メッカ巡礼のくじ引き、当たった人は涙
2020年01月10日付 Yeni Safak紙


メッカへ巡礼へ行く83430人が、アンカラで229万8800人の中から行われたくじ引きで明らかになった。くじで名前が挙がった巡礼希望者は大きな喜びに包まれた。

2020年の巡礼抽選のため宗務庁においてセレモニーが行われた。セレモニーへ、宗務庁長官アリ・エルバシュ氏、多くの巡礼希望者とその近親者が参加した。

セレモニーにてエルバシュ宗務庁長官は、今年は、昨年と比較して抽選の当選者の割り当てが8万人から8万3430人へとなったことを明らかにした。エルバシュ氏は、以下の方法で発表を行った。

「イスラムの教えによれば大切なことは、イスラム教徒たちが聖地へのお祈りを行おうとすること、そして申請をすることである。意志がこのようであれば、抽選の結果における喜びと悲しみの涙は、アッラーの世界においては信仰は同じ価値があることになる。おそらく抽選ではずれたために流れた涙は、当選した喜びから溢れた涙よりも、アッラーの世界においてはより良いものとなるのである。」

聖地での礼拝が、大変で難しい礼拝であると話したエルバシュ氏は、巡礼希望者へ以下のように話した。

「毎日の活動ができないほどの病気の者とこのため他者の手助けを必要とする者たちの中からくじで当選する者が出た場合、この者たち自身ではなく代理人を送るという方法で巡礼の義務を果たすことを勧める。なぜなら聖地巡礼は健康な者もときどき困難になりながら果たすことができるお祈りであるからである。」

エルバシュ氏は、今年229万8800人が聖地へ行くための申請を行い、この中から8万3430人が巡礼へと行くことになったと明らかにしながら、以下のように話した。「もちろんこの礼拝を行うために申請を行った人々の待つ時間が長くなっていることも気付いている。この現状は、少なくともあなたたちくらい私を悲しませていると信じてください。しかし、あなたたちも分かっているように現在の可能性と制限においては、公平な巡礼者の決定は抽選によってのみ実現できているのである。」

エルバシュ宗務庁長官は、スピーチの後、抽選を始めた。

緊張とともに抽選に当たるのを待つ巡礼希望者の一部はこの間、涙が止まらなかった。

行われたくじの抽選のあと、巡礼へ行く8万3430人が明らかになった。

抽選で名前が挙がった巡礼希望者が大きな喜びに包まれる一方で、結果は21時にe-devlet(公共サービスの提供を目的とするトルコ政府の公式サイト)からも発表されると明らかにされた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:大畠梨紗子)
(記事ID:48402)