常に挑発的で、ラマダーン月やユダヤ 全文をよむ

2023-03-14 イラン・サウジ外交関係再開の衝撃(5) (al-Quds al-Arabi紙)

■中国の仲介を通した中東地域の不透明性…ビン・サルマーンよ、あなたは何をした?      【ハアレツ:ツヴィ・マゼル】      トルコ・シリア間の関係再開は、アサドに対し経済の重要な活性化をもたらすだろう。アサドにはその代償として、トルコが安全保障上の脅威とみなしているシリア北部の少数派クルド人に対する防衛壁が求められることとなるだろう。重要な問いは、トルコがシリア北部で占領している地域の撤退に同意するかどうか、ということである。また別の問いは、クルド人はその地域を支配下に置くことを望んでいる 全文をよむ

2023-03-14 イラン・サウジ外交関係再開の衝撃(4) (al-Quds al-Arabi紙)

■中国の仲介を通した中東地域の不透明性…ビン・サルマーンよ、あなたは何をした?      【ハアレツ:ツヴィ・マゼル】      昨年末には、ビン・サルマーンは「シリアとの関係を再開する意図は存在する。しかしこの進展を妨げているのは、同国におけるイランの存在である」と明言した。当時ビン・サルマーンが意図していた内容は明確ではないものの、今日ではシリアにおけるイランの存在は障害にならないように思われる。      今週、シリアとトルコの関係再開に向けた道のりにおける新たな進展が期待されている。すな 全文をよむ

2023-03-14 イラン・サウジ外交関係再開の衝撃(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■中国の仲介を通した中東地域の不透明性…ビン・サルマーンよ、あなたは何をした?      【ハアレツ:ツヴィ・マゼル】      イスラエルにおける首相の不在を、攻撃し、辱め、領土を一方的に既成事実化するための機会とみなしたイスラエルの敵たちによる、首相の立場による認可の冷徹な悪用に関しては、特にそうである。      テヘランとリヤドの関係再開に直面したイスラエルが不必要な防衛的姿勢をとるなかで、アサドとナスルッラーはこの新たな同盟がもたらす喜ばしい知らせを待っている。土曜日には、チュニジアの 全文をよむ

2023-03-14 イラン・サウジ外交関係再開の衝撃(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■中国の仲介を通した中東地域の不透明性…ビン・サルマーンよ、あなたは何をした?      【ハアレツ:ツヴィ・マゼル】      ラビドの防衛計画はこれと同程度に反駁されている。彼は、自身が政権にある時に署名されたイスラエル・サウジ間の航空協定を、サウジとの関係を進めたのが自身であることを証明するために利用したのである。そして今は、ラビドの主張に反論するために、サウジを訪問しビン・サルマーンと面会したとの決定的な表明がネタニヤフからなされるのを待つ段階にあるのかもしれない。      重要なのは 全文をよむ

2023-03-14 イラン・サウジ外交関係再開の衝撃(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■中国の仲介を通した中東地域の不透明性…ビン・サルマーンよ、あなたは何をした?      【ハアレツ:ツヴィ・マゼル】      サウジとイランが外交関係を再開したとの劇的声明によって、この地位の国々は、当然のこととして、この好機のメリットを評価するために「エクセル」で表を作成している。イスラエルの政治面でみると、ヤイル・ラビドとベンヤミン・ネタニヤフは、自身らがともにサウジの外交への責任を負っており、米国大統領にとるべき動きを指示しているかのように、そしてまるで自身らがそれによって中東の絵を描 全文をよむ

2023-03-14 エジプト:大エチオピア・ルネサンス・ダム(GERD)問題について、外務大臣が「すべての選択肢が開かれている」と発言 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト外務大臣:ルネサンス・ダム危機では、すべての選択肢が開かれている。私たちには(自国の)能力を守る権利がある。      【カイロ:ターミル・ヒンダーウィー、本紙】      エジプト政府高官たちは「大エチオピア・ルネサンス・ダム(the Grand Ethiopian Renaissance Dam: GERD)」問題におけるエチオピア政府の強硬な姿勢に反発し、強い懸念を示し続けている。      エチオピアは下流の2カ国、エジプトとスーダンとの合意に達することなく、来年4月に4回目の 全文をよむ

2023-03-13 イスラエル:イスラエル政府が自国とUAEの関係弱体化に関する報道を否定(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルが自国の右派姿勢によるUAEとの関係弱体化を否定      【アナトリア通信:エルサレム】      アミール・ハーイク駐UAE・イスラエル大使はツイッターへの投稿で、当該の報道を「両国関係の詳細に通じ、両国を良く知る、アブダビのハイレベルな複数筋との会話をもとにすると、イスラエルメディアが今日夜に伝えた記事は、率直に言って不正確である」と指摘しつつ、これを否定した。      UAEはフワーラ町に関するスモトリッチ氏の声明を批判したうえ、ベングヴィル氏のアル=アクサー・モスク突入を 全文をよむ

2023-03-13 イスラエル:イスラエル政府が自国とUAEの関係弱体化に関する報道を否定(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルが自国の右派姿勢によるUAEとの関係弱体化を否定      【アナトリア通信:エルサレム】      しかしイスラエル政府はこの報道をただちに否定した。      イスラエル首相官邸は日曜夜、書面で出された声明のなかで、「この報道には根拠がない。イスラエルとUAEは今日を含めて、全ての分野における実りある外交連絡を行っている」と述べた。      一方イスラエル外務省はツイッター上の投稿で「今日夜に公表された内容は事実に反する。イスラエルとUAEの関係は強固であり安定している」と述べ 全文をよむ

2023-03-13 イスラエル:イスラエル政府が自国とUAEの関係弱体化に関する報道を否定(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルが自国の右派姿勢によるUAEとの関係弱体化を否定      【アナトリア通信:エルサレム】      イスラエルは、自国政府がパレスチナに関してとっている右派的立場によってアラブ首長国連邦(UAE)との関係が弱体化したとの言説を否定した。      この否定は、イスラエルとUAEの関係悪化について言及した地元チャンネルの報道を受けて、ベンヤミン・ネタニヤフ氏のイスラエル首相官邸と同国外務省、そして駐アブダビ・イスラエル大使が発した公式声明によってなされたものである。      イスラ 全文をよむ

2023-03-11 シリア:地震後の民兵の動向(2) (al-Mudun紙)

■シリア:「ヒズブッラー」戦闘員がブーカマール市にある自身の拠点へ戻る      【本紙】      同監視団は、その際に軍事治安局の構成員が諸民兵組織の地域とシリア民主軍(SDF)支配地域の間を繋ぐ「マフカーン」検問所の封鎖を行ったと指摘した。注目すべきは、その検問所は非合法で、密売人やその地域の住民を追い出した後に、その検問所を通して密輸品が入ってきていることである。      このことに加えて、同監視団は「ファーティミーユーン旅団」が2月5日にマヤーディーン市にある安全地帯内部の同派の軍事 全文をよむ

2023-03-11 パレスチナ:PLOが極右内閣による新たな入植地建設計画を批判(2) (al-Quds al-Arabi紙)

イスラエルの裁判所は今月中に意見聴取会の開催を予定しており、そこで80人以上のパレスチナ人の強制退去および強制移住の問題について決着がつく見込みであると発表では述べられている。      また同発表の指摘によれば、このようなプロパガンダの背景には、様々な口実を設けて、パレスチナ人を住居から強制退去させるように要求する入植者団体が存在している。彼らは、家屋の所有権は1948年以前のユダヤ人に帰するというような口実を設けて、エルサレムにあるパレスチナ人の住居と財産を収奪し、彼らを強制的に追放しようと 全文をよむ

2023-03-11 パレスチナ:PLOが極右内閣による新たな入植地建設計画を批判(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ解放機構はイスラエルによるエルサレムでの3つの新たな入植計画の決定を非難する      【ラーマッラー:DPA】      パレスチナ解放機構(PLO)は土曜日、イスラエルがエルサレムにおける3つの新たな入植計画を決定したことについて「エルサレムは入植計画と民族浄化作戦という押し寄せる荒波にさらされている」と非難した。       PLO傘下の領土防衛および入植活動への抵抗のための国家部局(NBDL)は報道発表にて、エルサレムのイスラエル化計画委員会は新しく入植地を建設するための3つ 全文をよむ

2023-03-11 シリア:地震後の民兵の動向(1) (al-Mudun紙)

■シリア:「ヒズブッラー」戦闘員がブーカマール市にある自身の拠点へ戻る      【本紙】      レバノンの「ヒズブッラー」は、イランに近い諸民兵組織の戦闘員に加え、ダイルザウル県東部の郊外にあるマヤーディーン市とブーカマール市で一度撤退していた拠点に、同派戦闘員らを再度派遣した。      「シリア人権監視団」によると、「ヒズブッラー」と、アフガン人民兵組織「ファーティミーユーン旅団」はマヤーディーン市にある安全地帯へ戻った。マヤーディーン市はユーフラテス川西部のイランの民兵の勢力の中心部 全文をよむ

2023-03-10 サウジアラビア:イラン・サウジ合意に関する米国の見解(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■米国は中国を介したイラン・サウジアラビア間合意を支持する一方、北京の影響力の拡大への懸念を表明      【ワシントン:本紙】      報じられているところによると、カービー氏は以下のように指摘した。「おそらくイランをサウジアラビアとの交渉のテーブルに着かせるのに寄与したのは、実のところ、イランが内的にさらされている圧力や、イランあるいはその代理人らがサウジアラビアに仕掛けている攻撃に対する効果的な抑止である」。      同氏は「我々は周知のように、サウジアラビアの支援とその効果的な抑止力 全文をよむ

2023-03-10 イラン:イラン・サウジ合意に関する米国の見解(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■米国は中国を介したイラン・サウジアラビア間合意を支持する一方、北京の影響力の拡大への懸念を表明      【ワシントン:本紙】      ホワイトハウスは、敵対関係にあるイランとサウジアラビアの関係回復に向けた、中国を介して発表された合意への支持を表明した。一方でこうした中国政府の功績を受けて、中東地域や世界のその他の地域で増大している同国の影響力への懸念をも明らかにした。      ジョン・カービー米国家安全保障会議戦略広報調整官は金曜日、リモート通話上でなされた記者団の質問に対する回答のな 全文をよむ

2023-03-09 シリア:社会問題労働省がシリア・ロシア協力財団の開設1周年記念イベントを主催(2) (その他 - シリア国営通信紙)

■シリア・ロシア協力財団がロシア文化センターで1周年を祝う      【シリア国営通信:ダマスカス】      ロシア文化センターの代表者であるニコライ・スーホフ氏は本紙文化部に対し、シリアの人々にあらゆる種類の支援、特に医療支援を提供するというシリア・ロシア協力財団の役割について指摘し、これが地震の前と最中を通して続いていることに言及した。      スーホフ氏は、ロシア文化センターが文化と芸術に関連する多くの分野で、シリアの市民社会における複数の組織・機関と継続的に協力していることに言及した 全文をよむ

2023-03-09 シリア:社会問題労働省がシリア・ロシア協力財団の開設1周年記念イベントを主催(1) (その他 - シリア国営通信紙)

■シリア・ロシア協力財団がロシア文化センターで1周年を祝う      【シリア国営通信:ダマスカス】      社会問題労働省は今日、ダマスカスのロシア文化センターで、ロシア文化センターおよびロシア和解センターの協力のもとで、またシリア開発信託および殉教者・軍負傷者・行方不明者担当部局との調整のもとで、シリア・ロシア協力財団1周年記念イベントを主催した。      同イベントのプログラムには、医療センターや教育センターの開設や様々な支援の提供といった、2022年中のシリア・ロシア協力財団の業務・ 全文をよむ

2023-03-06 シリア:ラタキア県でシリア開発信託とアドラが支援を提供 (その他 - シリア国営通信紙)

■シリア開発信託とアドラが、ラタキア県で120以上の被災世帯に支援物資を提供      【シリア国営通信:ラタキア】      シリア開発信託の各チームは、アドラ(Adventist Development and Relief Agency)と協力して、ラタキア県で地震に被災した120以上の世帯に支援物資を配布した。      同信託はフェイスブックページで、シャーリーハート・クラブの避難所にいる世帯に提供した支援物資には、基本用品と食料物資が含まれていることを示した。      同信託は、複 全文をよむ

2023-03-05 シリア:シリア開発信託がアレッポ市の慈善協会に赤ちゃん用ミルクを引渡し (その他 - シリア国営通信紙)

■シリア開発信託、アレッポ市の慈善教会に4,896箱の赤ちゃん用ミルクを引き渡し      【シリア国営通信:アレッポ】      シリア開発信託は、アレッポ市のイフサーン慈善協会に4,896箱の新生児用ミルクを引き渡した。それらは今後、同市内に点在する仮設避難所に配布される。      同信託はフェイスブックページ上で、必要とされている基本的なサービス・物資に関連する日々の緊急の課題の存在に言及した。また、地震被災者への迅速な対応を実現するために、あらゆる機関とのパートナーシップの形成が必要で 全文をよむ

2023-03-05 シリア:シリア開発信託がフィンランドの財団と協力してアレッポ市で被災者支援 (その他 - シリア国営通信紙)

■シリア開発信託、フィンランド教会支援の協力のもとで、アレッポ市内の避難所にいる家族に支援を提供      【シリア国営通信:アレッポ】      シリア開発信託は今日、「フィンランド教会支援」財団の協力のもとで、アレッポ市内の避難所にいる地震の被災家族に支援を提供した。      同信託は、フェイスブックページ上に公開した声明のなかで、今回提供された支援には、衣類や食料物資、赤ちゃん用ミルクのほか、女性用衛生キットが含まれていたと述べた。また、(支援当事者らの)取り組みのシステム化が、各国から 全文をよむ

2023-03-04 シリア:世界銀行はシリアが地震によって受けた損害の暫定推計額を発表(2) (その他 - Snack Syrian.com紙)

■世界銀行はシリアが地震によって受けた損害の総額に関する初期推計を発表…51億米ドル相当の直接的な物的被害…もっとも大きな被害を受けたのはアレッポ県か      【スナック・シリアン・ドットコム】      世界銀行のレポートによると、居住用建物が受けた直接的な損害は、総損害のほぼ半分にあたる48.5%に相当し、その総額は25億米ドルと推計された。また学校、政府機関、民間部門の建物を含む、その他の非居住用建物が受けた損害は35.5%に相当し、その額については97億米ドルと推計された。      全文をよむ

2023-03-04 シリア:世界銀行はシリアが地震によって受けた損害の暫定推計額を発表(1) (その他 - Snack Syrian.com紙)

■世界銀行はシリアが地震によって受けた損害の総額に関する初期推計を発表…51億米ドル相当の直接的な物的被害…もっとも大きな被害を受けたのはアレッポ県か      【スナック・シリアン・ドットコム】      世界銀行は昨日発表したレポートのなかで、シリアの4県を襲った地震による損害額が51億米ドルにのぼると推計した。      同レポートは、地震による被害がシリア国内で約1,000万人の人口を抱える4県に及んだことを示しつつ、これによって破壊された資本の総額が同国GDPの約10%にのぼると推計し 全文をよむ

2023-02-28 シリア:ペデルセン国連特別代表が「人道的対応から政治的な側面を取り除く必要性」を強調 (al-Quds al-Arabi紙)

■ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表「地震後のシリアでは、人道的対応こそが緊急の優先事項である」      【ニューヨーク:アナトリア通信】      ゲイル・ペデルセンシリア担当国連特別代表は、「援助問題を非政治化」するよう求めつつ、「緊急の優先事項は、地震の影響を受けたシリア人に対する緊急の人道的対応である」と述べた。      火曜日に行われた国連安保理へのブリーフィングのなかで、ペデルセン氏は全ての関係者に対し、「人道的責任を支持し、人道的対応から政治的な側面を取り除く」よう促した。 全文をよむ

2023-02-27 シリア:欧州を起点とする救援機2機がダマスカス空港へと着陸…欧州諸国がみせる「人道的な兆候」(3) (al-Watan紙)

■ハブーバーティー・シリア・アラブ赤新月社代表が本紙に語る。「欧州側はシリアへの支援を増加させることに取り組むだろう。これは非常に重要な兆候である」…EU諸国から救援機2機がダマスカス空港へと直接着陸      【ダマスカス:諸通信社】      さらに同氏は、欧州各国の国民がシリアに対する制裁を取り下げるよう要求し始めているとしつつ、次のように述べた。「我々はこのような人々に感謝している。また我々は同様に、一部の非政府組織を通じたシリアへの支援を増加させている米国の国民にも感謝している」。   全文をよむ

2023-02-27 シリア:欧州を起点とする救援機2機がダマスカス空港へと着陸…欧州諸国がみせる「人道的な兆候」(2) (al-Watan紙)

■ハブーバーティー・シリア・アラブ赤新月社代表が本紙に語る。「欧州側はシリアへの支援を増加させることに取り組むだろう。これは非常に重要な兆候である」…EU諸国から救援機2機がダマスカス空港へと直接着陸      【ダマスカス:諸通信社】      さらに同氏は「過去12年にわたって、欧州発の航空機がシリア国内に着陸したことはなかった。しかし今日、彼らの飛行機はシリア国内に着陸している」と述べた。さらにシリアに着陸する航空機の保険料が高額であることを指摘しつつ、次のように付言した。「しかし今日、欧 全文をよむ

2023-02-27 シリア:欧州を起点とする救援機2機がダマスカス空港へと着陸…欧州諸国がみせる「人道的な兆候」(1) (al-Watan紙)

■ハブーバーティー・シリア・アラブ赤新月社代表が本紙に語る。「欧州側はシリアへの支援を増加させることに取り組むだろう。これは非常に重要な兆候である」…EU諸国から救援機2機がダマスカス空港へと直接着陸      【ダマスカス:諸通信社】      欧州諸国を起点とし、地震の被災者に向けた救援物資や医療物資を積載した計2機の救援機が昨日、ダマスカス国際空港に到着した。シリア・アラブ赤新月社のハーリド・ハブーバーティー代表は、「欧州側はシリアへの支援を増加させることに取り組むだろう」と述べ、こうした 全文をよむ

2023-02-27 シリア:エジプト外相が2011年以来初めてダマスカスを訪問 (al-Quds al-Arabi紙)

■シリア:エジプト外相がダマスカスに到着、2011年以来初めての訪問      【イスタンブール:アナドル通信】      本日月曜日、エジプトのサーミフ・シュクリー外相は、今月2月6日に発生した地震の被災者への連帯を示すために、シリアの首都ダマスカスを訪問した。      エジプト外務省が日曜に行った発表によると、今回の訪問は、トルコを含む被災国訪問の一環として行われ、「地震直後の両兄弟国および両国民に対するエジプトからの連帯のメッセージ」を伝えるためである。      シリア政権の通信社「S 全文をよむ

2023-02-26 シリア:「エコノミスト」はサウジ・シリアの国交回復が間近であるとのレポートを掲載(2) (al-Watan紙)

■英「エコノミスト」誌がサウジアラビアとシリアの国交回復が間近であるとのレポートを掲載…「サウジ外相は自らの過ちを認めた」      【ダマスカス:諸通信社】      さらに同誌は「湾岸アラブ国家(サウジアラビア)の外交官らは現在、発展途上国との経済関係を強化し、気候変動に立ち向かうために努力を結集させるという、今後数年間の外交政策における優先事項を表明している」としつつ、「彼らはアラブの近隣国について話すことを好んでおらず、もし彼らがそうするのであればアラブ地域を『重荷』と表現することであろ 全文をよむ

2023-02-26 シリア:「エコノミスト」はサウジ・シリアの国交回復が間近であるとのレポートを掲載(1) (al-Watan紙)

■英「エコノミスト」誌がサウジアラビアとシリアの国交回復が間近であるとのレポートを掲載…「サウジ外相は自らの過ちを認めた」      【ダマスカス:諸通信社】      シリアとアラブ諸国との関係に政治的進展の加速がみられ、特に直近開催されたミュンヘン安全保障会議の折にサウジアラビアのファイサル・ビン・ファルハーン外務大臣が特定の言葉を述べたことを背景に、英「エコノミスト」誌は「(ファルハーン氏の同)声明は、たとえそれが経済的な門戸から入るものであれ、シリア国家との国交の回復に向けたサウジアラビ 全文をよむ

2023-02-25 クインシー研究所:米国のイスラエルに対する譲歩がイランとの悲惨な戦争の扉を開く(4) (al-Quds al-Arabi紙)

■米国シンクタンク:イスラエルへの譲歩により、バイデン大統領はイランとの悲惨な戦争の扉を開ける      【ロンドン:本紙】      また、パルシ氏は、トム・ニデス駐イスラエル米国大使がベンヤミン・ネタニヤフ首相に対して、イスラエルが根本的な司法制度変革を目指すのに「ブレーキをかける」よう呼びかけたのを、アミハイ・シクリ・ディアスポラ大臣が声明の中で批判したと言及した。      なお、シクリ大臣はニデス大使の呼びかけに応える形で、「あなたがブレーキをかけてください。関係のない事柄に干渉しない 全文をよむ

2023-02-25 クインシー研究所:米国のイスラエルに対する譲歩がイランとの悲惨な戦争の扉を開く (3) (al-Quds al-Arabi紙)

■米国シンクタンク:イスラエルへの譲歩により、バイデン大統領はイランとの悲惨な戦争の扉を開ける      【ロンドン:本紙】      しかしながら、パルシ氏によると、過去数年と数ヶ月で、様々な事柄が大きく変化したようだという。その期間、トランプ前大統領はイラン核合意から撤退した。対して、バイデン大統領はこの合意への復帰を約束しているものの未だにこの取り決めは忘却の彼方にある。      パルシ氏は一方で、イラン国内の政権は保守強行派に回帰していると指摘している。そして、彼らがイラン国民をより一 全文をよむ

2023-02-25 クインシー研究所:米国のイスラエルに対する譲歩がイランとの悲惨な戦争の扉を開く(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■米国シンクタンク:イスラエルへの譲歩により、バイデン大統領はイランとの悲惨な戦争の扉を開ける      【ロンドン:本紙】      パルシ氏は、イスラエルのイランに対する軍事作戦の開始は、ジョージ・ブッシュ元大統領からバラク・オバマ元大統領、さらにはドナルド・トランプ前大統領に至るまで、過去の米国政権が決して望まなかった行動であると明らかにした。      過去の米国政権は、米国政府が戦争に巻き込まれるリスクを冒さないよう、イスラエルがイランを爆撃するのを阻止するよう努めてきた。そして、その 全文をよむ

2023-02-25 クインシー研究所:米国のイスラエルに対する譲歩がイランとの悲惨な戦争の扉を開く(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■米国シンクタンク:イスラエルへの譲歩により、バイデン大統領はイランとの悲惨な戦争の扉を開ける      【ロンドン:本紙】      ワシントンDCにある責任ある政治のためのクインシー研究所 ( Quincy Institute for Responsible Statecraft)傘下のレスポンシブル・ステイトクラフト・センターのサイトで、研究者のトリタ・パルシ氏は「イスラエルへの譲歩により、バイデン大統領は戦争の扉を開ける」と題した論考を発表した。彼はこの論考の中で、「全ての視線がウクライ 全文をよむ

2023-02-23 シリア:シリア開発信託のイニシアチブのもと、シリア・スカウトがアレッポ県で被災者らに食事提供 (その他 - シリア国営通信紙)

■シリア・スカウト第2チームが、アレッポ県の地震被災者らに食糧支援や衣類を提供      【シリア国営通信:アレッポ】      アレッポ県で活動するシリア・スカウト第2チームの野外炊事場が、地震被災者のために用意された食事を避難所で提供している。実際に1,400食が毎日用意され、ボランティアチームによって配られている。      アレッポ県マナーラ(コミュニティセンター)の管理・運営コーディネーターであるマルワーン・サイラーワーン氏は本紙特派員らへの声明のなかで、シリア開発信託がシリア・スカウ 全文をよむ

2023-02-23 シリア:ヨルダンからの救援物資がナスィーブ国境検問所に到着 (その他 - シリア国営通信紙)

■シリア開発信託が、アンマンにあるシリア大使館からの救援物資を受け取る      【シリア国営通信:ダルアー】      シリア開発信託は今日夜、ヨルダンの首都アンマンにあるシリア大使館から提供された救援物資を積んだ貨物トラックを迎え入れた。      ナスィーブ国境通行所の責任者であるエンジニアのシャーディー・アバーズィード氏によると、この貨物トラックは、食料、毛布、おむつ、ハンカチなどのさまざまな救援物資を積載している。      これに先立つ今日午後には、ヨルダン政府とヨルダン・ハシミテ慈 全文をよむ

2023-02-23 パレスチナ:イスラエル軍による「大虐殺」でパレスチナ人11人が死亡、100人以上が負傷 (al-Quds al-Arabi紙)

■占領軍がナブルスで虐殺を行う…11名の殉教者と100名の負傷者…抵抗勢力はガザからのロケット弾で報復―(画像とビデオあり)      【本紙、諸通信社】      イスラエル占領軍は本日水曜日、ヨルダン川西岸地区ナブルスを急襲し、パレスチナ人が11人死亡し、100人以上が負傷した。パレスチナ保健省が明らかにした。      保健省が公表した死亡者の氏名、年齢は次のとおりである。アドナン・サブア・バアーラさん(72)、ムハンマド・ハーリド・アンブーシーさん(25)、ターミル・ニムル・ミーナーウィ 全文をよむ

2023-02-22 シリア:シリア開発信託が被災者に新たな身分証明書を発行するための直通回線を開設 (その他 - シリア国営通信紙)

■シリア開発信託、地震被害者に新たな身分証明書を無料で発行      【シリア国営通信:ダマスカス】      シリア開発信託の法的対応プログラムは、地震によって倒壊した住宅の内部でID・身分証明書を紛失した被災世帯のために、新たな身分証明書を無料で発行するための直通回線を開設したと発表した。      本紙が今日コピーを入手した、シリア開発信託の発表によると、同信託はこの措置が「地震被災者を支援するための対応の一環として行われる」ことを明らかにした。      直通回線の番号は、「094304 全文をよむ

2023-02-22 シリア:シリアに対する包囲の解除を求めるアラブおよび国際的な呼びかけ(2) (al-Watan紙)

■包囲を解除し、早急にシリア国民の苦しみを終結させるためのアラブおよび国際的な要求      【諸通信社:本紙】      「シーザー法は、破壊的な地震災害の被災者に対する人道支援および救援支援の到着を妨げ、がれきの下の生存者を捜索する人道救助チームの努力を妨害し、被害者の救助、捜索、救援チームにキャパシティが到達することを遮りました。これら全ては、シリアの人々に対する不当な包囲によるものです。そしてこの包囲は、世界の完全なる沈黙と、人類が歴史上目撃したことのない倫理的怠慢のもとで、シリア人がさ 全文をよむ

2023-02-22 シリア:シリアに対する包囲の解除を求めるアラブおよび国際的な呼びかけ(1) (al-Watan紙)

■包囲を解除し、早急にシリア国民の苦しみを終結させるためのアラブおよび国際的な要求      【諸通信社:本紙】      アラブおよび国際的な諸政党、政治勢力、民間勢力は、シリアに対する一方的な強制措置を解除するよう要求し、特にそれが破壊的な地震に見舞われたシリア人への援助の到着を妨げていることから、同様の措置が「非人道的である」と強調した。      イエメンの首都サナアで活動する諸政党、政治団体、民間団体が、アントニオ・グレーテス国連事務総長に書簡を送った。本紙が入手した書簡のコピーによる 全文をよむ

2023-02-20 パレスチナ:UAEをパレスチナ決議案の撤回に導いた米国の圧力(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■米国の圧力に応じて…UAEがイスラエルの入植を非難する安保理決議案を撤回      【ガザ:本紙】      本紙が入手した情報によると、ブリンケン氏はパレスチナ側に対し安保理からの決議案を撤回することに加えて、(パレスチナ)当局が治安調整を停止するという以前の決定を破棄し、イスラエル側との交渉チャンネルを回復することを求めた。同氏はさらに、チャンネルの回復を含み、異なるメカニズムによってなされる解決策および提案を提示した。そこでは現地で生じている緊張状態が終了し、緊張拡大のプロセスが停止し、 全文をよむ

