シリア:トルコのシャンルウルファ県知事「平和の泉作戦による制圧地域にシリア難民13万人が帰国した」
2019年12月27日付 その他紙

■シャアバーン大統領府政治報道補佐官「カイザー・シリア市民保護法案はシリア経済に悪影響を与えない」(2019年12月25日)
ブサイナ・シャアバーン大統領府政治報道補佐官は、レバノンのマヤーディーン・チャンネル(12月25日付)のインタビューに応じ、そのなかで、米国が20日に施行したカイザー・シリア市民保護法案に関して、シリア経済に悪影響を与え ... → 記事

■ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから456人、ヨルダンから621人の難民が帰国、避難民1人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年12月26日)
ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(12月26日付)を公開し、12月25日に難民1,077人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは456人(うち女性137人、子 ... → 記事

■シリア軍はイドリブ県の4カ村を新たに制圧(2019年12月26日)
アレッポ県では、ANHA(12月26日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍が北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊を砲撃した。 ** ラッカ県では、ANHA(12月26日付)によ ... → 記事

■トルコ軍と国民軍はアレッポ県北部、ラッカ県北部を砲撃(2019年12月26日)
イドリブ県では、SANA(12月26日付)によると、シリア軍がシャーム解放機構などからなる反体制武装集団と交戦の末、県南東部のハルバーン村、サムカ村、タッル・ハトラ村、ヒルバト・ナウワーフ村を制圧・浄化した。 一方、シ ... → 記事

■トルコ軍の支援を受ける国民軍の一部がシリア民主軍に武器弾薬を引き渡し、イドリブ県に逃亡(2019年12月26日)
シリア人権監視団は、トルコによるシリア北東部への侵攻作戦(「平和の泉」作戦)に参加していた武装集団(国民軍)の一部が、ラッカ県タッル・アブヤド市近郊で人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に保有していた武器弾薬を引き渡し ... → 記事

■ダイル・ザウル県アイヤーシュ村の「イランの民兵」の倉庫が無人航空機(ドローン)の爆撃によると思われる攻撃で爆発(2019年12月26日)
ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、アイヤーシュ村にある「イランの民兵」の倉庫複数棟で爆発が発生した。 爆発は無人航空機(ドローン)の爆撃によるものだと思われる。 → 記事

■ダーイシュがダイル・ザウル県でシリア民主軍を攻撃(2019年12月26日)
ダイル・ザウル県では、ザマーン・ワスル(12月26日付)などによると、アブー・ハシャブ村近郊で人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が何者かの発砲を受け、士官1人を含む2人が死亡した。 また、ハワーイジュ村近郊ではダーイ ... → 記事

■ロシア軍は米軍が基地として使用していたラッカ県タッル・サマン村に基地を設置(2019年12月26日)
ラッカ県では、タス通信(12月26日付)によると、ロシア軍部隊が、米軍によって基地として使用されていたタッル・サマン村の旧学校に基地を設置した。 タッル・サマン村はラッカ市とシリア北東部各地とを結ぶ街道の分岐点で、ロシア ... → 記事

■ハサカ県タッル・タムル町で米軍兵士とロシア軍兵士が殴り合いの喧嘩(2019年12月26日)
ハサカ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月26日付)が現地の複数の情報筋の話として伝えたところによると、タッル・タムル町で米軍の兵士が、住民に米軍の駐留についての意見を聞くための調査を通訳を交えて行っていたところに、ロ ... → 記事

■トルコのシャンルウルファ県知事「平和の泉作戦による制圧地域にシリア難民13万人が帰国した」(2019年12月26日)
トルコのシャンルウルファ県知事のアブドゥッラ・エリン氏は、10月のトルコ軍によるシリア北東部への侵攻作戦(「平和の泉」作戦)によって人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が掃討された地域に帰国したシリア難民が13万人に達 ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:48326)