イラク:バグダードの広場に突入した群衆がデモ隊を刺傷(2)
2019年12月05日付 al-Quds al-Arabi紙


■国民知恵運動やイラク・イスラーム最高評議会を支持する群衆がバグダードのデモ隊を刺傷

【バグダード:本紙】

彼は次のように付言した。「我々は怪我人たちを治療し、その刺傷事件の原因を知るため彼らと話しました。しかし、(約700人の)大規模集団が鳴り響く叫びとスローガンとともに国民知恵運動やイラク・イスラーム最高評議会の一員であると主張しながら突入してきました」。また以下のように述べた。「彼らに対し『あなたは誰ですか?』あるいは『どうして(広場に)入ったのですか?』と質問しようとした人は全員すぐに刺されました。私たちのところに運び込まれた怪我人は6人の青年と3人の少女でした。彼らの刺し傷は直接的で、致命的なものでした」。

SNS上に拡散したビデオによると、(デモ参加者を)攻撃した人々は「アメリカの死」、「我々こそが祖国」、「破壊者を絶対に許さない」などと書かれたスローガンを掲げていた。

(後略)

最初に戻る

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:本多香奈)
(記事ID:48229)