2023-02-20 UAE:UAEをパレスチナ決議案の撤回に導いた米国の圧力(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■米国の圧力に応じて…UAEがイスラエルの入植を非難する安保理決議案を撤回      【ガザ:本紙】      UAEは、パレスチナ占領地域におけるすべての入植活動の即時かつ完全な停止をイスラエルに求める決議案への投票を求めることはないと通知した。これはUAEによって安保理理事国に送付された文書によって伝えられ、またそのなかでは、同国が議会による全会一致の承認が求められる「議長声明」という公式声明の起草に取り組んでいることが明らかにされた。      国連憲章によれば、「議長声明」は拘束力のない 全文をよむ

2023-02-20 国連:UAEをパレスチナ決議案の撤回に導いた米国の圧力(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■米国の圧力に応じて…UAEがイスラエルの入植を非難する安保理決議案を撤回      【ガザ:本紙】      地域の緊張拡大を止めることを目的に、過去2日間にパレスチナとイスラエルの双方に行使された米国の圧力が功を奏したことを裏付ける動きのなかで、UAEを介して安全保障理事会(以下、安保理)に提出されたパレスチナの決議案が取り下げられた。当決議案はパレスチナ領土に対するイスラエルの入植を非難しこれを違法とみなすものであったが、イスラエルの右派政権がラマダーン月期間中のアル=アクサー・モスクにお 全文をよむ

2023-02-20 シリア:アサド大統領がオマーンへの公式訪問を実施 (その他 - Snack Syrian.com紙)

■アサド大統領が「2011 年以降もシリアとの外交関係を断絶しなかった唯一の湾岸アラブ国家」であるオマーンを訪問し、同国のハイサム国王と面会      【スナック・シリアン・ドットコム】      シリアのバッシャール・アサド大統領は今日、シリア危機が開始して以来初めてとなるオマーンへの公式訪問を行った。      シリア・アラブ共和国大統領府の公式ページは、アサド大統領が今回の訪問を通して、オマーンのハイサム・ビン・ターリク国王と面会したことを明らかにした。しかし同ページは、2月6日にシリアと 全文をよむ

2023-02-19 シリア:18日までに欧州諸国を含む各国から計167機の救援機が到着(4) (al-Watan紙)

■昨日までに計167機の救援機がシリアに着陸…ハブーバーティーシリア・アラブ赤新月社代表「ヨーロッパからの3機もダマスカスに近づいている…シリアの兄弟・友人たちが救援を続け、WHOは緊急の支援を求めている」      【本紙】      さらに同氏は、人道支援物資の分配方式に関する本紙の質問に次のように回答した。「(各県の)知事たちは担当地域の支援委員会の責任者であり、被災者の名簿を持っている。この名簿を通して、赤新月社などの組織が支援物資の分配を行う」。      イタリア大使館のマッスィミリ 全文をよむ

2023-02-19 シリア:18日までに欧州諸国を含む各国から計167機の救援機が到着(3) (al-Watan紙)

■昨日までに計167機の救援機がシリアに着陸…ハブーバーティーシリア・アラブ赤新月社代表「ヨーロッパからの3機もダマスカスに近づいている…シリアの兄弟・友人たちが救援を続け、WHOは緊急の支援を求めている」      【本紙】      さらにイタリア政府とEUから提供された人道支援物資50トンからなる貨物が昨晩、レバノンとシリアの国境を越えて入国した。これらはシリア・アラブ赤新月社のハーリド・ハブーバーティー代表、在シリア・イタリア大使館のマッスィミリアーノ・ダントゥオーノ臨時大使、EUの人道 全文をよむ

2023-02-19 シリア:18日までに欧州諸国を含む各国から計167機の救援機が到着(2) (al-Watan紙)

■昨日までに計167機の救援機がシリアに着陸…ハブーバーティーシリア・アラブ赤新月社代表「ヨーロッパからの3機もダマスカスに近づいている…シリアの兄弟・友人たちが救援を続け、WHOは緊急の支援を求めている」      【本紙】      同様に昨日、計100台のトラックと車両からなるイラクの支援団が、救援物資、食料、薬品、燃料、救急車を運びながらブーカマール国境通行所を通過した。      同様の流れのなかで、アラブ首長国連邦の航空機9機が支援物資と共にラタキア、ダマスカス、アレッポの各空港に到 全文をよむ

2023-02-19 シリア:18日までに欧州諸国を含む各国から計167機の救援機が到着(1) (al-Watan紙)

■昨日までに計167機の救援機がシリアに着陸…ハブーバーティーシリア・アラブ赤新月社代表「ヨーロッパからの3機もダマスカスに近づいている…シリアの兄弟・友人たちが救援を続け、WHOは緊急の支援を求めている」      【本紙】      シリアの兄弟と友人から提供された支援の到着が続いている。シリア国内のダマスカス、ラタキア、アレッポの各空港には、アラブ首長国連邦から9機、イラクとリビアからそれぞれ3機、ロシアから2機の計17機が着陸した。これらは数百トンの支援物資を積載しており、地震の発生から 全文をよむ

2023-02-17 シリア:キプロス外務省の代表者がシリア大使館を訪問し、地震の犠牲者への哀悼の意を表明 (その他 - シリア国営通信紙)

■キプロス外務省の代表者がシリア大使館を訪問し、地震の犠牲者への哀悼の意を表明…国内の主要政党の代表者らも弔問記帳を行う      【シリア国営通信】      キプロス外務省の代表者が在ニコシア・シリア大使館を訪問し、シリアで発生した地震の犠牲者に対する哀悼を示した。さらに同代表者はこの際、キプロスの政府および国民が「シリア国民の苦難について悲しんでおり、犠牲となった人々の家族に同情を覚えている」と表明した。      在ニコシア・シリア大使館には、複数の政治団体および市民団体の代表者らのほか 全文をよむ

2023-02-16 シリア:アサド大統領が地震について言及 (al-Quds al-Arabi紙)

■アサド大統領:地震による損壊の規模は我々の対処能力を超えている      【ロイター】      シリア政権のバッシャール・アサド大統領は、先週発生した地震による災害の規模とそれに関する任務は、準備できる能力よりもはるかに大きいと述べ、「災害発生からすぐに支援してくれた同胞のアラブ諸国や友好国、および彼らの派遣した救助隊」に対して感謝した。      地震後、最初のテレビ演説内で、「この災害の規模と我々に課された任務はすべて、準備できる能力よりはるかに大きなものだ」と述べた。      この地 全文をよむ

2023-02-16 シリア:UAEがシリアの被災者向けに5,000万米ドルをさらに提供すると発表 (al-Watan紙)

■今月7日に続く2度目の支援額発表…UAEのムハンマド大統領が、シリアの被災者支援に向けた5,000万米ドルの追加支援を指示      【ダマスカス:本紙】      アラブ首長国連邦(UAE)のムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン大統領は、シリア・アラブ共和国で地震の被害を受けた人々を助けるために、5,000万米ドルを追加で提供するよう指示した。同大統領の指示は、シリア国民の側に立ちながら、被災者たちに支援を提供するためにUAEが払い続けている努力の継続として現れたものである。   全文をよむ

2023-02-15 シリア:シリア開発信託がジャブラ市で被災者支援を継続(2) (その他 - シリア国営通信紙)

■シリア開発信託が救援活動を継続し、ジャブラ市内で被災者のニーズを確保      【シリア国営通信:ラタキア】      ジャブラ市のアラブ文化センターで舞台音響および照明技術者を務めるハッサーン・アリー氏は、同センターには、劇場、ホール、設備を含む全ての用具と機能が備わっており、シリア開発信託の倉庫および活動拠点となると説明した。      薬学部を卒業したボランティアのハニーン・アッブード氏は、地震が震災の初日からシリア開発信託の幹部として活動していることを明らかにした。同氏は医薬品の安全性 全文をよむ

2023-02-15 シリア:シリア開発信託がジャブラ市で被災者支援を継続(1) (その他 - シリア国営通信紙)

■シリア開発信託が救援活動を継続し、ジャブラ市内で被災者のニーズを確保      【シリア国営通信:ラタキア】      シリア開発信託は、地震の被災家族に救援活動を提供し続けている。またジャブラ市の文化センターを、市内の各避難所にいる家族を監督するための活動拠点として利用している。      ジャブラ市のシリア開発信託チームの代表者であるヤーミン・ムウラー氏は、本紙特派員らへの声明のなかで、同信託が「様々な地元団体、市民団体との協力のもとで、照明や暖房から食料品や医薬品、その他に至るまでのあら 全文をよむ

2023-02-15 シリア:国連安保理がアサド大統領の決定を歓迎(2) (al-Watan紙)

■複数国が「政治を横に置き、地震の被災者に対する人道的な義務を履行する」よう要求…サッバーグ国連常駐代表「国連安保理の全ての加盟国が、北部の国境通行所2か所の開放に関するアサド大統領の合意決定を歓迎した」      【本紙】      さらにサッバーグ氏は、全ての安保理加盟国が国境開放に関するアサド大統領の合意決定を歓迎したと明かしつつ、次のように述べた。「言い回しはそれぞれの加盟国によって異なったものの、この決定が『正しくなく、役にも立たない』と言えるものは誰一人としていなかった。また、加盟国 全文をよむ

2023-02-15 ヨルダン:トルコ・シリア大地震を機に、ヨルダン政府はシリア政府と新しい政治外交の扉を開く (al-Quds al-Arabi紙)

■サファディー外務大臣(ヨルダン)-ミクダード外務在外居住者大臣(シリア):昨日の「敵」は今日の「友」…そして地震はヨルダンとシリアの方程式を変える      【ロンドン:本紙】      壊滅的な地震とその余波を受けて、ヨルダン政府はシリア政府との関係修復に向けた新たな政治的段階へ飛躍の一歩を踏み出す。      ヨルダンのアブドゥッラー二世国王は、またしても「型破り」な行動に出た。今回はアイマン・サファディー外務大臣をダマスカスへ公式訪問させた。ヨルダンの大臣がシリアを訪問するのは2011年 全文をよむ

2023-02-15 シリア:国連安保理がアサド大統領の決定を歓迎(1) (al-Watan紙)

■複数国が「政治を横に置き、地震の被災者に対する人道的な義務を履行する」よう要求…サッバーグ国連常駐代表「国連安保理の全ての加盟国が、北部の国境通行所2か所の開放に関するアサド大統領の合意決定を歓迎した」      【本紙】      シリアのバッサーム・サッバーグ国連常駐代表は、国連安全保障理事会の全ての加盟国が、北部の国境通行所2か所(バーブ・サラーマ通行所、ラーイー通行所)の開放に向けたアサド大統領の合意決定を歓迎したことを確認した。さらに、安保理加盟国による声明のほとんどが肯定的なもので 全文をよむ

2023-02-14 シリア:サウジアラビアの救援物資輸送機がアサド政権管理下のアレッポ空港に着陸 (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビアの救援物資輸送機がアサド政権の管理下にあるアレッポ空港に着陸      【アレッポ:本紙】      シリア政府の運輸省高官によると、壊滅的な地震の被災者に向けた救援物資を載せたサウジアラビアの輸送機1機が火曜日、アレッポ国際空港に着陸した。これは、10年以上前に紛争が勃発したのちにサウジアラビア政府がシリア政府との外交関係を断絶してから初めてのことである。      匿名を希望した同高官は以下のように述べている。「これは、ここ10年以上の間で、サウジアラビアを出発してシリアの領 全文をよむ

2023-02-13 シリア:ヨルダン政府が地震の被害者への支援提供に向けた両国間調整を継続する意向を明らかに(2) (al-Watan紙)

■外務在外居住者大臣、内務大臣、社会問題労働大臣が自身の影響について国連難民副高等弁務官と議論…ヨルダンは「地震の被害を受けた人々への支援提供に向けた調整を継続する」意向      【ダマスカス:本紙】      ラマダーン首相は次のように続けた。「このような悲惨な状況に際して、私自身の気持ちから、そしてチュニジア政府を代表して、首相閣下、シリア政府、そして犠牲者の家族たちに、この度の甚大な被害に対する最大限のお悔やみと真摯な哀悼の意を向けるほかはありません。この度負傷した人々が一刻も早く回復す 全文をよむ

2023-02-13 シリア:ヨルダン政府が地震の被害者への支援提供に向けた両国間調整を継続する意向を明らかに(1) (al-Watan紙)

■外務在外居住者大臣、内務大臣、社会問題労働大臣が自身の影響について国連難民副高等弁務官と議論…ヨルダンは「地震の被害を受けた人々への支援提供に向けた調整を継続する」意向      【ダマスカス:本紙】      フサイン・アルヌース首相が日々多くの弔電を受け取るなかで、ヨルダンのアイマン・サファディー副首相兼外務移民大臣は、ファイサル・ミクダード外務在外居住者大臣との電話連絡のなかで、地震災害の影響を受けた人々への支援提供に向けた調整を継続していく意向を表明した。      さらにミクダード外 全文をよむ

2023-02-13 シリア:カタールは「ホワイト・ヘルメット」の活動への支援を表明 (al-Quds al-Arabi紙)

■カタールはシリアでの地震の犠牲者を救うために「民間防衛隊」(ホワイト・ヘルメット」を支援する      【ドーハ:アナトリア通信】      カタール開発基金(政府系)は日曜日、シリアで発生した地震の犠牲者を救助・救援するために続けられている、同国の「民間防衛隊」(ホワイト・ヘルメット)の活動に対する支援を発表した。      同基金は声明のなかで、ホワイト・ヘルメットの活動に対して支援を提供したと述べた。支援の内容には、負傷者の病院への搬送のために24時間体制で活動している救急車の修理が含ま 全文をよむ

2023-02-10 シリア:シリア開発信託がハマー県内の避難所および被災現場で被災者に食料物資の提供を継続 (その他 - シリア国営通信紙)

■シリア開発信託が地元機関との協力のもとでハマー県内の被災者らに食料の準備を継続      【シリア国営通信:ダマスカス】      シリア開発信託は2月11日、避難所および被災現場で、ハマー県の民間機関と協力のもとで地震の被害を受けた人々に、必要なあらゆるものの提供を続けている。      同信託はフェイスブック・アカウント上で、「震災対応はあらゆる地元機関とともに、ハマー県の住民に必要なもの全てを提供するために続けられている。そこでは、現場チームが、ハマー市内のアファーミア・ホテル(Afam 全文をよむ

2023-02-10 シリア:シリア開発信託がヨルダンの食品会社からの食糧支援物資を受領 (その他 - シリア国営通信紙)

■シリア開発信託は地震の被災者に配布するために、ナスィーブ国境検問所を経由した食糧支援物資を受領      【シリア国営通信:ダマスカス】      シリア開発信託は、「ドゥッラ食品会社」(Al-Durra Food Products Company)から提供された2,000個以上の食品小包を受領した。      同信託はフェイスブック公式ページでの投稿を通じて、これらの食品小包が今朝、ラタキア県とアレッポ県で地震の被害を受けた人々のために、対ヨルダン国境に位置するナスィーブ通行所に到着したと説 全文をよむ

2023-02-10 シリア:地震の影響を受けた4県を「被災地」として宣言することが閣議決定 (その他 - Snack Syrian.com紙)

■シリア政府、地震の影響を受けた地域を「被災地」として宣言することを閣議決定      【スナック・シリアン・ドットコム】      シリアの閣僚委員会は今日行われた会合のなかで、アレッポ県、ラタキア県、ハマー県、イドリブ県内で地震の被害を受けた地域が「被災地」とみなされることを決定した。      「被災地」とは何か?      被災地とは地震、ハリケーン、火山噴火といった自然災害や、戦争や放射能漏れといった人的災害にさらされる地域のことを指す。      災害によって人命の喪失、インフラへの 全文をよむ

2023-02-09 シリア:欧州諸国でシリアに対する「集団的抑圧措置」を解除するよう求める声(2) (al-Watan紙)

■アラブおよび世界の政党、勢力、活動団体、政治家、ジャーナリストがシリアに対する「制裁」措置を解除するよう呼びかけ      【ダマスカス:本紙】      一方シリア国営通信が報じたところによると、スペインのマドリッド・コンプルテンセ公立大学の教授であり、シリアの歴史と国際関係の専門家であるパブロ・サパグ氏は次のように表明した。「シリアの人々が現在味わっている苦境は、米国および欧州諸国の真なる顔を示し、暴くものである」。      さらにスペイン国立地政学研究所のフアン・アントニオ・アギラル所 全文をよむ

2023-02-09 シリア:欧州諸国でシリアに対する「集団的抑圧措置」を解除するよう求める声(1) (al-Watan紙)

■アラブおよび世界の政党、勢力、活動団体、政治家、ジャーナリストがシリアに対する「制裁」措置を解除するよう呼びかけ      【ダマスカス:本紙】      シリアが何百人もの犠牲者を生み、国民の財産に多大な損害を与えた地震の余波に苦しむなかで、アラブおよび世界の数多くの政党、勢力、活動団体、政治家、ジャーナリストが同国および同国国民に寄り添う意向を表明した。彼らは同時に、西側諸国がシリアとその国民に課した一方的かつ不当な強制措置を解除する必要性を強調している。      より詳細な文脈では、本 全文をよむ

2023-02-09 シリア:国際人権協会がシリアに対する制裁を即時停止するよう呼びかけ (al-Quds al-Arabi紙)

■ドイツの国際人権協会(IGFM)はシリアに対する制裁の即時停止を要請      【フランクフルト:DPI通信】      ドイツのフランクフルトにある国際人権協会(IGFM)は、先週月曜日にトルコとシリアの国境地帯を襲い、最新の推定では20,000人を超える死者を出した壊滅的な地震ののち、シリアに対する制裁を即時停止するよう要請した。      国際人権協会は声明のなかで、同協会のマティアス・ボニング事務局長がボンで行われたデモの際に述べた発言を次のように引用した。「      私たちのメッセ 全文をよむ

2023-02-08 シリア:シリア開発信託が被災地における建物被害を調査するための専門委員会を設置 (その他 - シリア国営通信紙)

■シリア開発信託が地震による被害を受けた建物を調査するための専門委員会を設置      【シリア国営通信:ダマスカス】      シリア開発信託はアレッポ県、ラタキア県、ハマー県で、技師組合の協力のもとで地震の被害を受けた建物を調査するための専門委員会を設置した。      同信託はフェイスブックの公式ページで、専門委員会が、被災地でいまだ倒壊していない建物や住宅の初期発見のほか、住民が安全に帰還できる可能性の暫定評価を目的としていると説明した。      さらに以下の電話番号から、地震による被 全文をよむ

2023-02-08 シリア:アラブ議会連合がシリア訪問のための独自の使節団を形成する意向を明らかに (その他 - Snack Syrian.com紙)

■アラブ議会連合がシリア訪問に向けた独自の使節団を形成する意向を明らかに…イラク国民議会議長はシリアを「アラブの環境に復帰させる」よう呼びかけ      【スナック・シリアン・ドットコム】      イラク国民議会のムハンマド・ハルブースィー議長は今日、アラブ議会連合からシリアを派遣するための使節団を形成する意向を明らかにした。      イラクのメディアが報じたところによると、ハルブースィー氏はバグダードで開催されたアラブ議会連盟第34回大会の議長を務めた際、シリア国民への支持を表明するために 全文をよむ

2023-02-07 シリア:シリア開発信託はUAEからの救援物資の第一波が到着したと発表 (その他 - シリア国営通信紙)

■UAEから「ドバイ・サウジ・ドイツ病院」に宛てた医療救援物資の第一波が到着      【シリア国営通信:ダマスカス】      シリア開発信託は今日、アラブ首長国連邦(UAE)にある「ドバイ・サウジ・ドイツ病院」から医療救援物資の第一波が到着したと発表した。      同信託は自身のフェイスブック・ページで、このバッチがラタキア県ジャブラ市の国立病院に充てられたものだとしつつ、これに医薬品、救急用品、救援物資が含まれていることを明らかにした。      さらに同信託は、救助活動に活用させるため 全文をよむ

2023-02-07 イラク:中央政府とクルディスタン地域政府間の原油・ガス取引交渉のゆくえ (al-Sabah al-Jadid紙)

■クルディスタン地域政府:法律に従いバグダードとエルビル間の関係調整に腐心      【スレイマニア:アッバース・アルクワーズィー】         原油引き渡しに関する財政規律局に対する回答      クルディスタン地域政府はクルディスタンに於ける原油・ガス法の憲法違反性に関する連邦高等裁判所の判決の諸項目の新たな施策パッケージを発表した連邦財政規律局のレポートに回答した。尚、地方政府は連邦政府に対して原油案件に関して義務を負っていることも確認した。      クルディスタン地域政府のイワート 全文をよむ

2023-02-06 シリア:シリア開発信託が地震対応に向けスタッフを総動員 (その他 - シリア国営通信紙)

■シリア開発信託:地震の被害を受けた地域で被災者に支援を提供するためにスタッフを総動員      【シリア国営通信:ダマスカス、ハマー】      シリア開発信託は今日、全ての業務と活動を停止し、地震の被害を受けた全ての地域で被災者に支援を提供するために、スタッフを総動員すると発表した。      同信託は地震発生の当初から、自らのスタッフをシリア・アラブ赤新月社の裁量下に置いた。こうした決定は、地震の影響をもっとも受けたラタキア、アレッポ、ハマーの各県において、被災者への初期対応の一環として基 全文をよむ

2023-02-02 パレスチナ:イスラエル占領部隊がイェリコ市に突入、同市南部のキャンプでは若者らと衝突 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル占領部隊がイェリコ市に突入し、アカバ・ジャブル・キャンプの入り口で若者らと衝突      【イェリコ:諸通信社】      木曜日から金曜日にかけての夜、イスラエル占領部隊がイェリコ市に突入し、その後同市南部にあるアカバ・ジャブル・キャンプの入り口で若者らと衝突した。      パレスチナの『ワファー通信』が治安筋の話として報じたところによると、占領部隊がジェリコ市に突入しアカバ・ジャブル・キャンプに達したのち、同キャンプの入り口に集まった若者らに向けて有毒催涙ガスと音響爆弾を乱射し 全文をよむ

2023-01-31 パレスチナ:西岸でイスラエル人が負傷、パレスチナ人によるひき逃げ攻撃か (al-Quds al-Arabi紙)

■占領下の西岸地区中心部でひき逃げ攻撃により、イスラエル人2人が負傷      【ラマッラ:アナドル通信】      イスラエル軍とヘブライ語メディアによると、火曜午後、西岸地区中心部のラマッラ付近でひき逃げによる攻撃があり、イスラエル人2人が負傷した。      軍は声明で「タブーフ(ザアタラ)交差点地区での攻撃の報が届いた。軍は攻撃の詳細をチェックしている」と述べた。      一方、ヘブライ語ニュースサイト『ワッラー』は、「この攻撃によりイスラエル人2人が負傷し、現在、疑わしい車の捜索が行 全文をよむ

2023-01-31 イラク:資金洗浄容疑でイラク政府高官とその妻を排除 (al-Quds al-Arabi紙)

■資金洗浄の容疑でイラク政府高官とその妻を排除      【バグダード:本紙】      イラク誠実委員会は、容疑者の「トップ集団」を排除し、多額の金銭を押収する独自の作戦を実行し、その結果約120万ドルの押収に繋がったことを明らかにした。      誠実委員会は作戦の詳細について報道発表で次のように述べている。「最高汚職取締委員会の支援チームは、正確な情報を入手し、中央汚職犯罪捜査裁判所の逮捕状を取得して法的手続きを完了した後、別の事件で逮捕され自白した4人目の容疑者である元国税庁長官に関連す 全文をよむ

2023-01-30 イスラエル:東エルサレムでの家屋取り壊し指示は違法 (al-Quds al-Arabi紙)

■アダーラ・センター:ベン・グヴィル大臣によるエルサレム住民の家屋を取り壊し指示は報復であり、違法である。      【ナザレ:本紙】      人権団体アダーラ・センターは1948 年に占領された領土であるハイファにある本部から、国家安全保障大臣であるベン・グヴィル氏とイスラエル政府司法顧問の双方に緊急書簡を送付した。文書中で、大臣の指示は非合法であり、また大臣にこのような指示を出す権限はないとして、占領下の東エルサレムでの取り壊し行為を中止し、大臣が出した指示を取り消すよう要求している。   全文をよむ

2023-01-30 モロッコ:政府が総額285億モロッコ・ディルハムの投資プロジェクトを承認 (al-Quds al-Arabi紙)

■モロッコ政府は投資プロジェクトにより創出される雇用数を公表する      【ラバト:本紙】      モロッコ政府は総額285億モロッコ・ディルハム(MAD)以上の投資プロジェクトに関する12の協定と14の付随書を承認し、それにより10259人の直接雇用と33418人の間接雇用が創出されると発表した。      『クドゥス・アラビー』紙が入手した政府発表によると、承認された投資プロジェクトのトップは高等教育部門、次いで生産部門、そして観光部門である。      雇用機会の創出に関しては、高等教 全文をよむ

2023-01-29 エジプト:当局は「タハリール」広場の痕跡を消し去ろうとしている (al-Quds al-Arabi紙)

■当局は「タハリール」広場の痕跡を消し去ろうとしている      【カイロ:ターミル・ヒンダーウィー】      2014年以来課されている厳重な治安上の措置の状況の影響で、タハリール広場で記念写真撮影を行うことは、ある種の危険な冒険行為となった。タハリール広場では、ムハンマド・フスニー・ムバーラク元大統領を退任へ追いやることために、18日間に渡ってエジプトの革命家による占拠が行われた。      (2011年)革命のアイコンであるだけでなく、20世紀にも、多くの事件が起こったタハリール広場だが 全文をよむ

2023-01-26 モーリタニア:前大統領の裁判始まる (al-Quds al-Arabi紙)

■モーリタニア前大統領の裁判への関心。反対派と支援者たちの間でスローガン合戦      【ヌアクショット:本紙】      昨日、水曜日未明、前大統領の裁判に関心を持つ数百人のモーリタニア人が席を確保するために首都ヌアクショット中心にある裁判所の、裁判が行われる予定の法廷に殺到した。      警察機動隊は裁判所とその周りの建物や道路を掌握した。また裁判所の傍聴者を入念に検査し、それにより法廷への弁護士たちの入廷が遅れた。      目を引いたのはムハンマド・ウルド・アブドゥルアズィーズ前大統領 全文をよむ

2023-01-25 アフガニスタン:国連副事務総長がターリバーン政権の女性弾圧に関して警告 (al-Quds al-Arabi紙)

■国際連合のモハメッド副事務総長、ターリバーンによる女性弾圧の継続にもかかわらず行われたアフガニスタン支援の中断に関して警告      【ブリュッセル:本紙】      国連のアミーナ・モハメッド副事務総長は欧州連合の加盟国に対し、アフガニスタンの統治主体であるターリバーン運動が女性権利への弾圧を強めているにもかかわらず、同国への人道支援が中断されたことについて警告した。      モハメッド氏は火曜日にブリュッセルで、ジャーナリストらに対し、「各政府は納税者らに、なぜこれほどまでに女性に対する 全文をよむ

2023-01-24 イスラエル:ネタニヤフ首相がヨルダンを電撃訪問し、アブドゥッラー2世と面会(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ネタニヤフ首相はヨルダン・イスラエル関係の新たなページを開くためにアンマンを訪問      【ナザレ:本紙】      この訪問は、ヨルダン・イスラエル間で長年にわたって緊張が続いたのちに、ネタニヤフ氏が首相の座に復帰したことに対して、ヨルダン政府の懸念が生じるなかでなされた。訪問の背景には同様に、イスラエルのイタマル・ベン・グヴィル国家安全保障相がエルサレムの聖域(神殿の丘)に乱入し、これをヨルダン国王が非難していたこともあった。またこれに先立ちヨルダン外務省は、イスラエル警察が数日前に、駐 全文をよむ

2023-01-24 アルジェリア:米国国務次官補が西サハラ問題と人権問題に対する米国政府の見解を示す (al-Quds al-Arabi紙)

■ ブリンケン国務長官の補佐官がアルジェリアで西サハラと人権について語る…バイデン政権は、MINURUSO(国際連合西サハラ住民投票)ミッションとデ・ミストゥーラ特使の努力を支持する。      【アルジェリア:本紙】      米国のミシェル・シソン国際機関担当国務次官補は、「米国は、スタファン・デ・ミストゥーラ西サハラ担当国連事務総長個人特使の、この地域における恒久的解決のための公正で持続的かつ相互に受け入れられる政治的解決の推進を図る努力を支持する」と述べた。      アルジェリア訪問中 全文をよむ

