パレスチナ:デモ行進を3月末まで一時停止(1)
2019年12月28日付 al-Quds al-Arabi紙


■ガザ…帰還デモ行進を来年3月末まで一時停止

【ガザ:本紙】

帰還行進と封鎖破壊のための国家最高機関は木曜、来年3月30日終わりまで組織を一時停止することを決定した。同機関は国境デモ行進を2020年3月30日から月ごとに行い、その後は週ごとに行うと述べた。

同機関(「ファタハ」を除く、パレスチナの党派を含む)の一員であるユスリー・ダルウィーシュ氏は、ガザで開催された記者会見において以下のように述べた。「機関は数週間におよぶ議論の後、毎月、人々が必要とするとき、あるいは祖国の機会において、デモ行進を行うことを決定した」。また同氏は、金曜日(12月27日)には行進が行われる一方、金曜日(1月3日)から3月30日まで組織の活動を休止すると明らかにした。

さらに同氏は関連し以下のように述べた。「この(休止)期間は歴史的な日である『土地の日』の記憶に向けた、高等な準備、人員招集、万全の状態を形成するために活用される」。

(2)に進む

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:白石江里香)
(記事ID:48331)