シリア:シャーム解放機構などからなる反体制武装集団が政府支配下のアレッポ市を砲撃し市民6人死亡
2019年11月22日付 その他紙


■ロシア軍は米軍が撤退したアレッポ県マンビジュ市近郊のスィーリーン航空基地に進駐(2019年11月20日)
アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月21日付)によると、ロシア軍部隊が、アイン・アラブ(コバネ)市近郊のスィッリーン町に続いて、米軍が設置していたマンビジュ市近郊のスィーリーン村にある航空基地に進駐した。 → 記事

■ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから173人、ヨルダンから847人の難民が帰国、避難民561人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年11月21日)
ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(11月21日付)を公開し、11月20日に難民847人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは173人(うち女性52人、子供88 ... → 記事

■シャーム解放機構などからなる反体制武装集団が、シリア政府支配下のアレッポ市を砲撃し市民6人死亡(2019年11月21日)
アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シャーム解放機構などからなる反体制武装集団が、シリア政府支配下のアレッポ市を砲撃、ハムダーニーヤ地区、サラーフッディーン地区、アアザミーヤ地区、市庁舎に砲弾が着弾、市民6人が死亡 ... → 記事

■トルコ軍がラッカ県タッル・アブヤド市近郊を越境砲撃(2019年11月21日)
ラッカ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍がタッル・アブヤド市近郊のカズアリー村を越境砲撃した。 ** ハサカ県では、ANHA(11月21日付)によると、トルコ軍がタッル・タムル町近郊のルバイア村とタッル・ワルド村 ... → 記事

■ロシア・トルコ軍がハサカ県タッル・タムル町近郊のシャルカラーク村にある穀物サイロに合同監視所を設置(2019年11月21日)
ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍部隊がタッル・タムル町近郊のシャルカラーク村にある穀物サイロに到着、同地に進駐していたトルコ軍と合流して、合同監視所を設置した。 両軍はまた、タッル・タムル町近郊のウガイビ ... → 記事

■シリア外務省は20日のトルコ軍によるカルナファル村(ラッカ県タッル・アブヤド市近郊)の爆撃を非難(2019年11月21日)
外務在外居住者省公式筋は声明を出し、トルコ軍戦闘機が20日にラッカ県タッル・アブヤド市近郊のカルナファル村で車を爆撃し、市民5人を殺害したことを「もっとも厳しい表現で非難する」と発表した。 SANA(11月21日付)が伝 ... → 記事

■イスラエルのISIは20日のダマスカス郊外県への爆撃の跡を撮影した衛星画像を公開(2019年11月21日)
イスラエルの民間衛星画像企業イメージサット・インターナショナル(ISI)は、11月20日のイスラエル軍戦闘機によるダマスカス郊外県各所への爆撃の跡を撮影した衛星画像を公開した。 → 記事

■トルコの支援を受ける国民軍とシリア政府はアレッポ市東のアブー・ザイダーン村の通商用通行所を再開することで合意(2019年11月21日)
ドゥラル・シャーミーヤ(11月21日付)は、複数の地元筋の話として、トルコの支援を受ける国民軍とシリア政府がアレッポ市東のアブー・ザイダーン村に設置されている通行所再開に向けた協議の第1段階を終え、近く通行所を再開するこ ... → 記事

■「平和の泉」作戦でトルコが占領したラッカ県、ハサカ県国境地帯へのシリア難民の帰還始まる(2019年11月21日)
ドゥラル・シャーミーヤ(11月21日付)は、トルコに避難していたシリア難民が、陸路でシリア領内への帰国を開始、「平和の泉」作戦によってトルコが占領したラッカ県、ハサカ県北部に入ったと伝えた。 複数の地元筋によると、19日 ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:48113)