2023-01-24 イスラエル:ネタニヤフ首相がヨルダンを電撃訪問し、アブドゥッラー2世と面会(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ネタニヤフ首相はヨルダン・イスラエル関係の新たなページを開くためにアンマンを訪問      【ナザレ:本紙】      イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が、2018年以降初めてアンマンを電撃訪問し、ヨルダン国王アブドゥッラー2世と面会した。この訪問はネタニヤフ氏にとって、先月に自身の第6期政権を組閣して以来初となる外遊であった。      ヨルダン通信社によると、アブドゥッラー2世は、アル=アクサー・モスクに関する歴史的な、また現行法的な地位を尊重し、これを侵害しないことの必要性にならび 全文をよむ

2023-01-23 オマーン:アラブ議会議長がオマーンの貢献と重要な役割を賞賛 (Al-Ahram紙)

■アラブ議会のアスーミー議長はアラブの連帯強化に向けたオマーンの貢献と重要な役割を賞賛      【n.p.:本紙】      アラブ議会のアーディル・アスーミー議長は、アラブの連帯とアラブ共同行動システムの強化、また地域の安全と安定の実現に向けたオマーンの貢献および重要な役割を賞賛した。      これは月曜日に、同議長がオマーン諮問評議会のハーリド・ビン・ヒラール・マアワリー議長とカイロで会談した際に述べたものである。これはパレスチナ問題を筆頭とする、アラブの舞台におけるあらゆる最新情勢や展 全文をよむ

2023-01-23 ソマリア:ムドゥグ州で実施された軍事作戦によりアル=カーイダ系組織の構成員ら134人が死傷 (Al-Ahram紙)

■中部ムドゥグ州における軍事作戦によりテロリストら134人が死傷      【本紙】      ソマリア陸軍の司令官であるビーヒー・タフリール将軍は、過去24時間でアル=カーイダに関連する民兵組織「ハワーリジュ」の構成員45人を殺害し、50人を負傷させたと発表した。      ビーヒー将軍はソマリア通信社が報じた声明のなかで「軍隊はまた、本日実行した軍事作戦を通して、中部ムドゥグ州ハラードヒヤー地区の西部領域において、テロ組織『ハワーリジュ』の構成員39人を殺害することに成功した」としつつ、「軍 全文をよむ

2023-01-23 ソマリア:クルアーンが燃やされた事件に関してソマリア政府がスウェーデン当局を強く非難 (Al-Ahram紙)

■ソマリア政府はスウェーデンでクルアーンが燃やされたことを非難する      【中東通信社】      ソマリア政府は、ストックホルムで先週土曜日に、聖クルアーンを燃やす許可を過激主義者の一人に出したことに関して、スウェーデン当局を強く非難した。      ソマリアの外務国際協力省はソマリアの通信社を通した声明で月曜、この処置は宗教的に神聖なものに対する多大なる蹂躙であり、世界中のイスラーム教徒たちの感情を逆なでするものであると明言した。また、スウェーデン当局が神聖なものおよびイスラーム的価値観 全文をよむ

2023-01-23 イスラエル:ネタニヤフ首相、最高裁の判断を受け内相兼保健相を罷免 (al-Quds al-Arabi紙)

■ネタニヤフ首相は最高裁判所の「シャス党党首の任命取り消し」判断を受け入れ、彼を内相兼保健相から解任する      【ナザレ:本紙:ワディーウ・アワーウダ】      イスラエルの最高裁判所の決定から5日後、ベンヤミン・ネタニヤフ首相は、彼の最も重要な政治的盟友であるユダヤ教超正統派(ハレーディー:複ハレーディーム)「シャス党」の党首、アリエ・デリ内相兼保健相の罷免に踏み切った。      シャス党のデリ党首は、記者たちが閣議室から退席するまで待っていたため、裁判で脱税と詐欺の有罪判決を受けたこ 全文をよむ

2023-01-21 レバノン:ヒズブッラーが国内政治の現状を非難 (Al-Nahar紙)

■ヒズブッラー「レバノンは完全崩壊に近い」      【レバノン:本紙】      ヒズブッラーのシャイフ・アリー・ダアムーシュ執行評議会副議長は、「レバノンは完全な崩壊に近いところにおり、国家とその機関は麻痺し稼働しておらず、国民がその代償を支払っている」と警告した。「政治家は救済できるものを救済するために合意を急ぐ代わりに、問題を深め国の分裂を助長するような対立、謀略、口論などで気を紛らわしているのがみられる」と現状に疑問を呈した。      副議長は金曜の説教で、「政治的陰謀や口論をしたり 全文をよむ

2023-01-20 パレスチナ:ハマースは「火遊び」を続けるイスラエルに警告(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ハマースは「火遊び」を続けることに対しネタニヤフ政権に警告      【ガザ:本紙】      カースィム氏は続けてイスラエルの新政権が「エルサレムとアル=アクサーへの攻撃をエスカレートさせている」と述べ、占領国の違反に立ち向かうためのアラブと国際的な行動の重要性を強調した。      さらに、エルサレムとアル・アクサーにおける占領国政府の振る舞いは、その人種差別的政策を拒否する地域各国および世界から発される全ての立場を蔑ろにしていることを裏付けていると強調した。      同氏は「アル=アク 全文をよむ

2023-01-20 サウジアラビア:ファイサル外相「イスラエルとの正常化にはパレスチナ国家の樹立が必要」(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビア:イスラエルとの正常化はパレスチナ国の樹立無しには成し得ず、アッバースはアメリカ特使に会う。      【リヤド、ラマッラ:本紙】      米国の声明によると、サリバン氏は強硬派のイスラエル新政府がバイデン政権との合意に至っていない問題を取り上げ、自身がパレスチナ国家の将来的な「生存の可能性」を妨げる政策に反対すると述べた。      米国務省が国家安全保障会議のエイドリアン・ワトソン報道官の名のもとで発表した声明によると、サリバン氏は、西岸を訪れている間にラマッラでパレスチナ 全文をよむ

2023-01-20 レバノン:新大統領選出を求めて、下院議員2名が国会内で座り込み (al-Quds al-Arabi紙)

■レバノンの下院議員2人が共和国の大統領選挙を要求して国会議事堂で一夜を過ごした(動画・ブログあり)      【ベイルート:AFP通信】      レバノンの下院議員、メルヘム・ハラフ議員とナジャト・アウン議員は、長引く経済危機と政治麻痺に陥ったレバノン(救済)のため、新大統領選出まで連続して国会を開くことを求めて、国会本会議場で夜を明かすという前代未聞の行動に出た。      学者であり環境科学の専門家であるアウン議員は金曜日の朝、国会本会議場からSNSを通じて動画を配信し、「私たちはここで 全文をよむ

2023-01-20 パレスチナ:ハマースは「火遊び」を続けるイスラエルに警告(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ハマースは「火遊び」を続けることに対しネタニヤフ政権に警告      【ガザ:本紙】      「ハマース」は占領当局に対し、エルサレム市およびアル=アクサー・モスクに対する攻撃をエスカレートさせることにより「火遊び」を続けることに関して警告を発した。      ハマースのハーズィム・カースィム報道官は、進行するエルサレム市への攻撃と、アル=アクサー・モスクに対する侵入および襲撃についてコメントし、「エルサレムとアル=アクサー・モスクで起こっていることは火遊びである」と述べた。      カー 全文をよむ

2023-01-20 サウジアラビア:ファイサル外相「イスラエルとの正常化にはパレスチナ国家の樹立が必要」(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビア:イスラエルとの正常化はパレスチナ国の樹立無しには成し得ず、アッバースはアメリカ特使に会う。      【リヤド、ラマッラ:本紙】      サウジアラビアのファイサル・ビン・ファルハーン外務大臣は、自国がパレスチナ国家の樹立なしにイスラエルとの正常化を実施することはないだろうと強調した。      サウジアラビア外務省は金曜日、ツイッターのアカウントを通した声明で「正常化と真の安定は、パレスチナに尊厳をもたらすことを通じて彼らに希望を与えることなしに起こることはなく、これには彼 全文をよむ

2023-01-19 チュニジア:当局がモロッコ王子の入国を拒否(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■チュニジア当局はアラブの春に関する国際シンポジウムに参加する予定であったヒシャーム・アラウィー・モロッコ王子の入国を拒否      【ロンドン:本紙】      モロッコのムハンマド国王6世のいとこであるヒシャーム王子はクドゥス・アラビーへの連絡のなかで、次のように述べた。「警官の扱いは適切で敬意もあったが、特に私はアラブの春について話し合う文化シンポジウムに参加する予定であったので、正当で説得性のある拒否の理由はなかった。この事件は、サハラ問題を背景としてモロッコ政府とチュニジア政府の関係に 全文をよむ

2023-01-19 チュニジア:当局がモロッコ王子の入国を拒否(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■チュニジア当局はアラブの春に関する国際シンポジウムに参加する予定であったヒシャーム・アラウィー・モロッコ王子の入国を拒否      【ロンドン:本紙】      チュニジア当局は木曜の夜、アラブの春に関する文化シンポジウムに参加するために同国に入ろうとしたヒシャーム・アラウィー王子の入国を拒否した。同王子がチュニジアから強制送還されるのは、2017年に同様の事例が発生してから2回目となる。      ヒシャーム王子は、有名なフランスの月刊誌「ル・モンド・ディプロマティーク」が主催する国際シンポ 全文をよむ

2023-01-18 イラク:同時期にバグダードを来訪する政敵たち(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■ホワイトハウス特使とゴドス軍団司令官が、イラクでの「政治的影響力」をめぐる米国・イラン間の競争のさなか、同じ週にバグダードを訪問      【ワシントン:本紙】      その後マクガーク調整官とホッホシュタイン特使はエルビールに移動した。両者はそこでクルディスタン地域政府のネチルバン・バールザーニー大統領と面会し、連邦政府と地域政府間で、同地域における石油生産に関する緊張を緩和する必要性について議論した。      一方「アクシオス」がイランとイラクの複数の新聞報道から観測したところによると 全文をよむ

2023-01-18 イラク:同時期にバグダードを来訪する政敵たち(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ホワイトハウス特使とゴドス軍団司令官が、イラクでの「政治的影響力」をめぐる米国・イラン間の競争のさなか、同じ週にバグダードを訪問      【ワシントン:本紙】      マクガーク調整官は、月曜日にアモス・ホッホシュタイン米国務省エネルギー問題担当特使と共にバグダードに到着した。両者はその前にヨルダンを短期間訪問し、同国国王のアブドゥッラー2世と面会していた。      首相官邸から発表された声明によると、スーダーニー首相は米高官らに対し、自政権が、「イラク国民の利益を保証できるように」友好 全文をよむ

2023-01-18 イラク:同時期にバグダードを来訪する政敵たち(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ホワイトハウス特使とゴドス軍団司令官が、イラクでの「政治的影響力」をめぐる米国・イラン間の競争のさなか、同じ週にバグダードを訪問      【ワシントン:本紙】      イラク首相官邸と在バグダード米国大使館は、米バイデン政権のブレット・マクガーク中東問題担当上級顧問(訳注:正しい役職は調整官)が今週イラクを訪れたと発表した。米・イラク間の安全保障協力に関して、ムハンマド・シヤーウ・スーダーニー新首相と協議するためだという。      ウェブサイト「アクシオス」は、米国とイランがイラクでの政 全文をよむ

2023-01-18 シリア:南部で座り込み。政権はヨルダンとの国境に第4師団を展開 (al-Quds al-Arabi紙)

■スワイダーで座り込み。シリア政権はヨルダンとの国境に第4師団を展開      【ダマスカス:本紙】      シリア南部のスワイダー県で2か月続けて、シリア政権の政策に反対し、政権打倒と県の治安、政治、経済危機の解決を要求する広範囲な大衆運動が生じている。市民は、市の中心部での座り込み再開の呼び掛け後、月曜日に抗議運動を再び始めた。一方政権は、貨幣、物資、商品の密輸を防ぎ、為替レートの調整と国境保持を援助するという口実の下、合法および違法な国境検問所と公式の国境検問所で「軍事、空軍、国家安全保 全文をよむ

2023-01-18 モロッコ:イスラエルと軍事協力の拡大に同意 (al-Quds al-Arabi紙)

モロッコ:イスラエルと軍事協力の拡大に同意      ■モロッコとイスラエルが軍事協力の拡大に同意      【n.p.:本紙】      モロッコは火曜日、首都ラバトでイスラエルとの防衛会議が2日間にわたり開催されたと発表した。      モロッコの国営通信社が発表した王立軍総司令部(軍)の声明によると、「防衛分野におけるモロッコとイスラエルの協力のための委員会が今月16日と17日にラバトで開催された」という。      また、「モロッコのファルーク・ベルキール王立軍総監督とイスラエルのドロー 全文をよむ

2023-01-16 ソマリア:中部の街ガルカドをアッシャバーブの支配から解放 (al-Quds al-Arabi紙)

■ソマリア国軍は新たな街をアッシャバーブの支配から取り戻したと発表      【モガディシュ:アナトリア通信】      ソマリア国防省は月曜(16日)、アッシャバーブの支配下にあった中部の街を新たに取り戻したと発表した。      これは、ソマリアのアブドゥルカーディル・ムハンマド・ジャーミウ国防相が政府系ラジオ局「ラジオ・モガディシュ」に向けて発出した声明の中で明らかにされた。      ジャーミウ国防相は「ソマリア国軍は今朝、中部に位置するガルムドゥグ自治州ガルグドゥード地区のガルアド市を 全文をよむ

2023-01-15 モロッコ:西サハラをめぐるマンデラ氏の孫の発言に激怒 (al-Quds al-Arabi紙)

■マンデラ氏の孫、「西サハラ解放」発言でモロッコを激怒させる。      【本紙、AFP】      昨日金曜日(13日)、アルジェリアで開催された自国内でプレーする選手のみから代表を選出するアフリカネイションズチャンピオンシップ(CHAN)の開会式で、ネルソン・マンデラの孫マンドラ・マンデラ氏が「西サハラはアフリカ最後の植民地」だと表現し、その「解放」について語ったことが、モロッコの強い非難を招いた。      土曜日(14日)、モロッコサッカー連盟は、アルジェリアでのCHAN開会式での出来事 全文をよむ

2023-01-14 イラク:国家安全保障顧問がルーマニア大使にテロとの戦いへの連携を呼びかける (al-Quds al-Arabi紙)

■イラク高官が「テロ」を撲滅するための国際協力を呼びかける:「ISIS」は中東地域と世界にとって脅威である      【バグダード:本紙】      イラクのカースィム・アアラジー国家安全保障顧問は、ルーマニアのラドゥ・オクタヴィアン・ドブリ在イラク大使との会合において、イラクは枢軸国からは距離をとった政策を採用し、「テロ」との戦争においてイラクの側に立った国々との真のパートナーシップを築くために尽力していると強調した。      国家安全保障顧問の広報事務所は報道発表で、その会合では「イラクと 全文をよむ

2023-01-11 エジプト:エジプトと米国が国際的な地政学的動向とその中東への波及効果を協議 (Al-Ahram紙)

■エジプトは、特に中東地域における国際的な課題に立ち向かうために、米国との協力関係の重要性を強調する。      【カイロ:サマル・ナスル】      エジプト外務省米国担当事務次官補ハーズィム・ファフミー大使は、米国国務省政治・軍事局地域安全保障担当ミラー・レズニック副次官補と会談し、国際的な地政学的展開やそれが中東地域に及ぼす影響を含む、エジプトと米国の2国間関係の進展について話し合った。会談にはダニエル・ルービンスタイン駐カイロ米国臨時代理大使が同席した。      ファフミー大使は会談で 全文をよむ

2023-01-10 オマーン:アラブ議会議長がハイサム国王の即位記念日に祝辞を述べる (Al-Ahram紙)

■アラブ議会議長がハイサム・ビン・ターリク国王の即位記念日に際して祝意を表明      アラブ議会のアーディル・ビン・アブドゥッラフマーン・アスーミー議長は、毎年1月11日にあたる、オマーンのハイサム・ビン・ターリク国王の即位記念日 に際し、祝辞を述べた。      アスーミー氏はこの機会にオマーン国王への心からの祝福を表明し、崇高なる神に対し、国王が健康で元気なまま でいられるように、そして国王の賢明 な治世の下でオマーン・スルタン国とその国民が益々の発展と繁栄を遂げられるように祈った。   全文をよむ

2023-01-09 UAE:学校のカリキュラムにホロコースト学習を導入 (al-Quds al-Arabi紙)

■アラブ首長国連邦はユダヤ人迫害についての学習をカリキュラムに組み込むことを発表した      【ナザレ:本紙】      占領者(イスラエル)側がアクサーモスクの聖域への侵入し、パレスチナの民衆に対する攻撃と脅迫がエスカレートしたのと時を同じくして、アラブ首長国連邦(以下UAE)はユダヤ人迫害(ホロコースト)についての学習を国内の学校でのカリキュラムに組み込むことを日曜日(8日)、発表した。また、関係正常化サミット「ネゲブ・サミット」に参加するためイスラエルの使節団がアブ・ダビに到着する。   全文をよむ

2023-01-09 イスラエル:国家安全相が対パレスチナ強硬路線を露わに (al-Quds al-Arabi紙)

■ベン・グヴィール大臣が公共の場でのいかなるパレスチナの旗の掲揚も禁止するよう指示      【エルサレム:アナトリア通信】      イスラエルのイタマール・ベン・グヴィール国家安全相は警察当局に対し、公共の場でのパレスチナの旗の掲揚を一切禁止するよう命じた。      極右政党「ユダヤの力(オツマ・イェフディート)」の党首であるベン・グヴィール大臣はTwitterで、「私は本日、テロ組織との同一性を示し、反イスラエルを煽るパレスチナの旗の掲揚を一切禁止するよう警察当局に命じた」と発表した。  全文をよむ

2023-01-08 スーダン:政治プロセスの最終段階が始動(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダン…政治プロセスの最終局面が開始      【ハルツーム:アナトリア通信】      開会式でのスピーチで、スーダン軍のアブドゥルファッターフ・ブルハーン司令官は「我々は、軍事機関がこの問題においていかなる役割を持つことがないまま、真の民主主義への移行を成功させるために働く。軍はそこにおいて、招待される第一の主体となるだろう」と述べた。      ブルハーン司令官は、「我々は、軍事機関が政治行為から離れることを確約し、軍隊が選挙を通じてもたらされる文民権威に従属すると信じている」と付け加 全文をよむ

2023-01-08 スーダン:政治プロセスの最終段階が始動(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダン…政治プロセスの最終局面が開始      【ハルツーム:アナトリア通信】      スーダンの首都ハルツームで日曜日、国が危機を脱するための枠組み合意に署名した軍および民間人による政治プロセスの最終段階の開会セッションが行われた。      政治プロセスは国連、アフリカ連合、政府機関「IGAD」からなる3機構による後援を受けつつ、枠組み合意に署名した民間人・軍人らの出席のもとで開始された。      スーダンの軍事部門は昨年12月5日、2年間にわたる移行期間の段階を開始するために、「自 全文をよむ

2023-01-08 パレスチナ:イスラエルの閣僚らが「さらなる制裁」によってパレスチナ自治政府を脅迫(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル:ベン・グヴィル氏とスモトリッチ氏、さらなる「制裁」によってパレスチナ自治区を脅迫      【本紙】      ベン・グヴィル氏はさらに、「テロを支援し、イスラエルに圧力をかけようとする人々に対して、さらなる措置が講じられることを期待し、信じている」と述べた。      金曜日の早朝、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の事務所は声明を出し、パレスチナ人に対して制裁を行うことを発表した。      この声明によるとイスラエル政府は、パレスチナ当局が「囚人や殉教者の家族たち」に毎月 全文をよむ

2023-01-08 パレスチナ:イスラエルの閣僚らが「さらなる制裁」によってパレスチナ自治政府を脅迫(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル:ベン・グヴィル氏とスモトリッチ氏、さらなる「制裁」によってパレスチナ自治区を脅迫      【本紙】      イスラエルのベツァレル・スモトリッチ財務大臣とイタマル・ベン・グヴィル「国家安全保障」大臣は金曜日、パレスチナ当局が国際司法裁判所に対してイスラエルの「占領の正当性」に関する法的勧告意見を要請したこと応じて、同当局に課した制裁が「始まりに過ぎない」と述べた。      パレスチナのマアン通信が伝えたところによると、スモトリッチ氏は自身のツイッターアカウント上で「連立協定で 全文をよむ

2023-01-07 イラン:抗議行動への関与を理由に二人の男性を処刑 (Al-Nahar紙)

■イランが抗議行動への関与を理由に二人の男性を処刑      【AFP・本紙】      イラン司法当局のウェブサイト「ミーザーン・オンライン」によると、土曜日、イランは、クルド人の若い女性マフサー・アミーニーの死に端を発した抗議行動中に治安部隊員を殺害したとして告発された二人の男性に対する死刑判決を執行した。      このウェブサイトは、イラン革命防衛隊とつながりのあるバシジ部隊に所属していた「ルーフッラー・アジュミヤーンの殉教(死)につながった犯罪の加害者であるムハンマド・マフディー・カ 全文をよむ

2023-01-06 エジプト:スィースィー大統領がロシア・ウクライナ危機に関して国民にメッセージ(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■スィースィー大統領はロシア・ウクライナ危機がもたらす影響の継続について警告し、エジプト国民を安堵させる      【カイロ:DPI通信】      同大統領は「現在、世界における大規模危機が及ぼしている影響は莫大である。その後の世界はそれまでとは異なったものになるだろう。戦争が今年中あるいはそれ以降にわたって継続した場合、経済危機は多くの国々に影響を与えるであろう」と述べ、「エジプトは苦しんでいるとしても、正しい道を邁進している」と強調した。      スィースィー大統領は、スエズ運河の売却に 全文をよむ

2023-01-06 エジプト:スィースィー大統領がロシア・ウクライナ危機に関して国民にメッセージ(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■スィースィー大統領はロシア・ウクライナ危機がもたらす影響の継続について警告し、エジプト国民を安堵させる      【カイロ:DPI通信】      エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は金曜夜、ロシア・ウクライナ危機が今年中あるいはそれ以降にわたって継続した場合に、これが世界に及ぼす影響について警告した。また同時に、すべてのエジプト国民を安堵させるべくメッセージを送った。      スィースィー大統領は、行政首都(カイロ北部)のキリスト生誕大聖堂で行い、複数の国内チャンネルによ 全文をよむ

2023-01-01 エジプト:スィースィー大統領がネタニヤフ首相就任を祝福 (al-Quds al-Arabi紙)

   ■エジプト大統領、イスラエル首相の正式就任を祝う      【カイロ:DPA】      エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領はイスラエルのネタニヤフ氏との電話会談で、同氏の首相正式就任と新政権発足の成功を祝福した。      日曜日(1日)、エジプト大統領府の報道官は次のように述べた。「両首脳は、今回の電話会談で、二国間関係に関する多くのテーマについて協議を行った。さらに、国際的・地域的な現在の情勢全般に関する議論も行った。」      一方、スィースィー大統領が、パレス 全文をよむ

2022-12-30 国連:クウェートのダシュティー氏を黒海穀物輸送コーディネーターに任命 (al-Quds al-Arabi紙)

■グテーレス氏が、クウェートのアブドゥッラー・ダシュティー氏を、黒海穀物輸送イニシアチブの国連コーディネーターに任命      【ニューヨーク(国連):本紙】      国連のアントニオ・グテ―レス事務総長は水曜日、クウェートのアブドゥッラー・アブゥル・サマド・ダシュティー氏を、黒海穀物輸送イニシアチブのコーディネーターに任命したと発表した。      これは、公式スポークスマン事務所が認定された報道機関に対して配信した声明の中で述べられたものであり、本紙はそのコピーを受け取った。      ト 全文をよむ

2022-12-29 UAE:欧州議会はUAE政府が関与したとされる汚職事件に関する調査を開始  (al-Quds al-Arabi紙)

■欧州議会がUAEの関与した汚職事件について調査を実施…UAE政府が実行した「卑劣なゲーム」の一面が明らかに      【ロンドン/ブリュッセル:本紙】      欧州議会は、アラブ首長国連邦(UAE)高官らが同国政府を利するかたちで関与した汚職および嫌疑に対する公式調査を開始した。また2022年FIFAワールドカップの開催と同時に、反カタール・キャンペーンを開始するためにUAEの諸部門がとった動きの詳細が明らかになった。      今回の調査は、UAE政府が実行し、欧州議会内で「卑劣なゲーム」 全文をよむ

2022-12-25 パレスチナ:クリスマスに聖地訪問を禁じられたガザ地区のキリスト教徒(5) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルはガザのキリスト教徒によるエルサレムおよびベツレヘムの聖地への訪問を阻止      【ガザ:本紙】      同氏は続けて以下のように指摘した。「イスラエル軍は、ガザ地区に繋がるエレズ検問所を通過するキリスト教徒のうち、女性や高齢者にさえも罰を与えます。渡航者の鞄や身体を検査し、さらに所持品を破壊するのです。こうした意図的な措置は、イスラエルの行為や迫害によって過去数十年間に何百もの家族がガザ地区から外部へ移住して以来、ガザからキリスト教徒の存在を消し去ることを目的としています」。  全文をよむ

2022-12-25 パレスチナ:クリスマスに聖地訪問を禁じられたガザ地区のキリスト教徒(4) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルはガザのキリスト教徒によるエルサレムおよびベツレヘムの聖地への訪問を阻止      【ガザ:本紙】      ファラフさんが指摘するところによると、イスラエルがガザ地区の住民に対して採用している人種差別的措置や集団的な迫害は、キリスト教徒をガザ地区と西岸地区に分散させ、あるいは彼らにガザ地区からの移住を強制することを目的とした、キリスト教徒に対する迫害の企ての一環として行われているのだという。彼はまた、同地区に暮らすキリスト教徒の一般の若者は、自身らを守るためのいかなる政治的・派閥的 全文をよむ

2022-12-25 パレスチナ:クリスマスに聖地訪問を禁じられたガザ地区のキリスト教徒(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルはガザのキリスト教徒によるエルサレムおよびベツレヘムの聖地への訪問を阻止      【ガザ:本紙】      西暦に従うと、キリスト教徒は毎年12月25日に祝日を祝うが、東方諸教会では例年1月7日を祝日としている。通常、世界各地から何万人ものキリスト教徒が東エルサレムやパレスチナ自治区内のその他の地域を訪れ、イエス・キリスト生誕の地であるベツレヘムの降誕教会という、世界のキリスト教徒にとってもっとも神聖な聖地での祝祭に参加する。      ファラフさんはは以下のように述べた。「私は家 全文をよむ

2022-12-25 パレスチナ:クリスマスに聖地訪問を禁じられたガザ地区のキリスト教徒(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルはガザのキリスト教徒によるエルサレムおよびベツレヘムの聖地への訪問を阻止      【ガザ:本紙】      ガザ市在住のハーニー・ファラフさんは、毎年ベツレヘムの降誕教会を訪れてクリスマスを祝い、聖樹(クリスマスツリー)に明かりを灯すことが習慣だった。しかしイスラエル当局が彼の入国許可書の発行を拒否したため、今年は(ガザ地区から)出ることができなかった。彼の家族のうち数人には許可が下りたが、彼に対する制限については説得力のある理由が示されることはなかった。      ガザ市の正教会 全文をよむ

2022-12-25 パレスチナ:クリスマスに聖地訪問を禁じられたガザ地区のキリスト教徒(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルはガザのキリスト教徒によるエルサレムおよびベツレヘムの聖地への訪問を阻止      【ガザ:本紙】      12月末、世界中のキリスト教徒はクリスマスを祝うために、エルサレムやベツレヘムを訪れる支度をする。しかしあらゆるキリスト教宗派に属するパレスチナ人の大多数が、宗教行事のためにエルサレムやヨルダン川西岸地区(以下、西岸地区)の教会を訪れることを禁じられている。イスラーム教徒であれキリスト教徒であれ、パレスチナ人に対する占領国イスラエルの侵害が続いており、特にガザ地区の住民は西岸 全文をよむ

2022-12-22 チリ:チリはパレスチナにおける代表のレベルを大使館に引き上げると決意 (al-Quds al-Arabi紙)

■チリはパレスチナにおける代表のレベルを大使館に引き上げることを決意      【サンティアゴ:本紙】      チリのガブリエル・ボリッチ大統領は水曜日の夜、同国が彼の任期中にパレスチナ自治区における代表のレベルを大使館に引き上げると発表した。これはサンティアゴのパレスチナ人コミュニティのメンバーとのクリスマスセレモニーでのスピーチの中の発言である。      「これは未だ公表しておらず、今公表を考えていることだが、私たちが政府として下した決定の一つは、パレスチナにおける公式代表のレベルを現在 全文をよむ

