シリア:米軍所属と思われる戦闘機がトルコ占領下のアレッポ県北部でダーイシュ掃討を口実にトルコの支援を受ける武装集団の拠点を爆撃
2019年11月26日付 その他紙


■シリア民主軍はロシアがトルコ軍によるシリア北東部への攻撃を黙認していると批判(2019年11月24日)
人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍はフェイスブックを通じて声明を出し、ロシアがトルコ軍によるシリア北東部への攻撃を黙認していると批判した。 シリア民主軍は、トルコ軍が国民軍の支援を受けつつ、航空と砲撃を行いラッカ県の ... → 記事

■ロシアのボクダノフ外務副大臣「シリア民主軍が政府軍により早く編入されるのであれば、その方が良い」(2019年11月25日)
ロシアのミハイル・ボクダノフ外務副大臣は、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に対して一刻も早くシリア軍に合流すべきだと述べた。 スプートニク・ニュース(11月25日付)が伝えたところによるとボクダノフ外務副大臣は「シ ... → 記事

■ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから225人、ヨルダンから615人の難民が帰国、避難民0人が帰宅(2019年11月25日)
ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(11月25日付)を公開し、11月24日に難民840人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは225人(うち女性68人、子供11 ... → 記事

■ロシア・シリア軍はイドリブ県を激しく爆撃するなか、シリア軍はシャーム解放機構などとの戦闘の末同県の4カ村・農場を新たに奪還(2019年11月25日)
イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機がタッフ村、ヒーシュ村、バイニーン村、トゥラムラー村、カフルルーマー村、マアッルズィーター村、タフターヤー村、ウンム・ジャラール村、カフルナブル市一帯を爆撃した。 ... → 記事

■ハサカ県、アレッポ県北部でシリア民主軍とトルコ軍・国民軍の戦闘続く(2019年11月25日)
ハサカ県では、ANHA(11月25日付)によると、トルコ軍無人航空機がタッル・タムル町近郊のタッル・ワルド村、ルバイア村(東ルバイア村、西ルバイア村)を爆撃するなか、国民軍が同地を攻撃した。 ** アレッポ県では、シリア ... → 記事

■米軍所属と思われる戦闘機がトルコ占領下のアレッポ県北部でダーイシュ掃討を口実にトルコの支援を受ける武装集団の拠点を爆撃(2019年11月25日)
アレッポ県では、ANHA(11月25日付)、シリア人権監視団、ドゥラル・シャーミーヤ(11月25日付)、スプートニク・ニュース(11月25日付)などによると、所属不明の戦闘機複数機がトルコ占領下のいわゆる「フーフラテスの ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:48128)