リビア:アラブ連盟はリビア危機に関する会議を行う(2)
2020年01月01日付 al-Quds al-Arabi紙


■アラブ連盟委員会はリビアにおける危機に関する会議を行う

【カイロ:アナトリア通信】

同会議は、リビアでの危機的状況を深刻化させ、周辺国や地中海を含めた地域全体の平和と安定を脅かすような軍事的拡大に関する強い懸念を示した。また、軍事紛争を停止する必要性と、政治的解決がリビアにおける平和と安定とテロ行為の撲滅への唯一の解決策であるということを強調した。さらに「リビアに対する外国のあらゆる軍事的介入を防止するため」の国際的な連携の実施を訴えた。国民合意政府の本部(国際的に承認されている)であるトリポリとその周辺地域は、昨年4月以来、ハリーファ・ハフタル氏が同地域のコントロールの掌握を求め攻撃を開始した後、複数の軍事衝突を経験している。こうした状況の中、「国民合意」軍の動員や、広範な国際的非難、ハフタル氏の度重なる失敗、危機へのあらゆる政治的解決策が打ち切られることへの懸念といった事態が生じている。

最初に戻る

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:二瓶恵理子)
(記事ID:48416)