2022-12-21 リビア:国民統一政府がエジプトによる海上国境画定に抗議 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトによるリビアとの海上国境画定の背景にあるものは?      【イスタンブール:本紙】      エジプトは今月12月の11日、同国西側の海上国境の「画定」を発表した。一方リビア国民統一政府は「この決定は一方的なものであり、リビアの領海と大陸棚を犠牲にするものである。またこれによって相当量の天然ガスを埋蔵する地域がエジプトに併合される」とみなして、エジプトの決定を拒否した。      リビア国民統一政府の外務省が12月17日に出した声明によると、同省は官報で発表されたエジプトの決定を「リ 全文をよむ

2022-12-21 エルサレム:ユダヤ教の「ハヌカー」祭の期間中に、数十人のイスラエル人入植者がアクサー・モスクに乱入 (al-Quds al-Arabi紙)

■数十人のイスラエル人入植者がアクサー・モスクに乱入      【占領下エルサレム:アナトリア通信】      ユダヤ教の祭り「ハヌカー」4 日目にあたる水曜日、数十人のイスラエル人入植者が、イスラエル警察に警護されてアクサー・モスクに押し入った。      エルサレムのイスラム・ワクフ局は声明で、「159 人の入植者が、イスラエル警察が警護する中、アクサー・モスクに乱入した」と発表した。      ズフル(正午過ぎ)の祈りの後、さらに多くの入植者がモスクに突入すると予想される。      ワク 全文をよむ

2022-12-20 エジプト:5政党がスエズ運河の民営化を拒否 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトの5つの政党がスエズ運河の民営化を拒否      【カイロ:本紙】      エジプトの諸政党はスエズ運河庁のための基金の設立にかかわる法案を引き続き拒否した。この法案は昨日月曜日に、エジプト議会によって原則的に承認されていたもので、スエズ運河の不動産および動産、利益について、その販売、賃貸、賃借、利用を許可するものである。      エジプト社会党、ナセル国民合意党、エジプト共産党、アラブ・ナセリスト党、尊厳党などのエジプトの諸政党は声明で、スエズ運河庁の基金が、運河の所有権の部分的 全文をよむ

2022-12-18 オマーン:第34回アラブ総合保険連盟の総会開催に備える (Al-Ahram紙)

■オマーン・スルタン国は2024年の第34回アラブ総合保険連盟の総会開催に備える      【n.p.:ファーティマ・マンスール】      オマーン保険連盟は先週水曜日の2022年12月14日、アラブ総合保険連盟総会の第1回準備会合の開催を控えていると述べた。      既にオマーン市場の準備と第34回アラブ総合保険連盟総会の開催式典に関する多くの後方支援事項が議論され、そこで、総会のための最高準備委員会が以下のように設置されることが強調された。      シャキーブ・アブーザイド–アラブ総合 全文をよむ

2022-12-18 カタール:首長がツイッターでワールドカップの成功を強調 (al-Quds al-Arabi紙)

■カタール首長「我々は際立ったワールドカップを開催する約束を果たした」(ツイッター)      カタールのタミーム・ビン・ハマド・アール・サーニー首長はドーハで日曜日、FIFAワールドカップが閉幕しアルゼンチンが優勝したのち、自国が「ワールドカップの際立ったページを創り上げる」という約束を果たしたと述べた。      アルゼンチン代表チームは、決勝戦において両チームそれぞれ3ゴールで引き分けに終わったのち、相手国のフランスをPK戦で破り、カタール・ワールドカップで優勝することができた。      全文をよむ

2022-12-17 パレスチナ:ハマースが占領国によるアクサー・モスクへの襲撃を非難 (al-Quds al-Arabi紙)

■ハマース「占領軍は、アル=アクサー・モスクへの襲撃による影響に対する責任を負っている」      【ガザ:アナトリア通信】      ハマース(イスラーム抵抗運動)は土曜日、明日日曜日のイスラエルの「ハヌカ(光)の祝祭」の開始に際して、占領下エルサレムにあるアクサー・モスクに対する襲撃によるあらゆる影響について、イスラエルに責任があるとした。      過激派グループ「ハイカル」(神殿)は、ユダヤ教徒が12月18日から8日間にわたって祝うハヌカの祝祭に際して、アクサー・モスクに対する大規模な襲 全文をよむ

2022-12-16 ヨルダン:運輸部門で広がる抗議活動の動向(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■抗議行動の暴徒化がヨルダンの政治危機をエスカレートさせている      【本紙】      事態がこのように危険な方向に進むなか、ヨルダン国王アブドゥッラー二世はマアンに向かい、そこで亡くなった住民たちを弔問した。その際同国王は、「国民が経験している深刻な経済状況」に言及しつつ、ヨルダンが「祖国と国民の安全を侵すものを容認することはない」と警告した。      ヨルダン政府は抗議活動に対して「アメとムチ」の方法で対処した。当局高官らは、国王自身に始まり、政府や治安当局の高官らに至るまで、「平和 全文をよむ

2022-12-16 ヨルダン:運輸部門で広がる抗議活動の動向(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■抗議行動の暴徒化がヨルダンの政治危機をエスカレートさせている      【本紙】      この危機は国会議員らが起こした行動とともに、政治的特色を帯びることとなった。彼らの一部は、ヨルダンが「真の危機を経験しており」、また政府が「責務を遂行する能力を欠いており」、「でたらめな決定を行った」との見解のもとで、ビシュル・ハサーウナ政権を信任投票にかけるための監視会議を開催することを要求した。また、この事件には国際的な側面も加えられ、米国はヨルダンに住む自国民に向けて南部4県への渡航を控えるよう警 全文をよむ

2022-12-16 ヨルダン:運輸部門で広がる抗議活動の動向(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■抗議行動の暴徒化がヨルダンの政治危機をエスカレートさせている      【本紙】      ヨルダンの運輸部門の一つで発生したストライキは、国内の複数の県、特に南部の諸県に急速に広まった民衆抗議活動が集中する焦点に変わった。この活動は、当初の平和的な抗議活動からデモ行進、またトラック、バス、および石油製品を運ぶ車両への攻撃、さらに幹線道路の閉鎖へと変化するかたちで発展した。これは今後経済に及ぼされる悪影響を予感させるものであり、実際物資の欠如により数十の工場が稼働を停止したほか、数百の製造会社 全文をよむ

2022-12-16 リビア:エジプトの海洋境界画定に関する決定に抗議 (al-Quds al-Arabi紙)

■リビア国民統一政府は、エジプトの西側の海洋境界画定の決定を拒否する      【トリポリ:本紙】      リビア国民統一政府の外務国際協力省は金曜日、リビア・エジプト間の海洋境界画定に関連するエジプトの決定を拒否し、この件の協議開始を検討するようエジプト政府に促した。      今月12月11日に、エジプトはリビアと共有している西側の海洋境界を一方的に定めた大統領令を出した。      今日の午後発表された声明でリビア外務省は、エジプトの行ったことは「善意の原則に反しており、リビアの主権およ 全文をよむ

2022-12-15 パレスチナ:PLOが天然資源に対するパレスチナ人の権利に関する国連決議を歓迎 (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ解放機構は自国の資源に対するパレスチナ人の権利を確認する国連決議を歓迎      【ラーマッラー:本紙】      パレスチナ解放機構は木曜日、天然資源に対するパレスチナ人の権利に関連する国連総会の決議採択を歓迎した。      これは同機構執行委員会の筆頭顧問であるハスィーン・シャイフ氏の発言によって明らかにされたものである。      シャイフ氏は次のように述べた。「我々は、祖国の天然資源に対するパレスチナ人の権利に関する国連総会の採択を歓迎する」。      同氏はさらに、「今 全文をよむ

2022-12-15 エジプト:スィースィー大統領、グラム米上院議員と会談 (Al-Ahram紙)

■スィースィー大統領は、米国との数十年来の卓越した関係に謝意を表する。      【ウィサーム・アブドゥルアリーム】      エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は本日(15日)、ワシントンでリンジー・グラム米国連邦上院議員と会談を行った。      エジプト大統領府の公式報道官は、「リンジー・グラム上院議員はスィースィー大統領の訪米を歓迎し、両国の強い友好関係を称賛した。そして、両国の戦略的パートナーシップをさらに強化・発展させ、様々な分野でより広い地平線上に展開していきたい 全文をよむ

2022-12-14 イラク:経済情勢に関する大統領の見解(1) (al-Sabah al-Jadid紙)

■ラシード大統領が国際金融公社の対中東地域使節団を歓迎…「我々は先進的かつ繁栄した国を築くことを可能にする人的・自然資源を有している」      【バグダード:本紙】      アブドゥッラティーフ・ジャマール・ラシード大統領は昨日火曜日、「先進的かつ繁栄した国家を建設することへと繋がる、国家の自然・人的能力を伴いつつ」、形式主義を削減し、国内の銀行システムを発展させる必要性を確認した。      ラシード大統領の広報室は声明で、同大統領が「地域局長であるアフターブ・アフマド氏が率いる、国際金融 全文をよむ

2022-12-13 エジプト:「違反行為の隠蔽」のために、刑務所で合唱?(3) (al-Quds al-Arabi紙)

■「違反行為の隠蔽」のため…ワーディー・ナトルーン刑務所で囚人らが歌唱している動画がシェアされる      【カイロ:本紙】      ワーディー・ナトルーン複合刑務所は、515フェダーンの敷地に建設され、その周囲は、長さ1,330メートル、高さ7メートル、幅約1〜1.5メートルの、すべて鉄筋コンクリートでできた2つの壁で囲まれている。      ここ数か月以内に、エジプト内務省は、悪名高いアクラブ刑務所を含む12の刑務所を空けて、囚人らを新たな複合刑務所に移送する計画を開始した。      複 全文をよむ

2022-12-13 エジプト:「違反行為の隠蔽」のために、刑務所で合唱?(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■「違反行為の隠蔽」のため…ワーディー・ナトルーン刑務所で囚人らが歌唱している動画がシェアされる      【カイロ:本紙】      さらに、「私がワーディー・ナトルーン複合刑務所を訪問中に目にしたのは、驚くべきものであった。じきに詳しく書くつもりだが、もし自分自身の目で見ていなかったら、信じなかっただろう。刑務所群はまるで観光地のようになっているものの、そこでは浄化、改心、そして多くの人々の罪に対する後悔が存在する。国家がどんなことをしても、そして我が国にとって最善となることすべてを嫌う劣等 全文をよむ

2022-12-13 エジプト:「違反行為の隠蔽」のために、刑務所で合唱?(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■「違反行為の隠蔽」のため…ワーディー・ナトルーン刑務所で囚人らが歌唱している動画がシェアされる      【カイロ:本紙】      火曜日、エジプトのSNSユーザーらが、同国北西部にあるワーディー・ナトルーン複合刑務所の受刑者らが同刑務所管理部によって結成されたと思われる合唱団に参加している動画をシェアした。      アイマン・フサインと名乗るSNSユーザーが公開した映像は、囚人服を着た男女のグループがドラマ「バッワーバ・ヘルワーニー」の主題歌を歌い、彼らのうちの多くが楽器を演奏している姿 全文をよむ

2022-12-12 エジプト:人権団体がエジプト人活動家の国籍回復を訴える (al-Quds al-Arabi紙)

■44の人権団体がエジプトに活動家ラーミー・シャアス氏の国籍を回復するよう求める      【カイロ:本紙】      44の人権団体が月曜日(12日)、声明で元政治犯のラーミー・シャアス氏と、その妻スィーリーン・ルーブラーン氏との連帯を示した。両氏はエジプト政府が彼らに侵害行為を行ったことしたことに関して、アフリカ人権委員会に正式に提訴している。連帯を示した団体は、この措置を被害者の正義を実現し説明責任を果たさせるための重要な一歩とみなしている。      ヒューマン・ライツ・ウォッチや権利と 全文をよむ

2022-12-11 エジプト:G20シェルパ会議で議長国インドとの協力意向を表明(2) (Al-Ahram紙)

■エジプトはG20議長国インドと協力・連携する意向を表明する      【サマル・ナスル】      エジプトはまた、議長国インドと共通の優先課題で協力し密接に連携する意向を表明した。特に、世界的な食糧安全保障の強化に関するG20内のイニシアチブの準備と立ち上げ、相次ぐ世界的危機に国際金融機関がより効率的に対応できるようにするための支援、WTO改革のアジェンダの推進、持続可能な開発目標の実施を進めるための行動計画の作成、G20によるグリーン水素分野での卓越研究拠点(COE)の設立、公平なエネルギ 全文をよむ

2022-12-11 エジプト:G20シェルパ会議で議長国インドとの協力意向を表明(1) (Al-Ahram紙)

■エジプトはG20議長国インドと協力・連携する意向を表明する      【サマル・ナスル】      G20において(エジプト・アラブ)共和国大統領を代表するラーギー・イトリビー大使(多国間及び地域経済担当外務大臣補佐官)はインドのウダイプルで開かれた第一回各国政府首脳代表会議に参加した。これはG20サミットの議長国を務めるインド政府の招待に応じるものであり、同会議ではインドの議長国任期中のG20会合のロードマップが作成された。      同会議でのエジプトの発言は、現在の極めて複雑な国際経済情 全文をよむ

2022-12-10 シリア:日本の桜が首都ダマスカスの公園に植樹される、東京にダマスカス・ジャスミンを植樹する計画も (その他 - SANA紙)

■日本の桜がダマスカスの公園に植樹される      【ダマスカス:SANA、ガスーブ・アッブード】      農業・農業改革省は今日、ダマスカス県、日本シリア親善協会の協力のもと、ダマスカス県のウマウィーイーン広場周辺の公園で植樹キャンペーンを行い、日本の桜多数を植樹した。      ムハンマド・ハッサーン・カトナー農業・農業改革大臣は、今日のキャンペーンが農業・農業改革省が今年になって始めた第5回植樹キャンペーンの一環で、森林樹木の植栽を拡大し、森林面積を増やすことを目的としていると述べた。ま 全文をよむ

2022-12-09 エジプト:スィースィー大統領が中国・アラブサミットでルネサンス・ダムに関する発言 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト大統領がエチオピアに対し、ルネサンス・ダムに関して拘束力のある法的合意に達するよう呼びかけ      【リヤド:アナトリア通信】      エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は金曜日、エチオピアに対して、同国が10年以上にわたってナイル川上での建設を進めてきたダムに関して、拘束力のある法的合意に到達するよう呼びかけた。      これは、サウジアラビアが主催し、中国の国家主席および多くのアラブ諸国の首脳らが参加した初の中国・アラブ諸国サミットにおいて、エジプト大統領が 全文をよむ

2022-12-09 パレスチナ:パレスチナ解放機構が日本のUNRWAに対する支援を称賛 (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ解放機構が日本の「UNRWA」に対する支援を称賛      【ガザ:本紙】      パレスチナ解放機構(PLO)は、日本が国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)に対して行った支援を称賛した。      同機構執行委員会メンバーであるアフマド・アブー・フーリー氏は、日本がUNRWAにとって「重要かつ主要な支援者」であることを強調し、同国連機関に対する日本の支援は「UNRWAによるパレスチナ難民への支援提供、そしてその基本的な取り組みを継続することを可能にすることに貢献している」 全文をよむ

2022-12-09 スーダン:ブルハーン主権評議会議長、中国の習近平国家主席と会談 (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダンと中国が相互協力の強化と債務問題について協議      【ハルツーム:アナトリア通信】      スーダン主権評議会のアブドゥルファッターフ・ブルハーン議長は木曜日、中国の習近平(シーチンピン)国家主席と、両国の相互協力・協調の強化とスーダンの対中債務問題について協議した。      これは、金曜日にサウジアラビアで開かれる中国・アラブ首脳会議を前に、首都リヤドで行われた習近平国家主席とブルハーン議長の会談の内容である。中国・アラブ首脳会議には習近平国家主席やアラブ各国の多数の首脳が出 全文をよむ

2022-12-08 レバノン:イスラエルがラフィーク・ハリーリー国際空港を爆撃すると脅迫 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルはイランの武器がヒズブッラーに密輸されていると主張…ベイルート空港を爆撃すると脅迫      【ロンドン:本紙】      ヘブライ語メディアが伝えたところによるとイスラエルは、レバノンがイランからヒズブッラーに武器を密輸するためにベイルート空港を使用しているとの主張のもとで、同空港を爆撃すると脅迫した。      イスラエルのメディアは、ダマスカス・ルートがとん挫したことで、イランがベイルートを経由した新しい密輸ルートの使用を試みていると述べた。またイスラエル政府は、イラン政府によ 全文をよむ

2022-12-07 パレスチナ:諸派の指導部はイスラエルのエスカレーションに抵抗 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルのエスカレーションに抵抗する諸派の指導部は「人々の意志を挫くことはない」と語り、抵抗をエスカレートさせるようを訴える      【ガザ:本紙】      民族主義勢力とイスラム主義勢力の指導部は、過去数日間の占領軍(イスラエル軍)の軍事行動のエスカレーションを受けて、占領軍による犯罪がパレスチナ人の意志を挫くことはなく、あらゆる形での抵抗を堅持すると強調した。      過去24時間、パレスチナ地域に対するイスラエルの大規模なエスカレーションや攻撃の頻度を上げることを警告する軍事的脅 全文をよむ

2022-12-05 エジプト:投獄された「1月25日革命」活動家の家族が声明を発表(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■活動家のアフマド・ドゥーマ氏の刑期が10年目に突入…同氏の家族「我々は彼が恩赦リストから除外された理由を知らない」      【カイロ:本紙】      声明は次のように続けた。「アフマドの両親は重大な健康問題に悩まされており、長男である彼に定期的に会いにいくことができない。また、アフマドも多くの健康問題に悩まされており、そのほとんどは獄中の困難な年月の間に抱えてしまったものである。アフマドの家族が自らの苦痛を終わらせ、息子との抱擁を再び喜ぶ時が、そして34歳の青年であるアフマドが自由を取り戻 全文をよむ

2022-12-05 エジプト:投獄された「1月25日革命」活動家の家族が声明を発表(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■活動家のアフマド・ドゥーマ氏の刑期が10年目に突入…同氏の家族「我々は彼が恩赦リストから除外された理由を知らない」      【カイロ:本紙】      エジプトの活動家アフマド・ドゥーマ氏は刑務所で9年にわたる刑期を過ごした。同氏は、ムハンマド・ホスニー・ムバーラク・エジプト前大統領を追放した2011年1月25日の革命の象徴の一人とみなされている。同氏はメディアで「内閣事件」と呼ばれる事件によって15年の懲役刑に服している。      ドゥーマ氏は1月(25日)革命に参加した人々の間で「蝶ハ 全文をよむ

2022-12-02 パレスチナ:占領当局はパレスチナ人ジャーナリストに対して先月1か月で34件の侵害行為を行った (al-Quds al-Arabi紙)

■占領当局は、パレスチナ人ジャーナリストに対して34件の侵害行為を行っている。      【ガザ:本紙】      パレスチナの最新の報告書では、先月11月の1ヶ月間にパレスチナ人ジャーナリストに対するイスラエルによる30件以上の侵害行為を確認し、またSNSも多くのアカウントを閉鎖して占領当局への支援となる侵害行為を続けていると明らかにした。      パレスチナ領内のジャーナリストに対する侵害行為を監視しているジャーナリスト支援委員会の月報は、先月1カ月間に34件以上のイスラエルによるメディア 全文をよむ

2022-11-30 イスラーム国:報道官が3代目「カリフ」の死亡を発表(3) (al-Mudun紙)

■「ダーイシュ」(イスラーム国)は「神の敵らに屈辱を与えている」指導者が殺害されたと発表      【本紙】      2019年にイスラーム国の「カリフ制国家」の殲滅が発表されて以降、米国軍および米国を筆頭とする国際有志連合は潜伏するイスラーム国の指導者らを追跡している。また両軍は時にシリアで、イスラーム国に所属していた疑いのある要員らに対する襲撃、急襲作戦、降下作戦を実施している。      その後2019年10月26日から27日にかけての夜、シリア北西部のイドリブ県で米国の軍事作戦によって 全文をよむ

2022-11-30 イスラーム国:報道官が3代目「カリフ」の死亡を発表(2) (al-Mudun紙)

■「ダーイシュ」(イスラーム国)は「神の敵らに屈辱を与えている」指導者が殺害されたと発表      【本紙】      一方米国当局による初のコメントとして、ホワイトハウスのジョン・ケリー報道官は「ホワイトハウスはイスラーム国指導者が死亡したとの知らせを歓迎する」と述べた。      イスラーム国は、2014年にシリアとイラクの広範な領域を支配したものの、まずイラクで、次にシリアで敗北を喫した。しかし同組織の隠れた構成員らは、それが限定的なものであるとはいえ、いまだ両国内で特に治安要員に対する攻 全文をよむ

2022-11-30 イスラーム国:報道官が3代目「カリフ」の死亡を発表(1) (al-Mudun紙)

■「ダーイシュ」(イスラーム国)は「神の敵らに屈辱を与えている」指導者が殺害されたと発表      【本紙】      AFP通信によると、イスラーム国は水曜日、同組織の報道官による音声記録のなかで指導者のアブー・ハサン・ハーシミー・クラシーが死亡したことを明らかにした。一方で同組織は、クラシーが死亡した場所や時刻については明言しなかった。      イスラーム国の報道官であるアブー・ウマル・ムハージルは、ジハード主義者らによるアカウントが拡散した音声記録のなかで次のように述べた。「(クラシーは 全文をよむ

2022-11-29 エジプト:人権問題への対応をめぐるEUを批判 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトは人権に関する押収の決定を拒否…その一方で逮捕者らへの侵害に対する異議申し立ても      【カイロ:ターミル・ヒンダーウィー、本紙】      エジプトでは、人権問題に具体的な進展が見られないことを理由に欧州議会がカイロとの関係を再評価する決定を下したことに対し、反応が続いた。一方、エジプトの法廷は、メディアにおいて「メスル・ゲディーダ細胞」として知られている事件の容疑者5人を共和国ムフティーに書類送検した。また、言論犯らの家族は、カイロ東のバドル複合刑務所で子供らが受けている侵害行 全文をよむ

2022-11-25 シリア:シリア北東部でトルコ軍によるクルド人勢力の経済拠点への攻撃が継続 (al-Quds al-Arabi紙)

■トルコ軍はクルド人勢力の経済資源、特にシリア北東部の石油資源を攻撃する戦略を追求      【ダマスカス:本紙】      トルコの砲兵隊は金曜の朝、同国政府による「修正主義」戦略の一環として、シリア北東部のハサカ県でクルド人部隊の支配下に置かれている複数の村に対する攻撃を6日連続で実行した。これらの攻撃はクルド人勢力に属する経済資源および石油施設を標的とすることによって構成された。また、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は金曜日、自国の南側国境に沿って「西から東にわたる安全保障 全文をよむ

2022-11-25 イスラエル:ネゲブ地域のバス爆発を阻止 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル:ネゲブでバス内での爆発装置の爆破計画を阻止      【テルアビブ:本紙】      イスラエルの総保安庁(シャベック)は、ネゲブ地域のバス内で爆破装置を爆破させる試みを阻止したことを明らかにした。その爆破計画を行なったのはガザ地区ラファア出身の31歳男性だった。      起訴状に記載された内容によると、イスラーム聖戦組織がイスラエル国内の労働許可証を悪用してその男性を動員したとイスラエル放送協会(Makan)は報じた。      この攻撃は阻止されたものの、これを受けてイスラエ 全文をよむ

2022-11-23 パレスチナ:ハマース指導者が国際社会にガザ地区に対する包囲を打破するための協力を要求 (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ立法評議会副議長が各議会の議長らに対しイスラエルによるガザへの包囲を打破するための干渉を要求      【ガザ:本紙】      解散したパレスチナ立法評議会の副議長は、各議会および世界中の議会系連盟・機関に対し、16年前にイスラエルによってガザ地区に課せられた包囲を打破するために、人道的、政治的、法的責任を負い、必要な圧力を行使し、努力を集約することを求めた。      パレスチナ立法評議会のアフマド・バフル副議長は、各議会および世界中の議会系連盟の議長らに送った書簡のなかで、様々 全文をよむ

2022-11-22 エジプト:スーダンの政治家兼宗教指導者がエジプトの政府専用機で10年ぶりに帰国 (al-Quds al-Arabi紙)

■スィースィー大統領が、スーダンの民主統一オリジン党首の首都ハルトゥームへの輸送に政府専用機の提供を指示      【カイロ:ターミル・ヒンダーウィー】      エジプトのアブドゥル・ファッターフ・スィースィー大統領は、スーダンの民主統一(DUP)オリジン党の党首でハトミーヤ・スーフィー教団の指導者であるムハンマド・ミルガーニー氏を首都ハルトゥームに輸送するために政府専用機を提供するよう指示した。ミルガーニー氏は10年間エジプトに居住していた。      カイロ・ニュース・チャンネルは、「ミル 全文をよむ

2022-11-21 アルジェリア:警察が文筆家を逮捕(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■アルジェリア警察が発行人兼詩人を逮捕      【アルジェ:諸通信社】      ラズハリ・ラブタル氏はジャーナリスト兼作家であり、詩、文学、歴史に関する著書を60冊以上出版した。彼は、アルジェリアのアニメの専門家の一人でもあり、それに関して2冊の本を編集している。      また、ラズハリ・ラブタル氏は出版社組合を率い、国際ジャーナリスト連盟(IFJ)の調停者も務めており、さらにはアルジェリア全国ジャーナリスト連盟(SAJ)の発起人の一人である。      人権保護のためのアルジェリア連盟( 全文をよむ

2022-11-21 シリア:シリア民主軍によるトルコへの越境攻撃で死傷者 (al-Quds al-Arabi紙)

■クルド系組織による爆撃でトルコ人3人が死亡...エルドアン大統領「作戦は空爆だけにととどまらない」      【諸都市:本紙、諸通信社】      トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、シリア北部のシリア民主軍の基地に対する空爆作戦である「鉤爪」作戦を拡大すると脅迫し、次の段階として(作戦への)地上部隊の参加を示唆した。一方、シリア国民軍の情報筋は考えうる軍事作戦に備えて最大限の準備を整えたと述べた。なお、これらの出来事ははシリア民主軍がシリア北部のアイン・アラブとタル・リファア 全文をよむ

2022-11-21 アルジェリア:警察が文筆家を逮捕(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■アルジェリア警察が発行人兼詩人を逮捕      【アルジェ:諸通信社】      アルジェリア警察は、日曜(20日)の夜、発行人で詩人のラズハリ・ラブタル氏を逮捕した。家族の発表によると、逮捕の理由が分からないまま首都中心部にある警察署で夜を過ごしたという。      彼の息子アミーン・ラブタル氏は自身のフェイスブックページで「午後6時30分(グリニッジ標準時刻では17時30分)に、私服の治安機関幹部がラズハリ・ラブタル氏の家まで内容のわからない出頭命令を持ってやってきた」と書いた。また、「彼 全文をよむ

2022-11-21 トルコ:エルドアン大統領がイラク北部およびシリア北部での航空作戦の実施を許可 (al-Quds al-Arabi紙)

■エルドアン大統領がイラク北部およびシリア北部での航空作戦の始動を許可      【ダマスカス:本紙】      トルコ大統領府は日曜日、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が、イラク北部とシリア北部の「テロリスト」を標的とする航空作戦「鉤爪」の実行命令を許可する映像を公開した。      トルコ国防省は日曜日の早朝に、トルコ軍がイラク北部とシリア北部の「テロリスト」の拠点に対して航空作戦「鉤爪」を開始したと発表した。さらに、この作戦が自国防衛にかかわる正当な権利を定める国連憲章第51条に基 全文をよむ

2022-11-17 パレスチナ:パレスチナがネタニヤフ氏と極右政党党首の合意の撤回を求めて米国と国際社会に呼びかけ (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナは入植地拡大に関するネタニヤフ首相とベン・グヴィル氏の合意を撤回させるべく米国と国際社会に呼びかけ      【ロンドン、ラマッラー:本紙】      イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が政府形成のための協議のなかで、過激派人種主義シオニスト政党「ユダヤの力」指導者イタマル・ベン・グヴィル氏と合意したことに対して、パレスチナの人々は木曜、国際社会と米国政府に対し、入植地の深化および拡大に関するこの合意の実施を妨げるために同首相に圧力をかけるよう求めた。      リクード党は昨日 全文をよむ

