拘束の3HDP元市長、逮捕
2019年11月28日付 Yeni Safak紙


テロ捜査において拘留されていたHDP(人民の民主主義党)党員で元マズダウ市長のナラン・オザイドゥン氏、元サヴル市長のギュリスタン・オンジュ氏、元デリキ市長ミュルキイェ・エスメズ氏が逮捕された。

マルディンでのテロ調査の中で拘留されていたHDPのナラン・オザイドゥン元マズダウ市長、ギュリスタン・オンジュ元サヴル市長、ミュルキイェ・エスメズ元デリキ市長が逮捕された。

■HDP党員3名が逮捕

マルディン共和国検事総局によって行われているテロ捜査で拘留されていたオザイドゥン氏、オンジュ氏、エスメズ氏が、警察での手続きを経てマルディン裁判所に送られた。

マルディン共和国検事総局による調査で、オザイドゥン氏、オンジュ氏、エスメズ氏を含む数名の容疑者に対して逮捕命令が出され、治安部隊による同時摘発で3名の元市長が逮捕された。

彼女たちに対してテロ捜査が行われたことにより、オザイドゥン氏、オンジュ氏、エスメズ氏は内務省から解任され、オザイドゥン氏の代わりにマズダウ郡知事であるムフスィン・ドゥラン・カルカン氏、オンジュ氏の代わりにサヴル郡知事のバイラム・トゥルケル氏、エスメズ氏の代わりにデリキ郡知事のハーカン・カフカス氏が市長代理として任命された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:齋藤楓)
(記事ID:48146)