シリア:米主導の有志連合はイドリブ県を爆撃し、シャーム解放機構(シリアのアル=カーイダ)のアルジェリア人司令官1人を含む2人を殺害
2019年12月04日付 その他紙


■ダーイシュがヒムス県東部でファーティミーユーン旅団を要撃し、多数を殺害・捕捉(2019年12月2日)
ヒムス県では、タドムル・ニュース・ネット(12月3日付)によると、スフナ市近郊の砂漠地帯で、ダーイシュ(イスラーム国)がファーティミーユーン旅団を要撃し、戦闘員多数を殺害・捕捉した。 → 記事

■シリア軍とシャーム解放機構などからなる反体制派がイドリブ県南東部で激しく交戦し多数死亡、シリア軍は1カ村を奪還(2019年12月3日)
イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍とシャーム解放機構などからなる反体制武装集団がスルージュ村一帯、ティーナ村一帯で交戦し、シリア軍兵士9人、反体制武装集団戦闘員25人が死亡した。 戦闘の末、シリア軍はスル ... → 記事

■ダルアー県、ダマスカス郊外県各所で体制打倒、逮捕者釈放などを求める抗議デモ(2019年12月3日)
ダルアー県では、シリア人権監視団によると、マアルバ町、ハイト村で住民数十人が抗議デモを行い、体制打倒、「イランの民兵」退去、逮捕者釈放を訴えた。 また、シャジャラ町では、「まず逮捕者」「レバノンのヒズブッラーとイラン打倒 ... → 記事

■シリア民主軍がトルコ占領地を砲撃し女性1人死亡、トルコ軍によると思われる砲撃でシリア軍兵士2人死亡(2019年12月3日)
アレッポ県では、シリア人権監視団によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がトルコ占領下のアアザーズ市を砲撃し、女性1人が死亡した。 これに対して、トルコ軍とその支援を受ける国民軍も反撃、北・東シリア自治局とシリ ... → 記事

■米主導の有志連合はイドリブ県を爆撃し、シャーム解放機構のアルジェリア人司令官1人を含む2人を殺害(2019年12月3日)
イドリブ県では、シリア人権監視団、ドゥラル・シャーミーヤ(12月3日付)などによると、米主導の有志連合の無人航空機がアティマ村近郊を移動中の車を爆撃し、シャーム解放機構の司令官の一人でアルジェリア人のアブー・アフマド・ム ... → 記事

■ロシア軍はシリア民主軍が掌握していた第93旅団基地(ラッカ県アイン・イーサー市近郊)に展開(2019年12月3日)
ラッカ県では、ジュルフ・ニュース(12月3日付)によると、ロシア軍の車列がアイン・イーサー市近郊の第93旅団基地に展開した。 同基地は人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が掌握していた。 → 記事

■制憲委員会の反体制派代表に参加するジャミール前首相は委員会の活動をジュネーブからシリア国内に移動させるべきと主張(2019年12月3日)
制憲委員会(憲法委員会)の反体制派代表の一人で、いわゆる「モスクワ・プラットフォーム」を主導するカドリー・ジャミール前副首相(人民意思党党首)は、ロシアの首都モスクワで記者会見を開き、第2ラウンドが中止にいたったことに関 ... → 記事

■UAE当局はトルコによる「安全地帯」設置を支持していたシリア人ビジネスマンを拘束(2019年12月3日)
アラブ首長国連邦(UAE)の治安当局は先週、ダマスコ・グループの取締役会のムハンナド・ファーイズ・ミスリー議長(1984年生まれ)を拘束した。 シリア内務省は、テロ活動を支援したとしたミスリー氏の逮捕状を発行し、国際刑事 ... → 記事

■駐シリアUAE臨時代理大使はアサド政権を「賢明な指導部」と賞賛(2019年12月3日)
アラブ首長国連邦(UAE)のアブドゥルハキーム・ヌアイミー駐シリア臨時代理大使は、ダマスカスの大使館で開催されたUAE建国式典で演説し、アサド政権を「賢明な指導部」と評した。 ヌアイミー臨時代理大使は「バッシャール・アサ ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:48184)