シリア:制憲委員会(憲法委員会)第2ラウンドは政府、反体制派代表団が互いの議題案を拒否し中止に
2019年11月27日付 その他紙

■制憲委員会(憲法委員会)第2ラウンドは政府、反体制派代表団が互いの議題案を拒否し中止に(2019年11月25日)
スイスのジュネーブにある国連本部で11月25日に再開が予定されていた制憲委員会(憲法委員会)の会合(第2ラウンド)が中止となった。 ** 第2ラウンド中止に関して、シリア・アラブ・テレビ(11月25日付)は、制憲委員会( ... → 記事

■ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから180人、ヨルダンから585人の難民が帰国、避難民0人が帰宅(2019年11月26日)
ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(11月26日付)を公開し、11月25日に難民765人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは180人(うち女性54人、子供92 ... → 記事

■ハマー県ハルファーヤー市に住民数百世帯が帰宅(2019年11月26日)
ハマー県では、SANA(11月26日付)によると、シリア政府の支配下に復帰した県北部のハルファーヤー市に住民数百世帯が帰宅した。 → 記事

■ロシア軍がイドリブ県を爆撃し2人死亡(2019年11月26日)
イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機がカルサア村、マアッラト・ハルマ村、アルマナーヤー村、ラカーヤー村、ウライニバ村、カフルナブル市一帯、シャイフ・ムスタファー村を爆撃し、カルサア村で市民2人が死亡し ... → 記事

■トルコ占領地、北・東シリア自治局支配地域各所で爆発が発生し17人死亡(2019年11月26日)
ハサカ県では、シリア人権監視団によると、トルコの占領下に入ったラアス・アイン(スィリー・カーニヤ)市に近いタッル・ハラフ村で車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、トルコの支援を受ける国民軍の戦闘員ら17人が死亡、20人あまり ... → 記事

■前日に続いて所属不明の戦闘機複数機がトルコ占領下のいわゆる「ユーフラテスの盾」地域を爆撃(2019年11月26日)
アレッポ県では、ANHA(11月26日付)によると、前日に続いて所属不明の戦闘機複数機がトルコ占領下のいわゆる「ユーフラテスの盾」地域の中心都市の一つバーブ市近郊のタッル・タッル・バッタール村を爆撃した。 所属不明の戦闘 ... → 記事

■トルコ軍がラッカ県を爆撃(2019年11月26日)
ラッカ県では、ANHA(11月26日付)によると、トルコ軍無人航空機がディブス村を爆撃した。 ** アフリーン解放軍団が声明を出し、25日にトルコ占領下のマーリア市近郊に位置するトゥワイス村でワッカース旅団の拠点複数カ所 ... → 記事

■OPCWシリア代表は、2018年4月のドゥーマー市での化学兵器使用疑惑事件へのシリア軍の関与を示唆したFFM報告書を拒否すると表明、OPCW事務局長は報告書を支持(2019年11月26日)
化学兵器禁止機関(OPCW)のシリア常駐代表を務めるバッサーム・サッバーグ氏はOPCWの第24回締結国会議で演説し、2018年4月にダマスカス郊外県東グータ地方のドゥーマー市で発生し、米国・英国・フランスによるミサイル攻 ... → 記事

■米国は25日のトルコ占領下のいわゆる「ユーフラテスの盾」地域への爆撃への関与を否定、トルコのシンクタンクはロシア軍の関与を指摘(2019年11月26日)
トルコのイスタンブールにあるジュスール軍事戦略研究センターは、11月25日にトルコが占領するアレッポ県北部のいわゆる「ユーフラテスの盾」地域各所に対する所属不明の戦闘機による爆撃に関して、ロシア軍戦闘機によるものだとの見 ... → 記事

■トルコ諜報機関はダーイシュのアブー・バクル・バグダーディー前指導者の妹3人を潜伏先で拘束(2019年11月26日)
ハベルトゥルク(11月26日付)は、トルコ諜報機関はダーイシュ(イスラーム国)のアブー・バクル・バグダーディー前指導者の妹3人を潜伏先で拘束したと伝えた。 3人の氏名や潜伏場所などの詳細については不明。 → 記事

■トルコ国家安全保障会議はタッル・リフアト市とマンビジュ市から「テロリスト」が排除されるまで「平和の泉」作戦を継続すると表明(2019年11月26日)
トルコ国家安全保障会議(レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が議長)は公式声明を出し、シリア北東部での「平和の泉」戦争に関して「目的を実現するまで継続される」と発表した。 声明はまた「我々はシリアでの安全地帯にかかる ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:48136)