シリア:トルコの支援を受ける国民軍がハサカ県のM4高速道路に近いマブルーカ発電所から撤退
2019年12月06日付 その他紙

■エスパー米国防長官「米軍はシリア領内に兵員600人を残しつつ、同国北部からの部隊撤退を完了した」(2019年12月4日)
マーク・エスパー米国防長官は、米軍がシリア領内に兵員600人を残しつつ、同国北部からの部隊撤退を完了したと発表した。 エスパー国防長官はまた、同盟国、すなわちNATO加盟国が我々に兵士50人を提供してくれれば、我々は米軍 ... → 記事

■所属不明の航空機複数機が県南東部のハムダーン空港のイラン・イスラーム革命防衛隊基地を爆撃(2019年12月4日)
ダイル・ザウル県では、ユーフラテス・ポスト(12月5日付)によると、所属不明の航空機複数機が県南東部のハムダーン村の空港を爆撃した。 この空港は、イラン・イスラーム革命防衛隊が基地として使用としているという。 → 記事

■ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから1,498人、ヨルダンから584人の難民が帰国、避難民124人が帰宅(2019年12月5日)
ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(12月5日付)を公開し、12月4日に難民2,082人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは1,498人(うち女性450人、子 ... → 記事

■ロシア軍がイドリブ県を爆撃(2019年12月5日)
イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機がハーッス村、ヒーシュ村、サハール村、サラーキブ市を爆撃した。 シリア軍も地上部隊がタフターヤー村、タッフ村、サルマーニーヤ村、フワイジャ村、ハウワーシュ村、マアッ ... → 記事

■ハサカ県カーミシュリー市郊外で予定されていたロシア軍とトルコ軍の合同パトロールが「不適切な雰囲気」を理由に中止(2019年12月5日)
ハサカ県では、シリア人権監視団によると、カーミシュリー市郊外のカルマーニーヤ村一帯で予定されていたロシア軍とトルコ軍の合同パトロールが中止された。 複数の情報筋によると、カルマーニーヤ村一帯に向かったロシア軍部隊は、同地 ... → 記事

■トルコ占領下にあるラアス・アイン市(ハサカ県)で前日に引き続いて車に仕掛けられていた爆弾が爆発(2019年12月5日)
ハサカ県では、シリア人権監視団によると、トルコ占領下にあるラアス・アイン(スィリー・カーニヤ)市で前日に引き続いて車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、複数人が負傷した。 → 記事

■ダルアー県東カラク村で、逮捕者釈放、「イランの民兵」、ヒズブッラー、ロシアの排斥を訴えるデモ(2019年12月5日)
ダルアー県では、シリア人権監視団によると、東カラク村で5日晩、住民数十人が抗議デモを行い、逮捕者釈放、「イランの民兵」、ヒズブッラー、ロシアの排斥を訴えた。 → 記事

■米軍の車列がダイル・ザウル県南東部のウマル油田に向かう一方、ハサカ県でダーイシュ内通者を「保護」(2019年12月5日)
ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、車輌25台からなる米軍の車列が県南東部にあるウマル油田に向かった。 また、同地では米主導の有志連合と人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍による合同軍事演習が行われた。 * ... → 記事

■トルコ軍によるシリア北東部への侵攻で戦火を逃れて避難していた住民が、シリア軍の展開を受けて続々帰国(2019年12月5日)
SANA(12月5日付)は、トルコ軍によるシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)で、戦火を逃れて避難していた住民が、シリア軍によるハサカ県国境地帯への展開を受けて、帰国していると伝え、写真を公開した。 ハサカ県のイサー ... → 記事

■トルコ占領下のラッカ県タッル・アブヤド市近郊で国民軍と地元住民が激しく交戦(2019年12月5日)
ラッカ県では、ANHA(12月5日付)によると、トルコの支援を受ける国民軍に所属する東部自由人連合とシャーム戦線が、トルコ占領下のタッル・アブヤド市北東に位置するヒルバト・ルッズ村で地元住民のブー・フマイス部族(アラブ系 ... → 記事

■ブーカマール国境通行所(カーイム国境通行所)を経由してシリアに入国する貨物車輌に対する入国手数料免除に(2019年12月5日)
運輸省は、ハサカ県ブーカマール国境通行所(イラク側はアンバール県カーイム国境通行所)を経由してシリアに入国する貨物車輌に対する入国手数料を免除することを決定した。 SANA(12月5日付)が伝えた。 → 記事

■マムルーク国民安全保障会議議長がカーミシュリー市を訪問し人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍司令官らと会談(2019年12月5日)
ユーフラテス・ポスト(12月5日付)は、複数のメディア筋の話として、アリー・マムルーク国民安全保障会議議長がハサカ県のカーミシュリー市を突如訪問したと伝えた。 同メディア筋によると、マムルーク議長はシリア政府の支配下にあ ... → 記事

■ミクダード外務在外居住者副大臣「トルコ、サウジアラビアをはじめとするアラブ諸国はテロリストに化学物質を供与した」(2019年12月5日)
ファイサル・ミクダード外務在外居住者副大臣は、レバノンのマヤーディーン・チャンネル(12月5日付)のインタビューに応じ、そのなかでトルコやサウジアラビアがシリアの反体制武装集団に化学物質を供与したと主張した。 ミクダード ... → 記事

■トルコの支援を受ける国民軍がハサカ県のM4高速道路に近いマブルーカ発電所から撤退(2019年12月5日)
ハサカ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月5日付)やシリア人権監視団によると、トルコの支援を受ける国民軍がラアス・アイン(スィリー・カーニヤ)市に近いM4高速道路沿いのマブルーカ村郊外にあるマブルーカ発電所から撤退した ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:48202)