2022-11-17 パレスチナ:パレスチナ解放機構「地域を不安定化させるイスラエルの極右諸政党」 (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ解放機構:「地域を不安定化させる」イスラエルの極右諸政党      【ラマッラー:アナトリア通信】      パレスチナ解放機構は、イスラエルの極右政党の計画について、「地域の不安定化」を目指しており、国際社会を「倍化された責任」に直面させていると評した。      パレスチナ公式通信『ワファー』が報じたところによると、これは、マフムード・アッバース大統領が率いる同機構執行委員会が火曜日の夜、西岸地区中央部のラマッラー市で開催した会議の結びに出された声明のなかで述べられたものである。 全文をよむ

2022-11-13 シリア:シャイーラート航空基地への爆撃、イラン系勢力を狙ったものか(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■シリア中部の航空基地に対するイスラエルの爆撃で兵士2人が死亡      【カイロ:諸通信社】      複数の地元筋・諜報筋によると、イスラエルはここ数か月、イランの航空供給ラインを妨害するためにシリア国内の空港および航空基地に対する爆撃を強化してきた。イランは、同国が支援しているヒズブッラーを含む、シリアとレバノンにおける同盟者らに武器を届けるためにこれらの空港・航空基地を使用しているのだという。      英国に本拠地を置き、同様の事件を追い続けているシリア人権監視団は、日曜日の爆撃によっ 全文をよむ

2022-11-13 イラク:アラビア湾のイラク水域におけるクウェートの原油探査掘削活動に警戒強める (al-Quds al-Arabi紙)

■イラクの国会議員が、アラビア湾のイラク海上交通路でのクウェートによる石油探査活動の停止を要求      【バグダード:ドイツ通信社】      イラクの国会議員が、イラク南部アラビア湾のイラクの排他的経済水域(EEZ)で、クウェート政府が原油探査掘削・プラットフォームを建設したことに警戒を強めている。      アーミル・アブドゥルジャッバール議員は日曜日の政府系『サバ―フ』紙で、「クウェートによるEEZでの原油探査掘削プラットフォーム建設には、クウェートの領海侵犯を停止させるための法的措置を 全文をよむ

2022-11-13 シリア:シャイーラート航空基地への爆撃、イラン系勢力を狙ったものか(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■シリア中部の航空基地に対するイスラエルの爆撃で兵士2人が死亡      【カイロ:諸通信社】      『シリア・アラブ通信社』(SANA)は、シリア政府軍の話として、日曜日にイスラエルのミサイルがヒムス県にある主要な航空基地に着弾し、兵士2人が死亡し、3人の負傷者が出たと報じた。      複数の軍事筋が述べたところよると、最近イラン系の空軍がシャイーラート航空基地を使用している。      シリア国営テレビ局は「侵略」についての短い動画を放映したが、その他の詳細については言及しなかった。  全文をよむ

2022-11-11 エジプト:米国のペロシ下院議長とスィースィー大統領が会談を実施 (al-Quds al-Arabi紙)

■ペロシ米下院議長がシャルム・エル・シェイクを訪問…ウクライナでの戦争およびエチオピアのダムについてスィースィー大統領と議論      【カイロ:アナトリア通信】      米国のナンシー・ペロシ下院議長は木曜夜、ロシア・ウクライナ間の戦争およびエジプト政府の許可なしにエチオピアがナイル川上に建設しているダムによる2つの危機に関して、エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領と議論した。      エジプト大統領府は声明のなかで、「スィースィー大統領は、日曜日に開始し11月18日まで続 全文をよむ

2022-11-10 シリア:シリア人の過半数が宗教クォータ制を拒否すると共に、女性の権利を認める (al-Quds al-Arabi紙)

■研究:シリア人の58%が政治ポストにおける宗教クォータ制を拒否      【ロンドン:本紙】      最新の研究で、シリア人のうち58%が政治ポストにおける宗教クォータ制を拒否していることが分かった。また、彼らのうち52%が、宗教的なアイデンティティが国民意識を抑圧し、国内の政治生活における宗教家の役割が拡大しているとみなしている。      シリアにおける「信仰の在り方と市民・政治問題」に関して、(NPO)組織の「The Day After(TDA)」によって実施され、研究者のフサーム・サ 全文をよむ

2022-11-09 エジプト:4人のジャーナリストが逮捕 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトの団体が4人のジャーナリストの逮捕について語る      【カイロ:本紙】      水曜日(9日)、権利と自由のためのエジプト委員会(ECRF)は、治安当局が11月11日のデモを見越して行った逮捕キャンペーンと時を同じくして、ここ数日間で4人のジャーナリストが逮捕されていたことを確認した。      逮捕されたジャーナリストの中には、ラジオ・テレビ誌の副編集長マナール・アグラマ氏(61歳)もいた。11月1日ニューカイロにある自宅で治安当局によって逮捕された彼女は、その後2日間消息不明 全文をよむ

2022-11-09 シリア:シリア・ロシア両政府軍が避難民キャンプを爆撃、米国大使館は爆撃を非難 (al-Quds al-Arabi紙)

■ 駐ダマスカス米国大使館がイドリブの虐殺を非難(ツイッター)      【ダマスカス:本紙】      水曜、駐ダマスカス米国大使館は、シリア政府がイドリブ西北部におけるシリアとトルコの国境線上にて行ったキャンプでの虐殺に対する非難を表明した。      同大使館は公式アカウントを通じて「アサド政権と同政権へのロシアの支援者による、シリア西北部の避難民キャンプへの恐ろしい攻撃」を非難し、この虐殺により「子供を含む70人以上」の死傷者が出たことを確認していると述べた。また、「(同事件の)責任者の 全文をよむ

2022-11-07 チュニジア:児童を悪用した犯罪がおよそ500%増加 (al-Quds al-Arabi紙)

■児童を悪用した犯罪がおよそ500%増加…政府はまん延する「児童売買」の問題を注視      【チュニス:本紙】      チュニジアの当局者は児童を悪用した犯罪がおよそ500%増加したことを明らかにした。      国家人身売買防止局(政府系)の代表であるラウダ・ウバイディー判事は、昨年中に犯罪分野における児童搾取が475%の割合で増加したと述べた。      ウバイディー氏はラジオでの声明において、物乞いや犯罪行為において児童を悪用することのほか、人身売買の一形態である未成年者の雇用にかかわ 全文をよむ

2022-11-06 シリア:米国務省高官と「北・東シリア自治局」指導部が会談 (al-Quds al-Arabi紙)

■米国務省の高官がシリア北東部で「北・東シリア自治局」の指導部と会談      【ダマスカス:本紙】      イーサン・ゴールドリッチ米国務次官補は日曜日、民間人・人道問題、テロ問題および外国人の本国送還を専門とする自身のチームを伴って、シリア北東部を訪れた。      「(北・東シリア)自治局」の声明によると、ゴールドリッチ国務次官補は自治局外交部のバドラーン・ジヤー・クルド共同議長と会談し、地域の安定への支援、キャンプおよび外国人の本国送還の状況、テロに関する共通の課題について協議した。  全文をよむ

2022-11-06 シリア:政府軍がイドリブ県にある難民キャンプに砲撃、その報復として反体制派が政府軍を砲撃 (al-Quds al-Arabi紙)

■シリア人権監視団:イドリブ近くの国内避難民キャンプにて、政府軍の砲撃により6人が死亡、20人が負傷      【ダマスカス:本紙】      シリア人権監視団は、日曜日(6日)の朝、イドリブの田園地帯にある国内避難民キャンプを標的とした政府軍のミサイル攻撃により、2 人の子供と 1 人の女性を含む 6 人が死亡し、20 人が負傷したこと報告した。      同監視団は、政府軍がイドリブ市の西側地区やマラーム・キャンプ、カフル・ジャーリス地区にある難民の集住場所に対し、一度に30発以上のクラスタ 全文をよむ

2022-11-05 ソマリア:首都モガディシュの軍事演習施設で自爆テロが発生 (al-Quds al-Arabi紙)

■モガディシュの軍事演習施設での自爆テロが発生…民間人を含む複数の死傷者が発生したとの発表      【モガディシュ:アナトリア通信】      今日土曜日、自爆ベルトを身につけた自殺者が首都モガディシュ西部の軍事演習用施設「ジェネラル・タガブダン」センターの入り口で自爆し、数十人の死傷者が発生した。      ソマリアの治安筋は、「自爆ベルトを身につけた自殺者が、厳重な治安警備下にあった同施設の入り口で自爆した」と発表した。      匿名を希望した同筋は加えて、「一次報告によれば、この自爆に 全文をよむ

2022-11-03 サウジアラビア:第32回アラブ連盟首脳会議の主催を発表 (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビアが第32回アラブ連盟首脳会議の主催を発表      【アルジェ:アナトリア通信】      サウジアラビアは水曜日の夜、第32回アラブ連盟首脳会議を主催すると発表した。      これは、第31回アラブ連盟首脳会議の終わりにサウジアラビアの外務大臣であるファイサル・ビン・ファルハーン王子が行った演説のなかで述べられた。      ファルハーン大臣は次のように述べた。「既存の協力体制を維持しようとする王国の熱意に基づいて、我々はサウジアラビアが第32回アラブ連盟首脳会議を主催するこ 全文をよむ

2022-11-02 チュニジア:アラブ連盟首脳会議での大統領演説に広がる波紋(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■チュニジアを顧みないままアラブの問題の解決を要求…アルジェリア・サミットでのサイード大統領の演説が広く物議を醸す      【チュニジア:本紙】      歴史学者であり政治アナリストのアブドゥッラティーフ・ハンナーシー氏は以下のように記した。「大統領閣下よ、ありがとうございます。汎アラブ主義の立場は健全です。しかし我々は、大統領が率先して(あなたと、あなたの祖国にいる政治家の同胞や市民社会との間の)政治的対立を解消し、また国家が抱える経済的・社会的問題に対処することで、あなたが呼びかけている 全文をよむ

2022-11-02 チュニジア:アラブ連盟首脳会議での大統領演説に広がる波紋(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■チュニジアを顧みないままアラブの問題の解決を要求…アルジェリア・サミットでのサイード大統領の演説が広く物議を醸す      【チュニジア:本紙】      昨日火曜日のアラブ連盟首脳会議で行われた、チュニジアのカイス・サイード大統領の演説に波紋が広がった。野党はサイード大統領がアラブの兄弟諸国の問題の解決を呼びかけるなかで自国の諸問題を蔑ろにしたとして、同大統領を非難した。      サイード大統領は演説のなかで、パレスチナの大義を支持し、アラブ諸国間の対立に歯止めをかけ、リビアやシリア、イエ 全文をよむ

2022-11-01 アルジェリア:「アラブの再団結」を掲げたアラブ連盟首脳会議が開幕(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■タブーン・アルジェリア大統領が同国でのアラブ連盟首脳会議の開幕を宣言…パレスチナの国連における完全な加盟資格取得への支持を呼びかける      【アルジェ:本紙】      さらに1世紀以上続く不正義を排除するために、パレスチナの権利を支持し、世界に彼らの声を届ける 必要性を強調した。      アルジェリアのアブドゥルマジード・タブーン大統領は議長職を引き継いだのち、演説 の広範囲を、パレスチナをめぐる問題に集中させ、パレスチナの大義を支援するために、アラブ通信調整委員会を設立することへの 全文をよむ

2022-11-01 アルジェリア:「アラブの再団結」を掲げたアラブ連盟首脳会議が開幕(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■タブーン・アルジェリア大統領が同国でのアラブ連盟首脳会議の開幕を宣言…パレスチナの国連における完全な加盟資格取得への支持を呼びかける      【アルジェ:本紙】      アルジェリアの首都で火曜日、第31回アラブ連盟首脳会議が始動した。アラブ諸国から9か国の大統領と首長、および首脳の参加が不可能であった国々の高位の代理人が出席するなかで、「アラブの再団結」という高らかなスローガンのもとに開催された。同会議は、パレスチナをめぐる問題を再びアラブ諸国にとっての最大の関心事項にすることや、特にト 全文をよむ

2022-11-01 パレスチナ:ナーブルス市で新たな武装組織「アリーン・ウスード」結成、イスラエル軍との衝突が激化 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル占領軍、ナーブルス市封鎖継続に抗議するデモ行進を鎮圧      【ナーブルス:アナトリア通信】      イスラエル軍は火曜日、ヨルダン川西岸北部のナーブルス市への南側入り口付近で10月12日から続くイスラエルによる封鎖に抗議するデモを鎮圧した。      複数の目撃者が、「数十人のパレスチナ人が、封鎖の継続に抗議してナーブルス市南部のハワラ軍事検問所まで行進し、検問所を開こうとした」と証言した。      証言によると「デモ行進の参加者は、パレスチナの旗を掲げてイスラエルの占領政策 全文をよむ

2022-11-01 パレスチナ:ハマース政治局長はアラブ連盟首脳会議に「アルジェ宣言」の承認を求める(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ハマースのハニーヤ政治局長、アラブ連盟首脳会議にパレスチナ和解のための「アルジェ宣言」の承認を求める      【ガザ:アナトリア通信】      今年10月、パレスチナの諸派はアルジェリアが2日間にわたって主催した包括的なパレスチナ国民対話のセッションの終わりに、分裂を終わらせ和解を達成するための「アルジェ宣言」に署名した。      ハニーヤ氏は、「イスラームとキリスト教の聖地、特にアクサー・モスクを保護し、エルサレム市民の不動心を支援するための明確な決定および措置をとる」よう呼びかけた。 全文をよむ

2022-11-01 パレスチナ:ハマース政治局長はアラブ連盟首脳会議に「アルジェ宣言」の承認を求める(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ハマースのハニーヤ政治局長、アラブ連盟首脳会議にパレスチナ和解のための「アルジェ宣言」の承認を求める      【ガザ:アナトリア通信】      イスラーム抵抗運動「ハマース」の政治局長であるイスマーイール・ハニーヤ氏は、アラブ連盟首脳会議に参加するアラブ各国の指導者に対し、「(パレスチナ)国家統一とパレスチナ国民に対する支援のためのアルジェ宣言を承認する」よう呼びかけた。      同運動の声明によると、これは、ハニーヤ氏が火曜日にアルジェリアで開催されるアラブ連盟首脳会議に向けて送った書 全文をよむ

2022-10-31 チュニジア:トルコでのチュニジア学生連合結成大会でチュニジア領事がシリア学生連合幹部の演説中に一時退場 (al-Quds al-Arabi紙)

■在イスタンブール・チュニジア領事:我々は革命ではなく、オリーブオイルを輸出している      【アンタキヤ:本紙、ワーイル・イサーム】      「我々は革命ではなく、オリーブオイルを輸出している」。2日前のトルコでのチュニジア学生連合結成大会において、ハーマディー・ラワーティー在イスタンブール・チュニジア領事は、シリア学生連合の事務局長によるスピーチに対し、このように応えた。大会で、ラワーティー領事は、シリア学生連合から正式に招待を受けていたにもかかわらず、同連合の幹部演説を行うなか大会から 全文をよむ

2022-10-31 シリア:ISISの細胞への攻撃の前段階として、ダルアー県で夜間外出禁止令を発令 (al-Quds al-Arabi紙)

■ダルアー県における夜間外出禁止令とシリア南部のISIS細胞に対する治安作戦      【ダマスカス:本紙】      日曜日の夜、地元小隊はダルアー県に夜間外出禁止令を課した。一方で、地元大隊の参加を得て、軍事治安支部傘下の増援部隊がダルアー地域に到着した。これは、地域に広がっているISISの細胞に対する治安作戦と襲撃・捜索活動の前段階として実施された。      ローカル・ニュース・ネット「ホーラン・フリー・リーグ(Horan Free League)」のメンバーである、ユースフ・ムスリフ氏 全文をよむ

2022-10-30 イスラエル:操業を開始したカリッシュ沖ガス田をラピド首相が視察 (al-Quds al-Arabi紙)

■ラピド氏:カリッシュガス田でのガス生産はヨーロッパのエネルギー危機対応の役に立つ      【占領下エルサレム:アナトリア通信】      イスラエルのヤイル・ラピド首相は日曜日(30日)、「カリッシュ海洋プラットフォームでのガス生産は、ヨーロッパがエネルギー危機に対処するのに役立つであろう。」と述べ、イスラエルの「偉大な功績」が口の端に上っていると語った。      これは、新しい海洋ガスプラットフォームでガス生産を開始しレバノンとの領海画定のための協定に署名した数日後に、ラピド首相がこの海 全文をよむ

2022-10-30 パレスチナ:パレスチナ人が入植者を襲撃後射殺される (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ人殉教者がキルヤト・アルバ入植地付近で発砲   ■入植者1人が死亡し5人が負傷      【本紙、諸通信社】      パレスチナ人1人がキルヤト・アルバ入植地付近で発砲事件を起こした直後に殉教した。イスラエル軍、救急隊、そして被占領地ヨルダン川西岸地区のあるユダヤ人入植地の広報担当者の発表によると、「武装したパレスチナ人が少なくとも入植地の1人を殺害、3人にけがを負わせのち、警備員のひとりの発砲によって死亡した」という。      イスラーム抵抗運動ハマースは、この武装したパレスチ 全文をよむ

2022-10-30 アルジェリア:第31回アラブ連盟首脳会議の準備会合がアルジェで開催 (al-Quds al-Arabi紙)

■11月の1日から2日にかけて開催される第31回アラブ連盟首脳会議の準備会合が開催…輪番議長はアルジェリアのラマームラ外相に      【アルジェ:諸通信社】      今日土曜日、来月の1日から2日にかけてアルジェリアで開催される第31回アラブ連盟首脳会議の準備会合が、アラブ各国の外相の出席のもとで、同国首都のアルジェ市で行われた。      同首脳会議の輪番議長は、前回のウスマーン・ジャランディー・チュニジア外相に代わって、ラムターン・ラマームラ・アルジェリア外相が務める。      初日の 全文をよむ

2022-10-28 バーレーン:イスラエル軍が米国およびアラブ各国の軍と合同訓練を実施(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■合同訓練の一環として…イスラエル軍がバーレーンにて降下作戦を実施      【ガザ:本紙】      i24ニュースは、IAI社の航空産業向けの最新鋭システムは同社が設置するパビリオン内で展示され、それは同社が培ってきた70年の経験を表現するものとなることを明らかにした。      同社は、地元企業との協力に向けた新たな協定の調印を通して、中東地域における戦略的協力体制を拡大することを意図している。      こうした状況のなか、数日前、イスラエル軍、バーレーン軍、アラブ首長国連邦軍および米国 全文をよむ

2022-10-28 バーレーン:イスラエル軍が米国およびアラブ各国の軍と合同訓練を実施(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■合同訓練の一環として…イスラエル軍がバーレーンにて降下作戦を実施      【ガザ:本紙】      テルアビブで、「イスラエル・エアロスペース・ インダストリーズ」(IAI)社が、来月のバーレーン国際航空ショー2022に参加することが明らかにされた。これはイスラエル軍、バハレーン軍、アラブ首長国連邦軍および米国軍の兵士らたちからなる空挺部隊が、「アブラハム合意」の調印2周年に際し、バーレーンで合同降下作戦(訓練)を実施したのちのことである。      イスラエルのテレビ・チャンネル「i24ニ 全文をよむ

2022-10-27 レバノン:ナスルッラー書記長「レバノン・イスラエル間の海上国境画定は、レバノンにとっての勝利」 (al-Quds al-Arabi紙)

■ナスルッラー書記長「レバノン・イスラエル間の海上国境画定は、レバノンにとっての勝利」      【ベイルート:本紙】      ナークーラにおいて、レバノン・イスラエル間の海上国境画定にかかわる協定への調印に向けた全てのアレンジメントが完了してから1時間とたたないうちに、ヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長は公共の場で次のように述べた。「書簡への署名および各ステップの完成をもって、我々はこの段階を終えたとみることができる。抵抗にかかわることに関しても、任務はここで終了したといえる。つまりこ 全文をよむ

2022-10-27 サウジアラビア:米政権はサウジ政府との関係が「よりよく反映されるための措置」について協議中 (al-Quds al-Arabi紙)

■米国務長官「サウジアラビアによるウクライナ支援は、OPECプラスによる石油減算の決定への支持に対する補償とはならない」      【リヤド:本紙】      米国のアントニー・ブリンケン国務長官は水曜日、次のように述べた。「米国政府は、サウジアラビアがウクライナに支援を提供したことにならび、国連においてロシアによるウクライナ領の併合に対する反対票を投じたことを確認している。しかしこうした動きは、サウジアラビアがOPECプラスによる石油減産の決定に対して行っている支持への補償とはならない」。   全文をよむ

2022-10-26 パレスチナ:ナーブルス市でイスラエル軍のドローン1機が墜落 (al-Quds al-Arabi紙)

■ナーブルス市でイスラエル軍のドローン1機が墜落…軍声明「技術的な問題によるもの」      【エルサレム:アナトリア通信】      イスラエル軍は水曜日、ヨルダン川西岸地区の北部に位置するナーブルス市でドローン1機が墜落したと発表した。      イスラエル軍は公式ツイッター上で次のように述べた。「今日未明、スカイライダー型ドローン1機がヨルダン川西岸地区における定期任務の遂行中、技術的な問題によって墜落した」。      さらに「情報漏洩の恐れは存在しない」としつつ、「今回の事件についての 全文をよむ

2022-10-25 シリア:コレラ感染が国内全土に拡大 (al-Quds al-Arabi紙)

■国連:コレラがシリア全県に広まる      【ニューヨーク:アナトリア通信】      国連は25日、コレラがシリア全土で急速に広まっていると警告し、3カ月間の対応計画のために3440万ドルを要求した。      国連は、この資金は16万人以上の医療サービス支援や、500万人の清潔な上下水道のために必要だ、と語っている。      また、国連人道問題調整事務所(OCHA)の責任者であるリナ・ギラニ氏は安保理で「2万4000例以上のコレラ疑いの症例が報告されており、シリアの14県すべてで感染が確 全文をよむ

2022-10-25 スーダン:クーデタから1年…スーダン各地で民政移管を求めるデモが行われる (al-Quds al-Arabi紙)

■クーデタから1年で揺れ動くスーダンの各都市   ■デモ参加者がひき殺される      【ハルツーム:本紙】      国内の広い地域で数万人のスーダン人が軍政に反対して「クーデタ政権打倒100万人デモ」に参加した。これは、アブドゥルファッターフ・ブルハーン総司令官が昨年10月25日に行ったクーデタの1周年と時を同じくするもので、人々はクーデタ政権の打倒と、文民への政権移譲を求めた。また、治安部隊がこれを弾圧した結果、1人が死亡した。      スーダン医師中央委員会によると、「デモ参加者1人が 全文をよむ

2022-10-25 パレスチナ:数万人が5人の殉教者に別れを告げる (al-Quds al-Arabi紙)

■数万人が厳粛な行進でナブルスの5人の殉教者に別れを告げる      【ラマッラ:本紙】      ナブルスの数万人のパレスチナ人が火曜(25日)、夜明けにイスラエル軍がナブルス市へ侵入した際に同軍の銃弾に倒れた5人の殉教者たちに別れを告げた。      厳粛な葬列は、非常に強い怒りや愛国的な叫び、ストライキ、そして国の様々な県の生活インフラが麻痺状態となった服喪の中で行われた。それと同時に、西岸の様々な地区ではイスラエル軍部隊との衝突が発生した。      イスラエル軍はナブルスの旧市街に侵入 全文をよむ

2022-10-25 カタール:タミーム首長は自国がワールドカップの開催国となって以来さらされている「中傷キャンペーン」に言及 (al-Quds al-Arabi紙)

■タミーム首長は自国がワールドカップの開催国となって以来さらされている「中傷キャンペーン」に言及      【ドーハ:本紙】      カタールのタミーム・ビン・ハマド・アール・サーニー首長は、自国がワールドカップを開催することが発表されて以来、前例なきレベルの中傷キャンペーンにさらされていると述べた。さらに自国が、「現在果たしているポジティブな役割から身を引くことはない」としつつ、アラブ諸国あるいは中東で開催される初のワールドカップとなる同大会の開催期間中、自国が「全ての人々を快く受け入れる」 全文をよむ

2022-10-25 シリア:過去10年で約100万人が精神不安に苦しむ (al-Watan紙)

■鬱状態と精神的ストレスが大部分、公式には過去10年間で100万人が精神的抑圧状態に。さらに医学的な説明がつかない126,000件の精神的疾患。      【n.p.:ムハンマド・サーリフ】      保健省の精神保健プログラムの責任者であるアマル・シャクー氏が、過去 10 年間で100 万件以上の精神障害が記録されたことを明らかにした。ピークに達した2018年には、181,586件の症例が報告されたという。      また、同省が開催した特別シンポジウムにおいて同氏は、最も割合が高かったのは鬱 全文をよむ

2022-10-25 イスラエル:レバノンとの領海画定合意に署名 (al-Quds al-Arabi紙)

■ラピド首相:レバノンとの領海画定合意に木曜日に署名する      【エルサレム:AFP】    イスラエルのヤイル・ラピド首相は、イスラエルが木曜日にレバノンと領海画定合意に署名すると発表した。これは、アメリカの仲介で合意されたもので、これにより東地中海のガス田の商業利用の分野への門戸が開かれることになる。       オランダ内閣府によると、ラピド首相はテルアビブでのマルク・ルッテ・オランダ首相との会談の冒頭で、次のように述べた。「我々は木曜日にレバノンとの歴史的な合意に署名する。イスラエル 全文をよむ

2022-10-25 シリア:シリア軍の防空システムがイスラエル軍のミサイルを迎撃 (al-Quds al-Arabi紙)

■シリア:カーミシュリー市近郊で大きな爆発音、ダマスカス郊外を狙ったイスラエル軍の空爆      【ダマスカス:諸通信社】      本日月曜日、シリア国営テレビは、シリア北東部カーミシュリー市近郊で大きな爆発音が確認されたと報じた。詳細は不明である。      この地域は米国が支援するクルド人勢力の支配下にあるが、その一部はシリア政府が掌握している。      報道に先立ち、シリア政府は本日月曜日、首都ダマスカス郊外でイスラエルの空爆により、兵士一人が負傷し、物的損害も発生したと発表した。   全文をよむ

2022-10-24 レバノン:レバノンとイスラエルが木曜日、海上国境画定協定に署名予定 (al-Quds al-Arabi紙)

レバノンとイスラエルが木曜日、海上国境画定協定に署名      【エルサレム:アナトリア通信】      レバノンとイスラエルの調停役である、アメリカのアモス・ホッホシュタイン氏は日曜日、両国間の海上国境画定協定の調印式が、来週の木曜日に行われると述べた。      イスラエル国営チャンネルのカーンは、「海上国境画定協定の調印式は、木曜日に行われる」とのホッホシュタイン氏の発言を引用した。      ホッホシュタイン氏は、自身がその式典に出席すると述べたうえで、両当事者が個別に同協定に署名する予 全文をよむ

2022-10-24 イエメン:政府がフーシー派を「テロ組織」と指定 (al-Quds al-Arabi紙)

■フーシー派によるダッバとナシーマの石油港への爆撃、「停戦破棄」を受けて、イエメン政府は彼らを「テロ組織」に分類      【タイズ:本紙】      フーシー派によるイエメン南東部ハドラマウト県のダッバ石油港を標的とした爆撃は、政治や外交に及ぶ幅広い反応を引き起こし、正統政府は前例のない決断をせざるを得なくなった。その先鋒として、同政府は国防評議会を組織し、フーシー派が「テロ組織」にあたると発表した。      国防評議会が招集された後、クーデターを目論むフーシー派を「テロ組織」とする同評議会 全文をよむ

2022-10-23 イスラエル:最高裁判所がレバノンとの海洋国境合意に対する請求を却下 (Al-Nahar紙)

■イスラエルの最高裁判所は、レバノンとの境界画定合意に反対する請求を却下…ベニー・ガンツ国防相「調印に向けて」      【ベイルート:本紙】      ヘブライ語メディアが伝えたところによると、イスラエルの最高裁判所はレバノンとの海上国境に関する合意に反対する4件の請求を却下した。      これに先立ち複数の右派政党が、同裁判所にイスラエルとレバノンの間の海上国境に関する合意に反対する4件の請求を提出していた。      ベニー・ガンツ国防相は、「最高裁判所の決定によって、レバノンとの海上国 全文をよむ

2022-10-23 パレスチナ:ナブルス市で武装組織「アリーン・ウスード」の指導部メンバーが暗殺される (al-Quds al-Arabi紙)

