シリア:ルクバーン・キャンプ民政局は避難民をシリア政府支配地域に連れ出そうとしているとして国連使節団の訪問を拒否
2019年11月28日付 その他紙

■制憲委員会(憲法委員会)第2ラウンドは予定日を1日過ぎても開幕されず(2019年11月26日)
25日に再開が予定されていた制憲委員会(憲法委員会)は、第2ラウンドを開会できずに終わった。 SANA(11月26日付)は、反体制派代表団が、シリア政府代表団によって示された議事案を「愛国的共通項」として受け入れることを ... → 記事

■ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから192人、ヨルダンから467人の難民が帰国、避難民1人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年11月27日)
ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(11月27日付)を公開し、11月26日に難民659人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは192人(うち女性58人、子供98 ... → 記事

■トルコの支援を受ける国民解放戦線の戦闘員がロシア軍兵士を射殺したと証言(2019年11月27日)
トルコの支援を受ける国民軍(シリア革命反体制勢力国民連立暫定内閣国防省所轄)に統合された国民解放戦線の戦闘員が、ユーチューブ(11月26日付)で公開された映像のなかで、イドリブ県東部でロシア軍兵士1人を射殺したと証言した ... → 記事

■シリア・ロシア軍は天候不順で空爆を実施せず、しかし地対地ミサイルでダブルタップ攻撃を行い、ホワイト・ヘルメット・メンバー10人負傷(2019年11月27日)
イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がジスル・シュグール市北部のナフル・アブヤド地区に対して地対地ミサイルでダブル・タップ攻撃を行い、1度目の攻撃の被害現場で瓦礫の撤去作業を行っていたホワイト・ヘルメットの ... → 記事

■トルコとその支援を受ける国民軍がラッカ県、アレッポ県でシリア民主軍と交戦(2019年11月27日)
ラッカ県では、シリア人権監視団によると、トルコ占領下のタッル・アブヤド市西のアブドゥーキー村で国民軍と人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が交戦、国民軍がトルコ軍とともにカズアリー村などを砲撃した。 また、ANHA(1 ... → 記事

■ハサカ県南部で米軍車列が乗り合いタクシーと衝突、乗っていた住民多数が負傷(2019年11月27日)
ハサカ県では、SANA(11月27日付)によると、北・東シリア自治局の支配下にあり、米軍が依然として駐留を続けている県南部のシャッダーディー市近郊の街道で、米軍の車列がセルヴィス(乗り合いタクシー)と衝突、ゼルヴィスに乗 ... → 記事

■制憲委員会(憲法委員会)第2ラウンドは開催されず:反体制派代表団はシリア政府代表団を「独裁使節団」「諜報機関の使節団」と非難(2019年11月27日)
25日に再開が予定されていた制憲委員会(憲法委員会)は、27日も第2ラウンドを開会できずに終わった。 ドゥラル・シャーミーヤ(11月27日付)によると、シリア政府代表団は25、26日に続いてジュネーブの国連本部にある控え ... → 記事

■ルクバーン・キャンプ民政局は避難民をシリア政府支配地域に連れ出そうとしているとして国連使節団の訪問を拒否(2019年11月27日)
米主導の有志連合の占領下にあるヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)に面するヨルダン北東部のルクバーン・キャンプの民政自治局は、国連の使節団の訪問を拒否した。 広報担当者のマフムード・フマイリー氏はアラ ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:48142)