トルコ:39人のイラク人をISIS所属の疑いで逮捕
2019年12月30日付 al-Sabah al-Jadid紙

■39名のイラク人をトルコでテロ組織ISIS所属の疑いで逮捕

【バグダード:本紙】

トルコの治安部隊は昨日、3州での治安活動中に、テロ組織ISISに所属している容疑によって39名のイラク人を逮捕した。トルコの「アナトリア」紙は治安情報筋の話として、これらの逮捕はアンカラ、カイセリ、バトマンの各州で行われたと報道した。また同情報筋によると、トルコの治安部隊は、アンカラでイラク人30名、シリア人2名、モロッコ人1名の外国人をISISに所属する容疑で逮捕したという。同じく治安部隊は、州検察の要請によりトルコ南東部に位置するバットマン州で22名の容疑者も逮捕した。容疑者の家宅捜索中、トルコの治安部隊は容疑者の家で武器、弾薬、および組織の文書を発見した。

国の中央部に位置するカイセリ州では、治安部隊がISIS所属の疑いがあるイラク国籍の容疑者9名を逮捕した。ISISが過去数年間にトルコで多くのテロ活動の実行責任を表明しており、その結果、数百人の死傷者が出ていたことは注意に値する。この組織によってトルコで実行された直近の大きな攻撃は、2017年初頭の夜にイスタンブールのナイトクラブを標的としたものであり、39人の死者を出した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:小林雅光)
(記事ID:48350)