シリア:ロシア・シリア軍がイドリブ県、ラタキア県を爆撃、病院が被弾する一方、シリア軍はムシャイリファ村をシャーム解放機構などからなる反体制派から奪還
2019年11月25日付 その他紙


■ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから201人、ヨルダンから982人の難民が帰国、避難民0人が帰宅(2019年11月24日)
ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(11月24日付)を公開し、11月23日に難民982人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは201人(うち女性60人、子供10 ... → 記事

■フール・キャンプに収容されていた国内避難民366人がラッカ市に帰還(2019年11月24日)
ハサカ県では、ANHA(11月24日付)によると、フール難民・国内避難民(IDPs)に収容されていたラッカ市出身者111世帯366人が、避難生活を終えて帰還した。 → 記事

■ロシア・シリア軍がイドリブ県、ラタキア県を爆撃、病院が被弾する一方、シリア軍はムシャイリファ村(イドリブ県)をシャーム解放機構などからなる反体制派から奪還(2019年11月24日)
イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機がカンスフラ村、カフルサジュナ村、カフルナブル市、ハーッス村、マアーッラト・ナアサーン村、ムシャイリファ村一帯、無人化大隊基地、イブリーン村、カフル・ウワイド村、カ ... → 記事

■トルコ軍無人航空機がタッル・タムル町とマナージール村の間に位置するタッル・タウィール村にあるシリア軍の拠点を爆撃し、兵士2人負傷(2019年11月24日)
ハサカ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍の無人航空機がタッル・タムル町とマナージール村の間に位置するタッル・タウィール村にあるシリア軍の拠点を爆撃し、兵士2人が負傷した。 シリア人権監視団が信頼できる複数の情報 ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:48125)