■ナブルス市で武装組織「アリーン・ウスード」の指導部メンバーが暗殺される…組織はイスラエルに対して「痛みを伴う報復」を行うことを誓約      【ラーマッラー:本紙】      イスラエル占領軍は今日日曜日の早朝、西岸地区北部に位置するナブルス市で、武装組織「アリーン・ウスード」(ライオンのねぐら)の指導部メンバーであるターミル・キーラーニー氏を暗殺した。同組織にはパレスチナ人レジスタンスが多く所属している。      複数の目撃者が伝えたところによると、今日の早朝、ナブルス市のホシュ・アトゥー 全文をよむ

2022-10-23 アルジェリア:サウジ皇太子が来月初めに予定されているアラブ連盟首脳会議への出席を取りやめ (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビアのムハンマド皇太子は、「医師らの忠告と勧告」に従って来月初めに予定されているアラブ連盟首脳会議への出席を取りやめ      【アルジェ:本紙】      アルジェリア大統領府は土曜夜、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が、「医師らの忠告と勧告」に従って、来月1日から2日にかけてアルジェ市で開催されるアラブ連盟首脳会議に出席しないことを明らかにした。      アルジェリア大統領府が声明で述べたところによると、同国のアブドゥルマジード・タブーン大統領は土曜夜、ムハン 全文をよむ

2022-10-22 シリア:ハマースがアサド政権との関係を引き続き発展させていく意向を表明(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ハマース「イスラエルの侵攻に対抗するアラブ民族としての我々の能力を強化するため、シリア政府との関係を引き続き発展させていく」      【ガザ:アナトリア通信】      さらに、「シオニストである敵による地域に対する侵略の拡大は、アラブ民族内の現行の諸勢力がパレスチナの大義に連帯することを防ぐため、彼らに圧力をかけることを目的としている」と付言した。      同報道官は、イスラエルの侵略に対するもっとも適切な対応が「団結して立ち向かうこと」であると指摘した。      一方シリア政府の準公 全文をよむ

2022-10-22 シリア:ハマースがアサド政権との関係を引き続き発展させていく意向を表明(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ハマース「イスラエルの侵攻に対抗するアラブ民族としての我々の能力を強化するため、シリア政府との関係を引き続き発展させていく」      【ガザ:アナトリア通信】      パレスチナの「イスラーム抵抗運動」(ハマース)は土曜日、10年以上におよぶ断絶ののちに、最近再開していたシリア政府との関係を引き続き発展させていくとの意向を表明した。      ハマースのハーズィム・カースィム報道官は本紙に対し次のように述べた。「シリア政府との関係を強めることは、エスカレートしつつあるイスラエルの侵攻に対抗 全文をよむ

2022-10-21 シリア:シリア問題担当米特使がシリア政府のヒジャーブ元首相と面会 (al-Quds al-Arabi紙)

■米国のシリア問題担当特使がシリア政府から離反したリヤード・ヒジャーブ元首相と会談し、シリアにおける政治プロセスへの自国の支持を確認      【ダマスカス:本紙】      米国のイーサン・ゴールドリッチシリア問題担当特使はカタールの首都ドーハで、シリア政府から離反したリヤード・ヒジャーブ元首相と会談し、シリアにおける政治プロセスへの自国の支持を確認した。      在シリア・米国大使館は金曜日、ツイッターへの投稿のなかで次のように述べた。「ゴールドリッチ国務次官補はドーハでのリヤード・ヒジャ 全文をよむ

2022-10-20 スーダン:青ナイル州の衝突で150人が死亡、知事の辞任を訴える (al-Quds al-Arabi紙)

■スーダン:青ナイル州の衝突で150人が死亡、知事の辞任を訴える      【ハルツーム:本紙】      スーダン南部青ナイル州ワド・マーヒー地区でのハウサ族とフンジ族集団の衝突の結果、150人が死亡し86人が負傷した。      ワド・マーヒー病院のアッバース・ムーサー院長は木曜(20日)、AFPの電話取材に対して「子どもや女性、高齢者、若者など150人が死亡した。大半は火災のせいで亡くなっている。また、86人が負傷した。」と語った。      国連によると、ルサイリス市東部にあるワド・マー 全文をよむ

2022-10-20 エルサレム:イスラエル占領軍がエルサレム東の町に侵入 (al-Quds al-Arabi紙)

イスラエル占領軍がアイザリヤへ侵入、カランディヤで衝突が勃発      【エルサレム:本紙】      パレスチナの通信社(ワファー)によると、イスラエル占領軍は夜、エルサレムの東にあるアイザリヤの町に侵入し、市民との衝突を引き起こした。      地元の情報筋によれば、イスラエル占領軍は町へ侵入し、抵抗した非武装の市民に対して弾丸、音響爆弾、有毒な催涙ガスを放った。負傷者の発生は報告されなかった。      またイスラエル占領軍は水曜の夜、エルサレムの東にある市民の土地に建設された入植地「マア 全文をよむ

2022-10-20 イスラエル:バーレーンと農業分野での協力協定に調印 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルは、農業協力の分野でバーレーンとの「歴史的な協定」の調印を発表      【ガザ:本紙】      イスラエルはバーレーンと農業分野で同国が「歴史的」と称する協定に調印したと発表した。      イスラエルの報道でオデッド・フォレル農業大臣の発言として伝えられたところによると、大臣は農業分野におけるイスラエルとバーレーン間の協力を強化し拡大するための共同宣言文書に、バーレーン側のワーイル・ビン・ナースィル・ムバーラク農業大臣と署名したという。      また、フォレル大臣は、これは農 全文をよむ

2022-10-20 モロッコ:モロッコを訪問中の仏大臣が両国間の「緊張を克服する」ことを呼びかけ (al-Quds al-Arabi紙)

■フランスのベシュト貿易・魅力・在外フランス人担当大臣はフランス・モロッコ間の「緊張を克服する」ことを呼びかけ      【パリ:本紙】      フランスのオリヴィエ・ベシュト貿易・魅力・在外フランス人担当大臣は、モロッコ人に発行されたシェンゲン・ビザに複数の制限が課せられたことで両国の関係が特に悪化したのち、こうした「緊張を克服する」ことを求めた。      フランスの『ル・モンド』紙が報じたところによると、モロッコを訪問中のベシュト大臣は、自国民向けのスピーチのなかで、再生可能エネルギー、 全文をよむ

2022-10-19 イラク:大統領と首相は組閣に向けて足並みを揃える重要性を確認 (al-Quds al-Arabi紙)

■イラク:ラシード大統領とスーダーニー首相は組閣に向けて足並みを揃える重要性を確認      【バグダード:アナトリア通信】      イラクのアブドゥッラティーフ・ラシード大統領と、指名を受けたムハンマド・シヤーウ・スーダーニー首相は水曜(19日)、組閣に向けて足並みを揃える重要性を確認した。      イラク通信社が大統領府広報室の発出した声明として報じたところによると、これは、首都バグダードの平和宮殿(大統領府)で両者が集まって会合を行った際の出来事だという。      声明によると、「会 全文をよむ

2022-10-19 イラク:「OPEC+」による大幅減産決定への支持を改めて表明 (al-Quds al-Arabi紙)

■イラクは、OPEC +の原油減産決定を支持、(政治的な)圧力を否定。      【バグダード:本紙】      イラク外務省は、今回のOPEC+の原油減産決定について、OPEC+、特にサウジアラビアの決定を支持する姿勢を改めて表明し、いかなる「脅迫または圧力政策」を否定した。      外務省はプレスリリースで、「OPEC+の石油減産決定に対する(各国の)反応と、本決定がもたらすであろう国際緊張を注視している」と発表した。      そして、「OPEC+の基本方針は、技術的観点から、石油市場の 全文をよむ

2022-10-18 イスラエル:マレーシア治安当局はモサドのスパイ・ネットワークを解体 (al-Quds al-Arabi紙)

■マレーシアでのモサドによるパレスチナ活動家の誘拐とその解放までのプロセスの全容      【クアラ・ルンプル:本紙】      マレーシアの治安機関は、パレスチナ人専門家の誘拐に関与したモサドに属するイスラエルのスパイ活動ネットワークの解体に成功した。このネットワークは、多くのパレスチナ人を追跡、国内の重要拠点でスパイ活動を行っていた。      マレーシアの複数のメディアは、マレーシア人11人からなるモサドのスリーパーセルが、先月28日に首都クアラ・ルンプル内で、ガザ出身のパレスチナ人情報工 全文をよむ

2022-10-18 パレスチナ:イスラエルが武装グループ「ライオンのねぐら」に対する軍事行動を計画 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルの占領は「ライオンのねぐら」に対する軍事行動を計画しており、パレスチナ諸派閥は抵抗の背後にパレスチナ人の団結を確認      【ガザ:本紙】      西岸地区に対して2日連続で非常線を課し続けている一方で、占領政体イスラエルはパレスチナによる潜在的な作戦を恐れた厳戒態勢を敷きつつ、軍隊、警察、国境警備隊の強化を24時間体制で続けている。      その間、イスラエルの閣僚会議と軍隊および警察の指導者らは、ナブルス市において「アリーン・ウスード」(ライオンのねぐら)を標的とした軍事行 全文をよむ

2022-10-17 エジプト:米国に反対し、OPECの決定についてサウジを支持 (al-Quds al-Arabi紙)

エジプトが石油減産決定に関して、米国に反対し、サウジアラビアを支持      【カイロ:本紙】      エジプトは、石油輸出国機構(OPEC)の石油の減産の決定に関して、サウジアラビア王国を支持すると表明した。      エジプト外務省はフェイスブックの同省の公式アカウントで発表した声明で「エジプトは、OPECによって最近発せられた決定の反響と、それをめぐって生じた緊張を、注意、関心を持ってフォローしている」と明かした。      加えて、同省は声明で以下のように述べた。「この主題に関して、エ 全文をよむ

2022-10-17 チュニジア:自由憲法党党首が当局によるデモの妨害に抗議しハンストを続ける (al-Quds al-Arabi紙)

■アビール・ムースィー氏がブルギバ通りで体調不良に見舞われる      【チュニス:本紙】      自由憲法党のアビール・ムースィー党首は月曜(17日)、ハビーブ・ブルギバ通りにある内務省庁舎前での座り込みデモの最中に体調不良に見舞われた。      ムースィー氏のFacebookページでは、3日間前から始めたハンガーストライキのせいで彼女の健康状態が悪化していると伝えられた。なお、彼女は救急隊に囲まれ病院へ運ばれたという。      通りに大勢集まったムースィー氏の支持者たちは、国家を歌うの 全文をよむ

2022-10-17 シリア:ペデルセン国連特別代表はシリア人がおかれる現状が「極めて困難」と評する(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表はシリア政府のミクダード外務大臣と会談…「シリア人がおかれている状況は極めて困難である」との見解を明らかに      【諸通信社】      「しかし私が今日ミクダード氏に伝えた内容とは、国連はこうした全ての問題の解決に向けて取り組んでおり、今後シリア全土における包括的な停戦を目指して働くだろうということである。2020 年 3 月以来、我々のもとでは停戦が機能しており、戦線に変更は加えられていない。しかし、殺害されるシリア人民間人は依然として多く存在し、 全文をよむ

2022-10-17 シリア:ペデルセン国連特別代表はシリア人がおかれる現状が「極めて困難」と評する(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表はシリア政府のミクダード外務大臣と会談…「シリア人がおかれている状況は極めて困難である」との見解を明らかに      【諸通信社】      ゲイル・ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表、はシリア制憲委員会(憲法委員会)の直近の動向を解説したうえで、シリア人がおかれている状況が「極めて困難である」と述べた。      この声明は、同特別代表がシリアの首都ダマスカスで、シリア政府のファイサル・ミクダード外務大臣と会談した際に出されたものである。その際同特別 全文をよむ

2022-10-17 パレスチナ:イスラエル軍が今年初めから約5300人のパレスチナ人を逮捕 (al-Quds al-Arabi紙)

■占領軍は今年の初め以来、女性と子供を含む5300人のパレスチナ人を逮捕した      【ガザ:本紙】      パレスチナの捕虜協会は、占領軍(イスラエル軍)が今年2022年の初め以来、111人の女性と620人の子供を含む約5300人のパレスチナ人を逮捕したことを明らかにした。また、多くの捕虜に対する「即時処刑」の実行に加え、1610件の行政拘禁命令を発したことも明らかにした。      捕虜協会の新たな報告書では、逮捕件数に関しては2353件とエルサレム市が最も多く、その割合が最も高い4月に 全文をよむ

2022-10-17 サウジアラビア:イランに近隣諸国との信頼を築くための真摯な足取りを要請 (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビア国王「我々はイランに対し、信頼を築くため近隣諸国や国際社会との真摯なステップをふむよう要請する」      【リヤド:アナトリア通信】      サウジアラビアのサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王は日曜の夜、イランに対して、「信頼を築くため、近隣諸国や国際社会との真摯なステップをふむ」よう要請した。      サウジ国営通信が報じたところによると、これはサルマーン国王が議会の新たな会期を開いた直後、諮問協議会に向けて行った国家の内政および外交政策に関する王室の年次演説の 全文をよむ

2022-10-16 バーレーン:イギリスの大学にバーレーン警察との協力の停止を要請(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イギリスの大学にバーレーン警察との協力の停止を要請      【本紙】      2019年の大学の報道発表によると、教育はバーレーンにあるジャッウ地区近くの王立警察学校で行われているという。      ヒューマン・ライツ・ウォッチと「権利と人権のためのバーレーン協会(BIRDBH)」   が作成した報告書は、警察学校での殴打、睡眠妨害、レイプ未遂、電気ショックに関する情報を詳述している。      なお、この報告書は主に裁判記録やその他の公式文書に加え、バーレーン当局によって死刑判決を受けた 全文をよむ

2022-10-16 バーレーン:イギリスの大学にバーレーン警察との協力の停止を要請(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■イギリスの大学にバーレーン警察との協力の停止を要請      【本紙】      政治家や人権団体は、イギリスのハダースフィールド大学に対してバーレーンの治安機関との関係を終わらせるよう改めて求めている。      BBCが報じたところによると、大学はバーレーンの王立警察学校でセキュリティ科学の修士号プログラムを運営しているという。      また、2つの人権団体による最近の報告書によると、バーレーンの囚人らは警察学校で拷問を受けていたという。      大学の広報担当者は、この新たな申し立て 全文をよむ

2022-10-16 パレスチナ:武装集団が入植者らの行進に対抗し彼らを包囲するよう呼びかけ(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ系武装集団「アリーン・ウスード」は、土曜夜に入植者らと直接的に衝突し、彼らを包囲するよう呼びかける      【本紙】      これに先立ちナブルス派閥調整委員会は、ダイル・シャラフ、サバスティーヤ、ブルカ、フワーラ、バイターといった村々で入植者らが土曜夜に計画している行進に対抗するよう呼びかけていた。      入植者らは土曜朝、ナブルス市の南方に位置するカバラーン町で、オリーブの収穫の時期が近付くなかオリーブの苗120本を引き抜いた。      パレスチナ系武装集団「アリーン・ 全文をよむ

2022-10-16 パレスチナ:武装集団が入植者らの行進に対抗し彼らを包囲するよう呼びかけ(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ系武装集団「アリーン・ウスード」は、土曜夜に入植者らと直接的に衝突し、彼らを包囲するよう呼びかける      【本紙】      パレスチナ系武装組織「アリーン・ウスード」(ライオンのねぐら)は今日土曜日、夜間に入植者らと衝突したうえで彼らを包囲するよう呼びかけた。      同組織はテレグラム上のチャンネルを通して発表した声明のなかで、入植者らが今夜計画している行進のルートに隣接する全ての自治体の住民らに対し、「外に出て集まり、道路を封鎖し、入植者らと直接的に衝突する」よう要求した 全文をよむ

2022-10-14 パレスチナ:児童の保護を求め国際的な介入を呼びかけ(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナはイスラエルの攻撃からパレスチナの児童を救うため、国際的な介入を呼びかけ      【ガザ:本紙】      さらに同大使はこれら書簡のなかで、ここ数週間でエルサレムを含むヨルダン川西岸地区全体でのイスラエル軍の攻撃が激化していることを明らかにした。こうした攻撃は、児童の権利に関する条約において適用されるものを含む基本的人権を全く考慮することがないまま、ますます多くの児童の殺害および逮捕につながったという。      さらに、12日前のジェニンでの攻撃で負った傷によって死亡したマフム 全文をよむ

2022-10-14 モロッコ:「ドローンを製造する初のアフリカ国家」を目指すモロッコ(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■仏ラジオ局は「ドローンを製造する初のアフリカ国家」になろうとするモロッコの取り組みについて言及      【パリ:本紙】      さらに同局は、イスラエル軍の複数筋の話として、これらのモロッコ製ドローンが、監視任務、遠方からの情報収集のほか、敵地攻撃や戦闘への参加といった能力を有していることを明らかにした。      さらに専門家らの見解によると、こうしたドローンの存在は、モロッコにかかわる潜在的な武力紛争における変化をもたらす可能性があるという。      ラジオ・フランス・アンテルナショ 全文をよむ

2022-10-14 モロッコ:「ドローンを製造する初のアフリカ国家」を目指すモロッコ(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■仏ラジオ局は「ドローンを製造する初のアフリカ国家」になろうとするモロッコの取り組みについて言及      【パリ:本紙】      ラジオ放送局「ラジオ・フランス・アンテルナショナル」(RFI)は、「ドローンを製造する初のアフリカ国家」になろうとするモロッコの取り組みに言及した。同国は約2年前から、アルジェリアおよびポリサリオ戦線との緊張化が進むなかで、ドローンの輸入量を増加させてきた。      同局によると、モロッコは中国、トルコ、フランス、イスラエルといった国々から多くのドローンを購入し 全文をよむ

2022-10-14 パレスチナ:児童の保護を求め国際的な介入を呼びかけ(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナはイスラエルの攻撃からパレスチナの児童を救うため、国際的な介入を呼びかけ      【ガザ:本紙】      占領国家によるパレスチナ人、特に児童に対する攻撃が激化しているなか、パレスチナ国家は国連上層部に向けて緊急に介入するよう呼び掛けた。      この呼びかけはパレスチナのリヤード・マンスール大使が国連事務総長、今月の国連安全保障理事会議長国であるガボン、国連総会議長に送付した同一内容の3書簡のなかでなされた。同大使はこれら書簡のなかで、パレスチナ人、特に若者や児童がイスラエル 全文をよむ

2022-10-13 シリア:シャーム解放機構がアフリーン市を完全に掌握したことが明らかに (al-Quds al-Arabi紙)

■アフリーン市から「イスラーム軍」および「シャーム戦線」が撤退したことをうけ、シャーム解放機構が同市を完全に掌握したことが明らかに      【ダマスカス:本紙】      シリアの反体制筋は木曜日、シャーム解放機構がアレッポ県田園地帯に位置するアフリーン市を掌握したと明らかにした。      同筋は匿名を条件としながら、本紙に対し次のように述べた。「シャーム解放機構の戦闘員らおよび同機構と同盟する複数の派閥は今日、アフリーン市を完全に掌握した。これに先立ち複数の異なる派閥が同市から撤退し、彼ら 全文をよむ

2022-10-12 パレスチナ・イスラエル:「ライオンのねぐら」が西岸で複数の特殊作戦を実行 (al-Quds al-Arabi紙)

■「ライオンのねぐら」を名乗るパレスチナのグループが占領下のヨルダン川西岸地区で五つの銃撃作戦を実行したと認める      【ナーブルス:本紙】      パレスチナの武装勢力は火曜日、イスラエルの複数の標的に対して銃撃作戦を実行し、兵士1人を殺害し、複数を負傷させたと発表した。      「ライオンのねぐら」(アリーン・ウスード)と名のり、ナブルス(北部)に拠点を置くこの組織は、声明のなかで「我々の戦士らは火曜日正午の1時間前に、シャベイ・シショムロン(ナーブルス近郊)作戦を実行し、敵の隊列に 全文をよむ

2022-10-11 レバノン:イスラエルとの領海画定合意が最終段階に (al-Quds al-Arabi紙)

■レバノン・イスラエルは領海画定合意を歓迎、バイデン大統領はアウン大統領とラピド首相に「歴史的快挙」と祝意を伝える      【ベイルート:本紙】      レバノンの大統領・首相・国会議長は昨日(10日)朝、ヤース・ブーサアブ副国会議長から国境画定合意の最終草案を受け取った。なお、この最終草案はブーサアブ副国会議長が仲介者である米国のアモス・ホシュタイン氏から月曜の夜に受け取ったものだ。レバノン政府とイスラエル政府の様々な立場の人々も押しなべてこの合意を歓迎しているという。      レバノン 全文をよむ

2022-10-10 エジプト:ウクライナ4州での住民投票へのオブザーバー派遣を否定(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト、ウクライナ4州のロシアへの加入をめぐる住民投票へのオブザーバー派遣を否定      【カイロ:アナトリア通信】      ウクライナ政府は月曜日、「エジプト政府の代表者らが、ルハンスク、ドネツク、ザポリッジャ、ヘルソンでのロシアが後援した住民投票にオブザーバーとして参加し、国際社会がこれを非難した」と述べた。      数日前、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、当該4州における住民投票(同国政府によると「ロシアへの加入」への賛成という結果に終わった)を実施したのち、これらの地域 全文をよむ

2022-10-10 エジプト:ウクライナ4州での住民投票へのオブザーバー派遣を否定(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト、ウクライナ4州のロシアへの加入をめぐる住民投票へのオブザーバー派遣を否定      【カイロ:アナトリア通信】      エジプト政府は月曜夜、「ウクライナで実施された住民投票をフォローするためのいかなるオブザーバーを派遣していない」と発表した。      この否定がなされたのは、「エジプト政府がウクライナ4州での『ロシアによる偽の住民投票」を支持している」との主張のもとで、ウクライナ政府が今年12月エジプトで開催予定の世界スカッシュ選手権(女子)への参加を取りやめる意向を発表した数 全文をよむ

2022-10-10 UAE:ムハンマド大統領がロシアを訪問しプーチン大統領と面会することが決定 (al-Quds al-Arabi紙)

■UAEのムハンマド大統領が今週火曜日、プーチン大統領と面会するために「友好国」ロシアを訪問することが決定      【本紙】      アラブ首長国連邦(UAE)の国営通信は、同国のムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン大統領が火曜日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と面会するために同国を訪問する予定であると伝えた。これによりムハンマド大統領は、ロシアによるウクライナ侵攻が始まって以来、同様の訪問を実施した数少ない国家首脳の一人となる。      『エミレーツ通信』は月曜日に次のよ 全文をよむ

2022-10-09 トルコ外務省におけるシリア問題担当者らの交代はダマスカスとの歩み寄りへの第一歩(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■トルコ外務省におけるシリア問題担当者らの交代はダマスカスとの歩み寄りへの第一歩      【ダマスカス:本紙】      シリア政府に属する同紙によると、「10におよぶトルコ外交団を対象とする外交的再配置のリストには、同国外務省のシリア問題担当者3名が含まれた。一人目はセダット・オナル外務副大臣で、国連常駐代表に任命されたシリア問題のトップ責任者である。二人目はヨルダンの首都アンマンへの大使に任命されたワルドゥム・オザン氏で、シリア問題のナンバー2責任者である。そして3人目はオランダのハーグで 全文をよむ

2022-10-09 エジプト:アレクサンドリア県で違反建築や危険家屋の崩壊事故が多発 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト:アレクサンドリア県で30万戸の建物が崩壊の危機      【カイロ:本紙、ターミル・ハンダーウィー】      エジプトのマフムード・カースィム下院議員がアースィム・ガザール住宅・公共事業・都市共同体大臣とヒシャーム・アームナ地方開発大臣に提出した報告書によると、アレクサンドリア県では30万戸の建物が崩壊の危機にさらされているということだ。      議員は報告書で、「違反建築や危険家屋の問題は憂慮すべき事態に至っている。この問題については緊急の解決策を見出すために、これまで何度も検 全文をよむ

2022-10-09 トルコ外務省におけるシリア問題担当者らの交代はダマスカスとの歩み寄りへの第一歩(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■トルコ外務省におけるシリア問題担当者らの交代はダマスカスとの歩み寄りへの第一歩      【ダマスカス:本紙】      シリア政府の準公式紙である『ワタン』紙は、トルコ政府とシリア政府の接近にかかわる問題に言及し、次のように述べた。「トルコ外務省のシリア問題担当チームの高官3人が交代されたことは、トルコ政府がシリア政府との接近を実現するのに都合の良い状況を確保するために払っている努力の一環である」。      同紙はシリア問題の専門家らの話として、次のように報じた。「トルコ外務省のシリア問題 全文をよむ

2022-10-09 イスラエルは今日、「合意がなくても」カリシュ・プラットフォームの運用テストを開始するだろう。 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルは今日、「合意がなくても」カリシュ・ガス田の運用テストを開始するだろう。      【パリ:本紙】      イスラエルのあるチャンネルは、今日、日曜日、「カリシュ・ガス田でガスの検査」が開始される、「イスラエルがカリシュ・ガス田を操作するテストを開始する」見込みである、と述べた。また、i24newチャンネルは、「これは、イスラエルが合意なしでもガス探査を開始することを示すものである」と明らかにした。      同チャンネルは、「イスラエルの安全保障機構が、探査プロセスを開始するため 全文をよむ

2022-10-08 レバノン:有識者グループがイランの女性革命への連帯を表明(2) (al-Mudun紙)

■レバノンの有識者グループがイランの女性革命への連帯を表明      【本紙】      しかし、イランの革命運動およびフェミニスト運動に対する絶対的な支持は、体制がいつものように、急ぎそれらを血だまりのなかへと沈めてしまうのではないか、あるいはこれがやがて軍事化へとつながり、反目する市民的、国家的、民族的、宗教的アイデンティティがために民主主義的、フェミニスト的であるべき問題が矮小化されることにもつながるのではないか、という我々の正当な恐れを取り除くことはできない。      このなかで、「ア 全文をよむ

2022-10-08 レバノン:有識者グループがイランの女性革命への連帯を表明(1) (al-Mudun紙)

■レバノンの有識者グループがイランの女性革命への連帯を表明      【本紙】      レバノンの作家、メディア関係者、詩人、芸術家、学識者、学者、活動家からなるグループがイランの女性革命への連帯を示す声明を発表した。      同声明では次のように述べられた。「執筆、芸術、メディアの分野で働く私たち署名者は、イランの女性革命への最大限の連帯とそれに対する誇りを表明することしかできない。      それは勇気と自由を強調し宗教的専制を拒むことで、イランだけでなく地域全体にとっての政治的、思想的 全文をよむ

2022-10-08 パレスチナ:軍事検問所で発生した発砲によりイスラエル兵2名が重傷を負う (al-Quds al-Arabi紙)

■占領下エルサレム北部の軍事検問所で起きた発砲によりイスラエル兵2名が負傷      【本紙】      土曜夕方、占領下エルサレムの北部に位置するシャアファート・キャンプの入り口にある軍事検問所で起こった発砲によりイスラエル兵2名が重傷を負った。      イスラエル警察は声明で、(イスラエルに属する)シャアファート検問所での発砲事件に関する報告を受けたことを明らかにした。同警察はさらに、その結果事件現場にいた国境警備隊の隊員2名が負傷し、医療責任者によって直ちに彼ら2名の状態が重篤であること 全文をよむ

2022-10-08 アルジェリア:パレスチナの諸派による会談が開催が決定、分裂状態の解決なるか (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナの諸派が火曜日にアルジェリアで会談へ      【ラマッラ:アナトリア通信】      ファーイズ・アブー・アイタ駐アルジェリア・パレスチナ大使は土曜日(8日)、パレスチナの分裂の終結を目指す「アルジェリア構想」に賛同するために、火曜日(11日)にパレスチナの諸派がアルジェリアで会談を行うことを明らかにした。      同大使が(政府系)ラジオ局「パレスチナの声」に語ったところによると、会談は「今月の11日と12日に」開かれるという。      彼は「ファタハ」を始めとする「パレスチ 全文をよむ

2022-10-07 シリア:アメリカ軍が行った空襲でIS指導者2人が死亡(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■アメリカの空爆でシリア北部の「イスラム国」の著名な指導者2人を標的にする      【ダマスカス:本紙】      アメリカ中央軍の発表によると、空襲は水曜日(5日)と木曜日(6日)にまたがる夜間に行われた空挺降下・空襲作戦の直前に行われ、その結果、イスラム国の指導者が死亡したという。      そして米軍は、水曜日夜のシリア北東部での空挺降下作戦中に「イスラム国」の主要な指導者を殺害したと発表した。また、アメリカ中央軍は声明で、この作戦がラーカーン・ワヒード・シャマリーを狙ったものだと明らか 全文をよむ

