VAKKO、13年ぶりベイオールに出店
2019年11月28日付 Hurriyet紙


2006年に撤退したイスタンブルのベイオール地区に44年間店を構えていた老舗ワッコが、13年ぶりに出店する。

ベイオール区長ハイダル・アリ・ユルドゥズ氏はこれまで、ワッコにベイオールに戻ってくるよう呼びかけを行っており、「ジェム・ハッコ氏を訪問し、彼にもう一度来て、ベイオールで店を出すようにお願いする」と述べていた。ベイオール区長のこの誘いにワッコのCEOジェム・ハッコ氏から返答がきた。先日ハイダル・アリ・ユルドゥズ区長を訪問したジェム・ハッコCEOはユルデドゥズ区長のベイオールに戻ってきてほしいという誘いに対する前向きな姿勢を説明した。ハッコCEOは必要事項を短期の日程で行うことを述べた上、出店現場の準備を今後始めることを明らかにした。ベイオールのハイダル・アリ・ユルドゥズ区長は、ジェム・ハッコCEOがベイオールに戻ってくる提案を快く受け入れたこと、そしてベイオールと関連するブランドにとってこれは重要な一歩であることを述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:山下鈴奈)
(記事ID:48145)