レバノン:ヒズブッラーはイスラエル領内をミサイル攻撃し、イスラエル軍車輌を破壊、兵士を殺傷
2019年09月02日付 その他紙

■ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから417人、ヨルダンから979人の難民が帰国、避難民2人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年9月1日)
ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(9月1日付)を公開し、8月31日に難民1,396人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは417人(うち女性125人、子供213 … → 記事

■シリア・ロシア軍が爆撃を中止するなか、トルコ軍車列がイドリブ県に入る(2019年9月1日)
シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が一方的停戦の発効から2日目(爆撃を激化させてから12 … → 記事

■ヒズブッラーはイスラエル領内をミサイル攻撃し、イスラエル軍車輌を破壊、兵士を殺傷(2019年9月1日)
ヒズブッラーが主導する対イスラエル武装抵抗組織のレバノン国民抵抗は声明を出し、9月1日午後4時15分に、占領下パレスチナ(イスラエル)北部のアヴィヴィン入植地に至る街道のイスラエル軍車輌を攻撃し、中にいた兵士複数名を殺傷 … → 記事

■トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊を砲撃、アフリーン解放軍団がこれに応戦(2019年9月1日)
アレッポ県では、ANHA(9月1日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊のマーリキーヤ村、カルアト・シャワーリガ村一帯(シーラーワ … → 記事

■『ワタン』:ロシアのプーチン大統領はシリアのアル=カーイダ系組織の解体と自由シリア軍への編入のための猶予をトルコのエルドアン大統領に与える(2019年9月1日)
シリアの日刊紙『ワタン』(9月1日付)は、8月27日のロシアのヴラジミール・プーチン大統領とトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領との会談で、プーチン大統領がエルドアン大統領に対して、シリアのアル=カーイダであ … → 記事

■反体制派支配下のサラーキブ市(イドリブ県)で、アサド政権打倒とシャーム解放機構退去を求めるデモ発生(2019年9月1日)
イドリブ県では、シリア人権監視団によると、反体制派支配下のサラーキブ市で、ロシア・シリア軍による「虐殺」を非難し、アサド政権の打倒を求めるデモが行われ、住民約500人が参加した。 デモ参加者はまた、イドリブ県、ハマー県北 … → 記事

■ロシアは米軍によるイドリブ県爆撃を非難(2019年9月1日)
ロシア外務省は声明を出し、8月31日に米軍がイドリブ県カファルヤー町にアンサール・タウヒードの拠点を爆撃したことに関して、同地の停戦の監視するロシア、トルコのいずれに対しても事前通告がなかったと発表した。 声明によると、 … → 記事

■「イランの民兵」がアレッポ県南東のサルダーフ村とウンム・マイヤール村間の山岳地帯に新たな軍事基地を建設(2019年9月1日)
ノールス研究センター(9月1日付)は、「イランの民兵」がアレッポ県南東のサルダーフ村とウンム・マイヤール村間の山岳地帯に新たな軍事基地を建設したと伝えた。 → 記事

■米主導の有志連合がYPG主体のシリア民主軍とともに県北部で空挺作戦を実施し、政権離反者と農夫を拘束(2019年9月1日)#シリア #アメリカ #クルド
ラッカ県では、ハーブール(9月1日付)によると、米主導の有志連合が、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍とともに県北部スルーク町に近いジャームース村で空挺作戦を実施し、村人5人を拘束、アイン・イーサー市にある米軍基地に … → 記事

■YPG主体のシリア民主軍の政治母体であるシリア民主評議会「トルコが脅迫を行うのなら、混乱が拡がり、トルコ自身の安定が終わりを迎えるだろう」(2019年9月1日)
人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の政治母体であるシリア民主評議会の執行委員会議長府は、『シャルク・アウサト』(9月1日付)に対して、「トルコが脅迫を行うのなら、混乱が拡がり、トルコ自身の安定が終わりを迎えるだろう」 … → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:47474)