2022-10-07 シリア:アメリカ軍が行った空襲でIS指導者2人が死亡(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■アメリカの空爆でシリア北部の「イスラム国」の著名な指導者2人を標的にする      【ダマスカス:本紙】      空挺降下作戦の直前、アメリカ中央軍(CENTCOM)はシリア北部で実施した新たな空襲の結果として、イスラム国の著名な指導者2人を殺害したと発表した。なお、作戦が行われた場所に関しては詳細を明らかにしていない。      昨夜(6日)アメリカ中央軍が発表した公式声明によると、同軍部隊はシリア北部で空爆を「成功裏に」実施し、その結果「(イスラム国)シリアの副執政官(ワーリー)」アブー 全文をよむ

2022-10-07 カタール:カタール首長と英国首相が最新の国際情勢について電話協議 (al-Quds al-Arabi紙)

■タミーム首長と英国のトラス首相が最新の国際情勢について電話協議      【イスタンブール:アナトリア通信】      カタールのタミーム・ビン・ハマド・アール・サーニー首長は金曜日、英国のリズ・トラス首相と二国間関係および最新の国際情勢について協議した。      カタールの国営通信が伝えたところによると、この協議はタミーム氏がトラス氏から受けた電話連絡のなかでなされたものである。      さらに同通信は、「この電話を通じて、中東および国際舞台における最新の情勢についての再検討がなされた」 全文をよむ

2022-10-06 シリア:「非母語話者のためのアラビア語教育学院」が東京外国語大学向けの第3回教育コースを開始 (その他 - シリア国営通信紙)

■教育省傘下「非母語話者のためのアラビア語教育学院」は東京外国語大学の上級レベルの学生向けに第3回目となる教育コースを開始      【シリア国営通信】      社会的テーマ、文化的テーマ、経済的テーマ、そして政治的テーマ。これらが、「非母語話者のためのアラビア語教育学院」が東京外国語大学アラビア語専攻の学生たち(上級レベル)のために開設したアラビア語教育コースがもつ主要なトピックである。      同学院のヌジュード・アターッラー所長によると、昨日始まった今回のコースは、これまで同大学の上級 全文をよむ

2022-10-06 ヨルダンとイラク:電力網相互接続プロジェクト始動 (al-Quds al-Arabi紙)

■ハサーウナ首相とカーザーミー首相はヨルダン・イラク間の電力網相互接続プロジェクトの礎石を据える      【アンマン:アナトリア通信】      ヨルダンのビシュル・ハサーウナ首相とイラクのムスタファー・カーズィミー首相は木曜日、ヨルダン・イラク間の電力網相互接続プロジェクトの礎石を据えた。これにより、ヨルダンはイラクに年間100ギガワットの電力を提供することになる。      「マムラカTV」が公式サイトで報じた。礎石はイラク領土内の両国の国境近くに置かれたということだ。      そして、 全文をよむ

2022-10-05 パレスチナ:アラブ連盟事務総長が英首相の発言に対し「強い不快感」を表明 (al-Quds al-Arabi紙)

■アラブ連盟事務総長は英国大使館のエルサレムへの移転について言及したトラス英首相の発言に対し「強い不快感」を表明      【ロンドン:本紙】      アラブ連盟のアフマド・アブー・ガイト事務総長は、英国大使館のエルサレムへの移転について言及した同国のリズ・トラス首相による最近の声明に関し、強い不快感を表明した。この言及は、同首相が今週火曜日に同国の保守党の式典の最中に行ったスピーチのなかでなされたものである。      アブー・ガイト氏はインターネットを通じて、アラブ連盟が「国際法およびエル 全文をよむ

2022-10-05 アフガニスタン:カーブル市の内務省内部のモスクで爆発が発生 (al-Quds al-Arabi紙)

■ターリバーン内務省報道官が発表…カーブル市の内務省内部のモスクで爆発が発生、死傷者の有無については明らかにされず      【カーブル:アナトリア通信】      アフガニスタンを統治するターリバーンは水曜日、首都カーブル市にある同国内務省のビル内にあるモスクで爆発が発生したと発表した。      米国の『AP通信』が伝えたところによると、ターリバーン内務省のアブドゥッナーフィウ・タークル報道官はツイッター上に「残念なことに、内務省の職員複数名や訪問者たちが礼拝を行っていたモスクの内部で、爆発 全文をよむ

2022-10-05 パレスチナ:パレスチナの諸勢力はヨム・キプルに際してイスラエルへの警戒を強める (al-Quds al-Arabi紙)

■抵抗組織はユダヤ教の祭日の開始と共に警告の言葉を発する   ■バトシュ氏「戦端は開かれている」      【ガザ:本紙】      入植者たちによる大規模なアクサー・モスクへの侵入や、パレスチナ人礼拝者が締め出されたヘブロンのイブラヒーミー・モスクでの祝祭によって新たなユダヤ教の祭日が始まった。これに伴い、(パレスチナ側の)抵抗組織はイスラエルへの警戒を強めている。      ユダヤ教の(祝祭)ヨム・キプルを祝うために、過激な入植者集団らが水曜朝から数日続けているアクサー・モスクへの攻撃をエス 全文をよむ

2022-10-05 ロシア:「盗まれた」ウクライナ産穀物を運ぶためシリア船を借用 (al-Quds al-Arabi紙)

■ロシアがシリアの貨物船を借用して「盗まれた」ウクライナ産穀物を運搬していることが新聞の調査で明らかに      【アンタキア:本紙】      ロシアはシリアの貨物船「ラオディキア」号を借用し、モスクワが実行してきた高度な密輸作戦の一環として、大量の「盗まれた」ウクライナ産穀物を輸送した。AP通信とアメリカのPBSネットワークが行った調査で明らかにした。      ロシア占領下のウクライナの複数の地域から、トルコ、シリア、レバノンと言った国の港に穀物を運ぶための50回以上の運航を行った30隻の 全文をよむ

2022-10-04 パレスチナ:ハマースの在外指導者がイスラエルへの支持を表明した英首相の声明を糾弾 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラーム抵抗運動(ハマース)の在外指導者サーミー・アブー・ズフリー氏がイスラエルへの支持を表明した英首相の声明を糾弾      【ガザ:本紙】      「イスラーム抵抗運動」(ハマース)火曜日、英国のリズ・トラス首相が自身を「シオニスト」と評したうえで、イスラエルへの支持を表明した声明を非難した。      同運動のパレスチナ国外指導部のメンバーであるサーミー・アブー・ズフリー氏は、自身が「シオニズムへの多大な支持者である」としたトラス氏の声明について、「シオニスト占領政体への迎合にならび 全文をよむ

2022-10-04 ヨルダン:アブドゥッラー2世がオマーン訪問の枠組みのなかでビン・ターリク国王と会談 (al-Quds al-Arabi紙)

■アブドゥッラー2世がオマーン訪問の枠組みのなかでビン・ターリク国王と会談…両国王は「可能な限り早期に」ヨルダン・オマーン合同委員会を設置する必要性について確認      【アンマン:アナトリア通信】      ヨルダン国王アブドゥッラー2世とオマーンのハイサム ビン ターリク国王は、二国間関係を強化し、両国の経済協力体制の展望を拡大するための手段にならび、中東地域および世界の最新情勢について協議した。      オマーン王宮府の声明によると、この会談はアブドゥッラー2世がこれに先立つ火曜日に開 全文をよむ

2022-10-03 パレスチナ:英首相はユダヤ系式典で自身が「多大なシオニスト」であると喧伝 (al-Quds al-Arabi紙)

■英国のリズ・トラス首相はユダヤ系式典で自身が「多大なシオニスト」であると喧伝…イスラエルに対する「絶対的かつ率直な」支援の提供を誓約      【ロンドン:本紙】      英国のリズ・トラス首相は自身を「多大なシオニスト」として評し、自国が「イスラエルを防衛し、イランが核兵器を入手することを許さないだろう」と述べた。      トラス氏は「ユダヤ系英国人庶民院」組織の式典に出席し、自身がイスラエルの「大いなる支持者」であると述べたうえで、「英国とイスラエルの関係をますます強いものへと変える」 全文をよむ

2022-10-03 イラク:国家安全保障担当顧問は各国に対しフール・キャンプから自国民を帰還させるよう呼びかけ (al-Quds al-Arabi紙)

■イラクのアアラジー国家安全保障担当顧問は各国に対し、シリアのフール・キャンプから自国民を帰国させるよう呼びかけ      【バグダード:本紙】      イラクのカースィム・アアラジー国家安全保障担当顧問は、シリアのフール・キャンプに存在するイラク人らを帰国させるための5か年計画を発表し、世界の国々に対し、同キャンプから自国民を帰国させるよう呼びかけた。      アアラジー氏は公式の報道機関に対し次のように述べた。「イラク人、シリア人のほか50か国の国籍者らが6万人以上収容されているフール・ 全文をよむ

2022-10-03 ヨルダン:アブドゥッラー2世が「シリアの統一を維持する」政治的解決策への支持を表明 (al-Quds al-Arabi紙)

■アブドゥッラー2世が「シリアの統一を維持する」政治的解決策への支持を表明      【アンマン:本紙】      ヨルダン国王アブドゥッラー2世は、シリアで進行中の戦争に終止符を打つためのヨルダンの動員に関する話題のなかで、自国がシリア危機に対する「国家(シリア)の統一、領土、国民を維持するような政治的解決」を推進する役割を引き続き果たしていると述べた。      ヨルダン国営通信『ペトラ』が報じたところによると、アブドゥッラー2世は日曜日、自国の多くの政治家らが参加する会合のなかで「ヨルダン 全文をよむ

2022-10-03 イラク:国民知恵運動党首がイラクにおける政治的閉塞に終止符を打つよう呼びかけ (al-Quds al-Arabi紙)

■ハキーム国民知恵運動党首は国連事務総長特使と会談し、イラクにおける政治的閉塞に終止符を打つよう呼びかけ      【バグダード:本紙】      「国民知恵運動」のアンマール・ハキーム党首は今日月曜日、ジャニー・へニスイラク担当国連事務総長特使と、政治的閉塞に終止符を打ち、次期政府を形成するためのメカニズムについて協議した。      ハキーム氏はプレスリリースのなかで「我々はジャニー・へニスイラク担当国連事務総長特使と面会し、イラクにおける政治的同行の進捗にならび、政治的閉塞に終止符を打ち、 全文をよむ

2022-10-02 イスラエル:イスラエル政府が駐アンカラ代理大使の正式な大使への任命を承認 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル政府がイリット・リリアン氏の駐アンカラ大使への任命を承認      【エルサレム:アナトリア通信】      イスラエル政府は日曜日、同国外務省によるイリット・リリアン氏の駐アンカラ大使への任命を承認したと発表した。      これは、イスラエルのヤイル・ラピド首相が自身のツイッターアカウントに投稿した内容によって明らかになったものである。      同首相は投稿のなかで「イスラエル政府は今日、イリット・リリアン氏の新トルコ大使への任命を承認した」と述べた。      同首相はさらに 全文をよむ

2022-10-02 モロッコ:在ブルキナファソの国民に「最大限の注意を払い自宅に留まる」よう呼びかけ (al-Quds al-Arabi紙)

■在ワガドゥグ・モロッコ大使館は、在ブルキナファソの国民に対し「最大限の注意を払い自宅に留まる」よう呼びかけ      【ラバト:アナトリア通信】      モロッコ外務省は日曜日、ブルキナファソで金曜日の夜から発生している軍事クーデターによる混乱が継続するなか、同国に暮らす国民に対し、「最大限の警戒および注意を払い、自宅に留まる」よう呼びかけた。      同省は声明で、モロッコ国民が、在ワガドゥグ・モロッコ大使館から出されたガイドラインに従い、今後ブルキナファソ当局が指示する可能性のある各予 全文をよむ

2022-09-30 イギリス:BBCが84年の歴史をもつアラビア語ラジオ放送の停止を決定 (al-Quds al-Arabi紙)

■英国の放送局「BBC」が84年のアラビア語ラジオ放送の歴史に幕を閉じる      【アンマン:本紙】      英国の放送局「英国放送協会」(BBC)のアラブ人リスナーたちは、同局がアラビア語ラジオ放送の停止を決定したというニュースを驚きとともに受け取った。      同局がアラビア語放送を開始したのは1938 年にまでさかのぼる。      ヨルダン人のムハンマド・アブドゥッサラームさん(54歳)は本紙に対し、BBCがアラビア語ラジオ放送の停止を決定したという知らせが「悲しいニュース」である 全文をよむ

2022-09-29 シリア:SDFは武力で教育を破壊する(2) (al-Watan紙)

■猛攻撃を行い、複数を拘束…SDFは武力で学校閉鎖に反対するカーミシュリーのデモ隊を解散させる      【諸通信社】      さらに、「バスニュース」がある消息筋の話として伝えたところによると、「クルド民主統一党 ( PYD)」の武装部門とみなされているのと同時にSDFの屋台骨でもあるクルドの民兵組織「人民防衛隊(YPG)」は以前、この地域の私立の学校や専門学校の閉鎖を批判してカーミシュリー市での座り込みを呼びかけた市民社会組織を脅迫したという。      また、この消息筋はSDFに属する 全文をよむ

2022-09-29 シリア:SDFは武力で教育を破壊する(1) (al-Watan紙)

■猛攻撃を行い、複数を拘束…SDFは武力で学校閉鎖に反対するカーミシュリーのデモ隊を解散させる      【諸通信社】      民兵組織「シリア民主軍 (SDF)」は昨日(28日)、武力でカーミシュリー市のデモ隊を解散させた。デモ隊は、シリア教育省のカリキュラムに則った教育を行なう公立私立の専門学校や学校のSDFによる閉鎖に対する抗議を展開していたが、SDFはデモ隊を激しく攻撃し、うち複数人を拘束した。      SANA通信社が地元筋の話として伝えたところによると、SDFに所属する戦闘員は、 全文をよむ

2022-09-29 イラク:イラクと国際社会が、クルディスタンに対するイランの空爆を非難(2) (al-Quds al-Arabi紙)

【バグダード:本紙】      ■クルディスタンを標的としたイランの空爆による死者:国際的な非難が集まり、イラクはイラン大使の召還を決定      イラクの外務省は、在イラク・イラン大使の「早急な」召還を数日前に決定した。「挑発的な」この行動が緊張を高めることを目的としたものであるとみなす一方で、このような行動が二度と繰り返されないようにするためにあらゆる「外交的」手段をとることを仄めかせた。      同様にクルディスタン政府も、この行動が地域の主権を繰り返し「侵犯し侵害するもの」であると形容 全文をよむ

2022-09-29 アルジェリア:アラブ連盟サミットに「個人的に」参加するアラブ諸国が10か国となることが明らかに (al-Quds al-Arabi紙)

■アルジェで開催されるアラブ連盟サミットに個人資格で参加するアラブ諸国が10か国にのぼることが明らかに      【アルジェ:本紙】      国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、アラブ諸国の首脳らとの会談をもち、中東地域内の紛争を解決するための国際的なビジョンを拡散するために、アルジェリアで開催されるアラブ連盟サミットに出席することが予想されている。      アルジェリア外務省がこれまでに発した複数の声明によると、現時点でアラブ10か国の首脳らが同サミットに個人的に参加することが明らかに 全文をよむ

2022-09-29 イラク:イラクと国際社会が、クルディスタンに対するイランの空爆を非難(1) (al-Quds al-Arabi紙)

【バグダード:本紙】      ■クルディスタンを標的としたイランの空爆による死者:国際的な非難が集まり、イラクはイラン大使の召還を決定      昨日水曜日、イラクのクルディスタン地域を標的として、イランがドローンとミサイルによる空爆を行ない、死者と犠牲者を生み出した。西洋諸国はいうまでもなく、イラク政府とクルド人自治政府が非難を行なった。クルディスタンの保健大臣であるサーマーン・バルザンジー氏は、記者会見でイランの空爆が9人の死者と32人のけが人を生み出したと発表した。      また同氏は 全文をよむ

2022-09-26 エジプト:ユースフ・カラダーウィー師が96歳で逝去 (al-Quds al-Arabi紙)

■国際ムスリム・ウラマー連盟の創設者、ユースフ・カラダーウィー師がカタールの首都ドーハで 96 歳で逝去      【ドーハ:本紙】      エジプトのダーイーであるユースフ・カラダーウィー師が月曜日、カタールの首都ドーハで 96 歳で逝去した。      複数の情報筋が伝えたところによると、国際ムスリム・ウラマー連盟の創設者であるカラダーウィー師は、月曜日の午後に亡くなった。同師は、以前かかった病気の治療期間中にあった。      現時点でもっとも著名なイスラーム・ウラマーのうちに数えられる 全文をよむ

2022-09-25 カタール:サーニー首相がドイツのショルツ首相と会談 (al-Quds al-Arabi紙)

■カタールのサーニー首長とドイツのショルツ首相が会談…両国間の戦略的関係の強化に向けた期待を表明      【ドーハ:本紙】      カタールのタミーム・ビン・ハマド・アール・サーニー首長とドイツ連邦共和国のオラフ・ショルツ首相が今日日曜日の午後、カタール王宮府で公式の会談を行った。      カタール国営通信によると、サーニー氏は会談の冒頭で、ショルツ首相と同首相に同行する代表団を迎えながら、今回の訪問が、「数多くの側面、特に経済部門および投資部門に関して、両国間の関係をより広い地平に向けて 全文をよむ

2022-09-24 サウジアラビア:独首相はサウジアラビアとの「エネルギー協力関係の強化」に向けた希望を表明 (al-Quds al-Arabi紙)

■湾岸諸国訪問中のドイツ・ショルツ首相はサウジアラビアとのエネルギー協力関係を強化することに向けた希望を表明      【ダマスカス:本紙】      ドイツのオラフ・ショルツ首相は土曜日、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子との会談したのち、「両国間のエネルギー協力関係を強化したい」と述べた。      同首相は記者たちに対し、ドイツ・サウジアラビア間の協力関係は「化石燃料の枠組みを越えて、水素および再生可能エネルギーを取り扱う必要がある」との見解を示した。      ドイツは自 全文をよむ

2022-09-24 レバノン:レバノンを起点とする不法移民船が沈没し90人が死亡 (al-Quds al-Arabi紙)

■シリアのタルトゥース沖でレバノン人、シリア人、パレスチナ人を載せた船が沈没し90人が死亡      【ダマスカス:本紙】      シリア沖で不法移民が乗った船が沈没したことによる死者の数は90人にまで増加した。一方レバノン軍は、密入国作戦に携わっていた容疑者1名の逮捕を発表した。今回の事件は、レバノンを起点とする不法移民の現象が観測されるようになって以来、最多の死亡者をもたらした事例となる。      レバノン人、シリアン人難民、パレスチナ人難民を含む100人から150人が乗船していたと推測 全文をよむ

2022-09-23 パレスチナ:サウジ外相はイスラエルとの二国間解決が「ポジティブなもの」との認識を示す (al-Quds al-Arabi紙)

■サウジアラビアのファルハーン外務大臣は、イスラエルとの二国間解決が「それが行動となって現れた場合、ポジティブなもの」との認識を示す      【リヤド:本紙】      サウジアラビアのファイサル・ビン・ファルハーン外務大臣は今日金曜日、イスラエルのヤイル・ラピド首相が二国間解決に関して発した声明が、「それが行動となって現れるのであれば、ポジティブなものである」との見解を示した。      さらに同外務大臣は、サウジアラビアの「アラビーヤ」チャンネルへの声明のなかで、「平和のためには、イスラエ 全文をよむ

2022-09-23 モロッコ:スペイン首相が西サハラ紛争に関する政治的な解決を呼びかけ (al-Quds al-Arabi紙)

■スペインのペドロ・サンチェス首相が国連総会における演説で、西サハラ紛争に関して政治的な解決を行うよう求める      【ロンドン:本紙】      スペインのペドロ・サンチェス首相は国連総会における演説で、西サハラ紛争に関して政治的な解決を行うよう求めた。一方同首相は、モロッコを刺激することがないよう西サハラの自決権について言及することは避け、また和解の達成に向けてアルジェリアに接近するために、自身の自治制度に対する支持について言及することは控えた。      サンチェス首相の声明は木曜日に発 全文をよむ

2022-09-23 パレスチナ:エルサレムをめぐり様々な動きが錯綜 (al-Quds al-Arabi紙)

■大使館をエルサレムに移転させる英政府の決意に怒り   ■ラピド首相は二国家解決の指示を表明      【ラマッラ、ガザ:本紙】      ドナルド・トランプ前米大統領と同様に、保守党の英新首相リズ・トラスが英大使館の西エルサレムへの移転を決意したことを受け、パレスチナ人は強い怒りを露わにした。一方、ヘブライ語メディアは速報でエルサレムとテルアビブを結ぶ道路上で5人のイスラエル人が刺された報じ、実行犯は殺害されたと伝えた。      トラス首相は、国連総会会合の合間に行われたイスラエルのヤイル・ 全文をよむ

2022-09-22 シリア:シリア北部で続く紛争や人権侵害 (al-Quds al-Arabi紙)

■政府軍により標的にされるアレッポ…国際機関はシリア北部を暴力の潜在的な温床とみなす      【ダマスカス:本紙】      シリア政府軍は昨日、シリア北部で支配外にある諸地域への爆撃を再開した。また組織「ホワイト・ヘルメット」は「政府軍はダーラト・イッザ市の郊外部を重迫撃砲によって攻撃し、同地に対して救助隊が視察を行った」と述べた。      一方世界平和機関はシリア北部の現状を「戦争や人権侵害を原因とする継続的な暴力の潜在的な温床」とみなし、昨今の紛争の激化、特に8月19日のバーブ市に対す 全文をよむ

2022-09-22 チュニジア:左派野党指導者、元大統領らを告訴する (al-Quds al-Arabi紙)

■ブラーヒミー夫人、マルズーキー氏とブハイリ―氏が声明の中で自身の党がアサド政権側で戦闘に参加していると言及したことについて告訴する。(ビデオ)      【チュニス:本紙】      前左派指導者の故ムハンマド・ブラーヒミー氏(以下ブラーヒミー氏)の未亡人で、人民潮流党の指導者であるムバーラカ・ブラーヒミー氏(以下ムバーラカ氏)は、前大統領のモンセフ・マルズーキー氏と「ナフダ運動」副党首のヌールッディーン・ブハイリ―氏を告訴した。告訴理由としては、両者が声明の中で人民潮流党に属する「ブラーヒミ 全文をよむ

2022-09-21 パレスチナ:当局との合意発表後、ナーブルスは沈静化 (al-Quds al-Arabi紙)

■指名手配者逮捕による緊張を終わらせるためのパレスチナ当局との合意発表後、ナーブルスは沈静化      【ナーブルス:本紙】      ヨルダン川西岸北部のナーブルスで起こった抗議行動と、活動家とパレスチナ治安部隊間の武装衝突で、1人が死亡、数十人が負傷した後、同市は水曜日に沈静化した。      ナーブルスの諸派調整委員会は、パレスチナ治安部隊が追っていたムスアブ・シュタイヤとアミード・トゥバイラを拘束後に、2日間にわたって同市で起きていた危機を終わらせるため、パレスチナ当局との合意に至ったと 全文をよむ

2022-09-21 イスラエル:テルアヴィヴ市近郊のホロン地区でイスラエル国民1人が殺害 (al-Quds al-Arabi紙)

■テルアヴィヴ市近郊で84歳のイスラエル国民が「民族主義的な」動機によって殺害される      【テルアヴィヴ:本紙】      イスラエル占領軍は、テルアヴィヴ市近郊のホロン地区で、女性入植者(イスラエル国民)1人が殺害されたと明らかにした。一方同国のメディアは、この入植者が「民族主義的な理由」によって殺害されたと報じた。      イスラエルのヘブライ語放送局である「チャンネル12」が報じたところによると、同国の警察は事件現場付近の建設現場にいたパレスチナ人労働者に対する取り調べを行っている 全文をよむ

2022-09-19 モロッコ:「ある権威筋」はアラブ連盟首脳会議にムハンマド6世が出席するとの報道を否定 (al-Quds al-Arabi紙)

■モロッコ日刊紙が伝える…「ある権威筋」はアラブ連盟首脳会議にムハンマド6世が出席するとの報道を否定      【ラバト:本紙】      11 月 1 日から 2 日にかけてアルジェで開催される予定のアラブ連盟首脳会議には、モロッコのアズィーズ・アハンヌーシュ首相とナースィル・ブーリータ外務大臣が同国を代表して参加するものとみられている。      モロッコの『アフダース・マグリビーヤ』紙はその紙版で、同紙いわく「ある権威筋」の証言として、「国王ムハンマド 6 世によるアルジェリアの首脳会議の 全文をよむ

2022-09-17 イスラエル:外務省はチリ当局による大使受け入れ拒否の決定を非難 (al-Quds al-Arabi紙)

■外務省はチリ当局による大使受け入れ拒否の決定を非難…「両国関係を深刻に毀損している」      【エルサレム:本紙】      イスラエル外務省は金曜日、チリのガブリエル・ボリッチ大統領がジル・アルツェイリ・イスラエル大使の信任状の受け入れを拒否したことにより、両国関係が深刻に毀損されていると発表した。      ボリッチ大統領は木曜日、イスラエルがパレスチナ人に対して行っている数々の違反行為を理由として、アルツェイリ大使の信任状を受け入れることを拒否した。イスラエル外務省による今回の声明は、 全文をよむ

2022-09-16 ヨルダン:首都アンマンでのビル崩壊事故の死亡者は13名に (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダン:ビル崩壊による死亡者数は13名に上る      【アンマン:アナドル通信社】      ヨルダンの首都アンマンで起きたビル崩壊で金曜日、新たに3名の遺体が発見され、死亡者数は13名になった。それ以外に10名が負傷した。      公安庁の報道官アーミル・サルターウィー大佐は声明を出し「困難状況下、懸命な捜索活動が続けられ、救助隊は本日(金曜日)午後、瓦礫の中から2名の遺体を見つけた。そして2名の遺体は回収された」と発表した。      その後、報道官は「ビル崩壊事故の被害状況は死亡者 全文をよむ

2022-09-16 イラク:国連安保理はイスラーム国の犯罪に対する調査チームの任期延長を決定(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■国連安保理はイラクで「イスラーム国」の犯罪を調査する国連チームの任期を延長      【バグダード:本紙】      リッチャー氏は、「イラクは、イスラーム国のおぞましい行為に対する責任追及に努める先駆的な存在として、国連安保理の全加盟国同様、調査チームならびにその調査に対する確固たる支持を新たに表明した。ダーイシュの行為は戦争犯罪や人道に対する罪、一部の状況下ではジェノサイドの罪に相当する可能性がある」と強調した。      国連安保理の声明によると、リッチャー特別顧問は「同チームが行った調 全文をよむ

2022-09-16 イラク:国連安保理はイスラーム国の犯罪に対する調査チームの任期延長を決定(1) (al-Quds al-Arabi紙)

■国連安保理はイラクで「イスラーム国」の犯罪を調査する国連チームの任期を延長      【バグダード:本紙】      国連安保理は「イスラーム国」が関与した数々の罪への責任追及を強化するため、国連調査チームの任期を延長することを決定した。      国連安保理は声明で、「決議2651に基づき、調査チーム(UNITAD)の任期を2023年の9月17日まで更新した。同チームはイラク政府からの要請を基に、決議2379(2017)によって創設されたものである」と発表した。      声明によると、同調 全文をよむ

2022-09-16 シリア:イスラエルがダマスカス市近郊に向けて実行した空爆により兵士5人が死亡 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルがダマスカス市近郊に向けて実行した空爆によりシリア軍兵士5人が死亡      【ダマスカス:本紙】      シリア政府の軍高官は、イスラエルがダマスカス近郊に対して実行した攻撃により、兵士5人が殺害され、複数の物的損害が生じたと明らかにした。シリア政府の国営通信(SANA)が伝えた。      さらに同筋は、「敵であるイスラエルが、ティベリアス湖の北東部から、ダマスカス国際空港およびダマスカス市南部の複数の地点に向けて、弾道ミサイルによる爆撃を実行した」と明らかにした。      全文をよむ

2022-09-15 シリア:ハマースがシリア政府との関係再開を公式に発表 (al-Quds al-Arabi紙)

