イスタンブルで『日本週間』イベントがスタート
2019年12月15日付 Cumhuriyet紙


日本のイスタンブル総領事館によって毎年文化紹介プログラムの一環として開催される「イスタンブル日本ウィーク2019」は、各イベントがイスタンブルでスタートした。日本文化紹介する一環でオペラとピアノコンサート、日本映画フェスティバルで各種セミナーを含む数多くのイベントが催される。

日本文化を紹介する目的で催される各種イベントは、12月30日までイスタンブルの様々な文化と芸術の各会場にて催される予定だ。各種イベントの中には、「第十六回イスタンブル日本映画祭」、「オペラとピアノコンサー」、「マンガセミナー」、「日本政府奨学金セミナー」といった様々なイベントが含まれる。

イスタンブル日本映画祭では今年、日本とトルコの友情を確固たるものにした二つの歴史的な事件を物語る『エルトゥールル1890』(邦題は『海難1890』)という映画が上映される。
また第76回ヴェネツィア国際映画祭のオープニング上映作品でり、日本とフランスの共同製作である『真実』と『『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』というタイトルの映画も上映される作品のラインナップに含まれる。

無料で開催される各種イベントの詳細に関しての詳しい情報は、日本総領事館の公式サイトとSNSアカウントに掲載されている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:48259)