チュニジア:人民運動が次期政府参加に備える一方、民主潮流と尊厳連合はチュニジアの心党の排除を要求(1)
2019年11月15日付 al-Quds al-Arabi紙


■人民運動は政府に参加する準備ができており、「民主潮流」と尊厳連合は「チュニジアの心党」の排除を要求する

【チュニス:本紙】

人民運動の事務総長ズハイル・マグザーウィー氏は以下のように述べた。「私の政党は次期政府に参加する準備ができているが、それは次期政府運営のためにナフダ運動が選出した人物を知り、その人物と議論し、彼らと共に活動する当事者とその計画を知った後でのことである」。

一方、民主潮流党のスフィヤーン・マフルーフィー議員は、内務省、法務省、運営改革に関する同氏の要求が満たされた場合に同党が政府に参加する可能性を否定しなかった。しかし同氏は「民主潮流党はチュニジアの心党を含む政府には参加しない」と述べ、ナフダ運動とチュニジアの心党の間に「交換協定」が存在することを示した。この協定は、チュニジアの心党が政府の構成に大きく参加することと引き換えに、議会においてガンヌーシー氏に二度目の投票をすることを規定している。

(2)に進む

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:大西由莉)
(記事ID:48079)