シリア:政府軍はイドリブ県ジャルジャナーズ町を含む複数カ所を新たに制圧、M5高速道路から4キロの距離にまで迫る
2019年12月24日付 その他紙


■ダルアー県ナワー市西で何者かが検問所を襲撃し、2人を殺害、HFLは2人がロシア軍兵士だったと伝える(2019年12月22日)
ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ナワー市西のアブー・ハッシャ検問所近くでシリア軍兵士2人がオートバイに乗った2人の発砲を受けて、死亡した。 また、ドゥラル・シャーミーヤ(12月22日付)によると、サフム・ジャウ ... → 記事

■米主導の有志連合がダイル・ザウル県東部で空挺作戦を実施し、13人を武器密売容疑で拘束(2019年12月22日)
ダイル・ザウル県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月23日付)が複数の地元筋の話として伝えたところによると、米主導の有志連合が、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍と連携して県東部のズィーバーン町で空挺作戦を実施し、ハ ... → 記事

■シリア軍はイドリブ県ジャルジャナーズ町を含む複数カ所を新たに制圧、M5高速道路から4キロの距離にまで迫る(2019年12月23日)
イドリブ県では、SANA(12月23日付)によると、シリア軍地上部隊がハマー市(ハマー県)とマアッラト・ヌウマーン市を結ぶM5高速道路東部での反体制武装集団(シャーム解放機構、国民解放戦線(国民軍)、イッザ軍などからなる ... → 記事

■シリア軍防空部隊はイドリブ県方面から飛来した無人航空機をラタキア県ジャブラ市上空で撃破(2019年12月23日)
ラタキア県では、SANA(12月23日付)によると、シリア軍防空部隊がイドリブ県方面から飛来した無人航空機(ドローン)複数機を、シリア駐留ロシア軍司令部が設置されているフマイミーム航空基地に近いジャブラ市上空で撃破した。 ... → 記事

■『ワタン』:マアッラト・ヌウマーン市と周辺の村々は戦闘によらずしてシリア政府の支配下に復帰する可能性もある(2019年12月23日)
国民和解委員会メンバーで親政権ブロガーとしても知られるウマル・ラフムーン氏は、イドリブ県南東部でのシリア・ロシア軍の進攻に関して、『ワタン』(12月23日付)に対して、M5高速道路上の主要都市の一つマアッラト・ヌウマーン ... → 記事

■トルコ占領下のラッカ県スルーク町中心街で車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、住民5人死亡(2019年12月23日)
ラッカ県では、SANA(12月23日付)によると、トルコ占領下のタッル・アブヤド市近郊のスルーク町中心街で車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、住民5人が死亡、15人が負傷した。 一方、ANHA(12月23日付)によると、 ... → 記事

■ムアッリム外務在外居住者大臣がロシアを訪問しラヴロフ外務大臣と会談(2019年12月23日)
ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相が、シリア・ロシア通商経済科学技術協力合同委員会の第12回会合に先立って、ロシアの首都モスクワを訪問し、セルゲイ・ラヴロフ外務大臣と会談した。 SANA(12月23日付)によ ... → 記事

■アサド大統領のいとこのラーミー・マフルーフ氏らが脱税により資産凍結処分を受ける(2019年12月23日)
反体制系のザマーン・ワスル(12月23日付)やドゥラル・シャーミーヤ(12月23日付)は、税関局がアサド大統領のいとこのラーミー・マフルーフ氏とその妻、さらにはアーバール・ペトロリアム社の幹部社員、ビジネスマンのバーヒル ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:48311)