シリア:政府軍・ロシア軍がシャーム解放機構の軍事・治安権限下にあるイドリブ県各所を爆撃、民間人23人が死亡。ホワイト・ヘルメットはメンバー1人の家族が犠牲になったと発表
2019年12月18日付 その他紙


■シリア・ロシア軍がシャーム解放機構の軍事・治安権限下にあるイドリブ県各所を爆撃、民間人23人が死亡。ホワイト・ヘルメットはメンバー1人の家族が犠牲になったと発表(2019年12月17日)
イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍戦闘機がタッル・マンス村を爆撃し、女児1人と女性2人を含む一家7人が死亡した。 シリア軍ヘリコプターも同地を「樽爆弾」で爆撃し、女性1人を含む2人が死亡した。 シリア軍戦 ... → 記事

■イドリブ県のトルコ国境近くでシャーム解放機構のサウジ人司令官が暗殺される(2019年12月17日)
イドリブ県では、シリア人権監視団によると、トルコ(ハタイ県)との国境に近いサルマダー市で、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構のサウジアラビア人司令官が何者かによって暗殺された。 → 記事

■ダマスカス郊外県カフルハワル村で逮捕者釈放、「イランの民兵」の退去を求める落書き(2019年12月17日)
ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ヘルモン山(シャイフ山)山麓のカフルハワル村で逮捕者釈放、「イランの民兵」の退去を求める落書きが発見された。 → 記事

■ヒムス県でアフガン人の民兵組織ファーティミーユーン旅団司令官が地雷により死亡(2019年12月17日)
ヒムス県では、バーディヤ24(12月17日付)によると、アフガン人の民兵組織ファーティミーユーン旅団のムーサー・ハイダリー司令官が乗った車が、スフナ市とタドムル市を結ぶ街道で地雷に触れて大破し、ハイダリー司令官が死亡した ... → 記事

■米軍がハサカ県フール・キャンプに収容されていたダーイシュ・メンバーの家族200人以上をイラクに移送(2019年12月17日)
ハサカ県では、SANA(12月17日付)によると、米軍が北・東シリア自治局の管理下にあるフール・キャンプに収容されていたダーイシュ(イスラーム国)メンバーの家族200人以上をイラクに移送した。 → 記事

■ロシア軍がハサカ県タッル・タムル町近郊に新たな基地を設置(2019年12月17日)
ハサカ県では、ユーフラテス・ポスト(12月17日付)によると、ロシア軍がタッル・タムル町近郊の畜産牛センターに軍用車輌13輌からなる増援部隊を派遣、新たな軍事基地を設置した。 また、SANA(12月17日付)によると、シ ... → 記事

■アサド大統領がロシアのユーリ・ボリソフ副首相と会談、経済協力などについて意見を交わす(2019年12月17日)
アサド大統領はロシアのユーリ・ボリソフ副首相を団長とする使節団と首都ダマスカスで会談した。 会談では、シリア・ロシア二国間関係、経済分野での協力、エネルギー、インフラ、投資、産業面での協力強化などについて意見が交わされた ... → 記事

■人民議会は石油鉱物資源省とロシアの石油関連企業2社が交わした石油・ガス採掘に関する合意を承認(2019年12月17日)
人民議会は、石油鉱物資源省とロシアの石油関連企業2社が交わした石油・ガス採掘に関する合意を承認した。 合意は、石油鉱物資源省が9月にマーキュリー・グループ社、ヴェラダ・グループ社との間に交わしていたもので、前社との契約で ... → 記事

■トルコのエルドアン大統領「世界の有力な勢力がシリアの石油を採掘し、シリア北部に帰化することなる難民のためにその収益を費やさねばならない」(2019年12月17日)
トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、スイスのジュネーブで開催(16~18日)されているグローバル難民フォーラムに出席、米主導の有志連合が占領を続けるシリア北東部の油田に関して、「世界の有力な勢力がシリアの ... → 記事

■ムラード人民議会議員(無所属)「物価高騰と汚職に断固たる措置を講じなければ、アサド大統領への投票をまっさきに拒否する」(2019年12月17日)
人民議会のワッダーフ・ムラード議員(ハマー県選挙区B部門、無所属)は、自身のフェイスブック・アカウント(https://www.facebook.com/waddah.murad1)で「バッシャール・アサド大統領閣下が、 ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:48276)