リビア:アラブ連盟はリビア危機に関する会議を行う(1)
2020年01月01日付 al-Quds al-Arabi紙


■アラブ連盟委員会はリビアにおける危機に関する会議を行う

【カイロ:アナトリア通信】

アラブ連盟委員会は本日火曜日、カイロの事務局本部で開催された臨時会議の閉会時に、常任理事各国の水準においてリビアに関する声明を発表した。エジプトが呼びかけたアラブ緊急会議は、リビアの統一性や主権、領土の保全、国家の結束に関して負った義務の再確認に達し、(会議において)「あらゆる種類の外部干渉」とみなされたものの拒否を表明した。また同会議は「リビアにおける解決のための唯一の典拠として、2015年12月のスコイラ協定を完全に実施することで政治プロセスを支援すること」、さらに「リビア人が自国の危機を解決するにあたって彼らを援助することを目的とした国際的取り組みに周辺国を参加させることの重要性」をそれぞれ確認した。

(2)に進む

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:二瓶恵理子)
(記事ID:48357)