■ハマースがシリア政府との関係再開を公式に発表…「堅固な関係の構築および発展」に向けた努力を行っていることを明らかに      【ダマスカス:本紙】      イスラーム抵抗運動(ハマース)は今日木曜日、シリア政権との緊張関係が10年近くにわたって継続したのち、同政府との「堅固な関係の構築および発展」に向けた努力を行っていると明らかにした。      同運動はプレスリリースのなかで、シリア政府との関係再開が「特に我々の大義および民族を取り巻く地域的・国際的な緊張化が急速に発展するなか、我々の民族 全文をよむ

2022-09-15 モロッコ:ケニア政府はポリサリオ戦線への承認撤回を発表 (al-Quds al-Arabi紙)

■モロッコ国王からの書簡が手渡されたのち、ケニア政府はポリサリオ戦線への承認を撤回      【ナイロビ:本紙】      ケニア政府は水曜日、ポリサリオ戦線への承認を撤回し、ナイロビにある同戦線の代表事務所を閉鎖するための措置を取り始めたことを明らかにした。      モロッコとケニアの共同声明によって明らかにされたところによると、今回の決定は「モロッコ国王ムハンマド6世からケニアのウィリアム・サモエイ・ルト大統領へと書簡が渡された直後」に行われた。      さらに声明では、「領土保全と不干 全文をよむ

2022-09-14 シリア:「イランの民兵」がシリア民主軍の支配地域に侵入 (al-Quds al-Arabi紙)

■トルコによるシリア侵攻の脅威が高まるなか・・・有志連合が残した空白地帯を悪用し、「イランの民兵」がシリア民主軍の支配地域に侵入      【ハサカ:ハムザ・ハムキー】      トルコがシリア北東部で「シリア民主軍」の支配下に置かれている領域に対して新たに軍事作戦を始動する可能性が高まるなか、イランの民兵およびレバノン・ヒズブッラーは過去数か月のなかで、同地域における軍事的プレゼンスを拡大させた。これは2019年に、対「イスラーム国」有志連合が同地に残していった空白地帯を悪用した動きである。  全文をよむ

2022-09-14 イスラエル:ラピド首相が西岸地区における「新たな緊張化」について警鐘を鳴らす (al-Quds al-Arabi紙)

■ラピド首相が西岸地区における「新たな緊張化」について警鐘を鳴らす…「我々は、パレスチナ当局が秩序を据えていない全ての場所で行動を起こすことに躊躇しないだろう」      【テル・アヴィヴ:本紙】      イスラエルのヤイル・ラピド首相は水曜日、自国軍が、パレスチナ当局によって「秩序」が据えられていない全ての場所で行動を起こすことに躊躇しないと述べた。      この発言は、同首相が自身のツイッターアカウント上に公開した映像声明のなかでなされたものである。またこれは、水曜日の早朝、ヨルダン川西 全文をよむ

2022-09-12 モロッコ:ムハンマド6世はアルジェリアで開催予定のアラブ連盟首脳会議に「個人的に」参加 (al-Quds al-Arabi紙)

■仏雑誌が公表…モロッコ国王ムハンマド6世はアルジェリアで開催予定のアラブ連盟首脳会議に「個人的に」参加      【パリ:本紙】      フランスの「ジューヌ・アフリク」誌が、同誌いわく「事情に極限まで精通した複数筋」の話として伝えたところによると、モロッコ当局の指示により、サウジアラビア、カタール、UAE、クウェート、バハレーンを含む湾岸諸国に対し、「モロッコ国王ムハンマド6世は、11 月1日-2日にアルジェで開催が予定されている第 31 回アラブ連盟首脳会議に『個人的』に参加する」との通 全文をよむ

2022-09-12 エジプト:スィースィー大統領が就任以来初となるドーハ訪問を実施 (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプトのスィースィー大統領が大統領就任以来初となるドーハ訪問を実施…カタール・エジプト関係を「2013年以前の状態」へと復帰させることが目的      【ドーハ:本紙】      エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィ―(シーシー)大統領は火曜日、大統領就任後初となるカタールの首都ドーハへの公式訪問を行う。      カタール王宮府は次のように述べた。「タミーム・ビン・ハマド・アール・サーニー閣下は火曜日、2日間にわたるカタールへの公式訪問を予定している、親愛なるエジプト・アラブ共和国 全文をよむ

2022-09-12 カタール:カタール外相が「リビアの統一と安定を保つためのあらゆる平和的解決策」への支持を表明 (al-Quds al-Arabi紙)

■カタール外相がリビアの国会議長と面会、「リビアの統一と安定を保つためのあらゆる平和的解決策」への支持を表明      【ドーハ:本紙】      カタールのムハンマド・ビン・アブドゥッラフマーン・アール・サーニー外務大臣は月曜日、自国が「リビアの統一と安定を保つためのあらゆる平和的解決策」を支持すると述べた。      以上の内容は、カタールの大臣がリビア代議院のアキーラ・サーリフ議長と会談したのちに投稿したツイートによって明らかにされたものである。サーリフ氏は土曜日、カタールの首都ドーハにこ 全文をよむ

2022-09-11 アルジェリア:国連特別報告者によるアルジェリア訪問が8度目の延期 (al-Quds al-Arabi紙)

■アルジェリア政府は「平和的集会および結社、デモの自由に対する権利に関する国連特別報告者」による訪問の延期を決定…2011年以来8度目      【アルジェ:本紙】      アルジェリア政府が「平和的集会および結社、デモの自由に対する権利に関する国連特別報告者」が予定している訪問を延期したことにより、政界や人権界で劇的な反応が巻き起こっている。同国政府によって同様の決定がなされたのは、2011年以来8度目となるためである。      国連の特別報告者が明日月曜日にアルジェリアに到着することが予 全文をよむ

2022-09-11 モロッコ:ペルーがポリサリオ戦線によって宣言された共和国への承認を再び宣言 (al-Quds al-Arabi紙)

■ペルーが「ポリサリオ戦線」によって宣言された共和国への承認を再び宣言      【ロンドン:本紙】      ペルーは、「ポリサリオ運動」によって発足が発表された共和国を再承認することを決定した。これは、同国が8月中旬に同共和国に対する以前の承認を撤回してから、1か月も経過しないうちになされた新たな決定である。      この展開は、西サハラにかかわる問題が、ペルーの大統領府に到達する同国の諸政党(右派、左派を問わず)の性質にいかに結びついているか浮き彫りにしている。      ペルーのペドロ 全文をよむ

2022-09-10 イラン・イラク:イランがイラクとの陸上国境を封鎖 「アルバイーン」参詣者を受け入れるためのイラク側の準備が整っていない (al-Quds al-Arabi紙)

【バグダード:マシュリク・リーサーン】      イランのアルバイーン中央委員会は、昨日金曜日、イラクとの陸上国境検問所をすべて封鎖すると発表した。宗教行事「アルバイーン」を行なうためにカルバラー県を訪れるイラン人参詣者を受け入れるためのイラク側の準備が整っておらず、またその見通しもたたないことが原因である。      イランの公式通信社「IRNA」によると、委員長のマジード・ミール・アフマディー氏は次のように語った。「シャラーマチェやメフラーンの国境地帯で発生している懸念すべき事件や、参詣者の 全文をよむ

2022-09-10 パレスチナ:イスラエル兵士7人がヘブロン市内の軍用塔で窒息の症状 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル兵士7人がヘブロン市内の軍用塔で窒息の症状を負う      【本紙】      パレスチナの複数のメディアが伝えたところによると今日土曜日、イスラエル兵士7人が、軍用塔の入り口で複数のタイヤに火がつけられたのち、窒息症を負った。      この軍用塔は、ヨルダン川西岸地区南部に位置するヘブロン市バイト・ウッマール町の導入口に位置している。      ウェブニュースサイト「マアン通信」は、現地の活動家であるムハンマド・アイヤード・アワド氏の証言を次のように伝えた。「兵士たちは、結果的に 全文をよむ

2022-09-09 シリア:アレッポ国際空港がサービスの再開を発表 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルによる空爆ののち…アレッポ国際空港がサービスの再開を発表      【DPA通信】      シリア政府の運輸省は金曜日、現地時間の正午12時よりアレッポ国際空港を経由した航空輸送を再開すると発表した。      同省は同日の朝、運営するSNS上に公開した声明のなかで「民間航空公社の幹部層は、国営企業による協力のもとで、今週火曜夜に空港を狙ったイスラエルの攻撃に起因する被害の修繕を完了した」と述べた。      さらに同声明は、アレッポ国際空港を経由する運航を行う複数の航空会社に対し 全文をよむ

2022-09-08 イラク: 識字率向上に向けた包括的国家キャンペーン (al-Quds al-Arabi紙)

■国民知恵運動の指導者がイラクにおける識字率向上のための包括的な国家キャンペーンを始動するよう呼びかけ      【バグダード:本紙】      「国民知恵運動」の指導者であるアンマール・ハキーム氏は木曜日、非識字と闘い、世界各国の成功体験を活用するための包括的な国家キャンペーンを始動するよう呼びかけた。同氏はプレスリリースのなかで「非識字と闘い、地域や世界での成功体験を活用するための、包括的な国家キャンペーンを始動させなければならない」と述べた。      同氏はさらに「計画省によると、最近の 全文をよむ

2022-09-06 パレスチナ:パレスチナ人記者射殺の調査結果をめぐり米国と国連がイスラエル軍に圧力をかける (al-Quds al-Arabi紙)

■シェリーン・アブー・アクラ…米政府は「交戦規定」についてイスラエルに圧力をかける   ■国連はイスラエルに説明責任を果たすよう改めて要請      【本紙:諸通信社】      アル・ジャズィーラのシェリーン・アブー・アクラ記者はおそらくイスラエル軍人の銃弾に倒れた、とイスラエル軍が結論付けたことを受け、ヴェダント・パテル米国務省副報道官は火曜(6日)、米政府はイスラエルに対して交戦規定に関する政策と運用を見直すよう圧力をかけるだろう、と語った。      パテル副報道官は報道発表の中で、「今 全文をよむ

2022-09-03 イラク:サドル師が「アルバイーン」での自制を呼びかける (al-Quds al-Arabi紙)

■サドル師は武装集団による「アルバイーン」の「安全確保」を禁止するよう訴える      【バグダード:アナトリア通信】      イラクのサドル潮流指導者であるムクタダー・サドル師は土曜(3日)、南部カルバラー県で今月9月16日に行われる(シーア派の宗教行事)「アルバイーン」に訪れる際の武装集団による「安全確保」を禁止するよう要請した。      サドル師はTwitterへの投稿の中で以下のように語った。「公的機関、特にカルバラーの地方公共団体に向けて私は語りかける。君たちはよく注意し治安を維持 全文をよむ

2022-08-30 イラク:首相が衝突に関する調査委員会の設置と自身の進退について言及 (al-Quds al-Arabi紙)

■イラク首相は辞任をほのめかす      【バグダード:アナトリア通信】      イラクのムスタファー・カーズィミー首相は火曜(30日)夕方、国内の「騒乱や争い、対立の激化が続く」場合、辞表を提出すると脅しをかけた。そして、デモ隊に発砲した者やバグダード中心部のグリーン・ゾーン内でミサイルを発射した者を特定するための調査を行うと明らかにした。      イラクではこの数時間、10カ月以上続く政治危機の突破口を見つける努力が強化されている。なお、この危機が原因で首都バグダードや他の県で月曜から火 全文をよむ

2022-08-30 エジプト:駐エジプト・イスラエル大使がカイロの老舗カフェを訪問 (al-Quds al-Arabi紙)

■駐エジプト・イスラエル大使がカイロの老舗カフェ「リーシュ」を訪問し、各所で怒りの反応を呼ぶ…「100歳のカフェは、あなたたち自身やあなたたちの政体よりも古いものである」      【カイロ:本紙】      イスラエルがエジプトで運営するツイッターアカウントは、民衆レベルの正常化を強制するための新たな試みとして、占領国(イスラエル)の駐エジプト大使であるアミラ・オロン氏が、作家ナギーブ・マフフーズ氏の追悼記念日に際して、老舗の文化カフェ「リーシュ」を訪問する姿を映した複数の写真を公開した。   全文をよむ

2022-08-29 イラク:デモ隊がグリーン・ゾーン内の政府機関に突入 (al-Quds al-Arabi紙)

■グリーン・ゾーン内のデモ参加者12人が死亡   ■イラク全土に戒厳令、政府機関や銀行の治安維持を強化      【バグダード:本紙】      医療関係者筋が伝えたところによると、バグダードのグリーン・ゾーン内内でイラクのシーア派指導者ムクタダー・サドル師の支持者12人が死亡、85人が負傷したという。これは、サドル師が政治活動から完全に退くと発表したことを受けた騒乱状態の中での出来事だ。      イラクの軍指導部は全土に外出禁止令を敷くことを決定したと発表する一方で、イラクに駐在するの国連代 全文をよむ

2022-08-29 イラク:対話による政治危機解決の呼びかけとサドル師の引退宣言 (al-Quds al-Arabi紙)

■イラクのトップらは政治的なエスカレーションをやめ、対話によって危機を終わらせるよう訴える      【バグダード:アナトリア通信】      イラクの大統領、国会議長、首相は月曜(29日)、対話によって国家の危機を終わらせるため、事態の鎮静化と政治的なエスカレーションの停止を呼びかけた。      これは、バルハム・サーリフ大統領、ムスタファー・カーズィミー首相、ムハンマド・ハルブースィー国会議長、ファーイク・ザイダーン最高司法評議会議長らが出席し「国内の最新情勢」について協議した会合の後に、 全文をよむ

2022-08-28 リビア:首都で激しい武力衝突 (al-Quds al-Arabi紙)

■リビア:軍事的緊張の高まりとともにトリポリを覆う戦争の前触れ      【トリポリ:本紙、諸通信社、ラシード・ハシャーナ】      リビアの首都トリポリは金曜(26日)夜に激しい戦闘が勃発し、昨日土曜朝まで続いた。敵対関係にあるグループが銃撃戦を行い、街のいたるところで大きな爆発音が響いた。      リビア政府の支配をめぐり、過去数週間、首都周辺への武装集団の動員が強化されるような政治危機の中、目撃者らはトリポリ中心部で衝突が勃発したと語った。      トリポリでは土曜の夜明けから、大統 全文をよむ

2022-08-28 カタール:国際ムスリム・ウラマー連盟のライスーニー会長が辞意を表明 (al-Quds al-Arabi紙)

■国際ムスリム・ウラマー連盟のライスーニー会長が辞意を表明…アルジェリアとモーリタニアに関する発言、西サハラ問題をめぐる立場によって物議が生じるなかで      【ドーハ:本紙】      国際ムスリム・ウラマー連盟の複数筋が本紙に明らかにしたところによると、モロッコ人ダーイーであるアフメド・ライスーニー博士が、カタールの首都ドーハを拠点とする同連盟の会長職を辞することを明らかにした。      本紙がコンタクトをとった複数筋によると、ライスーニー氏は27日土曜日に、ドーハ市ダフナ地区にある同連 全文をよむ

2022-08-27 モロッコ:モロッコがチュニジアで開催されるアフリカ開発会議への参加見送りを発表 (al-Quds al-Arabi紙)

■アフリカ開発会議(TICAD)の開催国チュニジアがポリサリオ戦線を招待したことに抗議し、モロッコが同会議への参加を見送ると発表      【ラバト:本紙】      モロッコは、チュニジアで8月27日から28日にかけて開催されるアフリカ開発会議(TICAD)にポリサリオ戦線が出席したことをうけ、駐チュニジア大使を協議のためにただちに召還することを決定した。さらに同国は、この国際フォーラムへの参加を見送ることを決定した。      本紙がコピーを入手したモロッコ外務省の声明は、「TICADをめぐ 全文をよむ

2022-08-25 アルジェリア:タブーン大統領がアルジェリア訪問中のマクロン仏大統領と共同記者会見を主催 (al-Quds al-Arabi紙)

■アルジェリアのタブーン大統領が同国訪問中のマクロン仏大統領とともに共同記者会見を開く…「敬意と信頼の原則」に基づいた「新たな方向性」について合意      【アルジェ:本紙】      フランスのエマニュエル・マクロン大統領とアルジェリアのアブドゥルマジード・タブーン大統領は木曜日、同国の首都アルジェで「建設的」かつ「有望な」会談を行い、「戦略的関係」の構築に向けて「共に働く」ことを誓約した。これは両国間に存在する亀裂のページを新たにすることを目的とし、3日間続くことが予定された、前者によるア 全文をよむ

2022-08-25 ヨルダン:ペトラ郡で住民グループによる小規模な暴動が発生 (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダン公共治安局がペトラ郡で住民グループによる小規模な暴動が発生したことを明らかに…米大使館は米国民に対しペトラ市の訪問を控えるよう呼びかけ      【諸通信社】      ヨルダン公共治安局は昨日木曜日、ペトラ郡地方当局との調整のもとで、地域内の違反の取り締まりを目的とした治安キャンペーンを実施した直後、同郡内で住民グループによる小規模な暴動が発生したことを明らかにした。      さらに公共治安局は、暴動が発生した地点に治安部隊がただちに出動したことを明らかにした。その後デモ隊への対応 全文をよむ

2022-08-24 UAE:UAE・イスラエルが「湾岸和解」の破壊を目的とした共同チームを設置 (al-Quds al-Arabi紙)

■「エミレーツ・リーク」は複数の外交筋の話として、UAE・イスラエルが「湾岸和解」の破壊を目的とした共同チームを設置したと発表      【ロンドン:本紙】      複数の情報やリークによって明らかにされたところによると、アラブ首長国連邦(UAE)はイスラエルとの調整・協力のもとで、湾岸危機の解消に向けた努力を破壊し、カタールとサウジアラビア間の関係の透明性を濁らせ、バハレーンとの亀裂を深めようと試行している。      本紙は、2021年初頭にサウジアラビアが主催した「ウラー会談」によっても 全文をよむ

2022-08-24 イラク:国のトップ3が最高司法評議会の業務停止に警鐘を鳴らす (al-Sabah al-Jadid紙)

■国のトップ3が司法評議会の業務停止に警鐘を鳴らす   ■彼らは政治活動の正統性について国際承認を失うことを恐れている      【バグダード:本紙】      国のトップ3は火曜(23日)、政治危機が続いていることに警鐘を鳴らした。この政治危機が長期間にわたりイラクを襲い、ついにはイラクの首を絞め始めている。3者は事態を鎮静化させ国民対話のテーブルに着く必要性で一致し、司法機関の業務停止は国を真の危険にさらすことになり、国内の政治活動全般の国際承認を失う原因となる、との見解を示した。      全文をよむ

2022-08-24 パレスチナ:パレスチナ当局が国民にラモン空港の不利用を勧告していることが明らかに (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ高官「イスラエル側による複数の合意の未履行を認識しているため、ラモン空港を利用しないよう求めることが公式の立場」      【ラマッラー:アナトリア通信】      パレスチナ当局高官の1人は火曜日の夜、パレスチナ当局が、パレスチナ国民がイスラエル南部に位置する「ラモン空港」を経由して海外渡航しないよう勧告していることを明らかにした。同当局が、イスラエル側による複数の合意の不履行を認識していることが理由だという。      パレスチナ運輸省のムーサー・ラハール報道官は、アナトリア通信 全文をよむ

2022-08-24 パレスチナ:イスラエル軍がヨルダン川西岸地区で逮捕キャンペーンを開始 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル軍がヨルダン川西岸地区でパレスチナ人14人を逮捕      【ラーマッラー:アナトリア通信】      イスラエル軍は水曜日、エルサレムを含むヨルダン川西岸地区の多くの市や町を襲撃し、パレスチナ人14人を逮捕した。この襲撃で複数の負傷者が出た。      複数の地元の証言で、イスラエル軍が(ヨルダン川西岸地区の多くの市や町で)逮捕作戦を開始し、北部ジェニーン県とナブルス県、中部ラーマッラー県、南部ベツレヘム県とヘブロン県でパレスチナ人14人を逮捕したことが明らかとなった。      全文をよむ

2022-08-23 サウジアラビア:トランプ米元大統領の上級顧問は「湾岸和解」における自身の役割を主張 (al-Quds al-Arabi紙)

■クシュナー元米大統領上級顧問が回顧録を出版…「湾岸和解」における自身の役割について、サウジアラビア皇太子からの賞賛を受けたと主張      【ロンドン:本紙】      ドナルド・トランプ米元大統領の上級顧問で義理の子息でもあるジャレッド・クシュナー氏は、自身がホワイトハウスに勤務していた時期における複数の詳細事項を明かした。それは特に、同氏とサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子との関係性に関連するもの、あるいは同氏が湾岸危機の解消に向けて果たした「役割」に関連するものであった。 全文をよむ

2022-08-23 UAE:UAE・イスラエル間の貿易額が8月中旬時点ですでに14億米ドルを突破 (al-Quds al-Arabi紙)

■UAE・イスラエル間の貿易総額が初めて14億米ドルを突破…「わずか5年のうちに年間貿易額を100億ドルまで増加させるという意欲的な目標」      【テル・アヴィヴ:本紙】      ヘブライ語メディアが伝えたところによると、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)間の貿易額は今年、14 億米ドルを初めて突破した。      『イスラエル・トゥデイ』紙は火曜日、これに先立つ2020年9月に国交正常化の合意に署名していた両国間の貿易額が2022年に、前年までの記録を塗り替えたと報じた。      全文をよむ

2022-08-22 モロッコ:モロッコ観光大臣がタンザニアで休暇を送る様子を公開し波紋を呼ぶ (al-Quds al-Arabi紙)

■モロッコのアッムール観光大臣、タンザニアで休暇を送る様子を公開しSNSユーザーらの間で劇的な反応を巻き起こす…「個人の自由」か「政治的責任」か?      【ラバト:本紙】      モロッコのファーティマ・ザフラー・アッムール観光大臣が、アフリカ東部・インド洋に位置するタンザニアのザンジバル諸島で夏のバカンスを送る姿を映した複数の写真をシェアするやいなや、モロッコのSNSユーザーらの間で劇的な反応が沸き起こった。彼らのなかには、同大臣の行動が「矛盾」であり「他国の宣伝」であるとして同大臣を攻 全文をよむ

2022-08-22 パキスタン:パキスタン治安部隊がイムラン・カーン前首相の自宅を包囲 (al-Quds al-Arabi紙)

■パキスタン治安部隊がイムラン・カーン前首相の自宅を包囲…「テロとの戦い」に関する容疑で逮捕が間近か      【ワシントン:本紙】      パキスタンの英語紙が伝えたところによると、同国政府はイムラン・カーン前首相の逮捕を計画している。      同国警察はカーン氏の住居に通じる道路における治安措置を強化しており、イスラマバード市バニ・ガラ地区ではすでに異常な動きが観測されている。      報じられている内容によれば、カーン氏にかけられている容疑は「テロとの戦い」に関連するものだという。  全文をよむ

2022-08-22 アルジェリア:マクロン大統領が就任以来2度目のアルジェリア訪問を実施 (al-Quds al-Arabi紙)

■マクロン大統領が約5年ぶりにアルジェリアを訪問…「政治軍事体制」発言によって両国に緊張化が起こったのち、「不一致および緊張化のページが次にめくられる」ことをめざす      【パリ:本紙】      フランス政府とアルジェリア政府は、前者国のエマニュエル・マクロン大統領が木曜日から土曜日まで予定している後者国訪問を通して、両国間で過去数か月にわたって続いている不一致および緊張化のページが次にめくられることを望んでいる。同大統領がアルジェリアを訪問するのは、2017年5月にフランス大統領に就任し 全文をよむ

2022-08-21 UAE:UAEがトルコの防衛テクノロジー企業から武装ドローン20機を購入 (al-Quds al-Arabi紙)

■UAEがトルコの防衛テクノロジー企業から武装ドローン20機を購入…その数はさらに増える可能性      【アンカラ:本紙】      トルコの異なる2情報筋が明らかにしたところによると、同国の防衛テクノロジー企業であるバイカル社は今月、アラブ首長国連邦(UAE)に軍事ドローン20機を納入した。さらに、以前は中東地域内で競い合っていたこれらライバル国家の関係が、両国が軍事分野における協定を結びかねないほどに改善していることを鑑み、同社によるドローン販売は今以上に拡大する可能性があるという。   全文をよむ

2022-08-21 シリア:ダイル・ザウル県マヤーディーン市でイラン革命防衛隊の司令官が殺害 (al-Quds al-Arabi紙)

■ダイル・ザウル市東部のマヤーディーン市でイランの治安局高官が殺害される…「イランの民兵」は地対地ミサイルを配備      【ダマスカス:本紙】      民兵組織「イラン革命防衛隊」の司令官で治安局高官であるハーリド・サラーマ(アブー・アキール)氏が日曜日、ダイル・ザウル市東部に位置し「イランの民兵」が支配しているマヤーディーン市で、不明瞭な状況のなか殺害された。      地元ウェブサイト「バラディー・ニュース」が伝えたところによると、イラン革命防衛隊の高官で「アブー・アキール」の通称を持つ 全文をよむ

2022-08-19 イスラエル:外務省は駐アンカラ大使を任命したと発表 (al-Quds al-Arabi紙)

■外務省は駐アンカラ大使を任命したと発表…臨時大使のイリット・リリアン氏      【エルサレム:アナトリア通信】      イスラエル外務省傘下の任命委員会は月曜日、イリット・リリアン氏をトルコ大使に任命すると決定した。      イスラエル国営放送局は月曜日、「イスラエル外務省は2018年以来この種の動きとしては初めて、イリット・リリアン氏を駐アンカラ大使に任命すると決定した」と報じた。      リリアン氏は現在、在アンカラ・イスラエル大使館において臨時大使を務めている。      イスラ 全文をよむ

2022-08-19 アルジャジーラ:EUは核合意への復帰の条件としてイランに「一日あたり石油250万バレルの輸出」を要求 (al-Quds al-Arabi紙)

■カタール衛星チャンネル「ジャズィーラ」は、EUが核合意への復帰に向けた条件「一日あたり石油250万バレルの輸出」をイラン政府に提示したことを明らかに…韓国で凍結されている70億米ドル相当の資金の解除も検討      【本紙】      カタールの衛星チャンネル「ジャズィーラ」(アルジャジーラ)は今日金曜日、イランとの核合意の復活をめぐる欧州の提案には4つの段階と、それぞれが60日を要する2つの期間が含まれることを明らかにした。      同チャンネルは複数筋の話として、この提案が合意された場合 全文をよむ

2022-08-19 モロッコ:ムハンマド6世が受刑者542人に対する恩赦を発表 (al-Quds al-Arabi紙)

■モロッコ国王ムハンマド6世が第69回「王と民衆の革命記念日」の折に受刑者542人に対する恩赦を発表      【ラバト:アナトリア通信】      モロッコ国王ムハンマド 6 世は金曜日、「王と民衆の革命記念日」を記念して、受刑者542人に対する王権恩赦を行うと発表した。      同国司法省は声明を出し、王権恩赦の対象となる被拘留者の総数が433人に達したことを明らかにした。      さらに同声明は、王権恩赦の対象となる未拘留の容疑者(いまだ判決が下されていないもの)の総数が109人に達し 全文をよむ

2022-08-19 イスラエル:サウジアラビアによるイスラエル民間機への領空開放は飛行時間の短縮に資さず (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル紙「オマーンはサウジアラビアによるイスラエルへの領空開放の決定を妨害」      【ガザ:本紙】      イスラエルの複数の報告によって、サウジアラビアがイスラエルの民間機に対して領空を開放したことは現時点で、後者国と多数の国々とを結ぶ飛行距離の短縮に資さないことが明らかになった。      『イスラエル・トゥデイ』紙が伝えたところによると、オマーン当局がイスラエルのフライトが領空を通過することを拒否しているため、サウジアラビアがイスラエルの民間機に対し領空を開放したとしても、それ 全文をよむ

2022-08-18 モロッコ:ペルー政府がポリサリオ戦線への国家承認を撤回 (al-Quds al-Arabi紙)

■ペルーがポリサリオ戦線に国家承認を与えてから1年も経過しないうちにその撤回を発表…「サハラ紛争における自治計画」への尊重      【ガザ:本紙】      ペルーは「ポリサリオ戦線」を国家として承認してから1年も経過しないうちに、これを再考し撤回することを決定した。モロッコは現在、コロンビアが今月初頭に同戦線を国家承認したことを筆頭とする、ラテンアメリカへの左派勢力の回帰に苦しんでいるが、今回の決定は同国にとっての一息をつく機会を形成するものである。      ペ