トルコ史上初のトルコ語ラップ専門誌『トルコ語ラップ』創刊!-第一号表紙はジェザ
2019年12月02日付 Hurriyet紙


トルコ語の音楽雑誌業界に新たな息吹をもたらす雑誌『トルコ語ラップ』が、
12月に各書店の棚に並ぶ。


近年の話題の的であり、非常に影響力のあるラップミュージックが遂に自身の雑誌を獲する。隔月刊行で発行される『トルコ語ラップ』誌においては、最新の各種ニュース、それぞれ特別なルポタージュの数々、ラッパー達の知られざる横顔といった記事、そして素晴らしいポスターとシールの付録がついてくる。雑誌の読者たちは同時にルポタージュのロングバージョン、そして撮影の裏側も雑誌のYoutubeチャンネルでチェックできる。オリジナルのカバーグラビアとルポタージュで話題となるであろう『トルコ語ラップ』の第一号ゲストは、ジェザだ。またエズヘルのプロデューサーであるDJアルツ、モティーヴ、テプキ、アイベンとコントゥカルも雑誌の創刊号のゲストたちである。『トルコ語ラップ』誌はコンサートとアルバムのレビュー、最新ニュース、ランキング、様々な特別企画、そしてトルコで最も著名で大ベテランのグラフィックアーティストであるトゥンチ「ターボ」ディンバシュが製作する「ラップ今昔」の企画ページで彩られる。ドアン・エグモント出版によって発行され留予定の雑誌の出版総取締役はドリームTVの前記事を放送総合プロデューサーであるシャファク・オンガン氏が担当して、編集担当は長年雑誌と新聞において音楽ライターとして活動してきたイペキ・アトゥジャン氏が務めている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:48246)