アルバイラク財務相、社会保障対策分譲住宅への応募日程発表
2019年12月12日付 Hurriyet紙

ベラト・アルバイラク財務大臣は社会保障対策分譲住宅のための応募日程を12月15日から1月15日とすることを述べた。

ベラト・アルバイラク財務大臣は社会保障対策分譲住宅計画に関する詳細を発表した。アルバイラク大臣は申し込みが12月15日から1月15日の間に受け付けられることを述べた。

240ヶ月を満期とし、10パーセントを頭金とする月々894リラの支払いで住宅が得られる。2LDKと3LDKの家が所有者へと1-1.5年のうちに引き渡される。

2LDKの家は14万-18万リラの間で、3LDKの家は16万-21万リラの価格の間で売りに出される。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:村田七海)
(記事ID:48243)